乗り物速報

バイクと車のまとめ

    マツダ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 60コメント

    1: 2023/09/14(木) 11:22:57.92 ID:Jygiepp50● BE:512899213-PLT(27000)

    自動車メーカー「マツダ」のロータリーエンジンが11年ぶりに復活します。モーターを動かす発電用としてプラグインハイブリッド車に搭載され、国内で販売が始まります。

    マツダが国内で販売を始めるのは、ロータリーエンジンを搭載したプラグインハイブリッド車です。
    車はすべてモーターで走行し、エンジンは発電用として使われます。
    ロータリーエンジンは、ピストンが往復する通常のエンジンとは違って三角形のローターが回転し、小型ながら出力が高いのが特徴で、この会社が世界に先駆けて実用化に成功しました。
    しかし、通常のエンジンよりも燃費が悪かったため、11年前の2012年に搭載した車の生産を終了していました。

    今回、発電用のエンジンとして搭載するにあたっては、一定の高速回転であれば燃費効率がいいという特性を生かしながら、軽量化を進めたということです。

    ヨーロッパ市場ではすでに予約の受付を始めていて、日本国内では14日から予約販売を始めます。

    会社では、2030年までに生産するすべての車をハイブリッド車や電気自動車などにする方針を掲げていて、マツダの小島岳二CSO=最高戦略責任者は「今は電動化に向かう移行期間なので、さまざまな選択肢を用意することが重要になる。培ってきた技術やブランドを生かすことが必要だと考えている」と話しています。
    K10014194331_2309131503_0913151634_01_02

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20230914/k10014194331000.html



    【「マツダ」ロータリーエンジンが11年ぶり復活 国内で販売へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 65コメント

    1: 2023/09/05(火) 19:58:42.96 ID:ItJYRq719

    マツダは4日、SUV「CX―30」を一部改良し、新世代ガソリンエンジン「スカイアクティブX」の搭載モデルを廃止したと発表した。手動変速機(MT)もなくした。パワートレインはマイルドハイブリッド車とディーゼルエンジン車のみとなる。これで、同社が国内で販売しているモデルでスカイアクティブX搭載車は「マツダ3」だけになった。また、改良に伴う仕様変更や原材料価格の高騰を反映し、従来に比べて価格を3.3~9.6%値上げした。

     SUV「CX―5」も一部改良した。同モデルでもMT車を廃止したほか、価格改定も実施。値上げ幅は従来比で1.3~7.7%となっている。

     両車種は同日から、予約受け付けを開始。発売はCX―5が10月中旬、CX―30が10月下旬の予定。

     価格はCX―30が255万6400円から、CX―5が290万9500円(消費税込み)から。
    img

    日刊自動車新聞
    2023.09.05
    https://www.netdenjd.com/articles/-/290050



    【【マツダ】「CX-30」のスカイアクティブX搭載車とMT車を廃止 マイナーチェンジで「CX-5」とともに値上げ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 62コメント

    default_s

    1: 2023/08/03(木) 15:05:57.06 ID:QRkiHH1fM

    謎やろ



    【マツダのセダン乗ってる人ってなんでそうなったん???】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 65コメント

    1: 2023/07/16(日) 15:02:42.88 ID:NCp93

    no title

    俺のセンスがおかしいのか?



    【【画像】この車ってそんなにダサいか??】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 78コメント

    1: 2023/06/23(金) 09:34:30.753 ID:UAajfpsc0

    マツダ、約11年ぶりにロータリーエンジン搭載車の量産を開始。2012年6月のRX-8の量産終了以来
    https://www.as-web.jp/car/957368
    img

    みんなお待たせ



    【マツダ、ついにロータリーエンジン搭載車の量産を開始!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