乗り物速報

バイクと車のまとめ

    交通違反

      このエントリーをはてなブックマークに追加 75コメント

    6be8f804eafa95da6ea3e385db2e772e_t

    1: 2021/10/13(水) 10:39:28.267 ID:2laiQxAEd

    ついつい「プッ」ってクラクション鳴らしてない?
     信号が変わっても進まない前走車に発進を促すために、「プッ」とクラクションを鳴らしてしまった経験を持つ人も多いのではないでしょうか。

     また狭い路地などで道を譲ってもらったときに鳴らす「サンキュー・クラクション」や、街で偶然見かけた知り合いに向けた「挨拶クラクション」など、よくクラクションを使う人もいます。

    不必要なクラクションはNG

     しかし、このようなタイミングでクラクションを鳴らすことは、厳密にいえば違法行為にあたるといいます。

     そもそもクラクションはどのようなときに使うものなのでしょうか。

     クラクションは道路交通法上では「警音器」と明記されており、第54条に「警音器の使用等」として使用する状況などが定義されています。

     第54条の1では「以下に掲げる場合においては警音器を鳴らさなければない」と明記されています。

     実際の条例文をわかりやすく解説すると、警音器を鳴らさなければならない場面として、「左右の見通しのきかない交差点、見通しのきかない道路の曲がり角または上り坂の頂上で、道路標識等により指定された場所を通行しようとするとき」があげられています。

     または、「山地部の道路、そのほか曲折が多い道路について道路標識等により指定された区間における左右の見通しのきかない交差点、見通しのきかない道路の曲がり角または上り坂の頂上を通行しようとするとき」です。

     さらに、第54条の2では「法令の規定により警音器を鳴らさなければならない場合を除き、警音器を鳴らしてはならない。ただし、危険を防止するためやむを得ないときは、この限りではない」とあります。

     つまり、「信号が変わっても発進しない前走車への催促」や「サンキュークラクション」などは危険防止が目的ではないため、クラクションを鳴らしてはいけないということです。

     鳴らしてはいけない時に鳴らした場合は「警音器使用制限違反」に該当し、反則金3000円が科せられます。

     一方、第54条の2に記載されている「危険を防止するためやむを得ないときは、この限りではない」という部分をどう解釈するかが難しいところです。

     たとえば、駐車場内でバックしてくるクルマが自車にぶつかりそうな場合は鳴らしても良さそうですが、急な割り込みしてきたクルマに対して、割り込まれた後にクラクションを鳴らすのはNGということになりそうです。

     なお、「警笛鳴らせ」の道路標識がある場所では、クラクションを鳴らさなければいけません。

     この標識は、主に山間部の見通しの悪いカーブや曲がり角、坂の頂上などに設置されており、危険の有無に関係なくクラクションを鳴らして自車の存在を知らせる目的があります。

     ちなみに使用すべき場所で鳴らさなかった場合、「警音器吹鳴義務違反」が適用され、普通車なら違反点数1点・反則金6000円が科せられることがあります。

    ※ ※ ※

     クラクションの使い方次第では「あおり運転」を誘発させたり、合流などで道を譲ってもらえないなど、トラブルの原因になることも考えられます。

     人の怒りの感情のピークは6秒間といわれ、冷静さを取り戻すために6秒数えたり手のひらを開閉することでピークをやり過ごすことができるといわれています。

     前走者が発進しない、急な割り込みをされた、道を譲ってもらえないなど、イライラが増えたと思ったら、6秒をカウントしながら深呼吸して怒りの感情を鎮めることをおすすめします。

     また、クラクションを長く鳴らし続けるのは避けたほうがいいでしょう。実際に、クラクションを鳴らされたことで逆上し、あおり運転やそれに近い迷惑行為に及ぶドライバーもいます。

     長く鳴らすほど相手に不快感を与えるともいわれていますので、本当に必要な状況で短めにクラクションを鳴らすのがよさそうです。

    くるまのニュース 10.11
    https://kuruma-news.jp/post/430767



    【【悲報】警察「青信号で催促のために前の来る前にクラクション鳴らしたら罰金取ります」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 28コメント

    b3bb7297e3174072396cafc98f6eb6ed_t

    1: 2021/10/13(水) 17:28:56.839 ID:Bgqqdl3Ha

    200kmくらいで爆走してても大丈夫なん?



