乗り物速報

バイクと車のまとめ

    モデルチェンジ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント
    1: ハバナブラウン(千葉県) 2013/07/17 20:14:37 ID:8onVXRA70
    no title


    スバル レガシィ 次期型、開発テストをスクープ

    スバル(富士重工)の主力車種のひとつ、『レガシィ』。その次期モデルの姿が、海外の自動車メディアによって捉えられた。

    これは7月8日、米国の自動車メディア、『MOTOR AUTHORITY』が伝えたもの。同メディアの契約カメラマンが、次期レガシィの開発テスト車の撮影に成功。その写真を読者に公開している。

    現行レガシィは5代目で、2009年に発表。とくに米国市場において、大きな成功を収めている。同メディアによると、次期レガシィの開発プロトタイプ車は、米国ミシガン州でテスト走行を行っていたという。

    開発プロトタイプ車には厳重な擬装が施されており、その表情などを窺うことはできない。ただし、スバルは2013年3月、ニューヨークモーターショー13に、『WRXコンセプト』を出品。
    次期『インプレッサWRX』のデザインの方向性を示唆したコンセプトカーだが、同車のルーフ形状などのモチーフが、次期レガシィにも反映されるもよう。

    なお、同メディアは、次期レガシィの米国デビュー時期について、「2015年モデルとして、2014年に発表されるだろう」とレポートしている。

    http://response.jp/article/2013/07/17/202333.html

    【スバル・次期、新型レガシィが流出】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 7コメント
    1: セルカークレックス(千葉県) 2013/07/09 20:19:36 ID:g4dfijyG0
    新型ビートは3気筒ターボ搭載の本格的な軽スポーツカーとなる

    ホンダのN BOXが2013年上半期の軽自動車販売台数でトップとなった。ダイハツ・ムーブ、スズキ・ワゴンRの二強を抑えての結果ということで、
    ホンダが2011年末からスタートさせた軽自動車戦略は大当たりしていると言っていいだろう。ホンダはさらに、N BOX、N ONEに続く新型軽自動車を続々市場に投入する計画。
    中でも注目したいのが軽オープンカーのビート後継車である。

    既に、次期ビートを意図するデザインコンセプトカー、EVスターが2011年の東京モーターショーで発表済みであった。
    残念ながらEV(電気自動車)としての計画はほぼ消えたと判断しているが、3気筒ターボの軽自動車向けガソリンエンジンを搭載させたプランが進行中である。

    この種の軽オープンカーは、ダイハツ・コペンのようなスポーツ性能は程々で気軽にオープンカーを楽しむタイプもあるが、やはり次期ビートに求められるのは硬派なスポーツモデルである。
    これについてはファンだけでなくホンダ社内でも同じ考えのようで、サスペンションセッティングは硬く固められ、ボディ剛性にも拘った車体が開発中とのこと。
    さらに1991年~1996年に販売された初代ビートと同様にMR(ミッドシップエンジン リアドライブ)が採用される可能性が高いとされており、次期ビートは軽自動車規格ながらも本格的なオープンスポーツカーとなるだろう。

    次期ビートの発売時期は2014年夏から秋にかけてという予測になっている。前回EVスターの発表からまる二年となる2013年11月の東京モーターショーでも新たなコンセプトカーが登場するのではと予想する。

    no title

    no title

    no title

    http://car-research.jp/honda/beat-9.html

    【ホンダ次期ビート、初代同様のMRで、足回りギチギチ、ボディ剛性ガチガチのガチスポに!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 1コメント
    1: スフィンクス(千葉県) 2013/07/08 19:41:05 ID:onqw8bLo0
    ベストカー8/10号は7月10日発売です。
    ぜひ、お近くのコンビニ・書店でお求めください。
    よろしくお願いいたします!

    http://ameblo.jp/bestcar-bc/entry-11568918286.html
    no title

    【明後日発売のベストカーで新型フィット(FIT3)の全貌がついに公開きたーーー!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 2コメント
    1: スコティッシュフォールド(千葉県) 2013/07/06 17:43:53 ID:BDC3KCls0
    本年1月に北米モーターショーでデビューした、7世代目となるシボレー『コルベット』のプレオーダーキャンペーンが7月6日から8月25日の期間限定で開始される。

    日本導入となるのはコルベットクーペとコルベットクーペZ51の2グレードで、同社セールスデビュティ・ディレクターの松本茂良氏は、
    「アグレッシブで洗練され、パッションを感じさせるデザインと、最先端のテクノロジーを用い、操舵性、走行性能を誇るようなものとして開発されています」と述べる。
    エンジンは、新開発の6.2リッターV8エンジンで、クーペは460ps/624Nm、Z51は466ps/630Nmを発揮する。

    プレオーダーキャンペーンの背景について松本氏は、「いつ乗れるのか、どんなクルマが来るのか、どうしたら買えるのかという問い合わせや、誰よりも一番早く乗りたいといった熱狂的な要望もあることから、
    この期間でプレオーダーをいただき、日本仕様の第1ロット生産車の中から、プレオーダーユーザーにお届けすることにしました」という。

    松本氏はキャンペーンにはもうひとつ大きな特典があると話す。「米国本国で選べる全ての外板色やインテリアを、プレオーダーでは自由に選択出来ます。
    また、オートマチックと、新機構であるアクティブレブマッチング機能が備わった新開発の7速マニュアルも選べます」と述べ、その他ルーフカラーやシート形状、ホイールなど、全体で56,448通りの組み合わせが可能だとした。

    価格については、「米国本社と調整中です。日本導入は来年の上半期の予定ですので、本年末をめどに価格発表できるよう進めています」の話し、
    同社コミュニケーションズ/R&Dサイエンスオフィスディレクターのジョージ・ハンセン氏は、「(6代目)コルベットはヨーロッパ競合各社よりも魅力的な価格設定が出来ており、この状況は継続したいと考えていますので期待して欲しい」と語った。

    http://response.jp/article/2013/07/06/201646.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【ちょっとディーラーに行って来るわ!シボレー 新型コルベットの国内プレオーダーを開始】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 1コメント
    1: シャルトリュー(千葉県) 2013/07/04 07:52:09 ID:Htc38AUc0
    ホンダが燃費世界最高のHV 次期フィット、リッター36キロ

     ホンダは燃費性能が世界最高水準のハイブリッド車(HV)を開発した。主力車「フィット」のHV次期モデルで、ガソリン1リットルあたり約36キロメートルと現行モデルより燃費が約4割改善する。
    HVを軸に次期フィットは9月の日本を皮切りに世界で投入し、同シリーズの世界販売は2016年度で現在の2倍近い150万台に増やす。16年度で5割増を目指すホンダの世界販売をけん引する。

     フィットHVの燃費は国土交通省…
    [有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

    http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD030LH_T00C13A7TJ2000/
    no title

    no title

    no title

    no title

    【ホンダが燃費世界最高のHV 次期、新型フィット(FIT3)、燃費はリッター36キロ】の続きを読む

    このページのトップヘ