乗り物速報

バイクと車のまとめ

    マツダ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 76コメント

    1: 2016/12/08(木) 11:28:52.24 ID:PhPp/MsI0

    no title

    no title


    いろんな方から綺麗な車だと言われていたおふろ号ですが、先日悪質な被害を受け、
    本日からしばらく入院することになりました。 とてもショックです。
    今頃犯人さんはこのツイートを見て さぞかしいい気分でいるでしょう。 良かったね。

    https://twitter.com/off_ster/status/806409773184757760


    スポンサーリンク

    【高級スポーツカー「ロードスター」、乖離剤をかけられ廃車wwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 105コメント

    1: 2016/12/01(木) 18:19:02.29 ID:CAP_USER9

    自動ブレーキ性能、マツダ「アクセラ」最高点 2位は…
    12/1(木) 12:26配信

    国土交通省は1日、市販車の自動ブレーキによる衝突防止性能などの評価結果を公表した。
    従来の車両追突時などの評価に加えて、今回は歩行者との衝突防止性能を加えた点数を初めて公表。
    総合点でマツダの「アクセラ」が最高点となった。

    同省の評価に応募した、トヨタ自動車、ホンダ、マツダ、富士重工業、スズキの5社11車種が対象。
    車を時速10~60キロの範囲で5キロ刻みで走らせ、そのたびに人形を飛び出させて、
    自動ブレーキで止まれるかを測定した。人形に衝突すると減点になる。
    人形は、大人(身長180センチ)と子供(同120センチ)の2種類を用意した。

    自動ブレーキの車両衝突防止や、車線はみ出し時の警報などの安全性能に、
    歩行者衝突防止性能の点数(25点)を加えて総合評価した(計71点)。
    最高点はマツダのアクセラ(70・5点)で、
    富士重工のフォレスター(69・5点)とインプレッサ(68・9点)が続く。

    朝日新聞デジタル 12/1(木) 12:26配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161201-00000041-asahi-soci
    no title



    日本初!対歩行者自動ブレーキの評価を開始!今回評価した11車種の自動ブレーキは歩行者にも対応します!
    ~平成28年度前期自動車アセスメントの評価結果を公表します~
    http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha07_hh_000234.html


    スポンサーリンク

    【自動ブレーキ性能、マツダ「アクセラ」が最高点…国土交通省が評価結果を公表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 52コメント

    1: 2016/11/19(土) 20:17:21.86 ID:W90M+zEH0 

    マツダは、東京都新宿区にある高田馬場店をスクラップアンドビルドによって全面的に生まれ変わらせ、
    同社の国内販売における最新鋭の“旗艦店”として去る11月5日より営業を開始した。
    そこで革新的な販売手法の開発を目ざしているようだ。

    マツダは2012年2月に発売したCX-5を皮切りに、いわゆる“新世代商品”(同社の表現による)を順次市場に投入してきた。
    幸い、その独自のスカイアクティブ技術やデザインなどが広く受け入れられ、
    同社の乗用車に対する一般の受け止め方もよりよい方向に向かっている。

    とはいえ、そうしたイメージをより一層強め、消費者に対する魅力を発信するためには、
    彼らとの接点である販売の現場も製品と同様、“新世代”に生まれ変わらせる必要があるはずだ。
    古代からの格言にもある、「新しいぶどう酒は新しい革袋に入れるべし」。

    この発想のもと、マツダはこの数年間とくに、スカイアクティブ搭載車にふさわしい“革袋"の創出に腐心してきた。
    この動きは販売部門だけのものという位置づけではなく、「新世代店舗」を広く展開するという全社をあげた
    プロジェクトとして推進されている。特筆すべきなのは、その店舗デザインの案出に同社のデザイン本部が
    直接関わっていることだろう。つまり新世代の製品をデザインした張本人がそれを販売する“新世代の店舗”の
    デザインに関わるというわけだ。というのも、
    この背景には同社のデザインを統括する常務執行役員・前田育男の次のような考えがあるからだ。

