乗り物速報

バイクと車のまとめ

    モデルチェンジ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 27コメント

    1: 2017/11/23(木) 10:35:19.94 ID:CAP_USER9

    http://www.asahi.com/articles/ASKCQ3PLRKCQULFA004.html

     ホンダはミニバン「オデッセイ」を一部改良して発売した。衝突軽減ブレーキといった安全運転支援システムを全タイプに標準装備。フロントバンパーのデザインも変え、「力強い印象にした」という。ハイブリッド車(排気量2.0リットル)は消費税込み375万円から、ガソリン車(同2.4リットル)は298万円から。販売計画は月1500台。

    no title


    【ホンダ、オデッセイを一部改良し発売 「力強い印象に」(298万円~) 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 12コメント

    carlineup_hiacevan_top_3_24_pc
    1: 2017/11/22(水) 21:05:00.97 ID:BQsla6730 

    トヨタ自動車は今年発売50周年を迎えた商用車「ハイエース」を一部改良して12月1日に発売する。
    歩行者を検知する機能やオートマチックハイビームなどの衝突回避支援パッケージを標準装備した。国内で月間約7100台の販売を目指す。
    販売を担うトヨペット店で魅力を伝えるための特設スペースも設ける。

     今回の改良では衝突回避支援の機能を付け、安全性を高めた。
    盗難防止のオートアラームを標準装備し、セキュリティー機…

    トヨタ、「ハイエース」を一部改良 12月1日発売
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23796680S7A121C1000000/


    【トヨタ、ハイエースを改良。人を検知して教えてくれる機能搭載】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 89コメント

    1: 2017/11/20(月) 18:31:05.04 ID:CAP_USER9

     トヨタ自動車は20日、全面改良した高級車ブランド「レクサス」の最上級セダン「LS」の受注が、10月19日の発売から1カ月で約9500台に上ったと発表した。月間販売目標(600台)の約16倍に当たり、好調な立ち上がりとしている。

     法人の購入が多く、企業が役員送迎に使うとみられる。個人の顧客は主に40~60代以上の男性で、レクサス所有者の乗り換え需要が中心に。

     LSにはハイブリッド車(HV)とガソリン車があり、受注の7割をHVが占めた。HVの事前受注を7月に始めたのに対し、12月18日から販売するガソリン車は10月に事前受注を始めたことが影響しているという。

    配信2017/11/20 17:30
    共同通信
    https://this.kiji.is/305259187624805473

    他ソース
    レクサス LS 新型、発売1か月で約9500台を受注---目標の15倍以上(2017年11月20日)
    https://response.jp/article/2017/11/20/302725.html

    no title

    no title


    【トヨタ、レクサス新型「LS」 受注9500台 月間目標の16倍】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 23コメント

    1: 2017/11/17(金) 23:50:48.52 ID:CAP_USER9

    ◆【電子版】テスラ、航続1000km 新型EV「ロードスター」公開(動画あり)

    ■ 最高速度400キロ超、20年市場投入

    米電気自動車(EV)メーカーのテスラは16日、ロサンゼルス近郊で、スポーツ車「ロードスター」の新型モデルを公開した。
    時速96キロまで1.9秒で到達し、最高速度は400キロを超える。

    マスク最高経営責任者(CEO)は「史上最速の市販車になる」とアピールした。
    市場投入は2020年。

    1回の充電で約1000キロの走行が可能。
    4人乗りで、価格は20万ドル(約2250万円)から。

    一方、同社初となる電動トラック「テスラ・セミ」の試作車も披露した。
    自動車線変更や車線維持などの機能を搭載。
    19年に生産を開始する。

    ※リンク先に動画があります
    https://twitter.com/Tesla/status/931409569640677376

    写真:新型スポーツEV(右)と電動トラックを発表する米テスラのマスクCEO
    no title


    日本工業新聞 2017/11/17 19:00
    https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00451309?twinews=20171117


    【テスラ、新型EV「ロードスター」公開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 16コメント

    1: 2017/11/16(木) 18:02:48.72 ID:CAP_USER9

    https://www.cnn.co.jp/m/business/35110500.html

    2017.11.16 Thu posted at 11:30 JST

    ニューヨーク(CNNMoney) 米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は16日までに、「シボレー」ブランドの新型「コルベットZR1」を発表した。コルベット史上最速だという。755馬力で、6.2リットルのスーパーチャージャーエンジンを搭載。最高速度は時速約338キロ。

    コルベットは一般に入手しやすいスポーツカーとみられているが、GMによれば、ZR1は「スーパーカー」だという。馬力は、ランボルギーニ・アヴェンタドールやフェラーリ488GTBを上回る。

    その高速で走行する能力から、ZR1にはいくつかの空力学的特徴が備わっている。リアウイングは2種類から買い手が選択することが出来る。


    「ハイ・ウイング」はレース場での使用を念頭に設計され、ダウンフォースが増す。標準装備の「ロー・ウイング」だと、ハイ・ウイングよりダウンフォースは減るが、最高速度を出すことは可能だという。

    価格は未定。来春にも発売される見通しだという。


    no title

    コルベット史上最速で、最高速度は時速約338キロだという


    【米GM、シボレー・コルベット新型「コルベットZR1」を発表 最高速度338km/h】の続きを読む

    このページのトップヘ