乗り物速報

バイクと車のまとめ

    モデルチェンジ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 18コメント
    1: ラ ケブラーダ(千葉県) 2013/11/15 10:19:43 ID:kOY+UkyH0
    スバル(富士重工)は11月14日、米国で11月19日に開幕するロサンゼルスモーターショー13において、『レガシィ コンセプト』を初公開すると発表した。

    同車は、2014年にレガシィ誕生25周年を迎えるにあたり、次期『レガシィ』のデザインの方向性を表現したミッドサイズセダンコンセプトカー。
    スバルブランドを通じて顧客に提供する価値、安心と愉しさを実現するシンメトリカルAWDの安心・信頼の走りと、乗員全員の快適な空間を、ダイナミックかつソリッドなスタイリングで具現化した。

    ボディサイズは、全長4930×全幅1940×全高1500mm、ホイールベース2880mm。現行『レガシィB4』(全長4745×全幅1780×全高1505 mm、ホイールベース2750mm)に対して、185mm長く、160mmワイド、5mm背が低い。ホイールベースは130mm延びた。

    外観は、シンメトリカルAWDの安定感とパフォーマンスを表現する大径タイヤをはじめ、力強いフェンダーフレア、高い安全性とダイナミックな走りを想起させる立体的なボディ形状、
    豊かな空間を確保しながら伸びやかなラインを描くキャビン形状などが、たくましさと俊敏な走りの両面を表現。

    室内も外観同様、ダイナミックかつソリッドなボリューム表現に加え、大人4人がくつろげるキャビンに高い機能性を誇る空間をデザイン。
    ブラウンを基調にした上質なレザーに鮮やかなブルーをアクセントとして加え、大人が楽しめる上質でスポーティな空間を目指した。

    また、正面のダッシュボードは、横広がり基調で太い幹の通った表情豊かな造形とし、乗員に安心と信頼を感じさせるデザイン。
    センターコンソールには、スマートフォンやタブレット型端末と同様の感覚でタッチ操作が可能なマルチインフォメーションディスプレイを採用する。
    室内中央を貫く大型フロアコンソールにも、後席乗員向けのタッチパネル式マルチインフォメーションディスプレイを装備し、快適な移動をサポートしている。

    http://response.jp/article/2013/11/15/210744.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【次期レガシィが完全にアメ車】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 17コメント
    201309300938219a0

    1: リバースネックブリーカー(岐阜県) 2013/11/14 08:00:46 ID:RnLxxH9n0
    トヨタ、3代目ハリアーを発売 HVの燃費は21・8キロ すでに1万台超の受注

     トヨタ自動車は13日、高級セダンとスポーツ用多目的車(SUV)を組み合わせたクロス
    オーバー車「ハリアー」を来月2日から発売すると発表した。3代目となる今回は、排気量の
    低いエンジンを採用するなど小型化を図る一方、後部のひざ前空間を約47ミリ広げた。外観は、
    ハリアーの伝統的な水平基調を維持した。
     新型ハリアーは、ガソリン車で排気量を2400ccから2000ccに、ハイブリッド車
    (HV)で、3300ccから2500ccに下げた。燃費性能が向上し、HVのガソリン
    1リットル当たりの燃費性能は、21.8キロとなった。ガソリン車は16.0キロ。(中略)

     価格はガソリン車が272万~378万9000円。HVが361万~447万円。計月2500台
    の販売を目指す。カラーは全7色で、うち5色がダーク色。
     同日会見した有元真人チーフエンジニアは、「270万円台からと、少し背伸びすれば買える
    価格の高級車。車離れが進むといわれる若者に乗ってほしい」と話した。
     10月中旬からの約1カ月間で、すでに1万台超の受注が入り、うち20~30代の割合が
    3割を占めるという。ハリアーは、「クロスオーバーSUV」の草分け的存在で、1997年の
    発売以降、国内外の自動車メーカーがこぞって追随した。
    http://sankei.jp.msn.com/economy/news/131113/biz13111319140014-n2.htm

