乗り物速報

バイクと車のまとめ

    リコール

      このエントリーをはてなブックマークに追加 30コメント

    1: 2017/06/22(木) 19:49:34.97 ID:CAP_USER

    マツダは6月22日、『アテンザ』などの駐車ブレーキに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、マツダ『アテンザ』と『アクセラ』の2車種で、2012年10月2日~2016年6月13日に製造された4万9166台。

    後輪ブレーキキャリパにおいて、ブーツのシール構造が不適切なため、キャリパ内部に水が浸入、シャフトが錆びて腐食することがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、シャフトの摺動性が悪化し、駐車ブレーキの制動力が低下。最悪の場合、車両が動き出すおそれがある。

    改善措置として、全車両、ブレーキキャリパのシャフトを点検し、錆が発生しているものはブレーキキャリパを対策品と交換する。錆が発生していないものは、対策品のブーツキットと交換する。なお、交換部品の準備に時間を要することから、使用者に不具合内容を通知し、注意喚起の上、MT車から順次点検を実施する。
    4062

    不具合は89件発生、事故は起きていない。市場からの情報により発見した。
    https://response.jp/article/2017/06/22/296478.html


    スポンサーリンク

    【マツダ アテンザ など4万9000台、駐車ブレーキが効かなくなるおそれ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 21コメント

    no title
    1: 2017/04/13(木) 22:51:51.43 ID:CAP_USER9

    ダイハツ工業は13日、ブレーキランプがつかなくなる恐れがあるとして軽乗用車「コペン」1万9512台(2014年5月~17年1月生産)のリコールを国土交通省に届けた。同省によると、後部トランク中央にあるブレーキランプの構造が不適切で、雨水などがたまって点灯しなくなる恐れがある。〔共同〕

    http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLASDG13H3U_T10C17A4CR8000/


    スポンサーリンク

    【ダイハツ「コペン」1.9万台リコール=ランプ不具合】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 18コメント

    1: 2017/03/09(木) 20:06:07.14 ID:CAP_USER

     ホンダの中国の合弁会社は9日、エンジン付近の部品が折れて走行不能になる恐れがあるとして、
    郵便や新聞、ピザ配達用の110CCスーパーカブ2車種計4万565台(2012年6月~16年5月生産)の改善対策を国土交通省に届けた。無料で改修する。
     国交省によると、動力をタイヤに伝える金属製シャフトの製造時に、熱処理で亀裂が入ったものがあり、
    走行を続けると折れることがあるという。
     13年7月以降、タイヤが空回りしたり変速できなくなったりするトラブルが82件報告されているが、
    事故例はない。問い合わせはホンダお客様相談センター0120・086819。(共同)
    rc518


    ニュースサイトで読む: http://mainichi.jp/articles/20170310/k00/00m/040/049000c#csidxc588b58a77bb3c68d5f516603cb3f4c


    スポンサーリンク

    【ホンダ、スーパーカブ4万台を無償修理 走行を続けるとシャフトが折れる恐れ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 53コメント

    model_navigation_mercedes-benz-s-class-x222_960x298_11-2015

    1: 2017/03/04(土) 12:32:40.76 ID:CAP_USER

    http://www.sankeibiz.jp/business/news/170304/bsa1703041144003-n1.htm

    ドイツ自動車大手ダイムラーは3日、高級車ブランド「メルセデス・ベンツ」の一部車種でエンジンルームから
    煙が出たり、発火したりする恐れのある欠陥が見つかったとして
    、世界で約100万台をリコール(無料の回収・修理)すると明らかにした。ロイター通信などが伝えた。

     対象車両は2015~17年の新型モデルで、米国で約30万台、ドイツでは約15万台に上る。
    日本での対象車両の有無や台数については明らかになっていない。

     ダイムラーによると、不調のためエンジンを複数回起動した場合に、電気系統の機器が過熱して
    発火や発煙に至る可能性がある。これまでに発火などの事例が世界で約50件あったが、死者や負傷者の情報は把握していないとしている。(共同)


    スポンサーリンク

    【高級車ベンツが発火の恐れ、世界で100万台リコール】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 31コメント

    10452019_201612z

    1: 2017/02/23(木) 19:04:07.89 ID:zWau4wTI0 

    富士重工業は23日、エンジンのプログラム設定ミスのため火災の恐れがあるとして、
    ワゴン「レヴォーグ」6万4683台(2014年4月~16年10月生産)のリコールを国土交通省に届けた。

    国交省によると、上り坂などで低速走行している際にエンジンが異常燃焼を起こすことがあり、
    金属部品が破損してエンジンオイルが漏れ、火災の恐れがあるという。

    14年9月以降、エンジンオイル漏れなど15件のトラブルが報告されており、うち2件ではボンネットから出火したが、けが人はない。

    https://this.kiji.is/207402639048409094


    スポンサーリンク

    【スバル、ゆっくり坂を登ると車が燃える リコール】の続きを読む

    このページのトップヘ