乗り物速報

バイクと車のまとめ

    モデルチェンジ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 41コメント

    1: 2021/02/14(日) 09:58:04.38 ID:EaJpah2B0● BE:423476805-2BP(4000)

    トヨタのハイブリッド専用車、アクアのフルモデルチェンジが予定されている。
    現行型アクアは2011年12月に発売されたモデル。2021年夏には、9年半という長い販売期間を経て、次期型2代目モデルに切り替わる。

    写真は現行アクア
    no title


    トヨタの国内向けBセグメントハッチバックカーは、このアクアとヴィッツの2モデル体制でラインアップされてきた。2020年にはヴィッツがグローバルモデルのヤリスに名前を改め、フルモデルチェンジを果たしたばかり。新型ヤリスの販売は好調で2020年の年間販売台数で首位の15万1766台を記録している。

    次期アクアは、そんなヤリスと共通プラットフォームとなるTNGA-Bを採用することで開発が進められている。パワートレインについても新型ヤリスと共通の1.5L THSⅡが搭載される見込み。駆動方式は2WDに加え、E-Fourによる電気式4WDの選択が可能となる。

    基本構造については、共通部分が多くなるであろう次期アクアとヤリスであるが、商品のキャラクター付けは大きく差別化される。

    ヤリスではドライバーズカーとしての要素が多く盛り込まれ、室内空間はタイトに仕上げられた。レバー式サイドブレーキ、視界の良さといった運転のしやすさに拘った部分も見られる。

    一転して、次期アクアでは居住性を重視した設計となり、特に後席スペースでゆとりが与えられる見込み。ファミリーカーとして、より使いやすい仕様となりそうである。

    https://car-research.jp/aqua/tnga.html



    【トヨタ・アクア今夏FMCへ、2代目は居住性重視でヤリスと差別化】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 49コメント

    1: 2021/02/05(金) 22:48:29.97 ID:suI5Shv89

     スズキは2月5日、13年ぶりに全面改良した大型2輪車のフラグシップモデル、新型「ハヤブサ(Hayabusa)」を発表。2021年2月末ごろより欧州をはじめ、北米、日本など全世界で順次販売を開始する。

     3代目となる新型ハヤブサは、13年ぶりの全面改良モデルとして、初代から続く開発コンセプト「Ultimate Sport(究極のスポーツバイク)」のもと、高い空力特性を持つ独特のデザインや優れた走行性能をさらに進化させたという。

    ■スピードリミッターを2輪車で世界初採用

     新型ハヤブサのボディサイズは、2180?735?1165mm(全長?全幅?全高)ホイールベースは1480mmで、装備重量は264kg。最高出力140kW/9700rpm、最大トルク150Nm/7000rpmを発生する水冷4サイクルの直列4気筒 1340cm3エンジンを搭載して、燃費性能ではWMTCモードで14.9km/Lを実現する。

     直列4気筒1340cm3エンジンは、電子制御スロットルの採用や吸排気の機構変更などにより、低中速域における出力とトルクを向上しながら、空力特性の追求によって高速性能を落とすことなく、欧州で2020年より新型の2輪車を対象に導入されている新しい排ガス規制「ユーロ5」に対応した(欧州仕様車)。

     新搭載の電子制御システムS.I.R.S.(スズキインテリジェントライドシステム)には、出力特性、トラクションコントロール、エンジンブレーキコントロールなど5つの制御を設定パターンから選択できる「SDMS-α(スズキドライブモードセレクターアルファ)」を採用したほか、設定速度を超えないようにするスピードリミッターを2輪車で世界初採用。

     各種の電子制御のモード数を多く設定することで、街乗りからツーリング、サーキットまでのさまざまな走行シーンやユーザーの好み、技量に対応できるようにした。

    ■ひと目で「ハヤブサ」とわかるデザイン

     デザインは、ひと目で「ハヤブサ」と分かるデザインとし、流麗なフォルムに大胆な面使いと前傾姿勢でシャープかつエッジの効いたスタイリングを採用。

     ボディカラーは、フロントフェイス左右にある吸気口、ボディー側面、リアまわりに車体色とは異なるアクセントカラーを用いた2トーンカラーとした。また、吸気口の縁にはポジションライト組込型ターンシグナルをスズキ2輪車として初採用した。

    Car Watch,編集部:椿山和雄

    2/5(金) 16:40配信 Impress Watch
    https://news.yahoo.co.jp/articles/2d07b6ef07a0121e9ac084f2b18aeac62f0c3fa4
    写真:Impress Watch
    no title



    【スズキ、新型「ハヤブサ」発表 究極のスポーツバイクを13年ぶり全面改良】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 31コメント

    1: 2021/02/03(水) 11:19:01.708 ID:z5X0+F9Aa

    日産自動車のメキシコ部門は1月30日、改良新型『マーチ』(Nissan March)を3月、メキシコ市場で発売すると発表した。
    no title



    【日産 マーチ に改良新型、表情一新】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 14コメント

    1: 2021/01/28(木) 19:30:50.63 ID:MN3gltEf0● BE:896590257-PLT(21003)

    ベンツ「Sクラス」発売、世界初のエアバッグやARナビで安全強化
    2021.01.28 日経Automotive

    メルセデス・ベンツ日本は2021年1月28日、旗艦セダン「Sクラス」を全面改良して発売した。同社社長の上野金太郎氏が「乗員に寄り添う技術を多く搭載した」
    と語るように、安全機能の強化や直感的なHMI(ヒューマン・マシン・インターフェース)の採用、操作性の向上など、幅広い領域を刷新した。
    価格は1293万~2040万円。

    8年ぶりに刷新した新型Sクラスで目立つのが、「Sクラスのコアバリューの中で最も重要」(同氏)と位置付ける安全機能である。
    注目すべきは、衝突を回避する先進運転支援システム(ADAS)の改良だけでなく、衝突後の被害を軽減するパッシブセーフティーの機能も高めた点である。
    それが、後席の乗員の安全を守るために前席シートの裏側に搭載した「SRSリアエアバッグ」である。ドイツMercedes-Benz(メルセデス・ベンツ)で安全運転
    機能の開発を担当するヨッヘン・ハープ氏によると、「首や頭部への負荷を最大で30%低減できる」という。後席の左右にリアエアバッグを搭載するのは「世界初」である。
    SRSリアエアバッグは、前席用のエアバッグと構造が大きく異なる。前席用は丸い風船のようなエアバッグが衝突時に展開されて、すぐにしぼむ。
    一方のSRSリアエアバッグは、頭部を包み込むような構造を採用し、エアバッグが膨張した状態を維持する。具体的には、エアバッグの骨格部分となる外側を
    チューブ状にしてインフレーターで強く膨張させる一方で、その内側となる中央部は周囲の空気を取り込んで柔らかく膨らむ。この構造を採用した理由は、
    「チャイルドシートの子供から大人まで、幅広い年齢層や体格の乗員に対応するため」である。

    ADASに関しては、センサーを追加して検知能力を高めて衝突を回避できる条件を増やした。
    新型Sクラスには、5個のミリ波レーダーと1個のステレオカメラ、4個の単眼カメラ、12個の超音波センサーを備える。

    https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00001/05118/



    【メルセデスベンツから風格漂う新型Sクラス。世界初エアバッグや4WSを装備】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 30コメント

    1: 2021/01/04(月) 22:34:46.37 ID:brBbnHPH0

    no title


    no title



    【【画像】日産新型マーチ、めちゃくちゃカッコよくなってしまうwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