乗り物速報

バイクと車のまとめ

    マツダ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 47コメント

    1: 2018/02/19(月) 08:38:16.66 ID:CAP_USER9

     国内の自動車市場でディーゼル車の人気が再び高まってきた。

     2015年に発覚した独フォルクスワーゲン(VW)の排ガス不正問題を受け、16年の売れ行きは鈍ったが、17年は前年と比べて約10%増の約15万6000台と再び増加に転じた。自動車各社はディーゼル車の品ぞろえを増やしており、競争が激しくなっている。

     VWは2月、ディーゼルエンジンを搭載した乗用車「パサート」を発売した。排ガス不正の悪いイメージが残っているのではないかとの懸念もあったが、ディーゼル車人気を受けて投入を決めた。VWが日本市場でディーゼル車を販売するのは実に20年ぶりとなる。

     独BMWの小型車「ミニ」が17年に最も売れた輸入車になった要因の一つに、17年2月に全面改良したスポーツ用多目的車(SUV)「ミニ クロスオーバー」のディーゼルモデルのヒットがある。マツダが17年12月に発売したSUV「CX―8」はディーゼル車のみの設定だが、発売1か月時点の受注台数は月間販売目標の10倍となる1万2000台に達した。

    (ここまで442文字 / 残り639文字)

    ディーゼル車の新車販売台数
    no title

    マツダ「CX―8」
    no title

    フォルクスワーゲン「パサート」
    no title

    BMW「ミニ クロスオーバー」
    no title


    2018年02月19日 07時29分
    YOMIURI ONLINE 全文は会員登録をしてお読みいただけます
    http://www.yomiuri.co.jp/economy/20180219-OYT1T50012.html?from=ytop_main6

    関連スレ
    【自動車】独VWが日本市場にディーゼル車「パサート」、20年ぶり投入 422万円~
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1518648359/


    【ディーゼル車人気再燃、排ガス不正の印象薄らぐ マツダ、SUV「CX―8」発売1ケ月受注台数、目標の10倍】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 45コメント

    1711100230440000
    1: 2018/02/20(火) 01:27:21.647 ID:nflZ9yxQ0

    幌の方
    ハードトップは高くて買えない(´・ω・`)


    【はじめての車にロードスターっていう車を買おうと思うんだがどう?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 79コメント

    Mazda-logo
    1: 2018/02/16(金) 18:30:03.42 ID:CAP_USER9

    2/16(金) 17:25配信 読売新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180216-00050065-yom-bus_all
     マツダは、2019年にマイルドハイブリッドと呼ばれる簡易型システムを搭載したハイブリッド車(HV)を発売する。

     自動車各社がHVや電気自動車(EV)に注力する中、マツダはエンジンにこだわる独自路線を続けてきたが、
    世界的な環境規制の強化で電動化に踏み切ることになった。

     マイルドHVは小型の電池でモーターを動かし、エンジンの力と合わせて発進・加速する仕組みで、ガソリン、
    ディーゼルエンジン車よりも二酸化炭素(CO2)排出量を減らせ、燃費性能も高い。
    マツダは次世代エンジン「スカイアクティブX」と組み合わせる。

     トヨタ自動車の「プリウス」など通常のHVとは異なりモーターだけでは走行できないが、
    価格を抑えられるため、新興国でも販売しやすいと期待される。


    【マツダ、簡易型ハイブリッド車発売へ モーターだけでは走行出来ないが、価格を抑えるという】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント

    1: 2018/02/16(金) 12:50:19.52 ID:Yhgg72it0 

    マツダモーターオブアメリカの毛籠勝弘社長は16日のインタビューで、トヨタが開発中の
    無人運搬車両向けに、バッテリー充電用ジェネレーター(発電機)を動かす
    ロータリーエンジンをマツダが供給すると語った。

    毛籠氏はデトロイトで開催中の北米国際自動車ショーに合わせて実施したインタビューで、
    小型軽量で騒音や振動がなく、燃費も非常に良いため、ジェネレーターを動かすのに非常に
    適したエンジンだと語った。  

    マツダのロータリーエンジンは、米ゼネラル・モーターズ(GM)が2011年型シボレー
    「ボルト」に搭載した走行距離を伸ばす「レンジエクステンダー」のような働きをする。

    トヨタの広報担当ブライアン・ライオンズ氏は、「e―Palette(イー・パレット)」の
    自動運搬車両以外にもレンジエクステンダーとしてロータリーエンジンを使用するかどうか
    など検討していると述べた。

    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-01-18/P2Q7Z36TTDSA01

    動画
    https://www.youtube.com/watch?v=orqyAtbknKA


    【トヨタ、マツダ製ロータリーエンジンを搭載したモンスター軽トラック発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 42コメント

    1: 2018/02/08(木) 19:37:55.39 ID:CAP_USER9

    マツダは、クロスオーバーSUV『CX-5』を商品改良し、2月8日より予約を開始し、3月8日に発売する。

    今回の商品改良では、国内向けSUV最上位モデルである新型『CX-8』にも搭載している進化したクリーンディーゼルエンジンに加え、新技術を採用したガソリンエンジンを搭載するなど、最新SKYACTIVエンジンを全面展開する。

    ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」および「SKYACTIV-G 2.5」では、耐ノック性向上のため、ピストンのエッジカット形状の変更や排気ポート形状の見直しを実施したほか、ピストンスカート部の形状を最適化した「低抵抗ピストン」を採用することで機械抵抗を低減。さらに「SKYACTIV-G 2.5」には「気筒休止」技術をマツダとして初採用。高速道路やバイパスでの走行等、一定速度で巡航している状態での実用燃費を向上させた。

    ディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」には、少量の燃料を多段かつ高圧で微細噴霧化して噴射することで静粛性と燃焼効率、高い環境性能を両立する「急速多段燃焼」を採用。「段付きエッグシェイプピストン」、「超高応答マルチホールピエゾインジェクター」、「可変ジオメトリーターボチャージャー」などの新技術により、最高出力を従来の175psから190psに、最大トルクを420Nmから450Nmに向上させるとともに、優れた燃費性能を実現した。

    また最新の「360°ビュー・モニター」をメーカーセットオプションで設定したほか、「車速感応式オートドアロック(衝撃感知ドアロック解除システム付)」を全グレードに標準装備するなど、安全性や利便性も向上。さらにフロントドア/リアドアのパワーウインドーに「自動反転機構およびワンタッチ&タイマー付」を採用したほか、パワーリフトゲートのメーカーセットオプション設定をガソリンエンジン車にも拡大することで、機能性も高めた。

    価格は249万4800円から352万6200円。

    2018年2月8日(木) 17時45分
    https://response.jp/article/2018/02/08/305856.html

    CX-5
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【マツダ CX-5 改良新型の予約受注を開始…最新SKYACTIVエンジンを全面展開】の続きを読む

    このページのトップヘ