乗り物速報

バイクと車のまとめ

    マツダ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 21コメント

    mazda_100350232_l

    1: [Φ|(|´|Д|`|)|🌀] BBxed!! ジャストフェイスロック(芋)@\(^o^)/ 投稿日:2015/04/18(土) 21:48:51.03 ID:utCyI0Wt0

    モビリティランドは、5月23日・24日に鈴鹿サーキットで開催するヒストリックイベント「鈴鹿サウンド・オブ・エンジン 2015」に登場する新たなデモランマシンを発表した


    新たにデモランが決まったのは、「マツダ 787B #202 JSPC仕様車(1991年)」「ニッサン R91CP(1992年)」「ホンダ RA301(1968年)」「ホンダ NS500(1984年)」の
    4台。

    MAZDA 787B #202 JSPC仕様車は、ルマン24時間で優勝したマツダ787Bの日本仕様車。ニッサン R91CPは、デイトナ24時間で長谷見昌弘/星野一義/
    鈴木利男組が日本人・日本車初の総合優勝を飾った記念すべきマシン。両モデルは5月23日に東コースで開催する「サウンド・オブ・グループC」でデモランを行う。

    ホンダ RA301は、1964年から始まったホンダの第1期F1チャレンジの最後を務めた最強マシン。5月23日に東コースで開催する「サウンド・オブ・ホンダF1」で
    デモランを行う。

    ホンダ NS500は、1983年にフレディ・スペンサーがWGPタイトルを獲得した3気筒モデル。5月23日・24日の両日、東コースで開催する「サウンド・オブ・GP500」で
    デモランを行う。当日はエディ・ローソンがNS500を走らせる。

    同イベントの前売券は大人2000円、中高生1700円、小学生800円、3歳~未就学児600円で発売中。
    http://carview.yahoo.co.jp/news/motorsports/20150417-10222271-carview/


    【鈴鹿サウンド・オブ・エンジン、マツダ 787B(JSPC) ニッサン R91CP のデモラン決定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 55コメント

    1: 北村ゆきひろ ★ 投稿日:2015/04/15(水) 21:38:34.81

    マツダは2015年4月14日、ソファーを開発したと発表した。同社の車両に適用する「魂動(こどう)」と呼ぶ
    デザインテーマを、ソファーの設計に採り入れた。同日からイタリアで開催される「ミラノデザインウィーク2015」に出展する。
    マツダ車に関心が薄い層に同社のデザインの考えを具体化して発信し、ブランド力の向上につなげる。
    ソファーを「発売する予定はない」(マツダ)という。

    ソファーは「Sofa by KODO concept(ソファー・バイ・コドーコンセプト)」と呼ばれる。
    小型SUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)「CX-3」のデザインで採り入れた、「力強く研ぎ澄まされた造形」(マツダ)の
    考えに基づいて設計した。ソファーに加えて、「ロードスター」の外観を想起させる自転車「Bike by KODO concept
    (バイク・バイ・コドーコンセプト)」も今回開発した。部品点数を抑えた単純な構造を基本に、1枚の鋼板を叩いて
    成形したフレームを搭載する。

    自動車メーカーのマツダが家具であるソファーを設計するのは、ブランド力の向上に加えて、デザイナーを育成する狙いもある。
    「幅広い分野のデザインを知ることでデザイナーの視野が広がり、最終的にクルマのデザインをもっとよくできる」(マツダ)と考える。
    さらにマツダは、「クルマは美術館に飾れるアート(芸術品)」という考えを持っている。デザイン見本市にはソファーや
    自転車に加えて発売中の車両を出展。「芸術品」としてのクルマの価値を訴求したい方針だ。

    no title

    no title

    http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/news/20150415/1063762/


    【マツダがソファーを開発したワケ、「クルマはアート」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 76コメント

    1: クロスヒールホールド(芋)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 08:18:09.35 ID:6uqfw0pD0.net BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典

    no title

    なによりも先代で目立った演出めいた走りが影を潜めて、小型軽量スポーツカーならではの素直な動きをピュアに味わえるようになったことに好感を抱いた。

    先代『ロードスター』は、2リットルならではの力強い加速と作り出した排気音、パキパキ動くハンドリングが特徴だった。はるかに大きく
    重いスポーツカーが、小ささ軽さを感じさせるために盛り込む演出を、取り入れてしまった。

    僕はヒストリックカーも守備範囲としているので、1950~60年代のライトウエイトスポーツカーに何度も試乗したことがある。
    そこには意図的な演出など当然ない。だからこそ、軽量コンパクトをピュアに感じることができた。ロードスターが目指す道はそこにあるはず。演出など不要なのだ。

