乗り物速報

バイクと車のまとめ

    レース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 28コメント

    2016-yaris-20161214002
    1: 2018/01/28(日) 22:00:48.71 ID:CAP_USER9

     2018年のWRC世界ラリー選手権第1戦モンテカルロは1月28日、SS14~17が行われ、セバスチャン・オジエ(フォード・フィエスタWRC)が優勝。モンテカルロ5連勝を飾った。また、トヨタのオット・タナク(トヨタ・ヤリスWRC)が総合2位、ヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)が総合3位を手にしている。

     初日のSS1でトップに浮上したオジエは、雨や雪などで刻一刻と路面コンディションが変化するなか、途中スピンなどでタイムを失いながらもトップの座は譲らず。前日のSS13終了時点で33.5秒のマージンを築いてみせた。

     迎えた最終日、オジエは充分なマージンを元に危なげない走りを披露。最終的に58.3秒のリードで優勝を飾り、5年連続でラリー・モンテカルロを制覇し、シリーズ6連覇へ好スタートを切っている。

     オジエは「本当に難しい週末だった。コンディションも悪く、タイヤ選択でここまで苦労したモンテは初めてだ。とにかく素晴らしい形でシーズンを始めることができたよ」と喜びを語った。

     一時はオジエに14.9秒差まで迫ったタナクは、前日「リスクを冒してまで順位は上げない」とコメントしていたとおり、ポジションを守る走りに徹して総合2位を獲得。移籍後初戦で表彰台を獲得した。

     チームメイトのベテラン、ラトバラもリスクを避けた走りで追随し、総合3位。モンテカルロで2年連続の表彰台を獲得している。

     一方、総合4番手につけていたエサペッカ・ラッピ(トヨタ・ヤリスWRC)は最終SS17でコースオフ。復帰に手間取ってしまい、総合7位にポジションを落としている。

     ラッピの後退で総合4位にはSS17を制したクリス・ミーク(シトロエンC3 WRC)が浮上。総合5位にはティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)、総合6位にエルフィン・エバンス(フォード・フィエスタWRC)が続いた。

     チームランキングでは、優勝したオジエ擁するMスポーツ・フォードと総合2~3位を獲得したトヨタが33点で同率首位となっている。

     2018年のWRC第2戦は2月15~18日に行われるラリー・スウェーデン。シリーズ唯一のフルスノーイベントであると同時に、2017年にトヨタが復帰後初優勝を挙げたイベントだ。


    1/28(日) 21:22配信 オートスポーツweb
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180128-00197180-rcg-moto


    【【WRC】ラリー・モンテカルロ:トヨタが2~3位表彰台で王座獲得へ好スタート。オジエ大会5連勝】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 26コメント

    1: 2017/12/09(土) 19:36:44.57 0

    セナ時代みたいにドライバーの能力が反映されなくなった
    免許も持ってない17歳のガキが優勝したりチャンピオンがビリ走ったり
    速い車なら素人が乗っても優勝出来るってバレちゃった


    【F1の人気が亡くなったのは車の性能次第で順位が決まるようになったからだよな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 20コメント

    1: 2017/12/09(土) 21:37:14.70 ID:/1fR964g0 

    FIA国際自動車連盟は、2018年のF1世界選手権公式エントリーリストを発表した。ホンダF1とトロ・ロッソとの新しいチーム名は
    「レッドブル・トロロッソ・ホンダ(RED BULL TORO ROSSO HONDA)」となる。日本の大手自動車メーカーであるホンダは、来季よりイタリアの中堅チームにエンジン供給を行う。

    ファエンツァのチームは今年「スクーデリア・トロ・ロッソ(Scuderia Toro Rosso)」と名乗っていたが、来年は親チームであるレッドブルの名前をチーム名冒頭に掲げる。
    これはレッドブルとホンダとのマーケティングに関する一環と見られる。

    レッドブルは2019年以降にホンダエンジンの搭載を検討しているとされ、実現の可能性は高いとの憶測が大勢を占めている。レッドブルは”タグ・ホイヤー”名義のルノーエンジンで3シーズン目を迎える。

    2018年シーズンは全てのチームが残留、今季同様全10チーム20名のドライバーがエントリーされる。
    発表ではザウバー、トロ・ロッソ、ウィリアムズの各2席は「TBC=確認中」とされており、ドライバー名は記載されていないが、
    ザウバーはシャルル・ルクレールとマーカス・エリクソン、トロ・ロッソはピエール・ガスリーとブレンドン・ハートレーと公式に発表されている。

    ウィリアムズに関しては、ランス・ストロールの残留は確定と見込まれるものの、引退したフェリペ・マッサの後任は未だ発表されていない。

    トロロッソ・ホンダ以外にチーム名が変わるのは”マクラーレン・ホンダ”が「マクラーレンF1チーム(MCLAREN F1 TEAM)」に、
    ”レッドブル・レーシング”が「アストンマーチン・レッドブル・レーシング(ASTON MARTIN RED BULL RACING)」、
    ”ザウバーF1チーム”が「アルファロメオ・ザウバーF1チーム(ALFA ROMEO SAUBER F1 TEAM)」にそれぞれ変更される。

    no title


    https://formula1-data.com/article/2018-f1-championship-entry-list


    【来年のF1でレッドブルホンダ正式誕生!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 27コメント

    20170224-sf70h_4x3
    1: 2017/11/04(土) 15:52:07.32 ID:3YIP+TR90● 

    (CNN) 自動車レース、フォーミュラワン(F1)に参戦するイタリアの強豪チーム、フェラーリは4日までに、マシンのエンジン製造をより安価にし、
    爆音を高めるなどのエンジン規定が導入されるのならF1からの撤退を検討するとの声明を発表した。

