乗り物速報

バイクと車のまとめ

    レース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 17コメント

    1: 2019/11/28(木) 06:39:58.53 ID:NMc22gi19

     WRC世界ラリー選手権を戦うTOYOTA GAZOO Racing WRTは11月27日、2020年シーズンに向けたドライバーラインアップを発表した。、シリーズ6連覇の経験を持つ“絶対王者”セバスチャン・オジエをエースとするほか、残る2名も新ドライバーを起用する大刷新で悲願の三冠達成を狙う。

     シリーズ復帰3年目となった2019年、トヨタはオット・タナク、ヤリ-マティ・ラトバラ、クリス・ミークという3名にトヨタ・ヤリスWRCを託してシリーズを戦い、タナク/マルティン・ヤルヴェオヤ組がドライバー/コドライバーチャンピオンを獲得した。

     チームとしては2018年に獲得したマニュファクチャラーズタイトル防衛に挑んだが、メカニカルトラブルやクラッシュなどによりポイントを逃す場面も多く、山林火災で最終戦オーストラリアが開催中止となったこともあり防衛はならず。ヒュンダイに続く、ランキング2位に終わっている。

     2020年シーズンに向けては、すでに新王者タナク/ヤルヴェオヤ組がヒュンダイ移籍を発表していたため、トヨタは新たなドライバーを起用する必要に迫られていた。

     そしてドライバー/コドライバー/マニュファクチャラーズタイトルの三冠獲得を目指す挑む2020年シーズン、トヨタは全ドライバーを入れ替える大補強を行った。

     タナクに代わり、新たにチームのエースと務めるのは、2013~18年までシリーズ6連覇を達成したオジエだ。2019年はシトロエンから参戦し、ライバルよりパフォーマンスで劣るとされるシトロエンC3 WRCで3勝を達成。ドライバーズランキングも3位で速さと安定感は健在だ。

     オジエはシトロエンと2020年までの契約を交わしていたが、これを途中解除してのトヨタ加入となる。

     ちなみに、オジエが2016年末に当時所属していたフォルクスワーゲンの撤退でシートを失った際、トヨタはオジエ獲得に向けて話し合いを行い、マシンのテストドライブも実施したが、このときは契約には至らなかった。今回の契約はそこから3年ぶりの結実だ。

     また、残る2名のドライバーについても新たなドライバーが起用されることになった。ひとりはMスポーツ・フォードから移籍するエルフィン・エバンス、そして下位クラスのWRC2プロで圧倒的な強さをみせた新進気鋭の19歳、カリ・ロバンペラだ。

     イギリス出身のエバンスは、タナクと同じくMスポーツで経験を積んできたドライバー。2017年にはオジエとチームメイトとしてシリーズを戦っている。これまでの優勝回数は1回だけだが、2019年は3度の表彰台を獲得。怪我で3戦欠場を余儀なくされたにもかかわらず、ドライバーズランキング5位に食い込んでおり、ミスの少ない安定した走りをするドライバーだ。

     元WRCドライバーであるハリを父に持つ19歳のロバンペラは2019年シーズン、シュコダからWRC2プロに参戦し。参戦した11戦中5戦で優勝したほか、リタイアした第4戦ツール・ド・コルス以外の全戦で表彰台を獲得しており、若手ドライバーのなかで抜きん出た速さをみせている。WRC最上位クラス参戦は2020年が初めてだが、初年度から活躍が期待される若手だ。

     なお、エバンス、ロバンペラの加入により、トヨタ復帰当初からチームを支えてきたラトバラ、2019年にチームへ加わったミークはシートを失うことになる。

    >>2以降に続きます

    11/27(水) 21:07配信 オートスポーツweb
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191127-00547221-rcg-moto
    no title


    【【WRC】トヨタ、三冠目指す2020年に向け体制一新。エースとしてセバスチャン・オジエ起用】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 27コメント

    pcjs53021_gran-turismo-sport-ps4_s03

    1: 2019/11/25(月) 13:53:50.32 ID:RFKb73wAd

    マリカしか息してないじゃん


    【【疑問】レースゲームって何で廃れたの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 24コメント

    20191116-f1-honda

    1: 2019/11/21(木) 06:56:46.923 ID:LIrTrmEn0

    コースに砂利巻いたら一瞬で○ぬよねあいつら


    【F1って綺麗に舗装された傷ひとつない道路を事あるごとにメンテしながら走っててよく地上最速とか言えるよなwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 6コメント

    1: 2019/11/19(火) 23:07:44.38 ID:xaBwGG/k9

     モリワキエンジニアリングは11月19日、全日本ロードレース選手権JSB1000クラスと鈴鹿8時間耐久ロードレースの参戦を2019年をもって休止すると発表した。

     2016年、8年ぶりに全日本の最高峰JSB1000クラスに復帰して話題となったモリワキ。マシンはホンダCBR1000RRモリワキ改、ライダーは高橋裕紀を起用して戦った。翌年の2017年には高橋裕紀に加え、鈴鹿8耐で4度優勝し、スーパーバイク世界選手権に参戦した経験も持つ清成龍一が加入し、2台体制で参戦。同時に、モリワキとして9年ぶりに鈴鹿8耐へ参戦することも発表された。

     モリワキは、JSB1000では4年間でポールポジション1回、表彰台3回、優勝1回を獲得。鈴鹿8耐では復帰初年度の2017年は27位、2018年は8位、2019年は決勝9位で終えている。

