乗り物速報

バイクと車のまとめ

    交通ルール

      このエントリーをはてなブックマークに追加 32コメント

    no title

    1: 2017/01/19(木) 14:00:33.61 ID:jbz+PQbr0 

    静岡県が自転車によるスポーツや観光の振興に積極的に取り組む中、県東部では車のドライバーに対し、自転車を追い越す際は1.5メートル程度の距離を保つよう呼びかける運
    動が始まることになりました。
    この取り組みは2020年の東京オリンピック・パラリンピックで自転車競技の一部が伊豆市で開催されることを受けて、伊豆観光圏活性化協会が始めます。
    自転車でスポーツや観光のために県東部に訪れる人に対し優しい環境を作ろうと、車のドライバーに呼びかけるもので、具体的には追い越される自転車が怖さを感じないよう、1
    .5メートル程度の距離を保つことを呼びかけます。
    同様の取り組みは自転車の愛好家の誘致に積極的に取り組んできた愛媛県で、おととし11月から始まっています。
    伊豆観光圏活性化協会は、今月27日に静岡市で開催される自転車利用環境向上会議で、ポスターやチラシを配布するなどして、県東部でこの運動を広めることにしていて、「今
    後は、自転車に優しい環境作りがほかの地域にも広がるように働きかけていきたい」と話しています。

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/shizuoka/3033149641.html


    スポンサーリンク

    【車道のチャリには気配れ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 37コメント

    1: 2016/12/25(日) 16:10:01.48 ID:CAP_USER9

    既に規模は暴走族に匹敵…猛威振う「旧車會」 SNS集合で実態把握難しく 
    「初日の出暴走」前に警戒強まる 
    2016.12.25 07:00

    旧式バイクや自動車を派手に改造して集団走行する「旧車會(きゅうしゃかい)」の違法行為が絶えない。
    インターネットを通じてイベントごとに集まるのが特徴で、暴走族のように威嚇する行為はあまりないが、
    違法行為は絶えずここ数年で摘発数が増加している。大みそかから元日にかけて予想される
    「初日の出暴走」でも迷惑行為が相次ぐとみられ、警察当局は警戒を強めている。(社会部 加藤園子)

    ■「取り締まり」知っていたが…

    道路に排気音がとどろく。特に爆音を出す車両や改造車両が高速道路を降りると、
    パトカーの警察官が呼び止め、車両の点検が始まった。

    11月に東京・台場で開かれた絶版車や旧車のイベント会場近く。警視庁と国土交通省関東運輸局が合同で
    大規模な取り締まりを初めて実施した。例年、イベントに合わせて暴走行為などが繰り返されていたためで、
    この日は、整備不良やナンバー隠蔽(いんぺい)などで13台を取り締まった。いずれも旧車會のメンバーだった。

    多くのメンバーは検問の存在は高速道路の電光掲示板で知っていたが、「どうしても来たくて…」などと話したという。

    警察庁が把握するだけでも旧車會員は規模が拡大しており、平成18年に369団体3510人だったのが、
    昨年は578団体6173人と、メンバー数は2倍に迫る勢いだ。摘発件数も増加傾向にあり、昨年は1771件に上った。

    ■減少の一途の暴走族…特攻服に嫌気

    かつて暴走行為の主役といえば、少年や若者が中心の「暴走族」だった。

    ところが免許保有者の減少などに伴い、昨年の暴走族は227団体6771人と、人数は18年の半数以下。
    旧車會のメンバーと変わらない水準にまで減ってきている。

    警察幹部によると、暴走族ならではの上下関係や特攻服などを好まない若者が多くなったためで、
    今ある団体も「リーダー不在の緩いつながり。通信アプリ『LINE』の会話の流れで、
    集合するような場当たり的な暴走がほとんどだ」と分析する。

    旧車會にも実は同様の特徴が見受けられる。元暴走族らが年齢を重ねてある程度時間と金銭面の余裕ができ、
    若いころを思い出して暴走するケースが多いが、あえて警察官にぶつかっていくような行動はなくなっている。

    (後半部分は省略、全文はソースで)
    産経ニュース
    http://www.sankei.com/premium/news/161225/prm1612250016-n1.html
    警視庁が道交法違反容疑などで摘発した少年らからの押収品。
    バイクへの派手な改造も少なくなったという=東京都目黒区
    no title


    スポンサーリンク

    【規模は暴走族に匹敵、猛威振う「旧車會」…SNS集合で実態把握難しく、「初日の出暴走」前に警戒強まる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 38コメント

    car0012-009
    1: 2016/12/24(土) 14:23:44.48 ID:yedtANwV

    いないよね


    スポンサーリンク

    【10年以上ほぼ毎日のように運転してて違反切符切られたことない人っているの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 44コメント

    traffic-jam-688566_640
    1: 2016/12/14(水) 07:54:40.752 ID:Ihn+QgTea

    そんなに死に急いでるの?


    スポンサーリンク

    【なんでバイクって反対車線を走ってまでして前に行きたがるの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 37コメント

    1: 2016/12/18(日) 11:05:17.57 ID:QgpspPrk0

    信号機のない横断歩道で歩行者が渡ろうとしていても9割以上の車が一時停止しないことが日本自動車連盟(JAF)の全国調査でわかった。
    JAF山梨支部によると、なかでも山梨県内での停止率は全国最低レベルだった。

    交通マナーの実態を調べようと、JAFが初めて調査した。車の通行量や車線など条件が似た全国94カ所の信号機のない横断歩道で、
    今年8月15日~9月1日の日中、JAF職員が横断を試みた。その結果、歩行者が渡ろうとしている時に一時停止した車は
    1万26台のうち757台(7・6%)だった。

    山梨県内で調査したのは甲府市内の2カ所。山梨支部によると、一時停止したのは345台のうち、わずか8台(2・3%)で「全国でも最低レベル」だった。
    しかも一時停止したのは県外ナンバーの車が多かった。

    http://www.asahi.com/articles/ASJDD7J69JDDUZOB00S.html
    no title


    スポンサーリンク

    【横断歩道に人→車9割停止せず JAF調査、特に山梨…】の続きを読む

    このページのトップヘ