乗り物速報

バイクと車のまとめ

    マツダ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 71コメント

    1: 海江田三郎 ★ 投稿日:2015/11/19(木) 10:27:29.50

    http://jp.autoblog.com/2015/11/18/2017-fiat-124-spider-official-photos/

    no title


    フィアット・クライスラー・オートモービルズは18日、2人乗りの新型スポーツカー「フィアット 124 スパイダー」を
    、まずは主要市場となる米国で発表した。すでにご存じの通り、現行型「マツダ ロードスター」をベースに
    イタリアンなデザインとエンジンが与えられた日伊混血のオープン2シーターである。


    フィアット 124 スパイダーという名前は、1966年に発表されて20年近くも作り続けられた同名のスポーツカーから受け継いだもの。
    エクステリア・デザインも、目頭に切れ込んだ丸目のヘッドライトや六角形のフロント・グリル、ボンネットに見られ
    る2つの"パワー・バルジ"など、ピニンファリーナが手掛けた過去の124スパイダーをモチーフとしていることは明らかだ。そ
    の車体はマツダ ロードスターと共通だが、ボディ・パネルはフィアットのチェントロ・スティレが
    デザインした「100%イタリアン」であるという。もっとも三角形のサイド・マーカーなど、
    マツダと共通の外装パーツもいくつか目に付く。マツダ ロードスターのウインド・スクリーン・フレームが
    重心の低さを強調するブラックであるのに対し、124スパイダーはレトロなメッキ・フレームを模した(と思われる)シルバーで塗装されている。

    今回発表された北米仕様同士で比較すると、全長はフィアットの方がマツダより約140mmも長い。
    これは単にスタイリングのためだけでなく、トランク・スペースの拡大を狙ったもので、荷室容量にして8.5リッターほど大きいという。
    また、全幅が5mm、全高は2.5mmほど、フィアットはマツダより僅かに大きい。ホイールベースは共通だ。
    16インチと17インチが用意されるホイールはフィアットらしいデザインだが、もちろんマツダと同じ4穴。米国版Autoblogからの報告によると、
    タイヤも共通だったという。
    (続きはサイトで)

    no title


    no title

    no title

    no title


    【フィアット、「マツダ ロードスター」にイタリアンなデザインとエンジンを与えた新型スポーツカーを発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 37コメント

    FO_S026_F001_M004_1_L

    1: ツームストンパイルドライバー(catv?)@\(^o^)/ 投稿日:2015/11/14(土) 22:43:06.80 ID:8jXlPjxu0.n

     米自動車大手フォード・モーターが、保有していたマツダの全株式を売却していたことが14日、分かった。
    フォードは1979年に石油危機などで業績が悪化したマツダの株式を取得。
    それ以降、36年にわたり持ち続けてきたが、このほど売却し、資本提携は完全に解消された。
     フォードのマツダへの出資比率はピーク時に33.4%に達し、フォード出身者が4代続けてマツダの社長になるなど緊密な関係にあった。
    2008年ごろ、フォードの経営が金融危機で悪化。それを機に、マツダ株は段階的に売却され、最近では出資比率が2.1%に下がっていた。 

    フォード、マツダの全株売却=36年の資本提携解消
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151114-00000085-jij-bus_all


    【フォード、マツダ株を全部売却へ。これはまさか...】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 153コメント

    aa
    1: Ψ 投稿日:2015/11/11(水) 14:18:51.80 ID:t4Qc8t5a.ne

    トヨタやマツダなど、自動車の中間決算が5日、発表されたが、目立ったのが国内販売が33%増になったマツダの好調だ。

    売上高は従来予想を1005億円上回り、17%増の1兆7005億円、営業利益は9%減の950億円の予想から、21%増の1259億円となり、
    4~9月期ではいずれも過去最高を更新した。

    それよりもマツダが凄いのは、先の東京モーターショーでの人気ぶりだ。2012年に生産を中止したロータリーエンジンを搭載したコンセプトカー、
    「RX-VISION」を展示、中高年を中心としたファンの心をわし掴みにして、トヨタ社員をして、「マツダに負けた」と言わしめたほどなのである。

    「いま日本の自動車メーカーは、すべてマツダに学べという感じです。デザインには『人間の本能をくすぐる何か面白いことをやってやろう』という気概が感じられるし、
    生産ラインも効率化して、最後の仕上げにこだわっている。自動車メーカ―の仕事のやり方を先駆的に変えたんです。かつてはホンダがそういう会社でしたが、
    いまはサラリーマン化しちゃった。そういうところをファンは見ている。マツダの黄金時代は続きますよ」(自動車ジャーナリスト・井上久男氏)

    マツダはみんなを驚かそうとしている。過去最高決算は当然なのである。
    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/168743


    【かっこいいマツダとダサいホンダはどこで差がついたのか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 81コメント

    roadstar

    1: 河津落とし(北海道)@\(^o^)/ 投稿日:2015/11/08(日) 13:13:44.52 ID:kpBt2snA0

    ◆“値引きのマツダ”と決別しなければ…

     「日本において、マツダはどんなイメージだったのか。“値引きのマツダ”です。不名誉で悔しいですが、
    我々が実際にやっていたことは、たくさん販売するために、値引きをしてお客様に売りつけるような営業。デ
    ザインや開発チームからすると、自分たちが神経を注いで作ったクルマが値引きして売られることは、耐えられないと思うんです。
    を買ってくださったお客様も、その次の週、次の月にさらに値引きが行われるなんて、やっぱり悲しいことだと思うんですよ。
    こんなダメなマツダの営業とは絶対に決別しなければいけないと思いました」

     「そんなときに勇気付けられたのは、ロードスターの存在なんです。ロードスターは1989年に発売して今年で26年。
    その間、世界中で90万台以上売れています。売れていると言いましたが、正確に言うとお客様に選ばれたということです」
    http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20151108-00000500-biz_fsi-nb&p=2


    【【もう値引きません!】マツダ、“値引きのマツダ”から脱却!「選ばれ続ける高給ブランド」路線へwへ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 113コメント

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/10/28(水) 11:51:14.15 ID:I3CxuumF0.n

    no title

    もうこれでもかってくらいのマツダ顔だな
    飽きたわこれ


    【新型RX7をみてガッカリした件】の続きを読む

    このページのトップヘ