乗り物速報

バイクと車のまとめ

    ランボルギーニ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 27コメント

    1: 2017/06/16(金) 12:50:30.28 ID:SZxCwE+C0 

    no title


    ランボルギーニ・ジャパンはウラカンの高性能モデル「ペルフォルマンテ」を日本で初めて公開した。

    改良された5リッターV10エンジンは、最高出力640馬力、最大トルク600Nmを発揮。
    40キロの軽量化も図られ、0-100キロ加速はわずか2.9秒、最高時度は325キロに達する。

    2016年10月にドイツのニュルブルクリンク・サーキット北コースで実施したタイムアタックでは、
    量産車として世界最速となるラップタイムを記録した。

    価格は3416万9904円。

    http://www.jiji.com/jc/d4?p=lmb001&d=d4_car


    スポンサーリンク

    【ランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」を発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 36コメント

    150034_car
    1: 2017/05/25(木) 14:03:37.03 ID:CAP_USER9

    今年の秋に開催される東京モーターショーの出展メーカーが発表された。ここ何回か東京モーターショーの存在感は薄れてきたけれど、一段と寂しくなってきたようだ。
    世界最大級の自動車生産国であるアメリカのメーカーは姿を見せず、今回からフィアットが撤退しイタリアの自動車メーカーも消えた。ジャガーやランドローバーといったイギリス勢も出展社リストに無い。

    ドイツ
    VW、アウディ、ポルシェ、BMW、メルセデスベンツ

    フランス ルノー、プジョー、シトロエン

    スウェーデン ボルボ

    海外の自動車メーカーはVWやベンツ、BMWなどドイツ勢と、日産グループであるルノー、そしてプジョーなどフランス勢。それに加えてボルボのみ。
    一時期はフランクフルトやパリと並び「世界の3大モーターショー」とも言われていた東京モーターショーながら、今や5大モーターショーから転落。
    ここにも日本パッシング(日本抜かし)の兆候が出ている。

    今やホンダを凌ぐ大メーカーになった現代自動車、起亜自動車の出展がないのは仕方ないものの、
    多くのモーターショーに出展し日本でも販売しているGM、フォード、クライスラー、テスラ、フィアット、アルファロメオ、フェラーリ、ジャガー、レンジローバー、ロールスロイス、ベントレー、ランボルギーニくらいは出展して欲しいと思う。

    ちなみに最近の傾向で言うと、規模的に大きいのは1)フランクフルト。2)パリ。3)上海。4)北京。5)ジュネーヴ。6)デトロイト。7)広州が確実に東京を凌ぐ。

    さらにインドとインドネシア、タイが猛追しており、地盤沈下は止まらない。出展しているメーカーの数も減少し、もはやローカルなモーターショーに分類しても良いほど。

    配信 5/23(火) 13:50
    https://news.yahoo.co.jp/byline/kunisawamitsuhiro/20170523-00071244/

    他ソース
    【東京モーターショー2017】出展社リスト…イタリア車とイギリス車がなくなる
    https://response.jp/article/2017/05/23/295070.html


    スポンサーリンク

    【世界3大モーターショーと言われた東京モーターショー凋落 今年は米、英、伊の姿無し】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 15コメント

    1: 2017/05/09(火) 22:01:50.694 ID:HPmHDXv60

    no title

    no title

    ランボルギー二・アヴェンタドールLP700-4

    たまに街でも見かけるよな?


    スポンサーリンク

    【車で5000万!イタリア製高級スポーツカーぶっ飛びすぎィ~】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 35コメント

    images
    1: 2017/04/21(金) 14:45:21.30 ID:eiGXZsas0

    Audiでいいじゃん


    スポンサーリンク

    【ランボルギーニのエンジンはAudi製←これどういうことなん】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 5コメント

    1: 2017/04/01(土) 15:39:12.39 ID:CAP_USER

    http://www.cnn.co.jp/business/35099110.html
    no title

    no title


    (CNN) イタリアの高級スポーツ車メーカー、ランボルギーニは1日までに、警察向けに改良した
    最新のスポーツカー「ウラカン」を同国内務省に引き渡す式典を行った。同車は近く、イタリア北部の道路で任務を開始する見通し。
    ランボルギーニ社によると、同車は血液や臓器の緊急輸送といった特別任務に使用されるほか、
    北部ボローニャ周辺を走る高速道路でパトロールに当たる見込みだという。専門はやはり、スピード違反車の追跡になりそうだ。
    同車には標準仕様の四輪駆動や、アルミと炭素繊維の複合素材を用いた車台のほか、
    車載式のタブレットなど犯罪対策用のガジェットを搭載。警察のステッカーも貼り、イタリア警察の公式色であるミディアムブルーに塗装されている。
    また銃ケースや携帯用消火器、超短波無線なども搭載する。ボンネットの下には610馬力を出すことができる
    V型10気筒エンジンを備え、静止状態から3.2秒で時速約100キロに加速。最高時速は325キロに達する。
    イタリアではこの他にも、もう1台のウラカンが首都ローマの交通警察により2015年から運用されている。
    またアラブ首長国連邦(UAE)の首都ドバイでは、警察が「アストンマーチン・ワン77」や「ベントレー・コンチネンタルGT」などを保有するほか、
    最高時速407キロの「ブガッティ・ベイロン」も擁している。


    スポンサーリンク

    【ランボルギーニ、最速325キロのスポーツカー「ウラカン」を警察車両として引き渡し】の続きを読む

    このページのトップヘ