乗り物速報

バイクと車のまとめ

    原付

      このエントリーをはてなブックマークに追加 24コメント

    1: 2017/10/19(木) 18:00:23.30 ID:CAP_USER9

     ホンダは2017年10月19日(木)、オートバイの「スーパーカブ」シリーズ4種類をモデルチェンジし、
    生産拠点を中国から日本の熊本製作所に移管したうえで、11月10日(金)に発売すると発表しました。

    「スーパーカブ50」「スーパーカブ110」は、高効率の空冷・4ストローク・単気筒エンジンを搭載。
    外観はレッグシールドからリアフェンダーにつながる滑らかな曲面で構成されたデザインに一新されます。
    また、ボディーの両サイドに取り外し可能なサイドカバーが採用されたほか、
    丸形ヘッドライトにLEDを採用したことで、コンパクトなハンドルまわりが実現しています。

     メーカー希望小売価格(消費税込み)は「スーパーカブ50」が23万2200円、「スーパーカブ110」が27万5400円です。


     ビジネスモデルの「スーパーカブ50プロ」「スーパーカブ110プロ」は小径14インチタイヤの採用や、
    大型のフロントバスケット、リアキャリアを標準装備するなど、さまざまな業務用途に対応。
    メーカー希望小売価格(消費税込み)は「スーパーカブ50プロ」が25万3800円、「スーパーカブ110プロ」が29万7000円です。

     ホンダは、国内の販売台数を、シリーズ合計年間2万200台で計画しています。

    「スーパーカブ」シリーズは、1958(昭和33)年8月に登場。初代モデル「スーパーカブC100」以来、
    低燃費や耐久性などが支持されているロングセラーモデルです。シリーズの生産台数は、
    オートバイとしては世界で初めて累計1億台を突破しています。

    10/19(木) 15:51配信 乗りものニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171019-00010005-norimono-bus_all
    「スーパーカブ50」パールシャイニングイエローのイメージ(画像:ホンダ)。
    no title

    「スーパーカブ50プロ」のイメージ(画像:ホンダ)。
    no title

    no title

    no title


    【新型ホンダ「スーパーカブ」 11月発売 デザインを一新 生産拠点は中国から日本へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 10コメント

    44a8ef9d6089cd5f78a969b50d0f8b9a_s
    1: 2017/10/02(月) 08:26:04.88 ID:CAP_USER9

    けさ、和泉市の警察駐在所で、見回りなどに使うバイクがなくなっているのが見つかりました。警察は、何者かに盗まれた可能性が高いとみて捜査しています。

    午前9時半ごろ、和泉市久井町の和泉警察署南松尾駐在所で、駐車場に止めてあったバイクがなくなっているのを住み込みで勤務している30代の巡査部長が見つけました。なくなったのは、見回りなどに使う、紺と白色の90ccの小型バイクで、きのう夜9時に巡査部長が外出先から帰宅した際には異常はなかったということです。警察によりますと、夜間、駐在所兼住宅には巡査部長と家族がいましたが、異変には気付かなかったと話しているということです。和泉署は、バイクが何者かに盗まれた可能性が高いとみて捜査を進めていて、今後、バイクの保管方法の見直しなど、対策を検討していくとしています。

    配信 10/1(日) 18:38
    朝日放送
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171001-00010004-asahibcv-l27


    【【大阪】警察駐在所で警ら用バイク盗まれる-和泉警察署南松尾駐在所 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 4コメント

    1: 2017/09/29(金) 00:03:49.46 ID:CAP_USER

     住友商事は9月28日、台湾Gogoroと、国内外でのエネルギーネットワークインフラを活用したオープンプラットフォーム事業を共同展開するため、戦略的パートナーシップを締結したと発表した。これに伴い、住友商事はGogoroが実施した約300億円の第三者割当増資の一部を引き受ける。

    no title

    Gogoroは、バッテリー交換式電動スクーター(スマートスクーター)と交換式バッテリー用充電ステーション(GoStation)を製造するスタートアップ。現在、台湾全土ではGoStationが400カ所以上設置されており、2015年の販売開始以来、スマートスクーターの累計販売台数は3.4万台を超える。また、2016年にベルリン、2017年にパリへと進出しており、すでにシェアリング事業を展開している。

     同社は、沖縄県石垣市におけるエコアイランド化構想をサポートする一環で、Gogoroの日本への初の展開として、地場企業と協力しながら、石垣島におけるスマートスクーターとGoStationを活用したシェアリングサービスを開始。今年度中の開始を目指すという。

     中長期的には、Gogoroが広範囲に整備したGoStationおよび、交換式バッテリをエネルギーネットワークの基盤とし、スマートスクーターのみならず、他社のスクーターや小型モビリティなどの電源として開放。オープンプラットフォーム化していくことで、多様なEVの普及を促進する。

     さらには、モビリティ分野だけでなく、定置用などさまざまなエネルギーサービスへの展開を目指すことで、スマートシティなどの次世代のエネルギーサービス構想の実現を目指すという。
    https://japan.cnet.com/article/35107931/


    【台湾発のスマートスクーター「Gogoro」が日本上陸--住友商事とシェア事業を開始】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント

    1: 2017/09/27(水) 00:08:43.46 ID:CAP_USER9

    ホンダのスーパーカブの現行モデル
    no title


    ホンダが、ロングセラー二輪車「スーパーカブ」の生産を中国から熊本製作所(熊本県大津町)に戻すことが26日、分かった。コスト削減のため2012年から生産を中国に移していたが、当時と比べて為替が円安に推移していることを受け国内回帰を決断。ブランドイメージの向上を図る狙いもあるとみられる。

    排ガス規制の強化に対応し、約5年ぶりに全面改良するのを機に熊本で生産する。新型車は11月10日発売で、排気量50ccの「スーパーカブ50」は23万円程度、110ccの「スーパーカブ110」が27万円程度となり、いずれも約4万円の値上げとなる見込みだ。(共同)

    配信2017年9月26日 18時07分(最終更新 9月26日 18時33分)
    毎日新聞
    https://mainichi.jp/articles/20170927/k00/00m/020/025000c


    【ホンダ「スーパーカブ」を国内(熊本)生産へ 円安で中国から日本回帰】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 10コメント

    no title
    1: 2017/09/26(火) 19:38:06.68 0

    ホンダ・ズーマーとか組んでみたい


    【バイクのプラモは多いけど原付ってプラモ化されないよね】の続きを読む

    このページのトップヘ