    【トヨタ、3代目ハリアー発売。チーフエンジニア「少し背伸びすれば買える価格。若者に乗ってほしい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 35コメント
    1: ミラノ作 どどんスズスロウン(千葉県) 2013/11/12 21:04:43 ID:8vPJNcA10
    no title


    新型"Subaru WRX"について、現時点でスバルによる正式発表はまだであるが、日本の"Subaru BRZ"ファンクラブ"Clubrz"が同クラブのFacebookのページでWRXの画像を早くも公開。それにより、その姿が明らかになっている。 
    http://blog.livedoor.jp/motersound/archives/51813897.html

    【スバル、新型WRXを公開 シンメトリカルAWDを大幅変更し、オーバーハングが短くなる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 32コメント
    1: 絶対殺すマン(140103)φ ★ 2013/11/11 20:47:40
    日産自動車は11日、同社を代表するスポーツセダン「スカイライン」を7年ぶりに全面改良し、2014年2月
    末に発売すると発表した。13代目となる新型はシリーズ初のハイブリッド車(HV)。国内セダン市場が停滞
    するなか、スカイラインとして初めて海外専用の高級車ブランド「インフィニティ」のマークを車体前面に取り
    付け、輸入高級車と互角に戦えるプレミアムセダンとして売り出す。

    価格は449万~553万円とし、トップグレードで従来モデルより80万円程度高くした。月間販売目標台数
    は200台。

    排気量3500ccのエンジンと電気モーターを組み合わせた独自のHVシステムは高い加速性能とガソリン1
    リットル当たり18・4キロの低燃費を両立した。また、「ステア・バイ・ワイヤ」と呼ばれるハンドルの動き
    を電気信号に置き換えて運転するシステムを乗用車として世界初採用。航空機などに用いられる技術で、路面
    状態が悪くてもハンドルをとられずスムーズに運転できる。


    写真
    no title


    引用先: MSN産経ニュース 2013/11/11
    http://sankei.jp.msn.com/economy/photos/131111/biz13111119230012-p1.htm

    【日産が7年ぶり新型スカイライン 13代目は初のハイブリッド車】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 5コメント
    1: 依頼@@@@ハリケーン@@@φ ★ 2013/11/09 08:37:56
    日産自動車は11月8日、東京モーターショー2013の出展概要を発表した。今回はコンセプト
    モデルのほかに、新型軽自動車『デイズ ルークス』など近く発売予定モデルの充実ぶりが
    目立つ。

    なかでも自動ブレーキなどを搭載して安全性能を高める量販2モデルが注目されそうだ。
    安全装備を充実させるのは国内でベストセラーとなっているミニバン『セレナ』と、同社の
    代表的なコンパクトである『ノート』でいずれも12月に売り出す。

    セレナは衝突回避支援システムである「エマージェンシープレーキ」と「車線逸脱警報
    (LDW)」をベースグレードを除く全グレードに標準装備するほか、駐車場などでの「踏み
    違い衝突防止アシスト」や「ふらつき警報」などをオプション設定する。外観も一新する
    「ビッグマイナーチェンジ」になるという。

    マイナーチェンジするノートも同様の安全装備を設定する。日産は12月に発売するSUVの
    新型『エクストレイル』に、車両や人間を検知し中速域から自動ブレーキを作動させる
    「エマージェンシーブレーキ」などを搭載すると発表ずみ。セレナとノートにもこれと同じ
    システムを搭載、同社の量販2モデルの安全性能を高め、国内販売の強化につなげる構えだ。

    《池原照雄》

    ソース:レスポンス
    http://response.jp/article/2013/11/08/210262.html
    no title

    【日産、自動ブレーキ搭載のセレナやノートが登場 東京モーターショーで】の続きを読む

    このページのトップヘ