     そんなモリワキが、全日本JSB1000と鈴鹿8耐の参戦休止をSNSで発表。参戦休止については「苦渋の選択となりましたが、将来のレース活動への取り組みを中長期的に再編するという意味合いを持つポジティブな選択だと考えております」としている。

     発表されたモリワキレーシングの鈴鹿8耐及び全日本JSB1000クラス参戦休止に関する全文は以下のとおり。

    ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 

    モリワキレーシングはこの度、2019年をもって鈴鹿8時間ロードレース及び全日本JSB1000クラスへの参戦休止を決定いたしました。

    今回の決断は苦渋の選択となりましたが、将来のレース活動への取り組みを中長期的に再編するという意味合いを持つポジティブな選択だと考えております。

    これまで、ベース車に独自の改良を施した車両でJSB1000クラス参戦してまいりましたが、長きにわたりコンストラクターとしてこだわってきたモリワキスタイルの“ものづくり”の観点から、現状のプレミアムクラスヘの参戦継続を休止すべきと判断いたしました。

    これからの時代、二輸アフターパーツ業界においても環境性能を含めた高性能パーツの開発・製作が求められます。この分野において、イニシアティブを発揮しリーディングカンパニーとなれるよう研究開発を行うと同時に、将来、私たちにとって魅力的な鈴鹿8耐や新しいレースカテゴリーが生まれた時に復帰出来るよう、経営基盤の強化を行います。

    レース参戦には多くの困難もありましたが、ファンの皆様や協力していただいた関係の皆様のご支援に支えられながら全日本ロードレース選手権JSB1000クラスに参戦し、4年間でポールポジション1回、表彰台3回、優勝1回を獲得することが出来ました。

    また鈴鹿8時間耐久ロードレースにおいては、2017年予選7位/決勝27位、2018年予選9位/決勝8位、2019年予選10位/決勝9位という成績を修めることか出来ました。

    6年間モリワキレーシングに所属し、2014年/2015年と2年連続で全日本J-GP2チャンピオンをモリワキオリジナルフレームのMD600で獲得するなど、輝かしい成績を残してくれた高橋裕紀選手にも改めて謝意を表したいと思います。

    モリワキは今後、すそ野を広げるレース活動及びサービスに重点を置き、お客様に楽しんでもらえる活動や企画を強化します。

    また、魅力的な商品を販売できるよう様々なカテゴリーで研究開発を目的としたサーキット走行やレース参戦、時にはサーキット以外でのサポートや企画を積極的に取り組みモータースポーツの一層の発展に貢献すべく、邁進します。

    これまで、温かいご声援をいただいたファンの皆様、レース活動をご支援いただいた関係者の皆様に対し、心より御礼申し上げます。

    舞台は変わりますが引き続きモリワキスピリッツを胸に、挑戦してまいります。

    11/19(火) 21:03配信 オートスポーツweb
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191119-00544536-rcg-moto
    no title


    【【悲報】モリワキが2019年限りで鈴鹿8耐及び全日本ロードJSB1000参戦休止を発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント

    1: 2019/11/18(月) 04:09:25.73 ID:fQUkAmNn9

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191118-00000504-sanspo-moto
    20191118-00000504-sanspo-000-7-view

     F1世界選手権第20戦ブラジルGP決勝(17日、インテルラゴス・サーキット1周=4・309キロ×71周)ポールポジションからスタートしたレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(22)=オランダ=が今季3勝目、通算8勝目を挙げ、初のポールトゥウィンを達成した。同僚のアレクサンダー・アルボン(23)=タイ=は14位だった。

     トロロッソ・ホンダ勢はピエール・ガスリー(23)=フランス=が2位に入り、初の表彰台に立った。ダニール・クビアト(25)=ロシア=が10位だった。

     マクラーレン・ホンダで3度の総合王者に輝いた、故アイルトン・セナの母国で、フェルスタッペンが完全復活を果たした。第12戦ハンガリーGP以来、2度目のポールポジションから好発進。順調に周回を重ねていたが、終盤にセーフティカーが導入され2位に転落。それでもレース再開後、メルセデスのルイス・ハミルトン(34)=英国=をぶち抜き第9戦オーストリア、第11戦ドイツGPに続く勝利を飾った。

     前半戦は優勝2回を含む全戦で5位以内に入るなど抜群の安定感を誇ったが、第13戦ベルギーGP以降はフェラーリの台頭もあり失速。ホンダの母国GPでもある第17戦日本GPはスタート直後に接触し、リタイアに終わる失態を犯した。第18戦メキシコGPでは、予選で最速タイムをたたき出しながら、黄旗掲示中に減速しなかったため3グリッド降格処分で4番手に。幻のPPに終わり、決勝も他車との接触で6位に沈んだ。

     第19戦米国GPで3位に入り復活の兆しを見せた。ホンダのパワーユニット(PU)「スペック4」は高い安定感を誇り、エクソンモービルも新燃料投入でバックアップ。レッドブルの車体、フェルスタッペンの腕、ホンダのPUが三位一体となり、歓喜のチェッカーフラッグを受けた。フェラーリが同士討ちでリタイアを喫したため、シャルル・ルクレール(22)=モナコ=を抜いて、総合部門で3位に浮上した。


    【【F1】ホンダがワンツーフィニッシュ!フェルスタッペン3勝目&ガスリー2位/ブラジルGP】の続きを読む

    このページのトップヘ