乗り物速報

バイクと車のまとめ

    モデルチェンジ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 18コメント
    1: タイガードライバー(芋) 2014/01/25 17:48:01 ID:ozWVBEYoP
    Nissan’s New 2015 Murano CUV Struts Its Curves

    Ever since Nissan’s reveal of the Murano mid-size crossover back in back in 2002, I’ve wondered how well its sleek,
    contemporary lines would age down the track. The answer to that is arguably, pretty damn good.
    Sure, some may lament it as a bulbous basket-case, however compared to its boxy competition,
    it was a breath of fresh air in a macho-image segment.

    Fast forward to today, and the 2nd generation Murano is now starting to show some wrinkles in a fast evolving segment.
    Not to be outdone, the Japanese carmaker is applying final changes to the crossover’s successor.
    Shown here for the first time; those camo-clad test mules have been given the digital peel to reveal its bold future. 0

    ソース
    http://www.carscoops.com/2014/01/future-cars-nissans-new-2015-murano-cuv.html

    ■画像
    no title

    no title

    no title

    【【スクープ】 新型「ムラーノ」の画像】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント
    1: ミッドナイトエクスプレス(芋) 2014/01/21 17:06:19 ID:Q6q1TZ/SP
    ホンダは、大型スーパースポーツ『CBR1000RR』のエンジンと車体各部の仕様を変更し、2月14日に発売する。

    また、CBR1000RRをベースに、車体の軽量化や専用サスペンションを採用することなどで、スポーツ性能を高めた
    『CBR1000RR SP』を受注生産モデルとしてタイプ追加、同じく2月14日に発売する。

    CBR1000RRは、エンジンの吸・排気ポートの形状を変更することで、従来モデルに比べて5ps高い123psの最高出力を実現。
    また、新形状のウインドスクリーンを採用することで空力性能を高めるなど、各部の熟成を図っている。
    なお、スーパースポーツモデル用として世界で初めて採用した電子制御式「コンバインドABS」を搭載したABS仕様車もタイプ設定した。

    CBR1000RR SPは、「The Edge of CBR」を開発のキーワードに、スポーツライディングの楽しみを追求したモデル。
    一人乗り専用設計とするとともに、前・後サスペンションにオーリンズ社製を、フロントブレーキキャリパーにはブレンボ社製を採用している。
    また、車体の挙動をより感じられる専用シートや、軽量化したシートレールなど、各部を特別な仕様としているほか、電子制御式コンバインドABSを標準装備している。

    価格はCBR1000RRが142万8000円から162万7500円、SPモデルが197万4000円。
    http://response.jp/article/2014/01/21/215435.html
    no title

    no title

    no title

    【ホンダ、新型CBR1000RR を発表…エンジン仕様変更で5psアップ、SPモデルも用意】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 31コメント
    1: マスク剥ぎ(芋) 2014/01/20 13:54:40 ID:IOQtmnT0P
    日産自動車は20日、アッパーミドルセダン“ティアナ”をフルモデルチェンジし、2月5日に発売すると発表した。
    3代目となる新型は、従来の“おもてなし”のコンセプトを受け継ぎ、移動そのものを楽しめるクルマを追求したという。

     エクステリアはワイドスタンスを強調したデザインを採用。ボディサイズは全長4880mm×全幅1830mm×全高1470mm。
    先代に比べ全長は30mm、全幅は35mm拡大している。、ホイールベースは従来モデルと同じ2775mmとした。

     内装は2代目のコンセプトの“おもてなし”を受け継ぎ、快適性の向上を図った。新たに無重力状態でのヒトの姿勢を
    参考に開発したという“スパイナルサポート機能付きシート”を前席に採用した。これは中折れ形状の背もたれパッドを採用し、
    より広い範囲で背中でサポートするというもの。また先代モデル同様、振動吸収構造シート(全席)や助手席パワーオットマンも
    設定している。さらに後席ニールームの拡大(+9mm)するなど、居住性を高めた。

     エンジンは改良型の2.5リッターV6エンジンとCVTを搭載。最高出力173ps、最大トルク23.9kg-mを発生し、燃費は14.4km/L(JC08モード)と従来モデルから26%向上させた。

