乗り物速報

バイクと車のまとめ

    マツダ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 84コメント

    1: 2017/05/01(月) 15:00:18.52 ID:V0YLbazi0 

     マツダ「ロードスター」の金属製屋根をはじめ、自動車のルーフシステムを手がける独ベバストの日本法人。「グループでも日本法人の実力は評価されている。
    海外とネゴする力をもっと高めて他国をリードする存在にならないと」。初の外国人社長として真のグローバル化を目指す。

     日本企業での勤務経験もあり職歴は豊富。ベバスト入社後は顧客対応を担当。コミュニケーションを重視する姿勢が評価され社長に就いた。
    就任後のあいさつでは、社員同士が尊重しあって人材を確保し定着させることの重要さや、業務上のリスクをあらかじめ認識して対応することの重要さを訴えたという。

    no title

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170430-00010009-newswitch-ind


    【インタビュー】マツダ ロードスター RF、動きひとつや素材にまで徹底的にこだわったルーフ
    no title

    https://response.jp/article/2017/04/14/293531.html


    スポンサーリンク

    【マツダ「ロードスターで凄い電動屋根作った!これが技術!」 → ドイツ企業が作りました】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 54コメント

    rx7
    1: 2017/04/29(土) 13:46:40.04 ID:CAP_USER

     マツダは28日、開発中の電気自動車(EV)で、ロータリーエンジン(RE)を活用した航続距離延長装置の搭載を検討していることを明らかにした。REを発電機として活用することで走行中の充電を可能にし、走れる距離を長くする。EVは2019年までに、まず米国から発売することを目指している。

    http://www.jiji.com/jc/article?k=2017042801406&g=eco


    スポンサーリンク

    【マツダ、19年以降のEVでロータリーエンジン活用】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 61コメント

    no title
    1: 2017/04/21(金) 00:05:58.62 ID:+THeul8a0

    しゃーない


    スポンサーリンク

    【マツダ車の最大の弱点がエンブレムという風潮】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 122コメント

    1609300215338570
    1: 2017/04/04(火) 07:20:06.38 ID:CAP_USER90404

    「Mazda MX-5(マツダ ロードスター)」の
    電動リトラクタブルハードトップモデルである
    「Mazda MX-5 RF(マツダ・ロードスターRF)」が、
    世界で最も権威のあるデザイン賞のひとつである
    「2017年レッド・ドット賞:プロダクトデザイン」における
    「ベスト・オブ・ザ・ベスト賞」を受賞した。

    *+*+ EconomicNews +*+*
    http://economic.jp/?p=73016


    スポンサーリンク

    【マツダ・ロードスターRFが、世界工業製品として最高峰のデザインアワード受賞】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント

    20140605_01a-712x484

    1: 2017/04/02(日) 08:40:38.67 ID:CAP_USER9

     普通自動車運転免許の教習で乗ったクルマは何でしょうか。15年ほど前に運転免許を取得した記者の場合、タクシーなどでよく見かけるトヨタ「コンフォート」や日産「クルー」だったと記憶しています。

     ところが近年に取得した人と話をしていると、多くの人がマツダ「アクセラ」だったといいます。その「アクセラ」を普通車の教習車として導入している東京都葛飾区の平和橋自動車教習所に話を聞きました。

    ――「アクセラ」を採用している理由はなんですか?

     昔はマツダ以外の教習車を使っていたのですが、ある教習所が閉鎖されるにあたり、その教習所で導入したばかりだった「アクセラ」を一部引き取ったのがきっかけです。特に悪いところはなく、生徒からも「かっこいい」と好評なこと、そしてコストパフォーマンスがよいことから、その後、ほかの教習車を更新するにあたっても「アクセラ」を導入しました。

    ※ ※ ※

     同教習所によると、「教習車モデル」が設定されている車種は限られていて、それ以外のクルマを教習車にする場合は改造が必要な場合もありコストが高くなるとのこと。「アクセラ」は、教習車モデル設定車のなかでも特にコストパフォーマンスがよく、「導入する教習所が増えたのは当然の流れ」だと話します。

     実際に「アクセラ」は教習車としてどれほどのシェアがあり、どういう特徴があるのでしょうか。マツダに聞きました。

    ――「アクセラ」の教習車としてのシェアはどれくらいですか?

    「マツダ調べ」ではありますが、直近では30パーセント台のシェアです。

    教習車として拡販、その狙いとは

    教習車、なぜ「アクセラ」ばかり? 背後にあるマツダの狙いとは

    ――やはりシェアは高いですね。普通の「アクセラ」とどう違うのでしょうか?

     教官用モニター、教官用シートリフター(座面の高さ調整装置。運転席には標準装備)のほか、エンジンが異なっていたりストップランプをLED化していたりと、教習車向けの仕様です。

    ――教習車としてのセールスポイントはどのあたりでしょうか?

    「アクセラ」はスタイリッシュ・セダンとして、そのデザインで好評をいただいています。また、AT車のエンジンは1.6L、4速AT(通常の「アクセラ」は6速AT)を採用し、キックダウンをわかりやすく教習できる仕様です。

    ――いつごろから、どのような経緯で教習車として拡販することになったのでしょうか?

     当社では「ルーチェ」(編注:かつてのマツダにおける高級セダンの代表車種。1995(平成7)年に販売終了)の時代から教習車をラインナップしており、2004(平成16)年以降は「Zoom-Zoom」で格好の良い「アクセラ」をベースに拡販しています。

    ――通常の「アクセラ」の売り上げ拡大に貢献していますか?

     具体的な関連性を示す数値はありませんが、初めて運転するクルマが「アクセラ」であったことで、免許取得後にクルマを選ぶ際、マツダブランドをご検討いただくことも増えたのではないかと考えています。

    ※ ※ ※

     多くの人にとって初めて乗るクルマである教習車を、マツダブランド全体の入口にする、そのような役割が「アクセラ」の教習車にはあるようです。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170402-00010000-norimono-bus_all


    スポンサーリンク

    【教習車、なぜ「アクセラ」ばかり? 背後にあるマツダの狙いとは】の続きを読む

    このページのトップヘ