乗り物速報

バイクと車のまとめ

    新型バイク

      このエントリーをはてなブックマークに追加 17コメント

    1: 2019/04/18(木) 19:28:45.01 ID:l2+5Id4X0● BE:423476805-2BP(4000)

    スズキ新型カタナの発売は欧州向けが先行して進められており、2019年春の発売予定となっている。
    名車KATANAのモデル名を引き継ぐことになるが、GSX-S1000がベース車両の別デザイン版というのが実際のところ。
    欧州価格はベースのGSX-S1000に対して概ね2割のアップとなる。
    価格面のほか、ファンが心配しているのは、ガソリンタンク容量がわずか12Lであること。
    GSX-S1000のガソリンタンク容量は17Lであるから、デザイン優先の影で犠牲になった部分である。
    装備重量は新型カタナが215kgとなる。これもGSX-S1000の209kgから重量増ということで
    スペックダウンとなる。
    日本発売は2019年の夏頃が予想される。
    https://car-research.jp/suzuki
    no title

    https://www.youtube.com/watch?v=-CPhm5JaG_I


    【スズキ新型カタナの日本発売は2019年夏頃、燃料タンク僅か12L】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 9コメント

    1: 2019/03/23(土) 21:08:23.13 ID:h7lNwyqn9

    スズキは、22日に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開幕した国内最大級のバイクイベント「東京モーターサイクルショー」で、19年ぶりに復活させる大型二輪車「KATANA(カタナ)」の新型を公開した。年内に日本市場に投入する計画で、祭典で来場者の注目を集めそうだ。

    カタナは、昭和56年に発売したスズキの名車で知られている。日本刀をモチーフとした個性的なデザインが世界のバイク愛好家を魅了し、排気量250~1100ccのシリーズ全体で累計約6万5千台を販売したが、惜しまれつつ平成12年に生産を終えていた。

    新型は1000cc。前面のランプ「車幅灯」を刀の先端をイメージさせるデザインに仕上げるなど伝統を受け継ぎつつ、流線形の現代風デザインや先進のエンジンを取り入れた。銀と黒の2色を用意。浜松市の浜松工場で生産を始め、今春から各国で発売する計画という。

    スズキは、青春時代に親しんだバイクに年月を経て再び乗り始める「リターンライダー」など40~50代だけでなく、若者にもアピールし、国内二輪市場の活性化にもつなげたい考えだ。

    no title


    産経ニュース
    https://www.sankei.com/economy/news/190322/ecn1903220019-n1.html


    【【スズキ】大型二輪の名車「KATANA」を19年ぶり復活 年内国内投入へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 12コメント

    1: 2019/03/16(土) 16:11:56.40 ID:NAMngoUH0● BE:423476805-2BP(4000)

    スズキは新型カタナを3月15~17日の日程で開催中の大阪モーターサイクルショー2019で出品した。実車またがり体験も実施された。
    新型カタナは昨年ドイツ ケルンで開催されたインターモト2018でワールドプレミアされたモデル。
    日本刀をモチーフとしたGSX1100S KATANAのデザインコンセプトを引き継ぐモデルの復活ということで話題となった。
    新型カタナに搭載されるのは999ccの水冷直列4気筒エンジンで最高出力は110kW(150ps)、最大トルクは108Nmとなる。装備重量は215kg。ボディサイズは全長2125mm×全幅830mm×全高1110mm、ホイールベースは1460mmとなる。
    このほかスズキブースでは、GSX1100S KATANAの2000年モデルも出品された。

    https://www.youtube.com/watch?v=i2s457xasmM


    no title

    https://car-research.jp/suzuki


    【【画像】スズキ新型カタナ国内初披露、大阪モーターサイクルショー2019】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 25コメント

    1: 2019/03/15(金) 19:33:16.48 ID:FxTjpaKo9

    ハスクバーナ・モーターサイクルズ・ジャパンは2019年3月15日、新型モーターサイクル「スヴァルトピレン701」の国内販売を同年6月に開始すると発表した。

    スヴァルトピレン701は、2018年11月のEICMA(ミラノショー)でデビュー。先行発売された3モデル「ヴィットピレン701」「ヴィットピレン401」「スヴァルトピレン401」に続くハスクバーナのストリートモデルとしてラインナップに加えられる。生産国はオーストリア。

    ヴィットピレン701がスポーティーなネイキッドスタイルであるのに対し、「フラットトラック(オフロードレース用のオーバルコース)からインスパイアされた」という今回のスヴァルトピレン701は、ややアップライトなハンドルバーとオフロードテイストのタイヤを組み合わせた“やんちゃな雰囲気”に仕立てられている。

    パワーユニットは、ヴィットピレン701と同じ693cc 水冷4ストローク単気筒エンジン。最高出力75psと最大トルク72Nmのスペックも変わらない。トレリスフレームで構成される車体のスリーサイズは明らかにされていないが、燃料を除いた車両重量は、ヴィットピレン701比で1.5kg増しの158.5kgと公表される。WP製のフルアジャスタブルサスペンションやブレンボ製ブレーキシステムといった上質なパーツ類もセリングポイントのひとつだ。

    価格は135万5000円。(webCG)

    2019.03.15
    https://www.webcg.net/articles/-/40572

    スヴァルトピレン701
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【ハスクバーナの新型バイク「スヴァルトピレン701」上陸】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 14コメント

    1: 2019/03/13(水) 19:06:04.85 ID:fL6qNeBS9

    ヤマハ発動機は2019年3月13日、三輪モーターサイクル「NIKEN(ナイケン)」に、新グレード「ナイケンGT」を設定し、予約受け付けを開始した。

    ナイケンは、車体をバンクさせてのスムーズなコーナリングを実現するヤマハの「LMW(Leaning Multi Wheel)」技術が用いられた、850ccクラスの大型三輪モーターサイクルである。

    今回追加されたナイケンGTは、ツーリングでの快適性を高めたとされるモデルで、ウインドプロテクション効果を発揮する大型のハイスクリーンや、グリップウオーマー、ツーリング時の疲労を軽減する肉厚の専用シート、トップケース(別売アクセサリー)の取り付けに配慮したグラブバー、12V DCジャック(メーター横、シート下)、センタースタンドが標準装備される。

    カラーリングは「マットダークパープリッシュブルーメタリック1」(マットブルー)と「ブルーイッシュグレーソリッド4」(グレー)の2種類。価格は194万4000円で、受注生産によって販売される。国内における販売計画は、年間300台とされている。(webCG)

    2019.03.13
    https://www.webcg.net/articles/-/40550

    ナイケンGT
    no title

    no title

    no title

    no title


    【「ヤマハ・ナイケン」に快適な専用装備を採用した「GT」が登場】の続きを読む

    このページのトップヘ