乗り物速報

バイクと車のまとめ

    交通違反

      このエントリーをはてなブックマークに追加 11コメント

    car_oudanhodou_mokushi

    1: 2019/03/12(火) 14:57:38.35 ID:isuC3ymd9

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190312-00010003-sp_ctv-soci

    「91.4%」。これは去年JAFが全国の道路で、ある交通違反の調査をしたところ9割以上が
    違反車両に該当したという衝撃的な数字です。もしかしたらみなさん知らず知らずのうちに
    違反しているかもしれません。その違反は、死亡事故につながってしまうケースも。その違反とは。

    JAFの調査によると、信号機のない横断歩道で、歩行者が渡ろうとしているのに一時停止をしない車が、
    全国で「91.4%」もあったといいます。

    「横断歩道を渡ろうとしている歩行者がいる場合は、止まって、通行を妨害してはならない」
    (愛知県警交通総務課 沢田章夫 警視)

    信号の無い横断歩道を渡ろうとする歩行者がいる場合、車は、一時停止しないと違反になります。

    しかしJAFの調査では、該当する横断歩道で、一時停止した車の割合は、愛知県「22.6%」、岐阜県「2.2%」、
    三重県「1.4%」と、驚くほど少なかったことが分かっています。

    「(愛知県では)3月は、交差点や交差点付近における “横断歩行者妨害”の違反の死亡事故が多い」
    (愛知県警交通総務課 沢田章夫 警視)

    そこで取材班は、朝8時の名古屋市内の信号のない横断歩道に向けて、30分間定点カメラを設置しました。

    すると、画面左側から歩行者が横断歩道にさしかかりますが、なかなか車はとまってくれません。
    すると1人が意を決して、車の間を縫うように横断しました。

    さらに、ずっと待っている男性。この男性が道路を横断できたのは、6台もの車両が通り過ぎたあとでした。

    今回、30分間の定点撮影で、45台も違反車両が映る結果になりました。

    街の人に聞いてみると。

    「ほとんど止まらない。止まらないのが普通ですよね」
    「タクシーにひかれそうになった。名古屋駅の前で」
    「止まってくれるかなと思ったら、止まらず(車が)来るので」
    「車優先の意識があるのかもしれない」

    一方、普段、車を運転する人たちに聞いてみると。

    「減速はしますけど、道によって減速の速度が違うかなと思います。いっちゃうかもしれないですね」
    「やっぱり横断歩道は止まらなあかんわ。習慣にしないと、止まらないのが普通になっちゃう」

    こうした調査結果を受け、愛知県警では、横断歩道での取り締まりを強化。
    去年は、全国で一番多い、38000件以上の検挙数があったといいます。

    ■道路にある“ダイヤマーク”の意味知っていますか?

    車を運転する際に気をつけたいのは、横断歩道があることを事前に知らせる、道路にあるダイヤのマークです。

    「(前方に)横断歩道がある場合、その手前、約50メートルの地点に『横断歩道あり』という標示の“ダイヤマーク”が設置されています」
    (愛知県警交通総務課 沢田章夫 警視)

    しかし、街の人に“ダイヤマーク”の意味を知っているか聞いてみると。

    「右折レーン?ちょっとわからないです」
    「速度を落とすとか?」
    「横断歩道が近くにある?なんだったかな、忘れちゃった」

    今回、“ダイヤマーク”の意味を聞いてみると、分かったのは10人中2人だけでした。

    「(ダイヤマークを)チラシなどで広報はしてるんですけど、まだまだ不十分。今後も引き続き、
    広報や横断歩道の通行方法については周知していきたい」(愛知県警交通総務課 沢田章夫 警視)

    信号機のない横断歩道。歩行者が渡ろうと待っていたら、一時停止をする。これは、マナーではなく交通ルールです。


    【交通マナーではなく『交通ルール』。歩行者が渡ろうとしているのに一時停止をしない「交通違反」車が全国で91.4%】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 23コメント

    1: 2019/03/11(月) 14:13:50.04 ID:kgFYFuDN0● 

    トラックの危険な目つぶし違法ライト急増! 後輪付近にある眩しいライトの正体とは?
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190311-00010002-kurumans-bus_all&p=1
    no title


    夜間の走行中、トラック後輪付近から発せられる眩しいライトが気になったことはありませんか?
    高速道路なら車線を替えたり、追越したり、距離を開けたりで避けられることもありますが、一車線しかない一般道で後ろについてしまうと逃げ場がなくとても危険です。
    この眩しいライトの正体は何なのでしょうか。

