乗り物速報

バイクと車のまとめ

    レクサス

      このエントリーをはてなブックマークに追加 39コメント

    1: 2017/04/17(月) 19:45:55.18 ID:ooyJizxN0 

    ついに発売されたレクサスのフラッグシップ・クーペ、「LC」。その頂点を極める、高性能モデル「LC F」の登場が確実視されており、Spyder7では情報を元にCGを制作した。

    ボンネットにはエアーバルジ、フロントには、ノーマルよりエアロダイナミクス性能を高める形状の大口エアインテーク、フロントサイドにはエアアウトレット、
    リアフェンダー前部には、冷却機能向上させる大型エアインレットや、高速性能を安定させるサイドスカートなどを装備させた。

    そして軽量化、スポーティー力をアップさせるカーボンを、ルーフ、ミラー、そしてエアインテークにあしらう。これまでの「F」の血統を受け継ぐ、上品かつグラマラスなエクステリアへとグレードアップしている。

    パワートレインは、5リットルV型8気筒ターボをブラッシュアップさせ、最大馬力は620ps程度まで引き上げられるとみられる。

    ワールドプレミアは、2018年3月のジュネーブモーターショーと予想されるが、遅れれば2018年9月になりそうだ。

    日本での価格帯は2000万円~2300円か。

    https://response.jp/article/2017/04/17/293625.html
    no title


    スポンサーリンク

    【レクサス LC F LFAの再来で予想価格2000万~2300万円】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 45コメント

    1: 2017/04/13(木) 10:06:29.77 ID:PeyK92tn0 

    レクサスは4月11日、新型『LS500』の「F SPORT」の概要を明らかにした。実車は4月12日、米国で開幕するニューヨークモーターショー2017で
    ワールドプレミアされる。

    新型LS500のF SPORTは、GA-Lプラットフォームの特性を活かした高い操縦安定性に、専用装備を追加。
    爽快なドライビングフィールを実現するスポーティバージョンとして、ガソリンの「LS500」およびハイブリッドの「LS500h」に設定される。

    外観は、LSの低重心かつ流麗なシルエットに、F SPORT独自の縦基調のメッシュを継承して発展させたスピンドルグリルなどの専用パーツを採用。
    インテリアは、高いホールド性を実現する専用シートをはじめ、握る位置に合わせて断面形状を緻密に変化させた専用ステアリング、
    『LFA』の意匠を継承するメーターリングスライド機構を備えたTFT液晶メーターを装備する。

    足回りには、F SPORTならではの走行性能を実現するため、専用の20インチベンチレーテッドディスクブレーキや20インチランフラットタイヤ&ホイールを採用。
    VDIMは、VGRS、EPS、DRSを統合制御するレクサスダイナミックハンドリングシステム(LDH)に、アクティブスタビライザーやAVSを協調制御させることで、
    車両のロールや上下運動の制御を可能にしている。

    http://response.jp/article/2017/04/12/293375.html
    新型レクサスLS500 F SPORT
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    スポンサーリンク

    【レクサス LS500 新型の「F SPORT」発表…メーターはLFA意匠】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 66コメント

    1: 2017/04/04(火) 23:27:21.86 ID:CAP_USER9

     レクサス(トヨタ自動車)は、米国・ニューヨークで開催される「2017年ニューヨーク国際オートショー」(プレスデー:4月12日~13日、一般公開日:4月14日~23日)にフラグシップセダン「LS500」のスポーティバージョン「LS500“F SPORT”」を出展する。


    レクサス「LS500“F SPORT”」
     レクサス(トヨタ自動車)は、米国・ニューヨークで開催される「2017年ニューヨーク国際オートショー」(プレスデー:4月12日~13日、一般公開日:4月14日~23日)にフラグシップセダン「LS500」のスポーティバージョン「LS500“F SPORT”」を出展する。


     次期モデルとなるLSは、ガソリンモデルとなるLS500が1月のデトロイトモーターショーで世界初公開され、続いて3月に行なわれたジュネーブショーでハイブリッドモデルの「LS500h」を公開。新しいLSでは新開発の「GA-Lプラットフォーム」を採用し、セダンとしての十分な居住性を確保しつつ、クーペシルエットの斬新なスタイリングが与えられたほか、数々の先進技術によって大きな変革を果たしたレクサスモデルの象徴となるモデル。

     ニューヨークショーで発表される“F SPORT”は、レクサスにおけるスポーティバージョンとしての爽快なドライビングフィーリングを、GA-Lプラットフォームの特性を活かした高い操縦安定性に加えた1台となる。なお、“F SPORT”はLS500とLS500hのどちらにも設定される。

    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1053161.html

    画像
    no title


    スポンサーリンク

    【レクサス、4月12日開幕のニューヨークショーに「LS500“F SPORT”」出展】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 35コメント

    1: 2017/03/16(木) 23:13:00.004 ID:AgxbCs1X0

    no title


    どうしてこうなる


    スポンサーリンク

    【金持ち「レクサスぶぅーん」DQN「かっけぇ…俺もVIPになりてェ」←うん DQN「中古車で買ったぜ!」←まだわかる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 36コメント

    1: 2017/03/16(木) 15:07:16.47 ID:CAP_USER

    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1049652.html
    no title

    no title

    no title


     レクサス(トヨタ自動車)は3月16日、新型フラグシップクーペ「LC」を発売した。価格は、
    V型8気筒5.0リッターに10速ATを組み合わせる「LC500」が1300万円~1400万円、V型6気筒エンジンと走行用モータ
    ーに自動変速機構を組み合わせるマルチステージハイブリッドシステム搭載の「LC500h」が1350万円~1450万円。

    LC500は、2016年のデトロイトモーターショーで世界初公開されたレクサスブランドのクーペとして頂点に立つ新型ラグジュアリークーペ。
    CFRP(炭素繊維強化プラスチック)ルーフ、フロント6ピストンキャリパー、20インチ鍛造アルミホイール&ランフラットタイヤ
    (フロント245/45 RF20、リア275/40 RF20)、予防安全パッケージ「Lexus Safety System+」、運転席・助手席アルカンターラ/本革スポーツシートなどが
    ベースグレードから標準装備となり、CFRPルーフの代わりとなるガラスパノラマルーフ、運転席・助手席セミアニリン本革シートなど
    を装備するラグジュアリー仕様の「“L package”」、トルセンLSD、LDH(レクサス・ダイナミック・ハンドリングシステム)、21インチ鍛造
    アルミホイール、アクティブリアウイング(格納式)、アルカンターラのルーフ/サンバイザー/ピラー・ルーフサイドガーニッシュ/パッケージトレイなどを装備するスポーツ
    バージョンの「“S package”」が用意される。

    (続きはサイトで)


    スポンサーリンク

    【レクサス、新型フラグシップクーペ「LC」発売。1300万円から】の続きを読む

    このページのトップヘ