乗り物速報

バイクと車のまとめ

    マツダ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 27コメント

    1: 2017/05/12(金) 19:21:00.00 ID:CAP_USER

    カウンタックよりも早くガルウィングドアを採用!
    国産スーパーカーの元祖と言えば、童夢-零というイメージが強いかもしれないが、1970年の東京モーターショーに登場し、話題となったマツダRX500を忘れてはいないだろうか?

    映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のタイムマシンになったデロリアン「DMC-12」(1981年)を彷彿させる、かなり未来的なデザインを取り入れたこのRX500は、マツダ創立50周年を記念して作られた、正真正銘のジャパニーズ・スーパーカーなのだ(RX500=マツダ創立50周年)。

    スーパーカーの正しい文法ともいえる、ウェッジシェイプをかなり効かせたボディに、ガルウイングドア(正式には「バタフライウィングドア」)を装着したミッドシップの本格派。RX500の企画は、1968年から。コスモ・スポーツの後継モデルの試作モデルとして、開発がはじまったという。

    ガルウイングと言えば、なんといってもランボルギーニ・カウンタックが有名だが、カウンタックの発表は、1971年。このことからも、RX500の先進性がどれほどだったかよくわかるだろう。エクステリアデザインは、マツダの福田成徳氏が担当。

    空力をかなり意識して、風洞実験を繰り返しながら、このデザインに行きついたとされる。エンジンはレース用にチューニングされた、10Aロータリー(250馬力)をミッドシップに搭載。ミッションはマツダ初のFF車、ルーチェロータリークーペ(RX87)のミッションを流用。

    no title


    no title


    つづき
    https://www.webcartop.jp/2017/05/114290


    スポンサーリンク

    【ロータリーエンジン搭載の「マツダRX500」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 32コメント

    1: 2017/05/05(金) 17:27:55.16 9

    マツダ3代目「RX-7」 広島の「いちがい」が育んだアウトサイダー(写真27枚)
    2017.05.05 鈴木ケンイチ(モータージャーナリスト)


    1991年に発売された3代目「RX-7」は、「FD」という呼び方でも広く知られるマツダのスポーツカーです。エンジンはもちろん、ロータリー。まちがいなく、唯一無二に数えられる1台でしょう。


    マツダの魂、ここにあり

     マツダ「RX-7」の歴史は、1978(昭和53)年の初代SA型に始まります。1985(昭和60)年に第2世代のFC型にフルモデルチェンジし、1991(平成3)年に最後のFD型「RX-7」にバトンタッチされます。


    マツダ3代目「RX-7」(画像:マツダ)。
    no title


     最初は「サバンナ」のペットネームが使われていましたが、第3世代のFD型から当時の販売チャンネル名にちなんだ「アンフィニ RX-7」の名称が使われます。
    ただし、販売チャンネルの廃止から1997(平成9)年より「マツダ RX-7」となり、2002(平成14)年まで生産が続きました。

    「RX-7」は、マツダが世界に誇るロータリー・エンジンを搭載したスポーツカーです。ロータリー・エンジンをしっかりと量産車で利用したのは世界で唯一、マツダだけ。
    その開発は困難を極めましたが、広島弁でいう「いちがい(頑固一徹)」の鉄の心でやりとげたという歴史があります。
    そんなマツダ・スピリッツが最も濃厚に表れたクルマが「RX-7」といえるでしょう。

    【次ページ】 唯一無二、ロータリー・エンジンが放つ強烈な個性とは
    https://trafficnews.jp/post/69731/2/
    この記事の画像をもっと見る(22枚)


    スポンサーリンク

    【マツダ3代目「RX-7」 広島の「いちがい」が育んだアウトサイダー】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 85コメント

    1: 2017/05/01(月) 15:00:18.52 ID:V0YLbazi0 

     マツダ「ロードスター」の金属製屋根をはじめ、自動車のルーフシステムを手がける独ベバストの日本法人。「グループでも日本法人の実力は評価されている。
    海外とネゴする力をもっと高めて他国をリードする存在にならないと」。初の外国人社長として真のグローバル化を目指す。

     日本企業での勤務経験もあり職歴は豊富。ベバスト入社後は顧客対応を担当。コミュニケーションを重視する姿勢が評価され社長に就いた。
    就任後のあいさつでは、社員同士が尊重しあって人材を確保し定着させることの重要さや、業務上のリスクをあらかじめ認識して対応することの重要さを訴えたという。

    no title

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170430-00010009-newswitch-ind


    【インタビュー】マツダ ロードスター RF、動きひとつや素材にまで徹底的にこだわったルーフ
    no title

    https://response.jp/article/2017/04/14/293531.html


    スポンサーリンク

    【マツダ「ロードスターで凄い電動屋根作った!これが技術!」 → ドイツ企業が作りました】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 54コメント

    rx7
    1: 2017/04/29(土) 13:46:40.04 ID:CAP_USER

     マツダは28日、開発中の電気自動車(EV)で、ロータリーエンジン(RE)を活用した航続距離延長装置の搭載を検討していることを明らかにした。REを発電機として活用することで走行中の充電を可能にし、走れる距離を長くする。EVは2019年までに、まず米国から発売することを目指している。

    http://www.jiji.com/jc/article?k=2017042801406&g=eco


    スポンサーリンク

    【マツダ、19年以降のEVでロータリーエンジン活用】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 61コメント

    no title
    1: 2017/04/21(金) 00:05:58.62 ID:+THeul8a0

    しゃーない


    スポンサーリンク

    【マツダ車の最大の弱点がエンブレムという風潮】の続きを読む

    このページのトップヘ