    一般道でも眩しい光をまき散らしながら走行するトラック等の画像を見る

     筆者(加藤久美子)も高速道路を走行中、眩しいライトを点灯させたままのトラックには、何度も遭遇したことがあり、そのライトは「路肩灯」の位置に設置されていることが多いです。

     最近ではSNSやブログでも、トラックの眩しい光に遭遇した乗用車ドライバーが、その危険性を指摘している書き込みをよく目にします。

     高速道路なら逃げ場がありますが、一般道となるとかなり厳しく危険な状況になることもあります。

     筆者も先日、横浜市内の横浜上麻生線という片側一車線の道路で、眩しい光を容赦なくまき散らすトラックの後ろについてしまいました。

     左右後輪付近からかなり強い光が漏れており、直線ならまだ良いのですが、カーブで車体が傾くと、ライトの鋭く眩しい光が視界に飛び込んできます。
    周囲が暗い道路だったので、目がくらむような白い光は運転操作に影響しそうなほど強く、もしここに歩行者や自転車がいても幻惑されて気付かないかもしれません。かなり危険なライトです。

     帰宅して早速、道交法や道路運送車両法を完璧に熟知している大型トラック(日野プロフィア)ドライバーの友人に聞いてみました。

    「最近増えていますね。眩しすぎてウザいですよね。あのライトは路肩灯の位置にありますが傘が付いていないので、車検非対応で作業灯扱いになると思います。つまり、走行中は消さなきゃダメなライトです。

     


    【トラックの後ろ向き違法目潰しライト急増!なんのために点けてるんだよ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 13コメント

    c0b8ada9861c188a9735d57fcb297e48_t

    1: 2019/03/10(日) 23:03:46.077 ID:HabdNTVa0

    やらかした


    【【悲報】俺氏オービスを光らしてしまう・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 16コメント

    0167555713008b928d92991ed4985999_t

    1: 2019/03/10(日) 13:00:54.24 ID:eGs4crms0 

    ●歩行者がいる横断歩道への進入
    街でよく見かける交通違反の1つに、歩行者がいる横断歩道への進入があります。何気なく行われているこの行為、実は交通違反。

    ●夕暮れ時や夜間の無灯火走行
    陽が落ちて、あたりが薄暗くなってからの運転時、うっかりヘッドライトをつけ忘れたなんて経験はありませんか。

    ●後席のシートベルト未着用
    運転席及び助手席のシートベルト着用が罰則付きで義務付けられてから30年以上が経過し、前席でのシートベルトの着用は当たり前となっています。
    実は後席でのシートベルトの着用も義務化されている事を知っていますか。

    まだまだあります、うっかり交通違反
    ●ランプの球切れ
    さすがにヘッドライトが切れているクルマは見かけませんが、テールランプやブレーキランプの片側が点灯していない。そんなクルマは度々見られます。

    ●適切な車間距離を取らない
    クルマを運転していると、自分は法定速度で走っているにも関わらず、恐怖を感じるほどに後続車が車間を詰めてくる。そんな場面に遭遇する事も少なくはありません。
    その行為は、あおり運転とまではいかないものの、その威圧感に焦ってしまい事故を誘発という危険性も大いにあります。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190310-00010000-kurumans-bus_all


    【うっかりやりがちな交通違反5選】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 12コメント

    f812485e1133f371c3c20d8ca38d123c_t

    1: 2019/03/08(金) 20:55:32.78 ID:BVhezCkh9

    警官が同僚の違反見逃しか 送検
    03月08日 20時44分

    警視庁・麹町警察署の警察官が、別の警察官の交通違反を確認したにもかかわらず、反則切符を交付するなどの必要な手続きを取っていなかったことが分かり、警視庁は関わった警察官など3人を書類送検しました。

    警視庁によりますと去年2月、麹町警察署地域課に所属する25歳の巡査が、千代田区の交差点で44歳の警察官が運転する公用の乗用車が赤信号を無視したのに気づいて停車させましたが、反則切符を交付する手続きをせず口答での指導・警告にとどめたことが分かりました。

    巡査は当初、近くの警察施設で反則切符を交付しようとしましたが、その場にいた警察官OBの非常勤職員に「同業者だから切符を切るな」と言われて手続きをやめたということです。

    巡査は「ばれないと思った」などと話しているということで、警視庁は犯人隠避の疑いで書類送検し、非常勤職員と違反した警察官についても犯人隠避教唆の疑いで書類送検しました。

    警視庁は、3人を戒告や減給の懲戒処分にし、「警察に対する信頼を失墜させる行為であり、再発防止に努めたい」とコメントしています。


    【【警視庁】警官が同僚の違反見逃しか 交通違反を確認しながら反則切符交付せず 麹町署の3人を書類送検】の続きを読む

    このページのトップヘ