    【二輪(バイク)はオービスで捕まらないって聞いたけどマジなんか???】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 29コメント

    menkyo_gold

    1: 21/10/10(日)20:18:17 ID:D40P

    ガチなん?



    【パッパ 「普通に車乗ってたらゴールド免許なんて無理」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 24コメント

    1: 2021/09/28(火) 21:10:02.42 ID:J67KdZZS9

    7月の都議選の選挙運動期間中に無免許運転で人身事故を起こし、公表しないまま再選された木下富美子都議(54)は28日、自身のホームページを更新し、「これからの議員活動で答えを導き出しながら、ご奉仕させて頂きたいとの思いは、今も持ち続けております」として議員を辞職しない方針を示した。

     木下氏に対しては、この日開かれた定例会本会議で2度目となる辞職勧告決議案が全会一致で可決されていた。
     ホームページによると、木下氏は9月17日に道交法違反容疑で警視庁に書類送検されたことについて、「私に直接の連絡はありません」としつつ、「この度の過ちについて、猛省するとともに、司直の判断に従い、償って参りたいと思います」との心境をつづった。

     自らの進退については、「『議員辞職』を求める声も承知致しており、自らの進退について深く悩み、考えを重ねて参りました」とした上で、「私にご信託くださいました有権者の皆様をはじめ、失われた信頼を回復できるよう、償うべき償いを行い、これからの議員活動で答えを導き出しながら、ご奉仕させて頂きたいとの思いは、今も持ち続けております」と議員活動を続けたい考えを示している。

     また木下氏は再選後、体調不良を理由に本会議などの欠席が続き、都から支払われた議員報酬などは、9月初旬までの2カ月ですでに約264万円に上っている。ホームページでは、体調不良について「寝つきが悪く、何度も夜目覚めてしまう」などの症状があるとして、「体調が戻らず、誠に不本意ながら欠席せざるを得ない状況」だとしている。欠席期間中の議員歳費については、「公の活動への『寄付』に充てるなど、しかるべき対応をとって参りたい」と理解を求めている。
     木下氏は、書類送検された現時点では、当選は無効にならない。ただ、交通犯罪は「その他の一般犯罪」に当たり、公選法の規定で、今後禁錮以上の実刑が下されると、失職になる。

    2021年9月28日 16時15分 東京新聞
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/133552

    写真
    no title



    【【無免許人身事故】<木下富美子都議> 辞めない意向を表明「議員活動でご奉仕したい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 15コメント

    918228_s

    1: 2021/09/24(金) 01:30:29.71 ID:9Gl0vvSc0

    北海道警釧路署は23日、国道で法定速度を65キロオーバーした時速125キロで走行したとして、釧路市緑ケ丘1丁目、介護職員畑勇輔容疑者(29)を
    道路交通法違反(速度超過)の疑いで現行犯逮捕し、発表した。軽乗用車でドライブしていたといい、容疑を認め、「急いでいた」と供述しているという。
    調べでは、畑容疑者は23日午後0時50分ごろ、白糠町和天別の国道38号で時速125キロで走行した疑い。法定速度は60キロ。助手席に同乗者を乗せてドライブしていたという。
    署では21日からの「秋の全国交通安全運動」に合わせ、レーダー装置を使った速度超過取り締まりをしていた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/4c171ba82d682c0f71e36a3141aee23eff658e6d



    【一般道で125キロ出した軽自動車の男逮捕「急いでいた」】の続きを読む

    このページのトップヘ