乗り物速報

バイクと車のまとめ

    レース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 12コメント

    1: 2018/04/14(土) 12:28:03.78 ID:CAP_USER9

    フォーミュラワン(F1、F1世界選手権)に参戦するフェラーリ(Ferrari)は13日、レースの重点に置くべきは「見せ物」ではなく競技であると主張し、
    選手権が米国のNASCARシリーズのようになっていくならば、チームはF1から迷わずに撤退すると警告した。

    イタリアメディアによると、フェラーリのセルジオ・マルキオーネ(Sergio Marchionne)最高経営責任者(CEO)は、オランダ・アムステルダムで行われた株主総会で、
    「F1がスポーツではなく見せ物となり、レースがNASCARのような方向に進むならば、フェラーリは去ることになる」と述べた。

    「F1をねじ曲げるような提案がなされるのであれば、フェラーリは撤退する。われわれは興行主である米リバティメディア(Liberty Media)と可能な解決策を模索していく」

    前週行われた今季第2戦のバーレーンGP(Bahrain Grand Prix 2018)で、リバティメディアはF1に関する将来の青写真を発表。
    その5つの主要ポイントは、コスト、収益、新構造のガバナンス、競技・技術規約、パワーユニットに関するものとなっている。

    2021年からの導入が提案されたコストキャップ制では、予算に1億5000万ドル(約160億円)の上限が設けられており、
    フェラーリがF1撤退を示唆する原因になったのはこの点だとみられている。

    マルキオーネ氏はまた、「10日前にリバティメディアから改革案が出された。もっと詳細を把握してから、フェラーリの利益に沿って選択していく」とすると、
    フォーミュラE(Formula E)シリーズに「とりわけ関心」があるとして、「代替案を探っていくことになるかもしれない。脅すつもりはないが、われわれは買い物をやめる気はない」と強調した。

    「技術的アプローチをあまり求めていない人間もいるようだが、われわれやメルセデスAMG(Mercedes AMG)はハイレベルの維持を追求している」

    バーレーンGPでリバティメディアの計画が発表された際、昨季王者のメルセデスは「良い出発点だが、詳細を詰める必要がある」という見解を示しており、
    トト・ヴォルフ(Toto Wolff)代表は、同チームの予算が「2億5000万ドル(約267億円)以上」であることから、妥協点を見いだす必要があると述べた。

    一方、ウィリアムズ(Williams)のクレア・ウィリアムズ(Claire Williams)副代表は、
    この計画が収入面においてトップチームから下位チームに至るまで公平性を保つものになるとして、「シャンパンの栓を抜く時がきた」と歓迎した。

    レッドブル(Red Bull)のクリスチャン・ホーナー(Christian Horner)代表は、計画が「数か月」以内にまとまることを期待していると話し、
    「結論としては、この計画はトップを走る3、4チームにとって、より一層大きな影響があるということだ」と述べた。

    2018年4月14日 11時57分 AFPBB News
    http://news.livedoor.com/article/detail/14578038/

    写真
    no title


    【フェラーリ、「見せ物」になるならF1撤退!CEOが興行主の提案に警告】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 50コメント

    20180123-tororosso
    1: 2018/03/31(土) 12:00:49.84 ID:6AoGICq70 

    2018年開幕戦オーストラリアGPは、トロロッソ・ホンダにとって極めて厳しい結果に終わった。リザルトはともかく、
    「信頼性第一」を掲げて臨んだはずのシーズン開幕戦で、走行距離482kmそこそこでいきなりMGU-Hが壊れてしまったことは極めて深刻な事態だ。

     壊れたパワーユニットはそのままメルボルンから栃木県にある研究所HRDさくらへと送り返され、
    すでに原因究明と対策が急がれているはずだが、次のバーレーンGPに向けてパワーユニットを送り出さなければならない水曜日までの1週間でできる対策には限りがある。
    『年間3基』という制約が課されている中でも、
    いわゆる消耗部品の交換はいつでも許されており、どのパワーユニットメーカーもスパークプラグやモーターのシャフトなど負荷の掛かる消耗部品は毎レース週末もしくは金曜の夜にも交換している。
    こうした寿命の短いパーツが壊れたのならまだメンテナンスサイクルの変更で対応が可能だが、根本的な設計変更が必要となるようならばすぐには間に合わない。
    そもそも、信頼性を最優先に考慮して用意したはずのものが壊れたということは、ホンダの技術力が根幹から揺らいでしまうことになる。

    https://www.as-web.jp/f1/354388?all


    【F1でホンダ車がぶっ壊れたの見てこの会社の車は一生買いたくねえなと思った】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 27コメント

    1: 2018/03/22(木) 10:28:22.27 ID:CAP_USER9

    自動車レースの最高峰「F1」の2018年シーズンは3月25日に開幕する。
    しかし、中継ではF1マシンの姿が、前年までとは少し違うことに気づくはずだ。

    ドライバーの頭上に奇妙なデバイスが取り付けられているからだ。
    これが、今季から各チームに装着が義務づけられた「ハロ」だ。

    ■ハロって何だろう?

