乗り物速報

バイクと車のまとめ

    マツダ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 16コメント
    1: フライングニールキック(芋) 2013/09/12 22:32:01 ID:juZKGJa10
    海外での発表を済ませた新型アクセラが、国内でもようやく10月にデビューする。今回は、そのハイパフォーマンスモデルであるマツダスピード仕様の次期型に迫る!
    マツダスピード仕様の次期アクセラに期待が高まる

    200ps、NA仕様で登場するマツダスピード アクセラ

    まずは、新型アクセラの日本仕様全体について紹介しよう。パワーユニットは当然、スカイアクティブ系だ。ガソリンは2LのスカイアクティブGに加え、
    待望の1.5L版が用意される。この1.5L版にはモーターを組み合わせたハイブリッド仕様も設定される見込みだ。また、アテンザで評価の高い2.2Lのディーゼルもラインナップされる。

    さて、次期マツダスピードバージョンだが、ターボエンジンが廃止される公算が高い。マツダは直噴ターボをいち早く実用化した実績があるだけに残念だ。
    代わって搭載されるのは2Lの自然吸気エンジンになるようだ。

    CX-5やアテンザにも搭載されているこの2L NAユニットは、最高出力155ps程度。ハイパフォーマンス版のマツダスピードに載せるには少し力不足に感じられる。
    そのため、専用チューンが施され200ps程度まで出力が高められるだろう。

    組み合わされるミッションは、おそらく6速スカイアクティブMT。エクステリアでは、他グレードとの違いを演出するエアロパーツや大径ホイールが与えられる。

    ターボ仕様は用意されないが、マツダは2シータースポーツのロードスター(特別仕様車を除く)でNAエンジンのフィーリングにこだわってきた。
    その志を踏襲する最新モデルが次期マツダスピードアクセラだとすれば期待できそうだ。


    no title

    【新型マツダ スピードアクセラ 10月にデビュー】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 15コメント
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01 12:13:48 ID:GivzUAWa0
    どっちがいい?

    マツダ
    no title

    no title



    日産
    no title

    no title

    【マツダ車かニッサン車かで迷っているんだがどうすればいいんだ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 34コメント
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01 17:25:45 ID:5GNsTI7F0
    no title

    ロータリーマガジン読んでリアスポの情けなさに思わず失笑

    3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01 17:26:10 ID:35QcqSD60
    まじかこれもうだめかもわからんね

    4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01 17:26:18 ID:hjKraI710
    あちゃーリアスポこんなになってもうたんか

    8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01 17:26:50 ID:0FV4MAFm0
    肝心のリア画像がないとか

    【新型RX-7が目も当てられない】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 10コメント
    1: ときめきメモリアル(catv?) 2013/08/18 09:05:40 ID:dTDu7/U60
    "Next Generation Renesis"ロータリーエンジン"16X"と言えば、マツダが2007年にロータリーエンジン量産40周年記念モデルとして東京モーターショーで 披露した
    コンセプトモデル"Mazda Taiki Concept"(画像:上)に搭載する形で発表したユニットであったが、その16Xを搭載した新型モデルが約2年後に登場するという情報を、
    米国のメディアautoblogが、現在米国モントレーで開催されている「2013 Pebble Beach Concours d'Elegance」において取材したというマツダUSAの関係者の発言を元に報じている。
    なお、搭載するモデルに関しての具体的な情報までは明らかにはされなかったようだ(当然、スポーツカーのはずだ)。


    発表当時16Xは、排気量を1,600ccにまで拡大するとともに、直噴機構やアルミニウム製のサイドハウジングなどの新技術を採用したユニットであると発表されていたが、
    マツダUSAの関係者曰く、最新のものは"ロングストローク(燃焼空間内のローターの移動経路を長く採ることを指しているようだ)"を採用することにより、低回転域の
    トルクを増大させた上、大幅に燃料消費量やCO2排出量を削減することを可能にしていると、"Mazda RX-8"に搭載されていた"13B"から進化したその性能を仄めかしている。

    【マツダ、ロータリーエンジン復活か 1600ccロングストロークで二年後に市販?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 2コメント
    32: 名無しさん@そうだドライブへ行こう 2013/06/26 19:39:49 ID:H73LgS950

    36: 名無しさん@そうだドライブへ行こう 2013/06/26 19:44:28 ID:AeMNT8vM0
    >>32
    お?マジもんか?

    37: 名無しさん@そうだドライブへ行こう 2013/06/26 19:46:32 ID:0ZBnOA/Q0
    >>32
    写真2枚目だとボンネット丸っこくて厚ぼったいけど
    実車はアテンザほど頭でっかちじゃなさそう


    これは勝つる!!

    【マツダ 新型アクセラ(Mazda3)の画像流出!今日、北米で正式発表!】の続きを読む

    このページのトップヘ