乗り物速報

バイクと車のまとめ

    モデルチェンジ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 25コメント

    1: 2017/10/28(土) 07:48:23.52 ID:CAP_USER9

    10/28(土) 7:35配信
    トヨタ・スープラ兄弟車? BMWが次期型Z4お披露目、トヨタ版のグリルはどうなる?

     独BMW日本法人は、11月5日まで開かれている東京モーターショーで、スポーツオープンカーのコンセプト車「The BMW Concept Z4」を展示している。8月に米国で発表したが、アジア地域での展示は初めてだ。現行「Z4」の全面改良版として2018年に発売する予定。


     BMWは、トヨタ自動車と共同でスポーツカーを開発中。今回出品された「Z4」も、デザインを変えたトヨタ版が発売されるとみられる。その際には、往年の看板スポーツカーだった「スープラ」の名前を復活させるとの観測も出ている。

     コンセプト車で目を引くのが、鮮やかなオレンジ色の2シーターの車体。「不要な装備をすべてそぎ落とした」といい、側面のガラス窓も取り去って、開放感を演出している。内装も、運転席に黒色、助手席にはオレンジ色のレザーがそれぞれ使われ、躍動感のある室内空間を強調する。(信原一貴)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171028-00000016-asahi-bus_all
    no title

    no title

    no title


    【トヨタ・スープラ兄弟車? BMWが次期型Z4お披露目、トヨタ版のグリルはどうなる?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 18コメント

    1: 2017/10/26(木) 17:46:41.57 ID:CAP_USER9

    タクシー業界が新型のタクシー専用車両の登場に沸いている。圧倒的なシェアを持つトヨタ自動車が22年ぶりに投入した新車両は、訪日客やシニアが乗りやすく、乗務員にとっても快適な空間を追求した。東京五輪が開かれる2020年には都内の3台に1台は新型タクシーに切り替えたい考え。新たな「街の顔」としての期待もふくらむ車両の乗り心地を記者が試してみた。

    24日の昼過ぎ、東京・大手町で新しい「JPN TAXI(ジャパンタクシー)」に乗り込んだ。スライドドアを開けるとまず、入り口の広さに驚く。縦幅は130センチメートル。やや小柄な記者は少し腰をかがめるだけで簡単に乗り込めた。床の高さも32センチメートルと低く抑えられ、しっかりとした手すりが付いている。これならシニアでも体に負担をかけずに乗れそうだ。

     車内空間は広々としており、体格の良い欧米人でもゆったりと過ごせると感じた。シートは厚みがあってしっかりとした感触だ。ドアの近くには電車のつり革のような手すりがあり、体格に合わせてちょうど良い位置で体を支えられる。

    車が加速したり曲がったりしてもあまり揺れずに安定していた。車内でパソコンなどを使うビジネスパーソンも乗りやすそうだ。

     車内にはこれ以外にも随所に「おもてなし」のこだわりが感じられた。シートは自分でスイッチを操作して温かくでき、エアコンの風量も自分で調整できる。窓は広めに設けられ、外の景色を眺めやすい。時計やタクシーメーターなどは後部座席から見やすい位置にある。吸音材や遮音材を使っているためか静かな印象だった。

     乗務員が働きやすい環境も整えたという。タクシー乗務員は乗客から見える位置に私物を置くことができず収納に困っていた。新車両は運転席の近くに日報やペットボトルの飲み物を入れるスペースを設けた。配車システムや空調など車内機器も操作しやすい位置にある。我々のタクシーを運転してくれた三浦正広さん(49)も「乗務員目線の工夫があって運転しやすくなった」と満足そうだった。

     ただ、少し不安な点もあった。これまでの取材でも訪日客から「ドアが自動で開くのがすごい」と言われることが多かったが、実際は乗務員がレバーで操作していた。

    新型車両は乗務員がスイッチを押してスライドドアを操作するが、開閉にやや時間がかかる。ドアが完全に閉まるまで走り出せないため、信号待ちの時に乗り込むなどすると後続車を待たせることになるかもしれない。

     新型車両の価格は1台300万円を超える。現在普及している一般的なトヨタ製車両よりも100万円程度高い。経営状況が厳しい中小タクシー事業者などにとって買い替えの負担は決して小さくない。

     タクシー業界を取り巻く環境は厳しい。国土交通省によると、全国の法人タクシーの輸送人員は10年間で3割近く減少している。乗務員の高齢化と人手不足も深刻だ。

     それだけに、全国ハイヤー・タクシー連合会(東京・千代田)の川鍋一朗会長は「(新型タクシーの普及などを通じて)日本の新しい公共交通の姿を作っていきたい」と意気込む。

     一方、米ウーバーテクノロジーズに代表されるライドシェアの規制が緩和されれば、タクシー事業そのものが根底から揺さぶられる可能性もある。新型タクシーが走る道は決して平たんとばかりは言えなさそうだ。

