乗り物速報

バイクと車のまとめ

    モデルチェンジ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 25コメント
    1: フェイスクラッシャー(千葉県) 2013/10/30 20:53:44 ID:nutnhViM0
    ダイハツ、東京モーターショーで2014年前半の発売を目指す新型「コペン」のコンセプトモデル

     ダイハツ工業は10月30日、「第43回東京モーターショー」(11月20日~21日プレスデー、22日特別招待日、22日プレビュー・ナイト、23日~12月1日一般公開日)の出展概要を発表した。

    コペンのコンセプトモデルは「新感覚・オープンスポーツ NEW FUN+」をコンセプトに、軽オープンスポーツの新しい形を提案するとしており、
    「KOPEN future included Rmz(コペン・フューチャーインクルーデッド アール・エムゼット)」「KOPEN future included Xmz(コペン・フューチャーインクルーデッド クロス・エムゼット)」というコンセプトの異なる2台を展示する。

     このコンセプトモデルでは、「走る楽しさ・持つ楽しさを極限まで追求したモデル」を謳うとともに、外板意匠をスマホのカバーケースのように自由に着せ替えられるという新しい使い方の提案をしている。
    Rmzはスタイリッシュ&エモーショナルな独創的スタイリングに仕上げ、インテリアは素材にこだわった上質なものとした。Xmzはタフ&アグレッシブなスタイリングで、インテリアはスパルタンさを強調したものとなっている。

     2011年の東京モーターショーでも新型コペンを想起させる「D-X(ディークロス)」を展示し、その際はパワートレーンに直噴2気筒660ccターボエンジンの改良型を採用していた。
    一方、今回のコンセプトモデルでは「KF」型の直列3気筒DOHC 0.66リッターターボエンジンを搭載し、トランスミッションにCVT(パドル付き)を組み合わせ、前輪駆動モデルであることが発表された。

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20131030_621478.html

    【ダイハツが発売間近の次期型コペン・プロトタイプを発表!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 6コメント
    1: ライトスタッフ◎φ ★ 2013/10/30 16:47:34
    タクシーやハイヤーに使われることの多いトヨタのクラウンセダン、クラウンコンフォート、
    そしてコンフォート・コンフォート教習車がマイナーチェンジを受けました。

    1995年デビューのコンフォート系はトヨタのラインナップでも長寿シリーズですが、
    今回の小変更では全車に車両安定装置であるVSCとTRCを標準装備しています。
    そのほか、メーター照度コントロール機能を追加したスピードメーター&タコメーター
    となりました。

    VSCの標準装備化は、国土交通省により横滑り防止装置(ESC)を継続生産車において
    2014年10月1日から装備義務化になることに対応したものといえます。

    エンジンは教習車以外はLPG仕様の2.0リッター4気筒、教習車にはガソリン2.0リッターが
    用意されています。いずれも駆動方式はFRで、基本となる変速機は4速AT。コンフォート、
    コンフォート教習車には5MTが用意されます。

    メーカー希望小売価格は、次のようになっています。

    コンフォート:1,801,800円~2,326,800円
    コンフォート教習車:1,738,800円~2,064,300円
    クラウンコンフォート:2,211,300円~2,442,300円
    クラウンセダン:2,690,100円~2,973,600円

    ●画像
    no title

    no title

    no title

    no title


    ◎トヨタ自動車(7203)のリリース
    http://www2.toyota.co.jp/jp/news/13/10/nt13_060.html

    http://clicccar.com/2013/10/30/234454/

    【タクシーや教習車にも「スピン防止装置」--トヨタ、クラウンセダンとコンフォート系をマイナーチェンジ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 9コメント
    1: ライトスタッフ◎φ ★ 2013/10/30 08:55:15
    ダイハツ工業は2014年春にスポーツタイプの軽乗用車2車種を市場投入する。

    「コペン」後継のオープン車と、クーペとスポーツ多目的車(SUV)の中間にあたる
    クロスオーバークーペを加える。それぞれ「RMZ」「XMZ」の名称で、11月23日
    から一般公開される「第43回東京モーターショー」に出展する見通し。

    同社は共通プラットフォーム(車台)を採用した「MZ」2車種で競合各社に対抗する。
    新型スポーツ車はボディーの外装を樹脂製で取り外せるようにして、購入後も“着せ替え”
    できるのが特徴。スポーツタイプで求められる走行性能を実現するため、3気筒ターボ
    エンジンの改良と新型手動変速機を開発した。

