乗り物速報

バイクと車のまとめ

    交通ルール

      このエントリーをはてなブックマークに追加 28コメント

    d8102d52e1eb9346c1cccb7737811ec3_s
    1: 2017/11/17(金) 14:05:10.826 ID:ETejmE4N0

    お前らは当たり屋なんか?
    何もないところでいきなりブレーキかけんなアホ


    【ブレーキ踏んでから指示器出す奴】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 20コメント

    20080205043225
    1: 2017/11/11(土) 07:36:30.785 ID:r9tfcEN10

    落ちてくるか落ちて来ないか運しだいだろ


    【道路標識で落石注意って書かれてもどうやって注意すんの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 41コメント

    dc02234c1a0743948904610f02f6f0e5_s
    1: 2017/11/11(土) 06:17:33.13 0

    日没が早まり、交通事故が増えるこの時期、警察は車のヘッドライトの「早め点灯」だけでなく、「ハイビーム」を積極的に使うよう呼びかけています。

    道内で11日から始まる冬の交通安全運動。警察は、路面凍結によるスリップ事故や、日没が早まることで増える高齢者との衝突事故を防ごうと、ドライバーに呼びかけることにしています。
    旭川方面本部では、交通担当の警察官がバスや運送業界の関係者などに、夜間の運転ではヘッドライトを上向き、いわゆる「ハイビーム」にすることが安全につながると指導しました。
    こちらは、車のライトを下向きにした場合と上向きにした場合の比較です。
    上向きでは、70メートルほど先の歩行者を確認できましたが、下向きだとおよそ30メートルまで近づかないと確認できません。



    (道警旭川方面本部交通課・作田和仁課長補佐)「住宅街でもハイビームをつけてほしい。対向車がいる場合を除いてつけて、いち早く歩行者を見つけてほしい」
    警察庁によりますと、市街地以外で、夜間、道路横断中の歩行者が車両にはねられた事故のうち、99パーセントは車両のライトが下向きでした。
    警察はできるだけライトを上向きにして運転するよう呼びかけています。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171110-00000004-hbcv-hok


    【北海道警察「夜間歩行者が車両にはねられた事故のうち99%の車両はライトが下向き」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 45コメント

    b3c0c511757bae23fb3ae2b7ed6e44fc_s
    1: 2017/11/06(月) 21:48:55.00 ID:CAP_USER9

    2017年11月1日10時から新東名の『新静岡IC~森掛川IC』約50キロの区間で、最高速度が時速110キロに引き上げられた。早速、同区間走ってみたので紹介したい。

    まず上下線共、それぞれ時速110キロ区間の始まる地点に『ここから規制速度試行区間』という標識や自光式の速度表示が出てくる。

    事前情報によれば、この区間に限り制限速度が時速80キロとなっている大型車などは、第1通行帯(一番左の車線)を走らなければならない、となっていた。警察のWebなど見たら「速度差に起因する事故を防止する」と書いてある。追い越し車線に時速80キロの大型車が飛び出してきたら危険。この手の規制は世界の常識であり100%賛同したい。

    そんなことから大型車の追い越し車線走行を禁止する旨の標識もあるのかと思っていたら、全く無し。制限速度表示が『110』という数字になっているだけである。さて大型トラックはどう走るのか? 走行中に見た限り、大型トラックは見事に「時速100キロ区間と同じ」走行だった。

    すなわち、本来なら大型車の走行が禁止されている3車線区間の追い越し車線でも、堂々とノロノロ走行を続けていたのだ。11月4日(土)の夕方に『新静岡IC~森掛川IC』下り車線を走行した時は、試行区間の大半で時速110キロなど出せなかったほど。警察は見事に何の啓蒙活動もしていない。何のための時速110キロ制限なのか理解出来ず。

    乗用車側からすれば、時速110キロが出せると思っている。大型車が道交法を守らず延々と追い越し車線を走る状況に多くの人は怒っているらしく、車間距離を詰めるドライバーも少なくなかった。違反を黙認する警察の姿勢に疑問を感じた次第。このままだとかなり危険、標識も出すべきだろう。

    翌日、11月5日(日)は同じ区間の上り車線を走ってみた。日曜日の昼間とあり、大型車かなり少ない。そうなると時速110キロ区間は快適である。スピードガンを用意し、クルーズコントロールを作動させて自車の速度をキッチリ時速110キロとしてみた(走行している車両から道路標識などに測定波を当てると正確な速度が瞬時に判明する)。

    しかし、スピードメーターと実速度の誤差のためだろう、今回乗っていた車両では実速度が時速110キロの時にのメーター読みでは時速120キロになった。その速度で走っていても速度違反にならないのなら嬉しい。おそらく新東名本来の設計制限速度である時速120キロになれば、大半のドライバーが速度違反しないで走ることだろう。

    制限速度は本来なら誰でも守れる速度に設定することが大切。いろんな意味で制限速度の適正化は望ましいと思った。そして『交通の安全と円滑な流れ』を確保するため大型車両の「追い越し車線居座りノロノロ走行」の取り締まりも行うべきである。

    繰り返すが、大型車両の第3通行帯走行は道交法違反である。

    配信11/6(月) 14:02
    オートックワン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171106-00010004-autoconen-bus_all


    【新東名110km/h区間で大型トラックの道交法違反が多発! 大型車両の第3通行帯走行】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 80コメント

    72f02023739139bf05d923cfed66b3bc_s
    1: 2017/11/06(月)09:39:03 ID:PtP

    前を走っていた車の運転手が信号で止まった瞬間降車しこっちに来て
    「何なんですか?遅いのが嫌なら抜かせば良いじゃないですか!」と怒ってきた
    ワイは「追い越し禁止車線なのにどうやって抜かせっていうのか」と言い返したら
    「遅いのが嫌なら追い越し禁止でも抜けばいいでしょ!度胸も無いなら我慢しなさいよ!」と逆切れして車に戻って行った

    これワイが悪いんか?


    【昨日法定速度未満で運転してる奴がいたからクラクション鳴らした結果】の続きを読む

    このページのトップヘ