乗り物速報

バイクと車のまとめ

    マツダ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 79コメント

    1: 2017/09/07(木) 21:54:17.37 ID:CAP_USER9

    ◆世界初の技術に世界のメディアが大注目

    マツダは9月上旬、ドイツのフランクフルト郊外にあるマツダ・モーター・ヨーロッパ(MME)の研究開発拠点で、グローバル次世代技術フォーラムを実施した。

    これは、8月8日に都内で開催した、マツダ技術開発長期ビジョン説明会を受けて、世界各国のメディアに対して同社の次世代技術を実体験してもらう場である。

    目玉となったのは、やはり「SKYACTIV-X」だ。

    フォーラムの具体的な内容は、最初にマツダの技術系担当役員4名による合計1時間15分間のプレゼンテーション。次に、直列4気筒・排気量2.0リットルのSKYACTIV-Xを搭載した、第二世代のSKYACTIV ボディ&シャーシの実験車両で一般道路と速度無制限のアウトバーンを走行した。

    実験車両は現行のCセグメントセダンの『アクセラ』に仮装され、マニュアルミッション車とオートマチックミッション車ぞれぞれを1時間づつ運転した。

    試乗後は、エンジンと車体について30分間づつ、担当役員と1対1での意見交換を行った。

    ◆SKYACTIV-Xに世界の注目が集まる理由

    試乗の感想を紹介する前に、どうしてSKYACTIV-Xが世界中から大きな注目を集めているかを説明したい。

    SKYACTIV-Xの最大の特徴は、マツダがSPCCI(スパーク・コントロールド・コンプレッション・イグニッション:火花点火制御圧縮着火)と呼ぶ燃焼方式だ。

    圧縮着火は、一般的にはディーゼルエンジンで採用されている方式。シリンダー気筒内の圧縮比を高めることでシリンダー気筒内の空気が高温となり、そこにディーゼル燃料を噴射することで一気に燃焼して大きなトルクを生む。この原理をガソリンで行う場合、シリンダー気筒内の空気と混ざるガソリンの量を少なくし、混合気を極めて薄くして燃焼させる必要がある。これを、一般的にリーンバーンと呼ぶ。リーンバーンによって、シリンダー気筒内の燃焼温度は下がることで、低燃費かつ高性能というエンジン開発のキモとなる各種の要因が相乗効果によって良い方向へと向かう。

    こうしたガソリンエンジンによるリーンバーンをエンジンの低回転域から高回転域まで確実を行うためには、シリンダー気筒内の燃焼状況を確実に制御しなければならない。この制御とは具体的に、一般的なガソリンエンジンのように点火プラグを用いて、最適な圧縮点火を実現するものだ。

    つまり、SKYACTIV-Xは、ディーゼルエンジンとガソリンエンジンの理論が融合した、究極の内燃機関だといえる。

    no title


    また、補機類としては、リーンバーンを最適化するために高圧の空気を送る、高対応エアサプライを用いた。駆動力をエンジンのクランクシャフトから取っているため、技術的にはスーパーチャージャーだが、一般的なスーパーチャージャーが低回転域でのトルクを増大させるのが目的なのに対して、SKYACTIV-Xではあくまでもリーンバーンを正確に行うことが目的だ。

    この他、低回転域での燃費を向上させるため、今回の実験車両はエンジンの回転力を補助するモーターが装着されており、技術的な車両分類ではマイルドハイブリッド車になる。

    こうした各種の構成部品を見ると、SKYACTIV-Xはかなり割高なエンジンに思えるが、欧州、アメリカ、そして中国でこれから厳しさが増すCO2規制や企業間平均燃費(CAFE)をクリアするためには、マツダとして絶対に必要な投資だといえる。

    マツダの発表資料によると、現行のガソリンエンジンSKYACTIV-Gと比べて、エンジン単体の燃費率は最大で20~30%改善され、ディーゼルエンジンのSKYACTIV-Dと同等以上の燃費率だという。

    SKYACTIV-Xに似た燃焼方式では、HCCI(ホモジェーネアス・チャージド・コンプレッション・イグニッション:予混合圧縮着火)という理念で独ダイムラーが2007年にコンセプトモデルに搭載して発表するなどの事例があるが、どの自動車メーカーも量産までには至っていない。

    >>2以降に 続く

    配信2017.9.7 Thu 7:15
    レスポンス
    https://s.response.jp/article/2017/09/07/299463.html


    【なぜマツダの新世代エンジン「SKYACTIV-X」が世界から注目されるのか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 83コメント

    099_o
    1: 2017/08/30(水) 07:52:12.08 ID:nka/JBO40

    何処の傘下なってる訳でもないのに凄スギィ!!


