乗り物速報

バイクと車のまとめ

    交通違反

      このエントリーをはてなブックマークに追加 4コメント

    1: 2019/11/11(月) 07:40:23.42 ID:w9X8nbxG0● BE:842343564-2BP(2000)

    運転中の「ながらスマホ」をAIで徹底監視、豪州で導入テスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191111-00219976-diamond-int
    20191111-00219976-diamond-000-1-view

    ● AI搭載カメラで ながら運転をキャッチ

     日本が“ながら運転対策”に厳罰化で臨むように、欧米でもこの問題は深刻だ。高速道路上にスマホゾーンを作り、停車して操作できるようにするなど、さまざまな対策をとっている。それでもスマホ操作ドライバーは、後を絶たない。

    【この記事の画像を見る】

     こうしたドライバーの行為をAI搭載カメラで自動的にキャッチしよう、という試みがオーストラリアで行われている。

     AIカメラを導入テストしたのはオーストラリアのサウスウェールズ州。使われているのはモーションキャプチャーカメラで、AIが“ドライバーが何かを手にしている”と察知すると、カメラでその様子を撮影する。

     撮られた写真は警察官などがチェックし、“飲み物を持っている”などの場合はセーフで、スマホを手にしていた場合は232オーストラリアドル(約1万7000円)の罰金が徴収される、というシステムだ。なお飲み物がコーヒーなどの場合はOKだが、もしアルコール飲料であることがはっきりとわかれば、厳しい罰金の対象となる。

     サウスウェールズでは現在45基のAIカメラを設置し、運転中のスマホ禁止を強く呼びかけている。同州警察は「スマホ運転は飲酒運転と同じくらいに危険だと理解してほしい」という。

     AIカメラは、2台が連動するシステム。1台が車内の様子をチェック、もう1台がライセンスプレートの登録状況を確認し、2つの情報が一緒にモバイルアプリに送信される。
    車内を撮影するにはカメラを上方に設置する必要がある。車内撮影用のカメラ位置からライセンスプレートを同時に撮影するのは難しい。確実に違反者を特定するために、2台のカメラを連動させたという。

    ● 850万台の車両のうち 10万台でドライバーがスマホ操作

     サウスウェールズが実際のカメラ導入前に行ったテストでは、850万台の車両のうち、実に10万台で“ドライバーがスマホ操作をしている”場面がとらえられた。しかもそのうち数人は“両手を完全にステアリングから離し、スマホを操作していた”という。

     現在の多くのクルマは車内に設置されたモニターとスマホを連携させ、ハンズフリーで通話したり、スマホの情報を車内モニターに表示したりできるようになっている。
    それでもメールの送受信など、ついついスマホを手にしてしまうドライバーが多い。中には、ゲームをしている強つわもの者!?もいるという。

     運転中のスマホ操作は、10代のドライバーに多い。米国ミシガン大学の調査によると、10代ドライバーの25%が「運転中につねにスマホ操作をしている」という。
    そのため親が子供に持たせるスマホについては、ペアレントコントロールで運転中に操作できないようにする、というアプリもある。米国では2017年に運転中のスマホ操作が原因と考えられる、よそ見運転による事故で死亡した犠牲者は3000名以上に上る。

     今回のオーストラリアのAIカメラは世界中から注目されている。今後は同様のカメラを導入する国や自治体が急増しそうだ。


    【AIカメラで運転手が手に持つ物を監視。850万台中10万台のスマホ運転を発見】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 9コメント

    f789ee5a7807c70e9e478c7b37d96f5c_t

    1: 2019/11/04(月) 18:24:40.57 ID:HW7g/jdKr

    くそむかつくんだが


    【【悲報】原付ワイ、初めて警察屋さんに捕まる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 30コメント

    1: 2019/11/06(水) 18:47:44.22 ID:CPqQ81BE9

    【週刊文春】河井前法相の大幅スピード違反を広島県警が見逃していた!
    11/6(水) 16:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191106-00015259-bunshun-pol
    20191106-00015259-bunshun-000-3-view


    河井前法相の大幅スピード違反を広島県警が見逃していた!
    11/6(水) 16:00配信 文春オンライン
    河井前法相の大幅スピード違反を広島県警が見逃していた!
    法務大臣を辞任した河井克行衆院議員 ©共同通信社

