乗り物速報

バイクと車のまとめ

    原付

      このエントリーをはてなブックマークに追加 28コメント

    1: 2017/04/17(月) 12:22:39.65 ID:CAP_USER

    バイクの国内での販売不振から抜け出す挑戦も見られました「第44回東京モーターサイクルショー」。しかし、不振の背景は複雑で決め手となる対策もいまだに不明で、消費者の動向とは別にさまざまな規制やバイク環境への無関心なども指摘されています。現状を見てみました。

    原付一種がここ10年で半減

     国内のバイク構成は排気量の小さめな車種が中心。国交省や日本自動車工業会などによると、2014年時点の全国の二輪車の保有台数は1182万台。道路運送車両法の区分の場合、いわゆる「原付」である原付一種(50cc未満)が666万台で半数以上の56%を占め、軽二輪(125~250cc)は197万台で17%、原付二種(50~125cc)162万台14%、小型二輪(250cc~)156万台13%と続きます。

     二輪車の使用用途は「通勤・通学」38%、「買い物や用足し」30%と日常生活の移動手段が中心で、「ツーリング」は11%。排気量が大きくなるとツーリングなどの趣味の利用が多くなるとしています。

     二輪車の販売台数の動きを見ると2005年の約74万台が、リーマンショックがあった2008年に56万台に急減、2009年にさらに40万台に減った後は若干の増減を繰り返しながら2014年は約45万台でした。

     原付一種が2005年の47万台から2014年には22万台へと半分以下に大きく減っているのが特徴。その半面、排気量が大きくなる小型二輪は同7万6000台から同7万台へと微減で、2011年以降は5万~7万台の増減を繰り返してほぼ横ばいを維持しています。

     軽二輪は2005年の10万台が2014年には5万4000台に半減。一方、原付二種は同8万8000台が2013年には10万台、2014年には消費税増税があったのにもかかわらず9万6000台と堅調なのが特徴です。
    駐車場は増えたがまだまだ少ない

     経産省は今後の二輪戦略として「国内市場の活性化で海外市場での地位を高め、次世代への進化を実現しなければならない」と危機感もうかがわせ、「二輪車関係者が二輪車の新しい価値を提案し、さらに海外市場の獲得に向けて取り組みを」と二輪車が消費者の興味を引く魅力づくりが重要だと指摘しています。

     具体的な目標として同省は官民一体によるバイクキャンペーンの実施などを通じ、(1)2020年に国内販売100万台市場を実現、(2)世界シェア50%の達成、などを掲げているほか、二輪車の駐車場整備、二輪車の高速道料金、免許制度などについても早急に取り組む方針を示しています。業界のみならず国も「二輪低迷」の対策に乗り出したと言えます。

     都市部を中心に二輪の駐車場が不足していることもかねて指摘されてきました。法改正で2007年以降に自動二輪の駐車場の整備がしやすくなりましたが、業界団体による調査(2014年)で自治体の70%以上が「設置を検討したことがない」と回答。受け皿づくりがほとんど進んでいないことも二輪車利用の環境整備の障害になっています。 

     日本二輪車普及安全協会によると、二輪車の駐車場の整備は、2008年に全国でわずか536か所(収容台数約1万4000台)だったのが2013年には3131か所(約7万1500台)へと増えました。しかし、バイクの利用者から見るとどこの街角にもある自動車の駐車場に比べ絶対数は極端に少なく、利便性には程遠いのが現状です。バイク駐車場への自治体や地域の取り組みが期待されています。

    20170416-00000003-wordleaf-0da3f66655f55f0390e62f15294675c3c


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170416-00000003-wordleaf-ind


    スポンサーリンク

    【バイクの販売不振 「原付」が半減、駐車場不足も課題】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 40コメント

    6-3
    1: 2017/04/08(土) 04:35:50.36 ID:MDSLzKXL0

    ワイの原付60キロしかでんのやけど速くするにはどうすればいい?


