乗り物速報

バイクと車のまとめ

    マツダ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 83コメント

    099_o
    1: 2017/08/30(水) 07:52:12.08 ID:nka/JBO40

    何処の傘下なってる訳でもないのに凄スギィ!!


    【マツダとか言う何故か倒産しない車メーカーwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 10コメント

    1: 2017/08/25(金) 15:53:06.56 ID:CAP_USER9

    http://www.asahi.com/articles/ASK8S5DPKK8SUEHF00Y.html
     デアゴスティーニ・ジャパンは、分冊百科「週刊マツダ・コスモスポーツ」を9月に創刊する。毎号についてくるパーツを組み立てると、生誕50周年を迎えたコスモスポーツのミニカーが完成する。

     ダイカスト製のミニカーは実車の8分の1のスケールで全長約52センチ。生産台数の多い後期型L10Bがモデルで、レストア(復元修理)した実車のディテールを3Dスキャン技術を用いて再現した。LEDで点灯するライトやエンジン音などのサウンドも忠実に再現するという。また、2分の1スケールの金属製ロータリーエンジン模型も組み立てられる。クランクハンドルでシャフトを回すとローターが回転して点火プラグが光り、動かしながらロータリーエンジンの仕組みが学べる。さらに、ミニカーを特撮シリーズ「帰ってきたウルトラマン」の劇中車「マットビハイクル」に仕様変更できる付属パーツも用意する予定という。

     9月26日に創刊号が発売、第2号以降は毎週火曜発売で、全100冊。創刊号は490円、第2号以降は1790円(いずれも税込み)。

    no title

    no title

    no title


    【100冊集めてマツダのコスモスポーツ完成 実車の1/8】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 9コメント

    1: 2017/08/20(日) 09:23:32.16 ID:+TTrnKZ50 

    宇宙船のようなフォルムで人気を博したマツダの名車「ライトバス(A型)」が230万円で売りに出されています。
    しかも「内外装機関良好」ってマジか……!

     1965年に発売された「マツダ ライトバス(A型)」は、フロントウィンドウに曲面ガラスを大胆に使用したデザインが特徴の一般ユーザー向けバス。
    全体的に丸く、宇宙船のような丸いフォルムは唯一無二の個性を放ち、当時大きな注目を集めました。

     25人乗りということもあり、幼稚園の送迎バス、工事現場などへ行くための社用車などさまざまな用途で使用されていたライトバスですが、
    1972年に後継車となるパークウェイが発売されたこと、個人所有のものが少なかったことなどから、現存する車体は極めて少ないといわれています。

     ところが最近になってそんなライトバスの中古車が、静岡県のオートショップで販売されていると判明。
    SNSでは「どっから出てきたんだこんなモン」「レアもん珍車が超美品で輪をかけて超激レア」
    「かえってデザイン古く感じないカッコイイ!」などと車好きたちが歓喜の声をあげています。

     ライトバスの中古車を販売する「オートショップ ターキーズ」によると、出品されているのはブルーカラーのディーゼル車タイプ。
    社用車として使用していたとみられており、走行距離は6.7万キロ、修理歴なし、内外装機関良好という美品で、
    店舗側は「(世の中に)出回っている台数は限りなく少ないでしょう」と話します。

    「出回っている台数は限りなく少ない」 1965年発売の名車「マツダ ライトバス」が230万円で売りに
    http://www.excite.co.jp/News/it_g/20170819/Itmedia_nl_20170819019.html
    no title


    【1965年発売の名車「マツダ ライトバス」が230万円で売りに!超稀少車】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 27コメント

    1
    1: 2017/08/19(土) 10:53:57.35 ID:CAP_USER9

     マツダは、ドライバーが運転できない状況に陥った際に作動する自動運転機能の開発に着手した。

     2020年から実証実験を始め、25年までに市販車に標準装備する。病気でドライバーが意識を失うなどの事態を想定している。

     マツダが開発しているのは、ドライバーがハンドルから手を離し続けるなど、自動運転機能の介入が必要だと認定される場合に、自動でハンドル操作やブレーキを作動させる技術。

     走行速度や周囲の道路状況を認識したうえで、必要に応じて減速や車線変更を行い、安全な場所に停車させることを目指す。

     すでに市販車に搭載しているカメラやセンサーに加え、車がどの車線を走っているかがわかる高精度の「3次元地図」を活用するとみられる。こうした技術は現在、主に日野自動車などの商用車メーカーが、観光バス向けに開発を進めている。

    (ここまで354文字 / 残り74文字)

    (続きは会員登録で読めます)

    2017年08月19日 10時27分
    http://www.yomiuri.co.jp/economy/20170819-OYT1T50036.html


    【意識失っても自動運転…マツダが標準装備へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 72コメント

    rxe03_028s
    1: 2017/08/14(月) 22:48:27.581 ID:shm8ZijH0

    どう?


    【マツダのRX-8ってどういう印象?】の続きを読む

    このページのトップヘ