    「週刊文春」(10月31日発売号)が報じた妻・案里氏の参院選における公選法違反疑惑を受けて、同日、法務大臣を辞任した河井克行衆院議員(56)。法相在任中に、悪質なスピード違反を秘書にさせていたことが新たに判明した。

    【写真】河井氏と事務所スタッフたちのLINE

     事件が起きたのは10月5日。河井氏は、正午から北広島町で始まるイベントのため、急いで広島県内を移動していた。その際、河井大臣(当時)が急ぐように求め、80キロ制限の高速道路を、60キロオーバーの140キロで走行したという。

     50キロ以上の超過は本来、一発免停で、6カ月以下の懲役又は10万円以下の罰金となる。ところが、警護についていた広島県警の後続車両は、140キロで走る河井氏の車を追いかけつつ、事務所に注意を促す電話を入れたのみで、違反を検挙しなかったというのだ。

     その決定的な証拠を「週刊文春」は新たに入手した。克行氏と事務所スタッフらとのLINE上のやり取りだ。そこには、10月5日の12時に〈県警より、「現在140キロで飛ばされていますが、このようなことをされたら、こちらとしてはかばいきれません。時間に余裕を持って、時間割を組んでください」とお電話がありました〉と記されていた。

     広島県警に聞くと、「個別の事案については回答を差し控えます。ただ、一般論として警護対象者が乗っている車が一時的に法定速度を上回る速度超過が疑われるような事があった場合は、秘書等を通じて是正を促すこともあります」と回答した。

     河井氏の事務所に一連の行為について聞いたが回答はなかった。

     今年3月には、麹町署の巡査が、警察官の交通違反を見逃したとして、犯人隠避容疑で書類送検されている。一般市民の違反については厳しく取り締まる一方、政治家の違反は見逃していたとすれば、警察への信頼を失墜させることになりそうだ。

     11月7日発売の「週刊文春」では、“あおり運転”を指示されたという河井氏の元運転手の詳細な証言や、公選法違反に絡み、二転三転するウグイス嬢の証言などを詳報している。

    「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年11月14日号


    【【上級無罪】#河井前法相の車、「一発免停」140キロで爆走→広島県警「庇いきれません。速度を落としてもらえないでしょうか?」逮捕せず】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント

    images

    1: 2019/11/02(土) 01:32:39.30 ID:KjGfyP1pp

    なんであんなところにカメラ置いてあるんやほんま


    【【ブチギレ】ワイ、オービスを光らせる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 11コメント

    1: 2019/10/28(月) 08:07:29.39 ID:UXmgeb5t9

    痛恨の確認ミス! 撤去されたはずの自動速度取締機、オービスが、実は繁みの中でかくれんぼしてた件!
    2019.10.28
    https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20191028-10459995-carview/?mode=top
    20191028-10459995-carview-000-1-view


    この10/19に、当サイトにアップした、国道246号線神奈川県秦野市菖蒲のループコイル式オービス撤去情報。おかげさまでPVも順調に伸びていたのだが、読者様からの鋭いご指摘により、ガセであること判明した!

    繁みの中で隠居中!?

    「国道246号線のオービスが撤去されています!」というスタッフからの報告をもとに、さっそく現地へ調査に出かけた取材班。現場に到着してみると、事前警告板も設置されていたループコイル式オービスも確かに見当たらない。すでに10年位前から完全に放置状態にありダミーの噂も絶えなかったため、いつ撤去されても不思議はないというのも事実だったのだ。

     ところが、この10/27、当サイトの読者であるNさんより、問い合わせ窓口にこんなメールが! 「国道246号線秦野市菖蒲にあるオービスですが、撤去されたのではなく、除草作業を行なっていないため草に隠れただけかと思います。」。さっそく掲載した写真を拡大してみたら、なんと、繁みの中にひっそりと佇んでいるオービスを発見! まさかかくれんぼしていたとは!

     これは、存在は知っていたものの、詳細な設置場所まで把握していなかった某スタッフの明らかな調査ミスであることは言うまでもありません。謹んでお詫び申し上げますとともに、訂正させていただきます! 今後はより慎重な調査を心がける所存ですので、これに懲りずに、引き続きご愛読をお願いいたします。

     なお、写真をご覧の通り、ここのオービスは、現状ではまともに機能する状態にはないことを、再度、報告しておきます!


    【痛恨の確認ミス!線撤去されたはずの自動速度取締機、オービスが、実は繁みの中でかくれんぼしてた件!】の続きを読む

    このページのトップヘ