乗り物速報

バイクと車のまとめ

    モデルチェンジ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 29コメント

    1: 2017/01/05(木) 16:52:09.07 ID:UWwA1Fvk0 

    Hondaは、米国ミシガン州デトロイトで開催される2017年北米国際自動車ショー(一般公開日:1月14日?22日)で、新型「ODYSSEY(オデッセイ)」を世界初公開する。

    北米において、オデッセイは6年連続でミニバンとして販売台数第1位を獲得している。今回発表する新型オデッセイは北米モデルの5代目で、
    新しいエクステリアデザイン、パワートレイン、ファミリーユーザーの満足度向上を狙ったパッケージや先進の安全運転支援システムを装備するなど、走りと使い勝手を兼ね備えたモデルとなっているという。
    170105121842

    - See more at: http://www.topnews.jp/2017/01/05/news/151629.html#sthash.9xAMo4gh.dpuf


    スポンサーリンク

    【2代目までは名車だった。ホンダ、新型「オデッセイ」を北米国際自動車ショーで世界初公開 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 51コメント

    1: 2017/01/04(水) 09:13:41.00 ID:pKiqA1lQ0 

    ホンダは2009年に生産が終了したホンダのFRスポーツカー「S2000」が新型モデルの販売を計画している。

    ホンダが2018年の創業70周年に合わせて、S2000の後継スポーツカーを販売する予定だ!!

    S2000 後継車として名前は「ZSX」「 Baby NSX」とも言われている。
    http://carinfoj.blog.fc2.com/blog-entry-295.html
    no title

    名前も「Baby NSX」と言われていた。

    欧州連合知的財産庁に、ホンダは新しい商標登録を申請した。
    「ZSX」である!!

    もちろん駆動方式はFRでオープン2シーターである。
    S2000の後継「ZSX」の価格は400万円前後ではないかと言われている。
    名前も「Baby NSX」と言われていた。


    スポンサーリンク

    【マツダと日産の部品を使っていたことで有名なホンダS2000、新型モデル スポーツカーなので当然FR】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 22コメント

    no title
    1: 2017/01/04(水) 09:15:06.74 ID:pKiqA1lQ0 

    トヨタではプリウスPHVの発売日が2017年2月15日にスケジュールされている。

    (写真は新型プリウスPHV)
    プリウスPHV

    プリウスPHVは当初2016年10月26日に発売される予定であったがこれは大幅に遅れた。ようやく量産スケジュールに目処が立ち日本発売されることになる。

    プリウスPHV リアコンビネーションランプ プリウスPHV パリモーターショー2016

    新型プリウスPHVは独自エクステリア、トランクルームは深さが足りない
    今回の新型プリウスPHVからは通常版プリウスとは異なるエクステリアデザインが与えられている。

    プリウスPHV フロントグリル

    プリウスPHVのフロントデザインは、ブラックアウト処理により大きく見せられたグリルが特徴的。エコイメージの通常版プリウスに対しアグレッシブな印象となる。
    http://car-research.jp/toyota/prius-phv-10.html


    スポンサーリンク

    【トヨタ新型プリウスPHVは326万1600円から、2017年2月に発売延期】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント

    1: 2017/01/02(月) 12:29:29.07 ID:QOCmnyy+0 

    BMWと共同開発が進む、トヨタ「スープラ」次期型プロトタイプが、擬装が薄くなった状態で姿を見せた。

    フロントバンパーには、独自の3分割された大口エアダクトが見えるが、横長のヘッドライト(現在はダミーライト)、ロングノーズ、、
    スポーティーなクーペルーフ、跳ね上がるトランクリッド、盛り上がるリアフェンダーなど、初期プロトタイプでは分かりづらかった、「FT-1」譲りのデザインが見えている。

    また、エクステリアのボディサイズは、「FT-1」よりホイールベースは短く、前後オーバーハング長いことが分かる。

    パワートレインは2リットル直列4気筒ターボエンジン、3リットルV型6気筒エンジン、BMW製3リットル直列6気筒ターボエンジン、
    2.5リットル直列4気筒ターボエンジンにモーターを組み合わせた、ハイブリッドモデルなどが、噂されているが、断定とまでは言い切れない状況である。

    ワールドプレミアは2018年とレポートされている。

    また最新情報では、現在の「AREA86」を改名する、「GAZOO RACING FACTORY」での販売が有力と見られている。

    http://response.jp/article/2017/01/02/287813.html
    no title

    no title

    no title


    スポンサーリンク

    【トヨタ 新型スープラ、「FT-1」最新スパイショット公開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 187コメント

    1: 2016/12/29(木) 06:11:23.36 ID:fqmor9wf0

    注目は、インプレッサとは異なるアグレッシブなフロントマスクだ。シャープに釣り上がるヘッドライトに、立体感のある大口エアダクトや
    特徴的なサイドスカートが目を引き、巨大リアスポイラーも存在感を増している。

    また、グリルのアウトライン、及びフロントスプリッターに赤いラインを施し、フロントエンドが引き締められているのも特徴的だ。

    プラットフォームには、スバルの次世代「SGP」を採用し、全幅が僅かながらワイドになり、ホイールベースも延長される他、
    剛性&軽量化、及び安定感が向上すると見られる。この「SGP」プラットフォームは今後登場する新型「XV」などにも継承される。

    ハイライトはパワートレインだろう。WRX STIと言えば伝統の「EJ20ターボ」だが、次期型では「FA20ターボ」搭載が有力で、PHVモデルの登場も噂ざれている。

    6速MTと組み合わされる、2リットル・フラット4は最高馬力315psを発揮すると見られる。

    ワールドプレミアは2017年7月から8月が有力だ。

    http://response.jp/article/2016/12/28/287736.html
    no title


    スポンサーリンク

    【スバル 次期WRX STIキタ━━(゚∀゚)━━!!!!315馬力で2017年夏登場か】の続きを読む

    このページのトップヘ