乗り物速報

バイクと車のまとめ

    交通ルール

      このエントリーをはてなブックマークに追加 42コメント

    cars-691144_640
    1: 2017/07/27(木) 00:18:10.648 ID:kg8aqfTB0

    やられてウザイって劣等感いだいてんじゃねーの?


    【バイクのすり抜けって実際どうなん?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント

    mobile-phone-1573275_640

    1: 2017/07/16(日) 05:54:44.38 ID:I8FdU0J60● 

    クソ長いのでソース参照
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170714-00010003-autoconen-bus_all&p=1


    違反しがちな道路交通法その1:高速自動車国道等運転者遵守事項違反

    高速自動車国道等運転者遵守事項違反と、漢字ばかりが並び頭が痛くなりそうですが、簡単に言えば「高速自動車道路を利用するときは、車を点検してから乗りましょう」ということ。


    違反しがちな道路交通法その2:泥はね運転違反

    ドライバーのマナーに関わる違反ですが、これも道路交通法第71条に定められています。
    「第七十一条 車両等の運転者は、次に掲げる事項を守らなければならない。一、ぬかるみ又は水たまりを通行するときは、泥よけ器を付け、又は徐行する等して、泥土、汚水等を飛散させて他人に迷惑を及ぼすことがないようにすること」。

    その他にも「マナーが悪いね」では済まされない、歩行者に対するドライバーの違反もご紹介しましょう。歩行者側方安全間隔不保持等違反や横断歩行者等妨害等違反です。


    違反しがちな道路交通法その3:安全運転義務違反

    安全運転義務違反と言われてもなかなかイメージできませんが「運転時に危ないことをしないでください」ということです。
    例えば、片手運転をする、よそ見をしながら運転する、片手で飲み物を飲みながら運転する、搭乗者とおしゃべりに夢中になりながら運転する、道を間違えて急に車線変更を行うなどです。
    これらは全て安全運転義務違反にとられかねないことであり、違反になるかどうかは警察官の判断にゆだねられています。

    違反しがちな道路交通法その4:整備不良違反

    車を走らせていると、テールランプやブレーキランプが切れている車をよく見かけます。また、明らかに車高を落とし過ぎている車、タイヤが車体からはみ出ている車も見かけますよね。これらは全て交通違反です。


    違反しがちな道路交通法その5:携帯電話使用等(交通の危険)違反

    ご存じの通り、車を運転している際は携帯電話の使用、画面を注視することは禁止となっています。違反した場合は、3カ月以下の懲役または5万円以下の罰金。
    ただし、ハンズフリー装置を併用して携帯電話等を使用するのは今のところ禁止されていません。道路交通法では「その全部又は一部を手で保持しなければ送信及び受信のいずれも行うことができないもの」に関しては、走行中の携帯電話等の使用を禁止しています。


    【違反しがちな道交法。片手運転、横断歩行者等妨害、高速に乗る前の運行前点検、泥はね運転】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 89コメント

    001
    1: 2017/07/09(日) 10:07:46.295 ID:Ghd0tAwR0

    ふざけんな○ね
    こういう車乗ってたらかっ飛ばさなきゃいけないルールでもあるのか?


    【スポーツカー乗るようになってから急に煽られるようになったんだが】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 52コメント

    morning-2254975_640

    1: 2017/07/02(日) 05:42:58.43 ID:vVD0SjlR0● 

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170701-00010002-norimono-bus_all



    クルマ左折時の幅寄せが危険視されるワケ 安全のためのルール、なぜトラブルの火種に
    車道の左側端には、自転車の通行場所や方向を案内する「自転車ナビマーク」が設置されていることも(2017年6月、乗りものニュース編集部撮影)。拡大写真
     クルマを運転していて左折する場合、自動車教習所では、その手前から合図を出し、クルマを左に幅寄せするよう教わったことでしょう。

    【図】左折時は「幅寄せ」「キープレフト」

     しかし、車道の左側を走行するのが原則である自転車にとっては、このクルマの幅寄せが危険だとする声も聞こえます。自転車の普及促進やマナー啓発についての活動などを行う日本自転車普及協会(東京都品川区)は、「確かに片側1車線の道や、路側帯の幅が狭いところなどで、クルマの幅寄せが危ないという声も聞かれます」と話します。

    「やはり自転車の場合も、交差点に近づいたら周囲を確認することが重要です。前のクルマが左折の合図をしていたら、先に行かせたほうがよい場合もあります」(日本自転車普及協会)

     同協会では、クルマの幅寄せが危ないという声は把握しているものの、これまで警察などと協議などはしていないといいます。

    幅寄せをしないドライバーが多いのも問題?

     そもそも左折車の幅寄せには、どのような目的があるのでしょうか。東京都世田谷区の自動車教習所「フジドライビングスクール」の田中さんに聞きました。

    ――左折時の合図と幅寄せは、どのようにするのが正しいのでしょうか。

     交差点が近づいたら、左側や後方に自転車などがいないことを確認してウィンカーを出し、さらに周囲を確認したうえで幅寄せをします。道路交通法では「できる限り道路の左側端に寄り」としか書かれていませんが、実際の指導において聞かれた場合は、道路の端から50cm程度と教えます。なお、左側に自転車専用帯があっても、そこに入り込んで寄せます。

    ――幅寄せにはどのような意図があるのでしょうか?

     左折時に自転車などが進入することによる巻き込み事故を防止するためです。20年ほど前であれば、原付やバイクの進入を想定し、幅寄せの幅を道路端から75cm程度と教えていましたが、いまは自転車を想定して50cm程度としています。

    ――もしも左側や後方に自転車が走っていた場合は、どう左折したらよいのでしょうか?

     こうした場合は、幅寄せすると「妨害」に当たるので、自転車を先に行かせる必要があります。どこまでが妨害に当たるかは微妙なところかもしれませんが、後方の自転車にブレーキを踏ませたり、よけさせたりしたら、該当すると考えてよいでしょう。

    ――自転車にとって幅寄せは危険との意見もありますが、どのようにお考えでしょうか?

     法律では、左折のときは幅寄せをすることになっていますが、実際にはほとんどのドライバーが周囲の確認だけで幅寄せをしないため、一部の人が幅寄せをすることに対して「危ない」と思われがちなのだと思います。


     田中さんは「幅寄せするか、確認のみで済ませるか、どちらかが徹底されない限りトラブルはなくならないと思いますが、後者は法律が改正されない限り難しいことです」と話します。


    【 クルマ左折時の幅寄せが危険視されるワケ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 46コメント

    Turnsignals_On
    1: 2017/07/02(日) 15:05:35.426 ID:s56jILmS0

    日本一ウィンカーを出さない岡山県 「使用するのは恥ずかしい行為」
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13279667/

    よくわかんないですね……


    【車でウィンカーを出さない奴「ウィンカー出す奴は恥ずかしい」←!!?!?wwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