乗り物速報

バイクと車のまとめ

    ランボルギーニ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 18コメント

    1: 2017/12/05(火) 12:38:11.71 ID:CAP_USER9

    no title


    【12月5日 AFP】イタリアの高級スポーツ車メーカー、ランボルギーニ(Lamborghini)は4日、北部ボローニャ(Bologna)近郊にある本社で、新型のスポーツ用多目的車(SUV)「ウルス(Urus)」を発表した。高級車がひしめき急成長を見せるSUV市場に参入する。

     ランボルギーニが「スーパーSUV」と呼ぶウルスの最高時速は305キロ。静止状態から3.6秒で時速100キロにまで加速でき、時速100キロから停止までに必要な距離はわずか33.7メートルだ。

     ランボルギーニのステファノ・ドメニカーリ(Stefano Domenicali)最高経営責任者(CEO)は、ウルスの製造は「あらゆる面で挑戦だった」と話す。また、研究開発責任者マウリツィオ・レジアーニ(Maurizio Reggiani)氏はウルスについて、「オンロードはもちろん、オフロード、氷上、砂丘など、あらゆる地形で走行可能だ」と話し、最速のSUVになるとアピールした。

     ウルスの欧州での販売価格は税抜き17万1500ユーロ(約2300万円)。(c)AFP

    配信2017年12月5日 10:41
    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3154149

    他ソース
    ランボルギーニ ウルス 発表…新型SUVは650hp V8ツインターボを搭載(2017年12月5日)
    https://response.jp/article/2017/12/05/303329.html


    【ランボルギーニがついに、スーパーSUV「ウルス」発表! 最高時速305キロ 3.6秒で時速100キロまで加速 お値段2300万円!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント

    2012-lamborghini-aventador-lp700-4
    1: 2017/11/29(水) 06:44:04.93 ID:CAP_USER9

    客から預かったイタリアの高級車メーカー「ランボルギーニ」のスポーツカーを無断で売却したなどとして、
    警視庁丸の内署が30代~40代の自動車修理業の男ら2人を
    業務上横領の疑いで逮捕していたことが28日、関係者への取材で分かった。

    捜査関係者によると、男らは修理のために預かったランボルギーニ社製スポーツカーを
    知人に無断で売却し、不当に利益を得ていた疑いがある。

    転売された車は平成27年ごろ、
    男性が信販会社とローン契約を結んでカーディーラーから千数百万円で購入していた。
    男性は事故で破損した車の修理を男らに依頼。
    男らは、預かった車を本来の所有者である信販会社に無断で知人に転売したとされる。

    車を信販会社とのローン契約で購入した場合、
    ローンが完済されるまで信販会社が「所有者」として登録されるという。

    ランボルギーニは1963年にイタリアで創業した高級車メーカー。
    70年代のスーパーカーブームを牽引した「カウンタック」など多くの車種が富裕層を中心に人気を集めている。
    日本での新車価格は3千万~5千万円程度で、
    昨年発表された限定モデルは、2億円超で売り出されてすぐに完売し、話題となった。

    以下ソース:産経ニュース 2017.11.29 05:00
    http://www.sankei.com/affairs/news/171129/afr1711290002-n1.html


    【客から預かった高級スポーツカー「ランボルギーニ」を無断転売 業務上横領容疑で修理業の男ら逮捕 丸の内署 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 13コメント

    1: 2017/11/16(木) 21:15:01.38 ID:Ku5rYR710 

    ローマ法王、贈呈されたランボルギーニ サイン付きで競売へ
    http://www.afpbb.com/articles/-/3150747
    ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王は15日、イタリアの高級スポーツ車メーカー、ランボルギーニから贈呈された
    白のスーパーカーを法王専用車に使用する代わりに競売に出品した。売り上げは慈善団体に寄付される。

    車は、約610馬力を誇るスポーツカー「ウラカン」の特別仕様。金色の縁飾りが付いた法王のストラ(肩に掛ける帯状の布)をモチーフに、
    車体には金色のしま模様、サイドミラーにも金色の縁取りが入っている。

    競売大手サザビーズに車が出品される前に、法王は光沢のあるボンネットにサインを走り書きした。
    ウラカンの通常価格は約20万ユーロ(約2660万円)だが、それを上回る値で落札されると予想されている。

    競売の売り上げは、人身売買の被害者やイラクで迫害を受けたキリスト教徒らの住宅や教会の再建などに使われる。

    img_2b0ed0fd742d16e154905c586416ae65264621


    【ランボルギー、ローマ法王に専用デザインの特別仕様ウラカンを贈呈 → 法王、速攻で売り飛ばす】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 30コメント

    1: 2017/10/20(金) 16:58:39.07 ID:CAP_USER9

    歌手のGACKTが19日にブログを更新。愛してやまない車への思いをつづっている。

    no title


    「クルマってのは乗ってるだけで 幸せになれる瞬間がたくさんある。 この楽しみ方を覚えて、 
    「クルマっていいなぁ…」 と少しずつ興味が湧いてきて、 そのうち自分であのクルマに乗ろう、 このクルマに乗ろうと調べ始める。 
    そして理想のクルマ、 目標のクルマ、 現実的なクルマを描きながら 購入にまで至る。 
    この高価なオトコのオモチャがあるから仕事も頑張れる。」と車への思いをつづったGACKT。

    街で見かけた30分以上も愛車の写真を撮り続けていたという男性について「気持ちは痛いほどわかる」とつづったうえで、
    「実はそんなボクも、 またランボルギーニを買ってしまった。 
    そして今回はラッピングでなく、 バラバラにして全部お気に入りに変えてしまおうと 塗装から外観、 インテリアの変更を半年前から計画していた。 
    ちょうど夏前に買ったので すでに半年以上、 ファクトリーに入っていることになる。」と、現在高級車ランボルギーニを作り直していることを告白。
    オリジナルの塗装をするため全部バラし、配線などをすべてやり直すといい、“裸”になった状態のランボルギーニの写真も公開した。

    「ランボは裸でもやっぱりかっこいい。」「この車体に今年の最高のテクノロジーが詰まっている。
    そして、外に裸で置かれたランボがなんとも可愛い。たまらん...。」とうっとり。

    ディーラーでは出せない色にするためにこだわりの全塗装をするといい、
    「さて、 ここからどれだけ美しい、 世界で一つのランボに生まれ変わるか…。 この話の続きはまた今度...。 お楽しみに。」と締めくくった。

    ファンからは、「子供みたいに瞳をキラキラ輝かせて興奮してる様子が目に浮かぶ」「本当…GACKTさんって、無邪気な少年だね」「仕上がって届くのが楽しみで待ち遠しいですね」といった声が寄せられている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13775145/
    2017年10月20日 15時18分 AbemaTIMES


    【GACKT、改造中のランボルギーニチラ見せ「裸でもやっぱりかっこいい」とうっとり】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 30コメント

    1: 2017/10/09(月) 14:34:55.467 ID:JXD6dQiR0

    no title

    no title

    黄色がランボルギーニで赤がフェラーリ


    【男の憧れの車フェラーリとランボルギーニなんだがお前らどっち派なん?】の続きを読む

    このページのトップヘ