    2車種とも生産は本社工場(大阪府池田市)に整備する専用ラインで行う。年産能力は
    最大2万台と見られ全国のユーザーが組み立ての様子を見て楽しめるような工場レイアウト
    を計画する。

    ●9月のインドネシアモーターショーに出展にした軽スポーツのコンセプトカー
    no title


    ◎ダイハツ工業(7262)http://www.daihatsu.co.jp/

    http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0420131030aabe.html

    ◎関連スレ
    【車/戦略】「軽」スポーツ車が復活 スズキやダイハツやホンダ、若者層の開拓狙う [10/05]
    http://www.logsoku.com/r/bizplus/1380948397/

    【車/戦略】軽オープン『S660コンセプト』や世界初公開の市販予定モデルも--ホンダ、『東京モーターショー』出店概要発表 [10/23]
    http://www.logsoku.com/r/bizplus/1382500647/

    【車/戦略】スズキ、「東京モーターショー」出展概要発表--コンパクトSUVやターボエンジン搭載バイクなど [10/29]
    http://www.logsoku.com/r/bizplus/1383031853/

    【ダイハツ、来春に「軽スポーツ」2車種投入--『東京モーターショー』に出展】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント
    1: ファイヤーボールスプラッシュ(千葉県) 2013/10/28 20:46:34 ID:BgilfA2A0
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    2014 北米国際自動車ショーの前の12月にもワールドプレミアされると噂されているフォードの2ドアクーペ"Ford Mustang"の新型モデルと思しき画像を、早くも米国の自動車専門誌Car and Driverが入手、それをウェブサイトに掲載している。

    新型マスタングについては、これまでのレトロ路線のデザインを捨て、2011 フランクフルトモーターショーで披露されていた"Ford Evos Concept"のイメージを取り入れたスタイルになると言われていたが、
    今回明らかなったその姿を観てみると、アストンマーチン風のフロントグリルや小さなヘッドライトユニットなどのフロントセクションの造形には、
    言われていた通りにエヴォス コンセプトの影響が色濃く反映されているのが見て取れる。その一方で、左右に3セルづつ並んだテールランプなど、現行モデルのイメージも残されているようだ。


    なお、Car and Driver誌によると、ローンチ時点では現行モデルと同じ排気量3.8L V型6気筒エンジンないしは排気量5.0L V型8気筒エンジンと、
    6速マニュアルトランスミッションあるいは6速オートマチックトランスミッションの組み合わせのパワートレインが現行モデルから継承されるとのこと。
    その2,3年後、新たなエンジンやゼネラル・モーターズと共同開発している10速オートマチックトランスミッションを装着したモデルが設定される可能性があるそうだ。


    http://blog.livedoor.jp/motersound/archives/51811184.html

    【次期フォード・マスタングが欧州車っぽくなる 酷すぎだろこれ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 27コメント
    1: ファイヤーバードスプラッシュ(千葉県) 2013/10/27 19:33:17 ID:AYtolvJ30
    no title


    マツダを象徴するオープン2シータースポーツカーの「MX-5ミアータ」(日本名:ロードスター)。Autoblogでは先日、同車を「MX-5 GT」にアップグレードできるパッケージをご紹介したが、
    今回はニュルブルクリンクの北コースで、次期型MX-5ミアータのテスト車両をキャッチしたのでご紹介しよう。

    今回キャッチされたテスト車両は、ほとんどカムフラージュされておらず、現行モデルに近いボディを使用していることから、次期型に使用するパーツやシステムをチェックするための車だと思われる。
    ただ、テスト車の全長や全幅、ホイールベースは現行モデルより若干長くなっていることから、次期型MX-5ミアータは大型化する可能性が高いだろう。

    マツダは今年の1月、フィアットと新型MX-5をベースにしたアルファロメオの新型オープン2シーターを開発・生産する事業契約を締結しているだけに、次期型ロードスターのデザインは、アルファロメオの新型モデルにも活かされるはずだ。

    テストはまだ初期段階にあり、マツダは新型MX-5ミアータの発売時期を明らかにしていないが、新しい情報が入り次第お伝えしたい。

    http://jp.autoblog.com/2013/10/27/mazda-mx-5-miata-alfa-romeo-spy-shots/

    【次期マツダ・ロードスターの開発車両が流出 ホイールベース、トレッドともに延長 デカロードスター】の続きを読む

    このページのトップヘ