    スポンサーリンク

    【昔の原付って100キロ出たってまじ?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 7コメント

    1020068_00_2001_02
    1: 2017/04/02(日)16:28:26 ID:PHF

    どこでも行ける感半端ない


    スポンサーリンク

    【原付のるの楽しすぎ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 11コメント

    1: 2017/03/30(木) 10:29:35.07 ID:CAP_USER

    ホンダ「モンキー」が2017年8月に生産を終了しますが、これより小さな、その名も「Ko-zaru(仔猿)」というバイクが存在します。公道を走れるバイクとしては世界最小で、様々な楽しみ方ができるそうです。

    自分で組み立て、ナンバー取得可能
     50年の歴史をもつ50cc原付バイク、ホンダ「モンキー」の生産が、2017年8月末をもって終了します。全長136.5×全幅60×全高85cmというサイズで、そのルックスから熱烈なファンも多いという小さなバイクです。あるバイクショップは「コレクターアイテムとしても人気で、中古市場で高値が付きます。飾るだけという人も少なくありません」と話します。

     小さなバイクはもうなくなるのか、と思いきや、「モンキー」よりももっと小さなバイクが健在です。

    no title


    公道走行が可能なバイクでは世界最小という「Ko-zaru」。これまで大きく分けて5種類が作られており、これはファンのあいだで「仔犬」と呼ばれているもの(2017年3月、中島洋平撮影)。


     それは、東京都調布市に工房を構えるCKデザインの「Ko-zaru(仔猿)」というバイクです。全長82.5×全幅43×全高62.5cmと、「モンキー」よりもさらに小さく、重量は20kgほど。CKデザインの佐々木和夫さんによると、実際にナンバーを取得でき、公道走行が可能なバイクとしては世界最小だそうです。基本的には、箱に納められた部品を自分で組み立てるキットでの販売ですが、組み立て済みのものも提供されています。

     なぜこれほど小さなバイクを作ったのか、佐々木さんに聞きました。

    ――「Ko-zaru」はいつから販売しているのですか?

     およそ15年ほど前からです。当初は31ccのホンダ製汎用4ストロークエンジンを使っていましたが、それが絶版になってからは、36ccのエンジンで作っています。

    ――これほど小さなバイクをなぜ作ろうと思ったのですか?

     もともとわたしはホンダで原付やレース用バイクの設計を手掛けていました(編注:原付「シャリー」などの設計に携わる)。31ccの汎用エンジンが出た際に、「このエンジンで何か作りたい」と思ったことがきっかけです。というか、亡くなった本田宗一郎さんに、「佐々木君だったらこのエンジンで何を作る?」と言われているような気がしたのです。

    「Ko-zaru」のテーマは「楽しさ」です。初めてバイクに乗ったあの楽しさをもう一度味わってもらいたい、という思いで作っています。

    バイクを「輪行」 使い方いろいろ
    ――1台はいくらですか? 現在どれくらいのオーナーがいるのでしょうか?

     オプション次第ですが、およそ30万円から40万円です。オーナー数は1000人弱くらいでしょうか。海外の人には基本的に売っていないのですが、熱心にアプローチしてくれて販売する場合もあります。

    ――実際に普段の足として公道を走っている人は、どれくらいいるのでしょうか?

     公道を走れるとはいえ、交通量の多い道で乗っている人はあまりいないでしょう。ほとんどの人はクルマに積んで、出かけた先で使っています。もちろん、飾るだけという人も少なくありません。

    ――ほかにどんな楽しみ方があるのでしょうか?

     バッグなどに収納して、列車で輪行するほか、昔は飛行機に載せて運んでいた人もいました。普通のクルマが通れない場所で使う補助的な乗りものとして、クルマに積んでいる消防団も存在します。東日本大震災の被災地で移動用に使っていたという人もおり、いまは私のほうでも、避難用に車載するという使い方を広めつつあります。


    スポンサーリンク

    【ホンダ「モンキー」よりもミニ 公道走れる世界最小バイク、納車は宅配便】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 7コメント

    no title
    1: 2017/03/28(火)09:31:39 ID:ge8

    常にバックミラーで後を気にしながら60キロ以上で走る爽快感

    二段階右折なのかよくわからない交差点の侵入のドキドキ感

    国産スクーターはゴミじゃねぇか....(ノД`)シクシク


    スポンサーリンク

    【原付き(50cc)スクーターの季節が来ましたねぇ(・∀・)】の続きを読む

    このページのトップヘ