    (企業報道部 清水孝輔)


    2017/10/26 6:30 日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22689730V21C17A0XM1000/

    no title

    ドアの開閉にかかる時間はやや長く感じた

    no title


    【22年ぶりの乗り心地、トヨタ新型タクシーを体験 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 38コメント

    1: 2017/10/25(水) 18:43:29.60 ID:CAP_USER9

    「東京モーターショー2017」で、トヨタは2018年発売予定の新型「クラウン」を予告するコンセプトモデル「CROWN Concept」と、新型「センチュリー」を初披露した。

    初公開された「CROWN Concept」
    no title


    ■全ての写真はこちら
    no title


    トヨタが出展した「CROWN Concept」は、2012年に発売した現行モデルの後継となる15代目クラウンのコンセプトモデルだ。

    新型はTNGA(Toyota New Global Architecture)に基づきプラットフォームを一新し、ゼロから開発。ドイツ・ニュルブルクリンクで鍛えたという走りもセールスポイントだ。標準装備する車載通信機を使ったコネクテッド(つながる)サービスも特徴だ。

    コンセプトモデルのサイズは4910(全長)×1800(全幅)×1455(全高)ミリ(ホイールベース2920ミリ)、定員は5人。

    新型センチュリー
    no title


    公用車などに使われる高級セダン「センチュリー」を21年ぶりにフルモデルチェンジする新型も初公開。国産乗用車唯一だったV型12気筒エンジンを廃止し、5リッターV型8気筒エンジンとハイブリッドシステム(THS II)を採用することで燃費性能、静粛性などを高めている。全長やホイールベースを拡大することで後席スペースが広がり、快適性も高めているという。18年の発売を予定している。

    配信2017年10月25日 10時04分
    ITmedia
    http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1710/25/news059.html


    【トヨタ、新型「クラウン」「センチュリー」を初披露】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 18コメント

    1: 2017/10/21(土) 10:14:37.81 ID:PXFYzfYQ0● 

    https://s.response.jp/article/2017/10/20/301352.html


    トヨタ『プリウス』の派生ミニバン『プリウスα』次期型プロトタイプが、ニュルブルクリンクの高速テストを開始、その模様をレスポンスの兄弟サイトSpyder7が始めて捉えた。

    「プリウスα」は、2列5人乗りのステーションワゴンタイプと3列7人乗りのミニバンタイプがある派生モデルで、欧州では「プリウス+」、北米では「プリウスV」の名を持つ。ベースである現行プリウスは、2015年にプラットフォームを刷新したが、プリウスαは従来型のまま販売を続けている。

    今回スクープした次期型の開発車両の姿から、ボディが大刷新されることが判明。現行モデルと比較してノーズは伸び、リアピラーデザインを大幅に変更。
    より広い後席の居住空間を生むためにルーフが高くなっている。これにより次期型はワゴンでもミニバンでもない、レクサス『NX』のような「クロスオーバー」に近いデザインとなることが判明した。その違いはリビューからも一目瞭然だ。

    面白いのはテールライトだ。現行とは大きく異なる水平基調の薄型タイプだが、よく見ればレクサスNXのものが装着されていることがわかる。
    これはフェイクと思われるが、生産モデルでも近い形状が採用される可能性が高い。またフロントマスクはプリウスとほぼ同じデザインとなりそうだ。

    パワートレインはプリウス同様、1.8リットル直列4気筒エンジンと電気モーターを組み合わせたハイブリッドで、JC08モード燃費で33km~35kmを目指しているという。

    ワールドプレミアは、早ければ2017年内もあるが、2018年前半が有力とレポートされている。


    no title

    no title


    【新型プリウスαがニュルブルクリンクでテスト走行】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 38コメント

    1: 2017/10/19(木) 16:46:31.23 ID:CAP_USER9

     トヨタ自動車は19日、レクサスブランドの旗艦車種「LS」を11年ぶりに全面改良して発売した。自動で歩行者との衝突回避を図る機能など世界初の安全技術を複数搭載した。室内空間には、23個のスピーカーを装備。後席ドアのひじ掛けデザインを中央部とそろえ、1人用ソファのような座り心地に改良した。事前受注は7600台で、月間600台の販売を目指す。3・5リットルエンジンにターボがつく「LS500」と、ハイブリッドの「LS500h」があり、消費税込み980万円~1680万円。

    http://www.asahi.com/articles/ASKBM4TW4KBMOIPE01T.html
    no title

    no title

    新型「LS」の後席。座り心地をよくするため、ドア部分と中央部のひじ掛けが対になるようデザインした
    no title


    【レクサス旗艦車「LS」全面改良 世界初の安全機能搭載(980万円~)】の続きを読む

    このページのトップヘ