乗り物速報

バイクと車のまとめ

    ヤマハ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 10コメント

    bnr_ymc

    1: 2018/01/19(金) 20:40:00.61 ID:CAP_USER

    大手バイクメーカーのヤマハ発動機は、国内で販売しているバイク、9モデルの燃費について、誤ってカタログやホームページに実際よりもいい燃費を記載していたと発表しました。会社側は、担当者のミスで、意図的に燃費をよく見せようとしたわけではないと説明しています。
    これはヤマハ発動機が、19日、東京都内で記者会見をして発表しました。

    それによりますと国内で販売している9モデルのバイクについて、カタログやホームページに実際とは異なる燃費を記載していたということです。

    記載が誤っていたのは国に届け出る燃費データとは別に、会社がユーザー向けに自主的に公表している発進や加速などを考慮に入れた日頃の使用時に近い燃費のデータです。

    いずれも本来、記載すべき正しい数値よりもいい燃費が記載され、たとえば1リットル当たり52.2キロとすべきところを55.5キロとしていました。

    会社側は、燃費を意図的によく見せようとしたのではなくカタログなどを作る担当者のミスで開発段階の燃費試験の結果を誤って記載してしまったと説明しています。

    誤ったカタログなどで販売されたバイクは、先月末の時点で2万7048台ありますが、会社側は補償などはしないとしています。

    齋藤順三上席執行役員は記者会見で「お客さまに誤った情報を提供し、大変申し訳ありません。再発防止を徹底していきます」と述べてミスを陳謝しました。
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180119/k10011294591000.html


    【ヤマハ発動機 バイク9モデル カタログなどに燃費を誤記載】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント

    sr400_color_2016_002
    1: 2018/01/02(火)21:03:41 ID:Tm7

    XJRやSFなんかの4気筒と比べてどうなん?
    低回転のトルクが激しそうで信号待ちからクラッチいきなり繋げてもエンストしなさげ


    【ヤマハSR400とかいう単気筒に乗る奴wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 9コメント

    1: 2017/11/07(火) 15:46:12.21 ID:CAP_USER9

    ヤマハ発動機は7日、オートバイのエンジンが動かなくなる恐れがあるとして、2014年6月~16年8月製造の「トリシティMW125」「トリシティMW125A」計1万581台について、リコール(回収・無償修理)に準じた改善対策を行うと国土交通省に届け出た。「異音がしてエンジンが止まった」などのトラブルが44件確認されている。

    国交省によると、エンジンの動力を車輪に伝える装置の締め付け構造が悪く、部品が緩んで脱落する可能性がある。海外の販売分は3万台余りが対象で、ヤマハは各国の法令に応じた措置を取る。

    配信(2017/11/07-14:52)
    時事ドットコム
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2017110700727&g=soc


    【【ヤマハ】オートバイ 1万台改善対策 エンジン止まる恐れ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 10コメント

    1: 2017/10/28(土) 23:30:33.34 ID:CAP_USER9

    http://www.asahi.com/articles/ASKBV4V6QKBVUTPB00V.html
     第45回東京モーターショーが始まり、静岡県内に本社があるスズキ、ヤマハ発動機も出展した。電気自動車(EV)や自動運転技術の開発などで車を取り巻く環境が激変しているが、自社らしさを追求しながら新しい技術や時代に対応しようとしている。

     「先進技術への取り組みと今ある技術の向上の2点を磨き上げる」。スズキの鈴木俊宏社長はプレゼンテーションで強調した。スズキのテーマは「ワクワクを、誰でも、どこへでも」。2020年に創立100周年を迎えるが、次の100年に向けた製品を披露した。

     最も注目を集めたのが、EVのコンパクトSUV(スポーツ用多目的車)。四つの電動モーターや自動運転機能を搭載し、スズキらしい走りとデザインで関心を集めていた。近く売り出す「クロスビー」、広い室内のワゴン「スペーシア」、レトロなバイクも目を引いた。

     トヨタ自動車とEVなどで提携協議を進めているが、同社は「他社との差別化がスズキらしさで、小さい車やインドに強いのもその一例。独自性を磨きながら、トヨタとの提携や新時代への対応を進めたい」としている。

     ヤマ発の注目は四輪車への参入。モーターショーでは13年に街乗り型、15年にスポーツ型を出展し、今年はSUV。遊び心満載の四輪車を披露し、大勢の報道陣が集まっていた。同社は参入について「19年をメドに検討」としているが、柳弘之社長は記者団に「まず欧州市場を考えているが、時期はまだ検討中」と述べるにとどまった。

     四輪車参入は飛躍のチャンスだが、生産や販売のリスクもある。スズキとホンダが二輪から四輪に参入した際は創業家や創業者の決断があったが、ヤマ発は今や同族企業ではない。主要株主にはトヨタが名を連ねており、スズキ同様、トヨタとの関係も将来のカギを握りそうだ。

     ヤマ発はバイクでは、前輪が二つあったり、人工知能を活用して持ち主を認識したり、ロボットが高速運転したりする次世代の製品を多数出展した。

     同ショーの会場は東京ビッグサイト(東京都江東区)で、25、26日に報道内覧会があり、28日から11月5日まで一般公開される。(長谷川智)

    【ヤマハ発動機=クロスハブコンセプト】柳弘之社長(右)が東京モーターショーに出展した3台目の四輪車モデル。活動的で都会的なヤマハファンのための提案という。四輪車事業への参入に注目が集まる
    no title

    【ヤマハ発動機=クロスハブコンセプトの後方】荷台には2台のバイクを積める。車内の座席は運転席を先頭にひし形に4席配置し、スペースを作った
    no title

    【ヤマハ発動機=ナイケン】前輪二輪の大型バイクで、2018年中に販売する予定。市販の前輪二輪バイクはこれまで、小型のスクーターだけだった。変化のある道を安定したスポーツ感覚で走ることができるという
    no title


    【ヤマハ発、SUV試作発表 四輪車参入「時期は検討中」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 42コメント

    1: 2017/10/26(木) 02:04:35.01 ID:eAiDcXFk0

    ヤマハ ナイケン
    no title


    【ヤマハの新型バイクがヤバすぎる件wwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