    新型はそれに気づいたようだ。基本を磨き上げた代わりに、妙な演出は排除した。ボディを短く軽くしたから、1.5リットルでも問題なく走る。
    ブォーンという懐かし系の音は、エンジンの息吹を感じる。サスペンションが固くないせいもあって、操舵の瞬間の動きは鋭くないけれど、
    その後の身のこなしで小型軽量を実感できる。

    それでいてやっぱりマツダ、エンスー集団だと思った部分もある。横浜の街中と首都高速を走っただけでも、「踏んで曲がれ」というメッセージが伝わってきたからだ。

    なんとなくステアリングを切って、なんとなくアクセルを踏むようなスタイルでは、新型ロードスターは気持ち良く曲がってくれない。
    高速コーナーで試すと、アクセルを開けるとノーズが外に膨らみ、閉じると内側に戻るという動きがはっきり出る。

    でもそれに打ち勝って右足を大きく踏み込むと、駆動力が上回って、車体がグングン回り込んでいく。気持ちいい。これが正しいスポーツカー
    乗りの作法なんだと教えてくれるのだ。

    http://response.jp/article/2015/04/11/248816.html


    【【マツダ ロードスター 試乗】S660 とは対極「踏んで曲がれ」というメッセージ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 51コメント

    M1

    1: 海江田三郎 ★ 2015/04/07(火) 13:56:06.63 ID:???.net

    http://news.biglobe.ne.jp/it/0406/rbb_150406_0240740545.html
     4月を迎え初心者マークを付けた車が増えてきた印象だ。新人ドライバーが初めて運転する
    クルマの半数が、マツダ車だということはご存知だろうか。
     すなわち自動車教習所の教習車の話だ。2014年4月?2015年2月の教習車販売台数シェアを見ると、
    49%がマツダの車両という(マツダ調べ)。2015年2月の国内メーカー別の販売台数シェアで7.0%のマツダが、
    なぜ教習車マーケットではこれほどのポジションを築くことができたのか。

    ◆教習車もデザイン優先の時代
     マツダブランド戦略部の石田明主幹は、マツダ車が教習車として高い支持を受ける理由について、
    教習車である『アクセラ』のデザインの良さを理由にあげる。
     もともと同車は「2014 ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」のトップ3に選出されるほど、
    世界でも高い評価を受けている。デザインテーマ「魂動」を身に纏ったその姿は、他車と比べて存在感を放つ。
     石田氏は、千葉県船橋市にある「船橋中央自動車学校」のエピソードを紹介してくれた。
    同校の小杉信二次長は「教習で路上に出た際に注目を浴びるくらいかっこいいクルマにしたい。
    デザイン性と走行性に優れ機能性も十分に高いアクセラは我々のニーズにぴったりマッチした」という。
    この学校では、それまで「指導員の教えやすさ」や「取り回しの良さ」を車両の選定基準としていたが、
    今では「見た目」や「走り」を重視しているという。

    ◆自動車メーカー自らがつくる教習車はマツダとトヨタのみ
     アクセラが教習車に採用されたのは2004年。それ以来”マツダ製”の教習車はアクセラが務めてきた。
     この”マツダ製”というのがミソで、たとえば輸入車を教習車に使用している学校もあるが、
    これらは「改造自動車届け」を提出して運用する「改造車」なのだ。メーカー製の教習車は、
    現在のところアクセラの他にトヨタ『コンフォート』しか存在せず、いずれも車両開発が完了してから国土交通省に直接「教習車」としての届出をしている。
     “マツダ製”なので製品はもちろんマツダ・クオリティ。耐久試験や衝突実験まで行い、
    装備を含めた保証は一般車と同じ。国内営業本部法人営業部東京法人グループの小賀坂達雄氏は
    「デザイン以外にも信頼性で選ばれている。教習車は学校にとっての商売道具。修理のために何日も動かせないというわけにもいかない。
    その点マツダは、サービス体制もしっかりしている」と話す。
     一度に何台も入れ替える教習所にとっては大きな投資になるところ、
    これまでに約1万1000台のアクセラが教習車として生産・販売されてきた。


    【ドライバーになるための車…マツダが教習車シェア49%を獲得する理由】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 94コメント

    A-e1426319238243

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/30(月) 23:38:42.08 ID:BhyYRLCk0.n

    ロードスターは1500ccとかいう話もあるが…
    そんなショボいエンジンで大丈夫なのか


    【ホンダのS660かマツダのロードスターってどっちを買うべきだと思う?】の続きを読む

    このページのトップヘ