乗り物速報

バイクと車のまとめ

    ミニバン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 50コメント

    1: 2019/04/16(火) 15:04:12.27 ID:RCy6ClSmd

    運転席とは完全隔離
    正面に巨大モニター
    no title

    no title

    no title

    no title


    【【画像】レクサス「LM」の内装、すごすぎる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 108コメント

    1: 2019/04/16(火) 15:09:51.02 ID:CAP_USER

    レクサスは上海国際モーターショー2019(一般公開:2019年4月18日~25日)のプレスデーで、レクサス初となるフラッグシップ版大型ミニバン「LM300h」を世界初公開した。

    その姿を見た日本人メディアの多くは「これって、アルヴェル!?(アルファード/ヴェルファイア)」と思ったに違いない。

    この30分ほど前、同会場の別ブースで行われたトヨタ記者会見では、「ヴェルファイア」の中国初上陸が発表されたばかりだった。これまで中国向けには「アルファード」のみが販売されていたが、兄弟車である「ヴェルファイア」の導入が決まったのだ。これに伴い、中国向け「アルファード/ヴェルファイア」はパワートレインを2.5リッターハイブリッド1本に絞られることになった。

    一方、レクサス「LM」はハイブリッド車の「300h」として発表されており、これも中国版「アルファード/ヴェルファイア」と同じ2.5リッターハイブリッド車となる。

    一部メディアに「LM」は3リッターV6の「LM300」と2.5リッターハイブリッド「LM300h」の2本立てという記事がある。これについて、レクサス関係者は、中国向けは「LM300h」のみ導入と説明した。
    no title

    https://autoc-one.jp/lexus/special-5004186/


    【レクサス「LM」発表。 アルファードのレクサス版】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 38コメント

    206219d8d269b602f2aeb87e65f266a7-1

    1: 平成31年 04/14(日)10:09:05 ID:KyN

    新婚やしまだ子供作る予定はないけど将来見据えるとセダンは狭いよな


    【既婚なんやが車買うときセダンはやっぱアカンか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 36コメント

    img_3451d7d04253fca4ec9e0560544f9240194660

    1: 2019/04/11(木) 13:32:13.87 ID:Q9C0FJ9E

    国内の新車販売市場では、「軽自動車」や「コンパクトカー」と並んでミドルサイズ「ミニバン」の人気が続いており、

    とくに好調なのが日産の「セレナ」とトヨタの「ヴォクシー」です。

     対して、ホンダ「ステップワゴン」は、かつての勢いがあまりみられません。
    なぜ、同じようなサイズのミニバン車で販売格差が生まれるのでしょうか。

     2018年の年間販売台数ランキング(軽自動車を除く)では、日産「セレナ」が9万9865台と全体の4位に位置づけています。
    ミニバン市場においては、「No.1」となりCMなどでも大きくうたわれています。

     日産「セレナ」が好調な理由には、運転支援システムの「プロパイロット」や、
    2018年3月に追加された電動パワートレイン「e-POWER」を搭載するモデルなどがユーザーから好評得た結果、
    販売台数を伸ばしているのです。

     また、6位にはトヨタ「ヴォクシー(9万0759台)」がランクインし、
    トヨタのミニバン3兄弟となる「ヴォクシー/ノア/エスクァイア」では合計18万7702台を販売するなど、
    こちらもミニバン人気に一役買っています。

     しかし、ホンダの主力ミニバンとなる「ステップワゴン」は前出のランキングで16位とライバル車に比べてみれば苦戦しているといえます。

     ホンダ「ステップワゴン」は、2015年4月に現行モデルが登場しました。ライバル車の
    「セレナ(2016年)」「ノア3兄弟(2014年)」と比べても決して古いモデルという訳ではありません。

     各社のモデルともに、2019年3月現在までに一部改良やグレード・モデル追加などを施して、常に商品としての新鮮さを保っています。

     現行モデルの「ステップワゴン」について、ホンダの販売店スタッフは次のように説明します。

    ――ステップワゴンの特徴を教えて下さい

     ステップワゴンは、安全運転支援システムのホンダ センシングを全車標準装備しているほか、
    テールゲートを横に開くことができる「わくわくゲート」や3列目シートを分割して床下格納できる
    「マジックシート」を採用するなど、安全性や利便性を考慮したモデルです。

    ――モデル別の特徴を教えて下さい

     モデル別の特徴として、外見上の違いを分かりやすくいうと
    「標準モデル」と「スパーダ(カスタムモデル)」にわけることができます。
    標準モデルは、2015年のデビューと同じデザインなのに対して、
    スパーダは、2017年のマイナーチェンジで外観デザインを変更しているのが特徴です。

     また、パワートレインでは、ガソリン車とハイブリッド車の2種類が存在しますが、ハイブリッドはスパーダ仕様のみのラインナップとなります。

    以下
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190411-00010005-kurumans-bus_all&p=2


    【トヨタ・日産のミニバンは好調も 元祖的存在「ステップワゴン」はなぜ伸び悩むのか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 33コメント

    1: 2019/04/09(火) 21:39:59.524 ID:7v2MZexzp

    no title


    アルヴェル乗り「ぐぬぬ!無理してでも乗り換えなきゃ!!」


    【レクサスからミニバンが出る模様wwwLMwww】の続きを読む

    このページのトップヘ