    「われわれの製品は“作品”であり、だからこそ、
    それが本当に美しく見える“場”に置いて、お客様にお見せしなければならない」

    実は、同社既存店舗を新世代店舗に改装する試みを続けてきた。今回の高田馬場店はその動きの一環だ。
    しかしこの店舗こそ、マツダがいわばフルスイングで販売店の刷新に取り組んだ
    “第1号店”といってもよいかもしれない。それほど全く新しい発想のもとにつくられている。
    http://president.jp/articles/-/20635
    no title


    スポンサーリンク

    【「われわれの製品は“作品”である」 黒一色のマツダ新店舗は果たして成功できるのか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント

    1511060818299100
    1: 2016/11/17(木) 09:52:18.03 ID:CAP_USER

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ16HUZ_X11C16A1000000/

    マツダは2019年までに北米で電気自動車(EV)を発売する。21年以降にはプラグインハイブリッド車(PHV)も投入する。
    18年に米国内で「排ガスゼロ車(ZEV)規制」が強化されることに対応する。
    モーターなどの電動技術では提携するトヨタ自動車との共同開発を検討する。
    17年にはディーゼル車も導入し、北米でエコカーの品ぞろえを増やす。
     車重が走行距離に影響するEVは小型車、ガソリンエンジンも搭載するPHVは中大型車向けに開発する。
    EVではマツダ独自の技術であるロータリーエンジンを発電機に利用することを検討する。
    ガソリンを電気の力に変え、EVの弱点である走行距離を伸ばす。日本市場へのEV・PHV投入は未定だ。

     モーターや電池など駆動システムに関する技術はトヨタとの連携を検討する。
    マツダは独自開発したEVを国内で販売した実績があるが、ハイブリッド車(HV)ではトヨタから技術供与を受けている。
    クルマそのものは別々に開発して差異化を図る一方、バッテリーなどの共通する部品や
    技術面では連携して開発にかかる費用の節減や期間の短縮につなげる。

     米国では18年にカリフォルニア州でZEV規制が強化される。HVはZEVと認められず、
    各メーカーは販売台数に応じて、EVやPHV、燃料電池車(FCV)を一定数売ることが義務付けられる。
    マツダも対象となるため、電動車両の北米投入を決めた。
     ディーゼル車は17年春に全面改良する多目的スポーツ車(SUV)「CX―5」にディーゼルエンジンを搭載し、
    夏以降に発売する。厳しい環境規制に対応するため、日本向けには導入していない大気汚染物質の回収装置を使う。
    米国のディーゼル販売台数は全体の約2%と少ないが、力強い走りや燃費の良さに対する潜在的なニーズは大きいとみている。


    スポンサーリンク

    【マツダ、北米で電気自動車発売へ トヨタと共同開発】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 73コメント

    1: 2016/11/16(水) 15:49:44.91 ID:CAP_USER

    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1029981.html
    no title

    no title


     マツダは11月15日(現地時間)、ロサンゼルスオートショー(一般公開:11月18日~27日)で
    世界初公開する新型「CX-5」(北米仕様)の情報を公開した。

     新型「CX-5」は、現在マツダが持ちうるデザインと技術のすべてを磨き上げ、あらゆる領域で
    「走る歓び」を深化させたクロスオーバーSUV。「魂動(こどう)-Soul of Motion」のコンセプトをより
    高い次元へと昇華させることに挑戦し、「REFINED TOUGHNESS(洗練された力強さ)」をキーワードに
    「成熟した骨格」「品格のあるフォルム」「仕立てのよい質感」を軸に内外装デザインを実施。

     ボディサイズは4545×1840×1690mm、ホイールベース2700mm(数値は開発目標値)とし、
    現行CX-5(日本仕様)と比べ5mm長く、15mm低いサイズ。ホイールベースは同一となっている。
    車両の重心が下がり、さらに前後トレッドを10mm拡大したことでボディ全体でしっかりと地面をつかむ
    スタンスのよさを強調。また、現行CX-5からAピラーの位置を約35mm後退させ、フロントアクスルとAピラーの位置を適正化した。


    (以下スペックなど略)


    スポンサーリンク

    【マツダ、新型「CX-5」を世界初公開 来年2月より日本から導入へ】の続きを読む

    このページのトップヘ