乗り物速報

バイクと車のまとめ

    モデルチェンジ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 38コメント

    styling1

    884: 2018/07/05(木) 11:00:50.17 ID:Be7crfnL

    HP更新しました
    http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/


    【スズキ 新型ジムニー発売!HPやPVも公開!納車は4ヶ月以上先の模様】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 26コメント

    1: 2018/07/04(水) 14:01:20.47 ID:2euADAeM0 

    2015年に初めてその姿をスクープされた、ポルシェ『911』次期型(992型)開発車両は、3年の年月をかけついに最終形へ。
    カモフラージュが限りなく剥がされた状態のプロトタイプが、ニュルブルクリンクで高速テストを行った。

    パワートレインは、最高出力390psを発揮する3リットル水平対向6気筒ターボエンジンを搭載する他、2021年には、最高出力420ps程度を
    発揮する初のPHEVモデルも投入することが確実視されている。キャビンには、12.3インチディスプレイを備える「アドバンスコックピット」を搭載、
    タコメーター以外は全てデジタル化される。

    ワールドプレミアは、11月のロサンゼルスモーターショーが最有力とされているが、この最終プロトタイプを見る限り、発表の準備は万端のようだ。

    https://response.jp/article/2018/07/02/311439.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【ポルシェ 新型911(992) ついに最終形へ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 68コメント

    1: 2018/07/01(日) 13:31:59.23

    軽なのに…

    【価格】(すべて税込に統一)
    ジムニー
    XG MT 1,458,000円
      AT 1,555,200円
    XL MT 1,582,200円
    AT 1,679,400円
    XC MT 1,744,200円
    AT 1,841,400円

    ジムニーシエラ
    JL MT 1,760,400円
      AT 1,857,600円
    JC MT 1,922,400円
    AT 2,019,600円

    【グレード情報】
    no title

    ●運転席・助手席SRSエアバッグ
    ●SRSカーテンエアバッグ
    ●フロントシートSRSサイドエアバッグ
    ●マルチリフレクターハロゲンヘッドランプ
    ●エアコン
    ●フロント2スピーカー
    ●16インチスチールホイール 
    など

    no title

    (XGにプラス)
    ●フロントマルチリフレクターハロゲンフォグランプ
    ●フルオートエアコン
    ●キーレスプッシュスタートシステム
    ●電動格納式リモコンドアミラー
    ●スモークガラス
    ●運転席・助手席シートヒーター など

    no title

    (XLにプラス)
    ●デュアルセンサーブレーキサポート
    ●LEDヘッドランプ
    ●ヘッドランプウォッシャー
    ●クルーズコントロールシステム
    ●LEDサイドターンランプ付ドアミラー
    ●16インチアルミホイール
    ●革巻きステアリングホイール など

    *スズキ セーフティ サポート(デュアルセンサーブレーキサポート等)装着車はXL・XGにメーカーオプション設定


    VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured

    【新型ジムニー乗り出し200万円wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 30コメント

    1: 2018/06/25(月) 15:44:55.10 ID:CAP_USER9

     独メルセデス・ベンツ日本法人は25日、全面改良された新型4ドアクーペ「CLS」を売り出した。同車種では3代目で、全面改良は7年ぶり。車体のラインを従来型よりシンプルにし、流線形のデザインを際立たせた。ディーゼル車と初設定のハイブリッド車(HV)があり、ディーゼルは799万円(消費税込み)から、HVは1038万円(同)から。

     CLSは2004年に登場後、11年に2代目が発売。これまで世界で約38万台が売れている。今回の全面改良では、デザイン刷新のほか、高速道路の走行時に自動で車線変更ができる機能や、車外からスマートフォンを使って駐車操作ができる機能を標準装備した。

     ディーゼル車には、「Eクラス」にも採用された2・0リットルの直列4気筒ターボエンジンを搭載。エンジンピストンの摩擦を低減したことで、先代よりも出力性能が向上し、よりスムーズな加速が可能になった。

     一方、今月発覚した独ダイムラーの排ガス不正問題について、同法人の上野金太郎社長は発表会後、報道陣の取材に「日本で販売している車種への影響は、中身に関して詳細がわかっていない段階なので、もうしばらく時間をもらいたい」と話した。

    no title

    no title

    no title

    no title


    2018年6月25日14時18分
    朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASL6T46DYL6TULFA00D.html


    【ベンツの新型・4ドアクーペ「CLS」 7年ぶりの全面改良 流線形強調 お値段799万円(ディーゼル)1038万円から(HV)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント

    1: 2018/06/24(日) 14:38:24.72 ID:mr0NS0PZ0● 

    ハンガリーのデザイン会社「X-Tomi Design」は、5ドアのロングモデル、コンバーチブル、ピックアップの3バージョンの予想CGをウェブサイトで公開している。もともとバリエーションの多いモデルである「ジムニー」は、これまでもキャンパストップ、ピックアップ、パノラミックルーフなどを設定しており、新型に設定される可能性もあるはずだ。

    「ジムニー」新型のパワートレインは、最高出力64psを発揮する660cc直列3気筒ターボ+Sエネチャージを搭載。
    「ジムニー シエラ」には、最高出力109psを発揮する1.5リットル直列4気筒エンジンが搭載される。「Sエネチャージ」は、
    加速時のエンジンをモーターによりアシストし、減速時には発電及び充電を行うスズキの最新ハイブリッドシステムだ。

    ラインアップには「XC」、「XL」、「XG」の3仕様が設定される他、「シエラ」には、「JC」と「JL」の2仕様を設定される。

    新型の派生モデルで一番興味が惹かれるのは、これまで設定されたことのない「5ドアロング」だ。まさに日本版「Gクラス」の出で立ちだが、このままのエンジンでは、馬力不足だろう。

    正式発表は、7月5日に予定されているが、サプライズで派生モデルの登場に期待したい。
    https://response.jp/article/2018/06/24/311171.html#cxrecs_s


    ジムニー初の4ドアロングボディ登場
    no title


    【スズキ 新型ジムニー派生モデルに念願の4ドアロングボディ登場か!?】の続きを読む

    このページのトップヘ