    フェラーリのセルジオ・マルキオンネ最高経営責任者(CEO)が業務関連の電話会議で述べた。コスト削減案は歓迎するが、全ての車を似たものにするエンジンの規格化には同意しないと語った。

    また、「市場におけるフェラーリのブランド維持と独自の立場に寄与する条件をF1が提示出来なかったら、戦わない」と述べた。

    モータースポーツを統括する国際自動車連盟(FIA)とF1の興行権を握る企業「リバティー・メディア」は先月31日、エンジン性能規定の変更をF1参入の10チームに提案。

    現行の1.6リッターV6ターボ・ハイブリッドエンジンは維持しながらも観客らの興奮をより誘うため爆音を高めることを提唱。
    さらに、資金力が豊富なチームとより小規模なチームの間の格差を埋めるための安価なエンジン製造などを盛り込んでいた。

    2021年シーズンからの導入を想定しているがメルセデスやルノーが難色を示し、フェラーリも今回、反対に回ったことになる。

    フェラーリは1950年のF1創始からの参戦を続けている。マシンの製造者部門で16回、ドライバーズ部門では15回の年間王者を獲得する名門チームとなっている。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171104-35109855-cnn-int


    【【フェラーリ】F1撤退を警告 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 13コメント

    a8d4023c89a5039ee77a823d589db313--google-search-grand-prix
    1: 2017/10/15(日) 16:35:50.73 ID:CAP_USER9

     MotoGP第15戦日本GPの決勝がツインリンクもてぎで行われ、アンドレア・ドビジオーゾ(ドゥカティ・チーム)が優勝した。

    ■MotoGP第15戦日本GP 決勝順位結果
    天候:雨 路面:ウエット

    Pos./No./Rider/Team/Motorcycle/Time/Gap

    1/4/A.ドビジオーゾ/ドゥカティ・チーム/ドゥカティ/47'14.236

    2/93/M.マルケス/レプソル・ホンダ・チーム/ホンダ/+0.249

    3/9/D.ペトルッチ/オクト・プラマック・レーシング/ドゥカティ/+10.557

    4/29/A.イアンノーネ/チーム・スズキ・エクスター/スズキ/+18.845

    5/42/A.リンス/チーム・スズキ・エクスター/スズキ/+22.982

    6/99/J.ロレンソ/ドゥカティ・チーム/ドゥカティ/+24.464

    7/41/A.エスパルガロ/アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニ/アプリリア/+28.010

    8/5/J.ザルコ/モンスター・ヤマハ・テック3/ヤマハ/+29.475

    9/25/M.ビニャーレス/モビスター・ヤマハ・MotoGP/ヤマハ/+36.575

    10/76/L.バズ/レアーレ・アビンティア・レーシング/ドゥカティ/+48.506

    11/44/P.エスパルガロ/レッドブル・KTM・ファクトリーレーシング/KTM/+56.357

    12/21/中須賀 克行/ヤマルーブ・ヤマハ・ファクトリーレーシング/ヤマハ/+1'00.181

    13/22/S.ロウズ/アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニ/アプリリア/+1'00.980

    14/8/H.バルベラ/レアーレ・アビンティア・レーシング/ドゥカティ/+1'03.118

    15/53/T.ラバット/エストレージャ・ガルシア・0.0・マーク・VDS/ホンダ/+1'03.514

    16/45/S.レディング/オクト・プラマック・レーシング/ドゥカティ/+1'04.162

    17/38/B.スミス/レッドブル・KTM・ファクトリーレーシング/KTM/+1'06.271

    18/7/青山 博一/エストレージャ・ガルシア・0.0・マーク・VDS/ホンダ/+1'13.250

    -/19/A.バウティスタ/プルアンドベア・アスパー・チーム/ドゥカティ/3 Laps(リタイア)

    -/26/D.ペドロサ/レプソル・ホンダ・チーム/ホンダ/4 Laps(リタイア)

    -/17/K.アブラハム/プルアンドベア・アスパー・チーム/ドゥカティ/5 Laps(リタイア)

    -/35/C.クラッチロー/LCRホンダ/ホンダ/10 Laps(リタイア)

    -/46/V.ロッシ/モビスター・ヤマハ・MotoGP/ヤマハ/19 Laps(リタイア)

    -/31/野左根 航汰/モンスター・ヤマハ・テック3/ヤマハ/21 Laps(リタイア)


    [オートスポーツweb ]
    10/15(日) 15:06配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171015-00171045-rcg-moto

    MotoGP World Standing 2017
    http://resources.motogp.com/files/results/2017/JPN/MotoGP/RAC/worldstanding.pdf


    【【MotoGP】2017第15戦日本GP 決勝の結果】の続きを読む

    このページのトップヘ