乗り物速報

バイクと車のまとめ

    交通ルール

      このエントリーをはてなブックマークに追加 16コメント

    1: 2018/12/15(土) 11:15:44.42 ID:CAP_USER9

     神奈川県大井町の東名高速で昨年6月、一家4人が乗るワゴン車が「あおり運転」で停車させられ、大型トラックによる追突で夫婦が死亡した事故で、横浜地裁は14日、危険運転致死傷罪の成立を認め、石橋和歩被告(26)=福岡県中間市=に懲役18年(求刑懲役23年)の判決を言い渡した。深沢茂之裁判長は石橋被告のあおり運転と事故との因果関係を認定。「身勝手かつ自己中心的な動機で、常軌を逸した犯行だ」と量刑の理由を述べた。

     自動車運転死傷処罰法は危険運転の要件を「重大な危険を生じさせる速度で運転する行為」としている。判決は、被告によるあおり運転などの妨害が危険運転に該当するとしつつ、停車は「一般的に危険を生じさせないのは明らか」で、「文言上、運転に含まれると読むのも無理がある」と述べ、「高速道路での停車は危険運転にあたる」という検察側の主張を退けた。

     そのうえで、石橋被告がパーキングエリアで駐車方法を注意されたことに腹を立て、「ワゴン車を停車させて文句を言おう」と、妨害を始めたと認定。その後の停車と夫に対する暴行も一貫した意思で行われているため、「妨害と密接に関連する行為」と判断した。

     さらに、現場が高速道路の追い越し車線で交通量もあり、夜間でもあったことから、「追突事故の危険性は極めて高かった」と指摘。「妨害により生じた事故の危険性が現実化した」として、危険運転致死傷罪が成立すると結論づけた。弁護側は「時速20~30キロは必要。停車後に発生した事故には適用できない」と無罪を主張していた。

     判決によると、石橋被告は昨年6月5日夜、萩山嘉久さん(当時45)=静岡市清水区=、妻友香さん(当時39)ら一家4人が乗るワゴン車の前に割り込み、減速して接近させる妨害を4度繰り返した末、追い越し車線で停車させて嘉久さんに暴行し、追突事故を引き起こした。

     判決は、石橋被告が山口県で妨害運転により計3台の車を停車させ、車体を蹴ったり運転者を降車させようとしたりしたとして、器物損壊罪と強要未遂罪の成立も認めた。(飯塚直人、伊藤和也)

    朝日新聞 2018年12月14日20時50分
    https://www.asahi.com/sp/articles/ASLDG5SRBLDGUTIL03S.html


    【【東名あおり運転裁判】"高速での停車"は危険運転と認めず「一般的に危険を生じさせないのは明らか」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 12コメント

    car_tabako_hai

    1: 2018/12/14(金)19:20:27 ID:pwu

    「喫煙運転・・・・・?べつにええやん」←えっ



    ええんか??


    【法律「飲酒運転!?絶対アカン!!」←わかる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 21コメント

    1: 2018/12/14(金) 16:48:27.03 ID:uE8FLEwYd

    怖かったンゴ…
    右折することも戻ることも出来んくてクラクションと怒号が飛び交う中5分くらい立ち往生したンゴ…


    2: 2018/12/14(金) 16:48:51.47 ID:uE8FLEwYd

    ちなこんな感じ
    真ん中の黒がワイの車で右側の黒が入りたいとこな

    no title

    【【悲報】ワイ運転初心者、片側2車線の国道で右折入庫を試み、無事死亡・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 38コメント

    pet_tenteki_dog

    1: 2018/12/14(金) 12:43:42.734 ID:gbVJH87j0

    その車のナンバーも撮影したのに
    愛犬は生きているが重傷
    車の運転手も警察も許せない


    【【驚愕】愛犬が散歩中に幅寄せ車に轢き逃げされて警察行ったら「動物は物です」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 24コメント

    car_oudanhodou_mokushi

    1: 2018/12/14(金) 10:11:54.85 ID:CAP_USER9

    https://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20181214/KT181213GLI090012000.php

    横断歩道で一時停止する車が多いのは、子どもたちがお礼をしてくれるから?―。
    佐久市総合教育会議は13日、市役所で開き、信号機のない横断歩道で歩行者が渡る際に
    一時停止する車の割合が、都道府県別で長野県が最も高かったという日本自動車連盟(JAF)の
    調査結果について意見交換した。歩行者の子どものマナーが良いことが影響しているのでは、との見方が出た。

    調査では車が一時停止した割合は長野県が58・6%で、全国平均が8・6%にとどまる中、突出して高かった。

    これに対し、佐久市の市長、教育長、教育委員による総合教育会議では、横断歩道を渡るときの実感として
    「とても58・6%も止まってくれない。本当か」といぶかる声も出た。

    一方、会議では市内の通学風景を撮影した動画を上映。手を挙げて横断歩道を渡った小学生が、
    一時停止の車にぺこりとおじぎする姿がとらえられ、「『ありがとうございました』と言う子どももおり、
    ドライバーも気持ちがいい。ちゃんと止まろうとモラルが高まる」との意見が出た。
    ただ「車が止まるのは当たり前。お礼を言うのはどうなのか」との指摘もあった。


    【横断歩道で一時停止する車の割合、長野県が全国1位。子供のお礼影響?「車が止まるのは当たり前。お礼を言うのはどうなのか」との指摘も】の続きを読む

    このページのトップヘ