乗り物速報

バイクと車のまとめ

    三菱

      このエントリーをはてなブックマークに追加 26コメント

    mitsubishi

    1: 2016/06/15(水) 22:09:49.19 ID:CAP_USER9

     三菱自動車の燃費不正問題をめぐり、同社が1991年以降に国内で発売した全車種で違法に算出した燃費データを国に提出していたことがわかった。
    これまで「不正がない」としていた「ミラージュ」のデータも不正プログラムを使って算出していた。
    三菱自が近く国土交通省に報告する。
    自動車メーカーは新型車を販売する際、燃費測定の元データで、空気抵抗などを示す「走行抵抗値」を自ら測って国に提出し、
    燃費値は国が測っている。道路運送車両法は91年、抵抗値の測定方法を「惰行法」で実施するよう定めたが
    三菱自は大半の車種について米国向けの「高速惰行法」で測定を続けてきたと公表していた。

    関係者によると、三菱自は、適法に測ったデータのように見せるため、専用のコンピュータープログラムをつくり、
    数値を変換してきた。これまで「不正はない」としてきたミラージュについても、このプログラムを使って算出し、国に提出していたという。
    一方、ミラージュについて、実際の燃費値と、カタログに掲載している燃費値には、ほとんど違いはないという。

    そーす:朝日新聞 DIGITAL 2016年6月15日15時32分
    http://www.asahi.com/articles/ASJ6G7FTXJ6GUTIL05W.html


    関連
    【社会】三菱自動車の燃費不正 新たに10車種以上でも
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1465943267/


    【三菱自動車、91年以降の全車種で燃費データ不正】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 41コメント

    1: 2016/05/19(木) 23:27:52.47 ID:QO9W4uIR0.net

     三菱自動車工業(以下、三菱自工)の燃費不正問題では、企業体質や現場のモラルなど様々な要因が
    取り沙汰されているが、一番の問題は三菱という大看板と、三菱自工という中小自動車メーカーの
    実態とのギャップが、開発の現場に無茶を押しつける一方で、夢を奪い取ったところにあるだろう。

     図に示したのは、2015年の1年間の国内自動車登録台数を基にした乗用車(普通乗用車+軽自動車)の
    市場シェアである。レクサスがトヨタの1ブランドであると考えれば、事実上国内最下位のメーカーである。
    しかし、現在の益子会長が三菱商事から三菱自工の社長として送り込まれてきた当初、
    ランサーエボリューションなどラリーに強い三菱を代表する乗用車を含め、多くの車種の開発販売を中止し、
    モデル数を絞り込む一方で、日産との軽自動車の共同開発
    (日産は主に調達を担当していたので、事実上三菱単独での開発生産)や、
    将来を見据えた電気自動車の開発など、積極的な技術開発を主導していた。
     これが、一定の規模のあるメーカーのやることであれば、問題にならなかったのかもしれない。
    当然のことながら、開発には開発費がかかる。
    開発費は固定費であるから、企業の規模が小さくなればなるほど開発費の捻出は厳しくなる。

     一橋大学の延岡健太郎教授は、著書『マルチプロジェクト戦略』(有斐閣刊)の中で、
    自動車メーカーのシェアは車種が多くなればなるほど有利になるので、できる限り少ない
    ベースモデル(親モデル)から派生モデルを多くつくり、車種数を増やすことが重要だと述べている。
    しかし三菱自工は、モデル数を削減しながら、軽自動車、普通乗用車、電気自動車と異なる技術ベースの車を
    総花的に開発してきていた。これが現場にきついしわ寄せになっていたのではないだろうか。

     一方、同じ1ケタシェアのメーカーであるマツダやスバルは、内燃機関に開発ターゲットを絞り、
    ガソリンエンジン車やディーゼルエンジン車でスポーティな走りをする車をつくるという明確なビジョンと、
    身の丈に合った開発を行っている。
    no title

    http://diamond.jp/articles/-/91373


    【マツダにできて三菱自工にできなかったこと】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 78コメント

    suzuki_mitsubishi_logo

    1: 2016/05/19(木) 20:43:42.93 ID:5OWzLyKq0.net

    一応ね


    【三菱とスズキどっちが許せない?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 36コメント

    5183
    1: 曙光 ★ 投稿日:2016/05/12(木) 01:10:44.37 ID:CAP

    2016年5月12日 01時00分

    日産自動車が三菱自動車と資本業務提携することが11日、分かった。日産が三菱自動車に約3割出資する方針だ。軽自動車の共同開発から提携関係を広げる。
    (共同)

    http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016051101001910.html


    【日産自動車が三菱自動車に出資へ 資本業務提携】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 39コメント

    10401028_201306
    1: カーフブランディング(埼玉県)@\(^o^)/ 投稿日:2016/04/29(金) 10:03:20.70 ID:h3WPQuP/0

    えふののじ ?@fnoji
    マジな話
    親のEKを昨夜、無料一括査定に出してみた。
    約1年前購入、走行距離1500キロ。
    無論無事故で屋根付き駐車場保管

    えふののじ ?@fnoji
    早速朝から電話あり

    【結果】
    カーセ◯ン(9時丁度にかけてきやがった)
    →買い取り不可能(笑いながら)

    アップ◯
    →買い取り不可能(デイズもダメだってさ)

    えふののじ ?@fnoji
    ビッ◯モーター
    →25万なら引き取る
    それ以上なら買い取りは無理
    出張査定は拒否された。
    どうしてもと言うなら来店してくれと。

    ガ◯バー
    →査定すら拒否

    ビッ◯さんに詳しい話聞けた。
    軽自動車は回転率が良く、在庫もたくさん抱えたがるらしい。

    えふののじ ?@fnoji
    今回の件で在庫が焦げ付き泣くに泣けないらしい。
    解決したところで、買い取りは二束三文にしかならないらしい。
    原因は保証らしく、中古車買った人へのメーカ保証はまずあり得ない。
    税金周りの保証も期待出来ないのでまぁ、正直今のところ対象の在庫車は産廃同然らしいです。

    どうすんの、これ
    http://wadainews.hatenablog.com/entry/2016/04/24/185031


    【大手中古車業者 三菱車の買い取りを拒否 保証の関係で在庫は産廃処分される可能性も】の続きを読む

    このページのトップヘ