乗り物速報

バイクと車のまとめ

    リコール

      このエントリーをはてなブックマークに追加 24コメント

    1: 2019/12/12(木) 13:22:17.98 ID:0s0ty5Up0● BE:844481327-PLT(13345)

    ホンダが、部品の不具合で生産を停止している新型の軽自動車「N―WGN(エヌワゴン)」について、12日にも国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出る方針を固めたことがわかった。
    対象は数千台の見込み。

    不具合が発覚した当初は「リコールの必要はない」としていた。
    ホンダ関係者によると、その後の検討の結果、生産停止前に納車した車のリコールが必要だと判断したという。

    N―WGNは8月に発売された。9月に電子制御パーキングブレーキで不具合が発覚し、生産や出荷を停止。
    多くの顧客が納車を数カ月以上待つ状況になっている。(森田岳穂)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191212-00000012-asahi-bus_all
    no title


    【【悲報】ホンダ「生産停止前に納車済のNワゴンはリコールの必要はない」→ダメでした】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 23コメント

    1: 2019/11/28(木) 16:26:47.88 ID:EBz0sZgT9

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019112800718&g=eco
    2019_1128_2z

    スバル8万台リコール 緩衝装置折損の恐れ
    2019年11月28日14時25分

     SUBARU(スバル)は28日、車体の振動を吸収する緩衝装置が折損する恐れがあるなどとして、普通乗用車「フォレスター」など2車種計8万1343台(2013年3月~18年10月製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。


     国交省によると、フォレスターは緩衝装置に設計上の不備があり、腐食して折損する可能性がある。また、フォレスターと「XV」ではエンジンのバルブの耐久性が不足しており、走行中に白煙が出て、エンジンが停止する恐れがあるという。


    【【スバル8万台リコール】緩衝装置折損の恐れ 「フォレスター」など2車種】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 15コメント
    picture01

    330: 2019/11/26(火) 17:48:08.02 ID:OGHh4mgA

    2019モデルにリコールのお知らせが出てますよ


    【【悲報】カワサキ NINJA1000のリコールでメインフレーム交換へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 8コメント

    1: 2019/11/26(火) 18:43:34.34 ID:VuIWFImW0● BE:121394521-2BP(3112)

    ヤマハ発動機は11月26日、原付2種スクーター『NMAX125』のエンジンに不具合があるとして、国土交通省に改善対策を届け出た。対象となるのは2015年9月21日~2017年1月13日に製造された1万0480台。

    [改善箇所]

    対象車両はカムチェーンテンショナー内部のスプリングの強度が不足しているため、カムチェーンの振れによりスプリングが破損するものがある。
    そのため、異音が発生し、最悪の場合、カムチェーンが外れてエンジンが停止して、再始動できなくなるおそれがある。

    改善措置として、全車両、カムチェーンテンショナーを対策品に交換する。

    不具合は88件発生、事故は起きていない。市場からの情報により届け出た。
    pic_001

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191126-00000030-rps-bus_all


    【ヤマハNMAX125リコール カムチェーンテンショナー内部のスプリング強度不足】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 13コメント

    1: 2019/11/21(木) 17:10:04.52 ID:PNciEUIb9

    https://this.kiji.is/570159184209708129
    img02

    スズキ、51万台リコール
    軽自動車ブレーキに不具合
    2019/11/21 17:08 (JST)
    ©一般社団法人共同通信社

     スズキは21日、ブレーキの利きが悪くなる恐れがあるとして、「パレット」、日産自動車のブランドで販売する「ルークス」とマツダのブランドで販売する「フレアワゴン」の軽自動車3車種、計51万7316台(2008年1月~13年2月生産)のリコールを国土交通省に届け出た。

     国交省によると、前輪ブレーキにあるホースが短いため、繰り返し引っ張られると、亀裂が入って制動力低下につながる。16年4月、同様の理由で約31万5千台のリコールを届けたが、交換したホースでも長さが足りないことが判明し、生産時期を広げ再リコールすると決めた。


    【【スズキ】51万台リコール 軽自動車ブレーキに不具合】の続きを読む

    このページのトップヘ