    F1マシンは伝統的にドライバーの頭部が剥き出しとなっているが、以前から危険性が指摘されてきた。
    2009年には、ハンガリーGPでフェラーリのフェリペ・マッサ選手が別のマシンから飛んできたパーツが頭に直撃して負傷した。

    2014年の日本GPでは、ジュール・ビアンキ選手が頭部外傷で命を落としている
    このためF1を主催する国際自動車連盟(FIA)は2018年から、ハロを導入することになった。

    WIREDによると、ハロは3本の柱で構成されておりコックピットの上に固定される。
    マシンの外観がそれほど変えることなく、飛んでくる大きな危険物を回避するのが狙いだ。

    天使の頭上に輝く光輪を指す「Halo」から命名された。
    F1ドライバーの頭部を守る「天使の輪」というわけだ。

    ■「チェーンソーをくれれば切り落とす」の声も

    外観に大きく影響を及ぼす事から、ハロの導入にチーム関係者やドライバーから賛否両論が出ている。
    ザウバーのシャルル・ルクレール選手は、「ガレージに停まっている時は、頭の上に大きな物体がのしかかってる感じがする。
    でも実際に走り出すと、まったく気にならないね」と指摘した。

    一方、メルセデスベンツチームのトト・ヴォルフ代表は、ハロがマシンの美観を損ねていると反発。
    「私は全く納得してないし、チェーンソーをくれれば切り落とすよ」と、2月23日の新マシンの発表会でボヤいている。

    no title

    no title

    no title


    https://www.huffingtonpost.jp/2018/03/21/f1-angel-halo_a_23391081/?utm_hp_ref=jp-homepage


    【【F1】ドライバーの頭を保護する「天使の輪(ハロ)」に賛否両論…メルセデス代表「チェーンソーをくれれば切り落とすよ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 1コメント

    1: 2018/03/21(水) 07:12:00.02 ID:CAP_USER9

     1994年から1998年まで、ホンダのエースとして5年連続でロードレース世界選手権500ccクラスの王者に輝いたオーストラリア人ライダー、マイケル“ミック”・ドゥーハンの息子、ジャック・ドゥーハンが、三カ国のFIA-F4で四輪デビューを飾ることになった。

    【ホンダNSR500を駆る父ミックの現役時代の走り】

     現在15歳のジャックは、オーストラリアや国際選手権のレーシングカートで活躍。父が歩んだ二輪のキャリアではなく、四輪へのステップアップを目指し、今季からプレマ・セオドールレーシングに加入。イタリアのFIA-F4、そしてドイツのADAC F4、さらに他チームからはイギリスのFIA-F4に参戦するなど、キャリアをヨーロッパで重ねていくことになった。

     すでにレッドブルジュニアドライバーの一員にも決まったジャックだが、「レッドブルジュニアとして、プレマ・セオドールレーシングからふたつの選手権に参加できることをうれしく思うよ」と語っている。

    「これだけの結果を残し、多くの人からリスペクトされているプレマ・セオドールレーシングで走ることは、僕が2017年にカートでヨーロッパに来たときからの目標であり、それがここで叶うことになった。僕は8歳からカートの経験を積んで来て、必要な基礎は身につけてきていると思っている」

    「今は自身のモータースポーツのキャリアを次のステージへと上げるタイミングだと思い、今回の選択をしたんだ」

     今までのプレマ・セオドールの若手育成方針からみると、まずイタリアF4で経験を積ませた後にドイツのF4へ挑戦させていることから、ジャックも同じように数ラウンドをイタリアF4に参戦した後にドイツで活動する可能性が考えられる。

     ジャックは今季、ひと足先にシリーズ参戦を発表した元F1ドライバーのエマーソン・フィッティパルディの孫で、同じく15歳でフェラーリアカデミードライバーのエンツォがチームメイトとなる。

     2018年のADAC F4には、他にラルフ・シューマッハーの長男ダービッドが参戦を表明しており、ジャックの登場で大物レーシングドライバー&ライダーの二世&三世がさらに増えることになる。また、その父親や祖父が応援にサーキットへ駆けつける可能性もあり、レジェンドの来場がドイツのファンにとっても切望されるところだろう。

     ドイツのADAC F4は4月13~15日にオッシャースレーベンで、イタリアF4は4月20~22日にアドリアで開幕戦を迎える。

    [オートスポーツweb ]

    3/20(火) 13:35配信 オートスポーツweb
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180320-00350764-rcg-moto
    no title


    【元二輪世界王者ミック・ドゥーハンの息子ジャックが四輪デビューへ。三カ国のFIA-F4に挑戦 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 11コメント

    1: 2018/03/16(金) 02:17:02.59 ID:CAP_USER9

    3/16(金) 0:23配信 時事通信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180316-00000001-jij-spo
     オートバイのロードレース世界選手権シリーズの最高峰、モトGPクラスに参戦しているヤマハは15日、
    バレンティーノ・ロッシ(39)=イタリア=と新たに2年間、契約を延長したと発表した。これにより、
    最高峰クラスで7度の総合優勝を誇るロッシは、2020年までヤマハのライダーとして走ることになる。 


    【ロッシ、ヤマハとの契約延長 2020年まで】の続きを読む

    このページのトップヘ