     価格は、242万9700円から304万5000円。
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    http://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/198108/5/#contents

    【日産、ティアナをフルモデルチェンジ 2.5リッターV6】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 31コメント
    1: マスク剥ぎ(芋) 2014/01/20 13:59:35 ID:IOQtmnT0P
    トヨタ・アルファード/ヴェルファイアを見れば分かるように、いかに押し出しの効いた、有り体にいればド迫力フェイスを作れるか。
    少なくても外観では、この点こそがLLサイズミニバンの成功のカギを握っているといえるでしょう。

    no title

    LLサイズミニバンは、単なる広くて多人数が移動できるクルマではなく、内・外装ともに高級車としての要素も必須ということです。

    NISSAN_ELGRAND_02

    1月20日から発売される新型エルグランドは、「極めるキング・オブ・ミニバン」をテーマに掲げ、圧倒的な存在感を主張する外観、使い勝手を高めた荷室が主な改良点。

    最廉価の「250XG」をのぞいた全グレードで、ヘッドランプ、フロントグリル、フロントバンパーのデザインを一新する大がかりなフロントフェイスを敢行しています。

    フロントグリルをより大型化して、周囲をクロームメッキで囲むことにより押し出し感とハイクオリティを醸し出しているほか、シグネチャーLEDポジションランプを
    配した新デザインのヘッドランプと組み合わせることにより、「目ヂカラ」を強調。ひと目で変わったことが分かる圧倒的な存在感と高級感を磨いています。
    no title

    クラス初のLEDヘッドランプを採用し、見た目の先進性だけでなく、夜間や雨天時の視認性を高めているのもニュース。
    リヤビューは、新デザインのクリアコンビランプにすることで存在感を高め、足元の専用の18インチアルミホイールはマルチスポークデザインに切削処理を施し、クラフトマンシップとラグジュアリー感を演出したデザインにしています。
    no title


    no title

    http://clicccar.com/2014/01/20/243917/

    【新型日産エルグランドがアルファード/ヴェルファイアを追撃!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 42コメント
    1: マスク剥ぎ(芋) 2014/01/20 09:09:20 ID:IOQtmnT0P
    ダイハツは、1月10日から12日まで幕張メッセで開催された東京オートサロン2014 with NAPACに、間もなく市販化される予定の「KOPEN(コペン)」を出展。
    東京モーターショーとは装いも新たに展示されたこの軽オープンカーについて、その後の情報をダイハツの担当者の方に訊いてきた。

    「KOPEN future included Rm1」と名付けられたモデルは、「Rmz」タイプの色違い。鏡面仕上げの深い赤、「クロムレッド」のボディ・カラーを採用し
    「スタイリッシュ&エモーショナルな独創的スタイリングで面クオリティと質感を追求」したというが、実は東京モーターショーに展示されていた
    青いボディにラッピングを施したものだとか。優美なラインがさらに引き立てられて、お洒落なロードスターという「Rm」タイプのキャラクターによく似合っている。

    no title


    ダイハツでKOPENを担当されている方にお話をお訊きしたところ、「現在は量産化に向けた最後の詰めの段階」だとか。
    気になる価格については「200万円以内、できれば諸費用込みでそのくらいを狙っている」そうだが、これが結構大変らしい。
    例えば展示車はリア・ブレーキもディスク式になっているが、市販モデルでは先代COPEN同様、ドラム式に変更される可能性もあるという。
    「コストと価格のせめぎ合いですね。どうしても価格に跳ね返ってくるので」。

    性能的にはドラム・ブレーキでも問題ない?「車重が軽いですし、全然問題ありません。まあ、(問題は)リア・ホイールのスポークの間から見える、見た目ですよね」

    東京モーターショーでお訊きしたときには、CVTのみでMTの設定はなし、とのことでした。これを残念に思う方もいると思うのですが。
    「いや、それは間違いです。5速マニュアルも用意します。"スポーツカー"なんですから(笑)」
    no title

    【ホンダS660と違いマニュアルもある! ダイハツの軽スポーツ「KOPEN(コペン)」コミコミ200万以内!】の続きを読む

    このページのトップヘ