    【マツダとか言う何故か倒産しない車メーカーwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 10コメント

    1: 2017/08/25(金) 15:53:06.56 ID:CAP_USER9

    http://www.asahi.com/articles/ASK8S5DPKK8SUEHF00Y.html
     デアゴスティーニ・ジャパンは、分冊百科「週刊マツダ・コスモスポーツ」を9月に創刊する。毎号についてくるパーツを組み立てると、生誕50周年を迎えたコスモスポーツのミニカーが完成する。

     ダイカスト製のミニカーは実車の8分の1のスケールで全長約52センチ。生産台数の多い後期型L10Bがモデルで、レストア(復元修理)した実車のディテールを3Dスキャン技術を用いて再現した。LEDで点灯するライトやエンジン音などのサウンドも忠実に再現するという。また、2分の1スケールの金属製ロータリーエンジン模型も組み立てられる。クランクハンドルでシャフトを回すとローターが回転して点火プラグが光り、動かしながらロータリーエンジンの仕組みが学べる。さらに、ミニカーを特撮シリーズ「帰ってきたウルトラマン」の劇中車「マットビハイクル」に仕様変更できる付属パーツも用意する予定という。

     9月26日に創刊号が発売、第2号以降は毎週火曜発売で、全100冊。創刊号は490円、第2号以降は1790円(いずれも税込み)。

    no title

    no title

    no title


    【100冊集めてマツダのコスモスポーツ完成 実車の1/8】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 9コメント

    1: 2017/08/20(日) 09:23:32.16 ID:+TTrnKZ50 

    宇宙船のようなフォルムで人気を博したマツダの名車「ライトバス(A型)」が230万円で売りに出されています。
    しかも「内外装機関良好」ってマジか……!

     1965年に発売された「マツダ ライトバス(A型)」は、フロントウィンドウに曲面ガラスを大胆に使用したデザインが特徴の一般ユーザー向けバス。
    全体的に丸く、宇宙船のような丸いフォルムは唯一無二の個性を放ち、当時大きな注目を集めました。

     25人乗りということもあり、幼稚園の送迎バス、工事現場などへ行くための社用車などさまざまな用途で使用されていたライトバスですが、
    1972年に後継車となるパークウェイが発売されたこと、個人所有のものが少なかったことなどから、現存する車体は極めて少ないといわれています。

     ところが最近になってそんなライトバスの中古車が、静岡県のオートショップで販売されていると判明。
    SNSでは「どっから出てきたんだこんなモン」「レアもん珍車が超美品で輪をかけて超激レア」
    「かえってデザイン古く感じないカッコイイ!」などと車好きたちが歓喜の声をあげています。

     ライトバスの中古車を販売する「オートショップ ターキーズ」によると、出品されているのはブルーカラーのディーゼル車タイプ。
    社用車として使用していたとみられており、走行距離は6.7万キロ、修理歴なし、内外装機関良好という美品で、
    店舗側は「(世の中に)出回っている台数は限りなく少ないでしょう」と話します。

    「出回っている台数は限りなく少ない」 1965年発売の名車「マツダ ライトバス」が230万円で売りに
    http://www.excite.co.jp/News/it_g/20170819/Itmedia_nl_20170819019.html
    no title


    【1965年発売の名車「マツダ ライトバス」が230万円で売りに!超稀少車】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 27コメント

    1
    1: 2017/08/19(土) 10:53:57.35 ID:CAP_USER9

     マツダは、ドライバーが運転できない状況に陥った際に作動する自動運転機能の開発に着手した。

     2020年から実証実験を始め、25年までに市販車に標準装備する。病気でドライバーが意識を失うなどの事態を想定している。

     マツダが開発しているのは、ドライバーがハンドルから手を離し続けるなど、自動運転機能の介入が必要だと認定される場合に、自動でハンドル操作やブレーキを作動させる技術。

     走行速度や周囲の道路状況を認識したうえで、必要に応じて減速や車線変更を行い、安全な場所に停車させることを目指す。

     すでに市販車に搭載しているカメラやセンサーに加え、車がどの車線を走っているかがわかる高精度の「3次元地図」を活用するとみられる。こうした技術は現在、主に日野自動車などの商用車メーカーが、観光バス向けに開発を進めている。

    (ここまで354文字 / 残り74文字)

    (続きは会員登録で読めます)

    2017年08月19日 10時27分
    http://www.yomiuri.co.jp/economy/20170819-OYT1T50036.html


    【意識失っても自動運転…マツダが標準装備へ】の続きを読む

    このページのトップヘ