乗り物速報

バイクと車のまとめ

    ミニバン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 42コメント

    K0000590660

    1: 2019/08/18(日) 00:02:25.887 ID:A8F0qLeSa

    安定のある走り
    スライド
    ファミリーにおすすめ!


    【オデッセイとかいう隠れた名車】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 6コメント

    1: 2019/08/10(土) 22:44:00.15 ID:pwu63iFK0● BE:423476805-2BP(4000)

    ダイハツが2017年の東京モーターショーで発表したコンセプトカー、DN MULTISIXの市販型の開発が進められている。
    DN MULTISIXは3列シート6人乗りのコンパクトミニバンで、2012年まで販売されたブーンルミナス、あるいはOEM販売されたトヨタ・パッソセッテを後継するモデルが想定される。

    トヨタのラインナップでは、コンセプトが近くなりそうなのが小型3列シートミニバンのシエンタ。
    DN MULTISIX市販型は、車両価格、ボディサイズ、パワートレイン的には、シエンタよりも下のクラスに置かれるモデルとなりそう。

    搭載が予想されるエンジンは、直列3気筒の1.0Lガソリンターボとなる。
    搭載実績のあるダイハツ・トールからエンジンスペックを引用すると、最高出力72kW/6,000rpm、最大トルク140N・m/2,400~4,000rpm。
    やや非力な印象もあるが、低い回転域でトルクが発生する仕様となっているので街乗りでは問題無さそう。
    経済的なコンパクトミニバンというポジションでは、現実的なパワートレインに感じる。
    2020年春頃以降、市販型の正式発表が予想される。

    https://car-research.jp/daihatsu/dn-multisix.html
    no title

    https://www.youtube.com/watch?v=x7hxulfTg20


    【ダイハツから新型ミニバン登場2020年春予測、DNマルチシックス市販型】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 45コメント

    1: 2019/08/06(火) 19:16:57.14 ID:15BfBL7w9

    no title



    誕生から17年、高価格でも売れ続けるトヨタ「アルファード」人気の理由とは

     2019年で初代の発売開始から17年を迎え、いまや国内における高級ミニバンの地位を確立したクルマがトヨタ「アルファード」です。

     2019年上半期(1月から6月)の登録車販売台数では、全体で13位となる3万5265台と、高価格なモデルにも関わらず新車市場で上位に位置する人気のクルマですが、どのような経緯でいまの人気を獲得したのでしょうか。

    威圧感、凄っ! レクサス新型「LM」とトヨタ「アルファード」どっちが欲しい?

    「アルファード」17年の歴史とは●初代アルファード(2002年発売)

     1997年に日産から発売された「エルグランド」は、日本における高級ミニバンというジャンル開拓すると同時に、それまでのミニバンとは異なる風格あるデザインや快適な居住性から人気を博し、トヨタはその対抗馬の開発に追われました。

     そして2002年に、エルグランドのライバル車として世に送り出した高級ミニバンが、初代アルファードです。

     車名は、星座の中でもっとも明るい星を意味するギリシャ語の「アルファ」が由来とされています。

     内装は、ウッドパネルを多用することでラグジュアリー感を演出することに成功しました。

     また、広々とした車内を始め、両側スライドドア、イージークローザーシステム、日本車初のパワーバックドアといった装備が特徴的です。

     月間販売目標台数は4000台を目標とされ、販売にあたり「G」と「V」というふたつのモデルで展開されました。

     Gはトヨペット店、Vはトヨタビスタ店(現ネッツ店)で販売され、のちにVはアルファードの姉妹車「ヴェルファイア」としての道を歩むこととなります。

     パワートレインは、2.4リッター直列4気筒エンジン、3リッターV型6気筒エンジンの2種類であり、駆動方式はFFと4WDがそれぞれ用意されました。

     販売開始年である2002年の販売台数は約5万3000台を記録。ライバル車であるエルグランドを上回る結果となります。

     さらに翌2003年には2.4リッターエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッド車が追加されたことで、販売台数は約8万4000台を突破し、エルグランドに5万台近い差をつけることに成功しました。

    ライバル不在!? アルファードが独自のポジションを確立するまで高級ミニバンとしての立ち位置を確立したアルファード●2代目アルファード(2008年発売)

