乗り物速報

バイクと車のまとめ

    交通ルール

      このエントリーをはてなブックマークに追加 18コメント

    a62759d38da90102b58a8234843f8de9_s

    1: 2019/05/15(水) 15:53:40.366 ID:icTaqkY0a

    自転車に乗るな
    これで解決


    【歩行者俺「歩道走るな」自転車乗り「すみません」車運転俺「車道走るな」自転車乗り「す、すいません。どうすりゃいいんだ……」←これ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 26コメント

    jiko_tobidashi_smartphone

    1: 19/05/15(水)08:01:08 ID:JbN

    これどう思う?
    こんな理不尽なルール日本だけやと思うんやが


    【歩行者が赤信号で信号無視しても轢いたら車の責任←これwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 45コメント

    1: 2019/05/15(水) 12:06:24.78 0

    こんな県怖くて走りたくねえ・・・


    no title

    no title


    【【悲報】岡山では車を運転してる時にウインカーを使うのは恥ずかしい事らしい(画像あり)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 42コメント

    9090e713d3d3c580bfa3f8da082fbc75_t

    1: 2019/05/13(月) 15:54:15.55 ID:ue6Ct0xn9

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190513-00000056-dal-life

    今月8日、滋賀県大津市の交差点で車同士が衝突、巻き込まれた保育園児らが死傷した悲惨な事故で、
    改めて便利な車は時に凶器になることを思い知らされた。

    SNS上では各地の危険な運転がクローズアップされ、運転マナーの改善や、事故をなくそうという投稿が目立っている。
    各地の危険な運転とは「松本走り」「名古屋走り」「山梨ルール」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」「播磨道交法」などと
    言われるもので、いろいろな呼び名はあるが、いずれも危険運転のことだ。

    そのうちの1つ「松本走り」の当地、長野県松本市では市民へ向けて広報誌で、「交通マナーを守り、思いやり、ゆずりあいの気持ちを
    持ちながら運転しましょう」と大々的に危険運転の根絶を啓発している。広報まつもとは、今年3月号で「危険 知ってますか?松本走り」
    というタイトルで2ページにわたり特集した。そのなかで “松本走り”とは「長野県松本市内で見られる、右折車優先の
    迷惑で危険な運転のことです。県外の方から『危険な運転』『マナーが悪い』と指摘されています」としている。

    その特徴に「対向車がいるのに、強引に右折」「左折者にかぶせるように右折」「青信号と同時に、内回りに右折」
    「前が詰まっていても交差点に進入」「ウインカーを出さずに道路変更」と挙げている。特集ページを企画した同市の交通安全・都市交通課の
    担当者に企画した理由や、その思いを聞いた。

    -3月号でいかに“松本走り”が危険であるかを特集しています。

    「はい、これまでにもチラシ等で市民の皆さんに啓発活動を行ってきましたが、昨年の夏、観光に来た方から “松本走り”によって
    怖い思いをしたという投書をいただきました。3月号で特集したのは、新学期を控えた3月に新たに免許を取る方が多いと思ったからです」

    -そもそも“松本走り”と、いつごろから呼ばれていましたか。

    「いつからそう呼ばれていたのか定かではないのですが、わたしが免許を取った30年前には、そういう危険な運転があると感じていました」

    -危険な運転が横行しているのは何か事情があるのでしょうか

    「松本市は城下町でして、中心街にも狭い道路があり、右折レーンのない道路も多くあります。平成30年警察のデータによると
    右折時の人身事故が78件ありました。この数字は“松本走り”だけではなく、あくまで右折時の事故件数ですが、多いと思っています」


    【「松本走り」「名古屋走り」「山梨ルール」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」「播磨道交法」各地にはびこる危険運転】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 34コメント

    1: 2019/05/13(月) 22:58:30.48 ID:T3Fk3d3O9

    ■交通安全イベントに関わらずシートベルトをしない婦警がいた

    ・シートベルトをしない理由は「敷地内だから」!?

    暖かい日差しに恵まれた日曜日の午後のことです。都内某所の広場で、警察による交通安全関係のイベントが行われていました。当日は春の交通安全運動2日目、子供達の集まる場所でこうしたイベントを行うことは非常に意義のあることでしょう。

    no title


    私が通りかかったときにちょうど一人の女性警察官が1ボックスの警察車両を移動しているところでした。ふと見るとその女性警察官はシートベルトをしていません。そこで私は注意を促しました。

    私「シートベルトしたほうがいいですよ」
    女性警察官「はい。でもここは敷地内ですから」
    私「そういう問題ではなくて、あなたたちはお手本にならないとダメでしょう」

    というやりとりがあったのですが、女性警察官はシートベルトを装着してはくれませんでした。とても残念です。警察官にはぜひシートベルト装着のお手本になってもらいたいものです。敷地内で、道路交通法が適用にならないからシートベルトをしない。たしかに法規は守っていますから何の問題もありません。それは道路ではおとなしく運転しているお父さんが、駐車場にはいった瞬間に暴走するのと同じじゃないでしょうか?

    ・「ルールだから」「危険だから」ではない「お手本だから」やるべき!

    私の先輩であり、所属する日本自動車ジャーナリスト協会の会長である菰田潔氏は、後席のシートベルトが義務化される以前に500名の警察官を前に講演した際「後席でシートベルトを装着する人?」と質問したところ、ただの1名も手を上げなかったそうです。菰田氏は「そんなことじゃダメだ」と壇上で怒ったそうです。

    多くの自動車メディアは撮影時によほどの理由がない限り、停車中であってもシートベルトを装着した状態で撮影することを心がけています。停車中ですからシートベルトをしている必要はないのですが、シートベルトを装着することが当たり前で、その姿を見せるようにするためです。私たちのようにいつも自動車メディアで仕事をしていると何も考えずに、シートに座った瞬間にシートベルトを装着します。慣れたモデルさんだったら「シートベルトして撮影しますよね?」と聞いてきてくれます。

    シートベルトは規則だから装着するではなくて、安全を確保するために装着するものです。そして、警察官はそのことをよく理解してお手本として振る舞っていただきたいものです。


    ※最初の写真掲載にあたりモザイク処理を行わずに掲載しようとも考えましたが、この提言は個人攻撃をしたいわけではなく、警察全体の問題として捉えていただきたいので、処理を施しました。ぜひ、お手本となって、一人でも事故の被害者を減らすようにして下さい。そのためには私たちは協力を惜しみません。




    clicccar 2019/05/13 17:40
    https://clicccar.com/2019/05/13/809553/


    【警察官が車両を運転するとき「シートベルトをしない」意外な理由とは?(画像あり)】の続きを読む

    このページのトップヘ