乗り物速報

バイクと車のまとめ

    交通違反

      このエントリーをはてなブックマークに追加 15コメント

    street-1788035_640
    1: 2017/03/03(金) 07:31:56.44 ID:CAP_USER90303

    東京オートバイ協同組合が、公明党の東京都議らの
    政策懇談会に初めて参加。駐車場不足の現状を切実に訴えた。

    同組合の理事長・野間健児ハーレーダビッドソン亀田社長は
    都議会内で開催された同会で「二輪車保有台数に対して、
    駐車場が絶対的に不足している」と、切り出した。

    *+*+ Response +*+*
    http://response.jp/article/2017/03/03/291523.html


    スポンサーリンク

    【都内バイク違法駐車の累計摘発件数、10年でほぼ登録台数と一致】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 13コメント

    4292830473-police-378255_1920-98QJ-640x426-MM-100 (1)
    1: 2017/02/28(火) 18:24:29.99 ID:CAP_USER9

     捜査車両の速度違反を見逃したとして、犯人隠避の罪に問われた長野県警上田署交通課の元警部補、宮崎学被告(47)=同県東御市、依願退職=の初公判が28日、長野地裁(稲田康史裁判官)で開かれた。宮崎被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。検察は懲役1年を求刑した。

     起訴状などによると平成27年7月、3回にわたり上田市内で取り締まり中に県警の捜査車両が速度違反をしたのに違反切符の処理をせず、犯人を隠避したとしている。違反があったのはいずれも制限速度が40キロの道路で、20~25キロ超過していた。

     被告人質問で宮崎被告は「同じ警察官として一生懸命に仕事をしているなかで(取り締まれば)かわいそうだと思った。早く現場に行ってほしかった」と述べた。

    以下省略、全文はソースでご確認ください
    http://www.sankei.com/affairs/news/170228/afr1702280037-n1.html


    スポンサーリンク

    【「早く現場に行ってほしかった」…“同僚”の捜査車両スピード違反揉み消し 元警察官に検察、懲役1年求刑 長野地裁初公判】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 29コメント

    no title
    1: 2017/02/01(水) 19:19:45.72 ID:CAP_USER9

    自転車が車道を安全に通行できるように整備が進む「自転車専用レーン」で、
    車の駐停車が課題になっている。駐停車違反でない場合もあるが、
    頻繁によける必要が生じる自転車利用者からは「専用レーンなのに危ない」と不満の声が上がっている。

    1月中旬の昼ごろ、東京メトロ西葛西駅(東京都江戸川区)
    周辺に南北約800メートルにわたって設定されている自転車専用レーン。
    だがレーンは所々、駐停車する車で寸断され、自転車は…

    (全文)http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG16H4U_Q7A130C1CC1000/


    スポンサーリンク

    【自転車レーン  危険な車の駐停車が課題 よけると事故の恐れ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 39コメント

    1: 2016/12/25(日) 16:10:01.48 ID:CAP_USER9

    既に規模は暴走族に匹敵…猛威振う「旧車會」 SNS集合で実態把握難しく 
    「初日の出暴走」前に警戒強まる 
    2016.12.25 07:00

    旧式バイクや自動車を派手に改造して集団走行する「旧車會(きゅうしゃかい)」の違法行為が絶えない。
    インターネットを通じてイベントごとに集まるのが特徴で、暴走族のように威嚇する行為はあまりないが、
    違法行為は絶えずここ数年で摘発数が増加している。大みそかから元日にかけて予想される
    「初日の出暴走」でも迷惑行為が相次ぐとみられ、警察当局は警戒を強めている。(社会部 加藤園子)

    ■「取り締まり」知っていたが…

    道路に排気音がとどろく。特に爆音を出す車両や改造車両が高速道路を降りると、
    パトカーの警察官が呼び止め、車両の点検が始まった。

    11月に東京・台場で開かれた絶版車や旧車のイベント会場近く。警視庁と国土交通省関東運輸局が合同で
    大規模な取り締まりを初めて実施した。例年、イベントに合わせて暴走行為などが繰り返されていたためで、
    この日は、整備不良やナンバー隠蔽(いんぺい)などで13台を取り締まった。いずれも旧車會のメンバーだった。

    多くのメンバーは検問の存在は高速道路の電光掲示板で知っていたが、「どうしても来たくて…」などと話したという。

    警察庁が把握するだけでも旧車會員は規模が拡大しており、平成18年に369団体3510人だったのが、
    昨年は578団体6173人と、メンバー数は2倍に迫る勢いだ。摘発件数も増加傾向にあり、昨年は1771件に上った。

    ■減少の一途の暴走族…特攻服に嫌気

    かつて暴走行為の主役といえば、少年や若者が中心の「暴走族」だった。

    ところが免許保有者の減少などに伴い、昨年の暴走族は227団体6771人と、人数は18年の半数以下。
    旧車會のメンバーと変わらない水準にまで減ってきている。

    警察幹部によると、暴走族ならではの上下関係や特攻服などを好まない若者が多くなったためで、
    今ある団体も「リーダー不在の緩いつながり。通信アプリ『LINE』の会話の流れで、
    集合するような場当たり的な暴走がほとんどだ」と分析する。

    旧車會にも実は同様の特徴が見受けられる。元暴走族らが年齢を重ねてある程度時間と金銭面の余裕ができ、
    若いころを思い出して暴走するケースが多いが、あえて警察官にぶつかっていくような行動はなくなっている。

    (後半部分は省略、全文はソースで)
    産経ニュース
    http://www.sankei.com/premium/news/161225/prm1612250016-n1.html
    警視庁が道交法違反容疑などで摘発した少年らからの押収品。
    バイクへの派手な改造も少なくなったという=東京都目黒区
    no title


    スポンサーリンク

    【規模は暴走族に匹敵、猛威振う「旧車會」…SNS集合で実態把握難しく、「初日の出暴走」前に警戒強まる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 38コメント

    car0012-009
    1: 2016/12/24(土) 14:23:44.48 ID:yedtANwV

    いないよね


    スポンサーリンク

    【10年以上ほぼ毎日のように運転してて違反切符切られたことない人っているの?】の続きを読む

    このページのトップヘ