     2008年にフルモデルチェンジがおこなわれ、2代目モデルになったアルファード。月間販売台数目標は3000台に設定されて販売が始まりました。

     このモデルより車名の後ろについていたアルファベット表記が外れます。先代のアルファードVは「ヴェルファイア」と改称されたことにより、アルファードとは別路線を歩むこととなります。

     その違いは外装で顕著に現れており、押し出しが強い雰囲気を感じさせるヴェルファイアに対し、アルファードはより高級感を強調したイメージを初代モデルから継承。フロントマスクも、それぞれ専用のデザインを採用することで差別化を図りました。

    https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20190803-10433907-carview/


    【誕生から17年、高価格でも売れ続ける世界で大人気のトヨタ「アルファード」人気の理由とは】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 34コメント

    K0000902768

    1: 2019/08/04(日) 15:53:08.606 ID:X5MtZ+XWM

    理由まで教えてね


    【予算400万で新車のミニバン買うなら、セレナかステップワゴンかヴォクシーならどれがいい?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 14コメント

    1: 2019/08/02(金) 19:58:34.45 ID:3C7javEK9

    日産自動車は2019年8月1日、ミニバン「セレナ」をマイナーチェンジし、同日、販売を開始した。

    2018年度(2018年4月~2019年3月)の国内販売において、ミニバン販売ランキングでトップとなったセレナ。今回のマイナーチェンジでは、エクステリアデザインが変更されたほか、「全方位運転支援システム」を全車に標準装備。ボディーカラーでは新色を2色追加し、4タイプのツートンカラーを含め全14バリエーションから選べるようになっている。

    標準車のセレナでは、フロントグリルのV字をモチーフとしたデザインが、グリル下部から左右を経て、ヘッドライト上部につながるデザインに変更された。

    スポーティーグレードの「ハイウェイスター」では、特徴的な「ダブルVモーショングリル」と呼ばれる押し出し感の強いフロントマスクや、縦長のリアコンビランプを専用デザインとして採用。標準モデルと差異化を進めている。

    「セレナe-POWER」には、新たに16インチアルミホイールがオプションとして設定された。

    全車に標準装備される全方位運転支援システムの内容は下記の通り。

    ・アダプティブLEDヘッドライトシステムまたはハイビームアシスト(グレード別設定)
    ・インテリジェントエマージェンシーブレーキ
    ・標識検知機能(進入禁止標識検知、最高速度標識検知、一時停止標識検知)
    ・踏み間違い衝突防止アシスト
    ・インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)+LDW(車線逸脱警報)
    ・インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)+BSW(後側方車両検知警報)
    ・RCTA(後退時車両検知警報)

    全方位運転支援システムの搭載により、セレナは全車が「サポカーSワイド」該当車になっている。

    また「プロパイロット」機能は、ドライバーのストレスをさらに軽減するため、下り坂での設定速度保持やよりスムーズな減速を可能とするブレーキ操作などが可能となったほか、ワイパー作動時の機能向上も図っているという。

    ラインナップと価格は以下の通り。

    ・セレナB(FF):239万9760円
    ・セレナS(FF):250万8840円
    ・セレナX(FF):252万9360円
    ・セレナXV(FF):268万7040円
    ・セレナG(FF):300万5640円
    ・セレナ ハイウェイスター(FF):270万8640円
    ・セレナ ハイウェイスターV(FF):293万2200円
    ・セレナ ハイウェイスターG(FF):316万8720円
    ・セレナe-POWER X(FF):294万3000円
    ・セレナe-POWER XV(FF):316万7640円
    ・セレナe-POWER G(FF):341万0640円
    ・セレナe-POWERハイウェイスター(FF):323万3520円
    ・セレナe-POWERハイウェイスターV(FF):343万5480円
    ・セレナe-POWERハイウェイスターG(FF):365万7960円
    ・セレナB(4WD):268万7040円
    ・セレナX(4WD):277万3440円
    ・セレナXV(4WD):293万1120円
    ・セレナG(4WD):329万2920円
    ・セレナ ハイウェイスター(4WD):299万5920円
    ・セレナ ハイウェイスターV(4WD):319万2480円

    (webCG)

    2019.08.02
    https://www.webcg.net/articles/-/41306

    セレナ
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【日産が「セレナ」をマイナーチェンジ デザインを一新し「全方位運転支援システム」を全車標準装備】の続きを読む

    このページのトップヘ