乗り物速報

バイクと車のまとめ

    モデルチェンジ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 23コメント

    1: 2018/10/18(木) 20:47:42.68 ID:D+ufiO+60

    マツダは新型アクセラを予告するティザー動画を2018年10月17日に公開した。
    予告された通り2018年11月に、新型アクセラとして正式発表される見込み。
    技術面では新開発ガソリンエンジンのSKYACTIV-Xが大きなトピックとなる。
    量産ガソリンエンジンとしては世界初となるHCCI(Homogeneous Charge Compression Ignition)予混合圧縮着火技術が導入され、この新型アクセラから搭載される。
    https://car-research.jp/tag/axela
    no title


    【マツダ次期アクセラ ティザー動画を公開、2018年11月正式発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 11コメント

    the-new-mercedes-benz-a-class-47

    1: 2018/10/18(木) 16:06:36.41 ID:PgoQaEJe0 

    あの「ナイトライダー」もびっくり、メルセデス・ベンツがしゃべる車を発売します。
     話しかけると車が言うことを聞いてくれる。そんな、ドラマで描かれていた世界が現実のものと
    なるかもしれません。

     メルセデス・ベンツが発表したのは、AI=人工知能を搭載し、運転手と「会話」ができる
    新型車です。AIが流行語などを学習するため、運転手と自然な日常会話ができます。

     「はい、メルセデス」(小川慎記者)
     「どうぞ、お話ください」
     「今日の調子はどう?」(小川慎記者)
     「人生最高の一日ですよ、今までのところですが」

     さらに、照明などの操作も口頭でできます。例えば、車内で運転手が「暑い」と言えば、
    クルマが理解して自動で温度を下げます。

     新型車は10月18日から販売の受け付けを始め、12月以降に納車される予定です。
    https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3501008.html


    【新型ベンツ AI搭載でナイトライダー仕様に!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 27コメント

    1: 2018/10/16(火) 21:01:33.76 ID:fiSzf22q0

    現行型プリウス(ZVW50、ZVW51、ZVW55)発売から早くも3年が経過するタイミングとなっている。
    2018年12月17日には、ビッグマイナーモデルチェンジに相当する改良モデルの導入が計画されており、これによりプリウスは後期型へ移行する。
    Sグレードに設定されていたニッケル水素バッテリー搭載モデルは廃止となり、後期型プリウスは全車リチウムイオンバッテリーが採用される見込みとなっている。
    フェイスリフトも実施され、プリウスPHVの影響を受けたスポーティな顔つきとなる。

    https://car-research.jp/tag/prius
    (写真は現行プリウス)
    no title


    【トヨタ・プリウス後期型はニッケル水素バッテリー廃止へ、12月マイチェン】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 39コメント

    1: 2018/10/12(金) 20:30:11.68 ID:uu6r5dtn0 BE:232392284-PLT(12000)

    no title

    no title



    マツダ アクセラ ハイブリッド、制御プログラム不具合で走行不能となるおそれ リコール
    https://response.jp/article/2018/10/08/314800.html


    【マツダ新型アクセラの画像が流出 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 7コメント

    1: 2018/10/09(火) 21:03:36.37 ID:aonsu4LP0● 

    パリモーターショー2018が開催中となっているが、日産の次期型ジュークも発表が期待されていたモデルの一つであった。
    しかし、これは発表が延期となり、年を明けた2019年初頭にフルモデルチェンジされる見通しとなっている。
    日産はもう一つのコンパクトクロスオーバーSUVとして、KICKSを2016年に発売していた。
    ブラジル、メキシコ、中国、マレーシアを生産国とする主に新興国をターゲットとした車種であるが、これが次期ジュークだったのでは、という心配もあった。
    しかしKICKSはVプラットフォームを採用したモデル。
    次期ジュークは日産とルノー共用の最新型BプラットフォームであるCMF-Bをベースに開発が進められており、シリーズ式ハイブリッドのe-POWERにも対応する。

    https://car-research.jp/tag/juke
    no title


    【日産・ジュークのフルモデルチェンジが遅れる、2019年初頭発表へ】の続きを読む

    このページのトップヘ