乗り物速報

バイクと車のまとめ

    新型車

      このエントリーをはてなブックマークに追加 6コメント

    1: 2017/01/17(火) 16:56:40.40 ID:CAP_USER

    https://trafficnews.jp/post/63330/
    no title

    no title


     メルセデス・ベンツ日本(東京都港区)は2017年1月16日(月)、「メルセデス・マイバッハ S 650 カブリオレ」の受注を開始しました。
    全世界300台、日本国内向けには4台の限定生産モデルで、価格は4420万円(税込)です。締切は同年1月31日(火)。

    ●「メルセデス・マイバッハ S 650 カブリオレ」のポイント
    ・2015年のロサンゼルスモータショーで世界初公開。
    ・ベースモデルは4シーターオープンのメルセデスAMG「S65 カブリオレ」
    ・ルーフはソフトトップで3層構造。閉じると「クーペのような静粛性の高い室内空間を作り出します」(メルセデス・ベンツ)。
    時速50km以下であれば、走行中でも約20秒で開閉可能。
    ・ヘッドライトに片側47個のスワロフスキークリスタルを埋め込む。ウィンカーには30個のクリスタル、車幅灯には17個のカットクリスタル。
    ・トラベルバッグ2個とライフスタイルバッグ2個の「トラベルラゲッジセット」、および「マイバッハ」エンブレム付き「キーホルダー」が付属。
    「オーナーとしての特別感を感じていただける希少性の高いアクセサリー」とのこと。
    ・パワートレインはメルセデスAMGによる、6.0L V型12気筒ツインターボエンジン。
    ・ステアリングアシスト、ブレーキアシスト、歩行者検知機能など、メルセデス・ベンツの先進運転支援技術「インテリジェントドライブ」搭載
    ・国内限定4台のうち1台は写真と同じ外装色。残り3台については、外装16色、内装10色、4種のインテリアトリム(装飾)、
    5色のソフトトップからオーダーメイド。その組み合わせは3000とおり以上。

    「マイバッハ」は現在、メルセデス・ベンツ傘下のブランドですが、もともとは1909(明治42)年にドイツで創業したエンジンメーカー、
    マイバッハ社のことで、1920年代には高級車を設計、販売していました。ツェッペリン社などの飛行船に採用されたエンジンメーカーとしても知られます。


    スポンサーリンク

    【メルセデスベンツ、「メルセデス・マイバッハ S 650 カブリオレ」を国内4台、4420万円で受注開始】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 25コメント

    1: 2017/01/16(月) 15:00:03.92 ID:CAP_USER

    http://www.sankeibiz.jp/business/news/170116/bsa1701161333003-n1.htm
    no title

    no title


    伊高級車マセラティの日本法人は16日、スポーツセダン「クアトロポルテ」の新型車を発売した。
    新開発のエンジンを搭載して走行性能を高めたほか、内外装を刷新。高級スポーツ車市場で、販売拡大を目指す。

     基本モデルは、伊高級スポーツ車メーカーのフェラーリと共同開発した排気量3・0リットルの
    V型6気筒ツインターボエンジンを搭載。最高出力は20馬力増の350馬力に高めつつ、燃費は1リットル当たり10・9キロに改善した。

     一部モデルに高級感を演出した「グランルッソ」と、スポーツ性を重視した「グランスポーツ」の2タイプを用意。
    グランルッソは内装に高級ファッションブランドのエルメネジルド・ゼニア製のシルクを採用している。
     ほかに排気量3・8リットルのV型8気筒ツインターボエンジンを搭載した「GTS」モデルなどをラインアップ。車両本体価格は1206万円から。

     日本法人のグイド・ジョバネッリ社長は、「ブランド(の精神)を引き継いだ性能や素晴らしいスタイリングを実現した」と述べた。


    スポンサーリンク

    【マセラティ、新型「クアトロポルテ」を国内発売 フェラーリとエンジン共同開発】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 44コメント

    1: 2017/01/13(金) 10:18:06.25 ID:4PBXLuYU0 

    no title


    1月9日午後2時。メジャーな自動車ブランドとしては最後となるプレスカンファレンスに臨んだインフィニティ。
    そこでは公約通り、ローランド・クルーガー社長によってSUV「QX50コンセプト」が初披露された。
    http://getnavi.jp/vehicles/99644/


    スポンサーリンク

    【世界初の量産可変圧縮比エンジン搭載! 日産・インフィニティ「QX50コンセプト」がワールドプレミア】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 21コメント

    1: 2017/01/12(木) 21:22:06.86 ID:3IEEeTxw0 

    BMWの日本法人「ビー・エム・ダブリュー」(東京)は12日、主力の高級セダン「5シリーズ」を7年ぶりに全面改良し、2月11日に発売すると発表した。
    渋滞時に先行車に追従するなどの自動運転技術を搭載したほか、車体の軽量化で加速や燃費性能を向上させた。

    新型5シリーズは、後部バンパーに組み込んだセンサーが後方の車を監視。
    衝突の危険があると判断した場合に、ハザードランプを点灯させて後続ドライバーに注意を促す機能を搭載した。

    東京都内で記者会見したビー・エム・ダブリューのペーター・クロンシュナーブル社長は「安全性と性能を向上させた最善の5シリーズだ」と強調した。

    https://this.kiji.is/192206762640916481?c=39546741839462401
    no title


    スポンサーリンク

    【BMW、新型5シリーズ発売へ 自動運転機能も搭載】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 11コメント

    1: 2017/01/12(木) 19:21:42.45 ID:CAP_USER

    http://www.sankei.com/economy/news/170112/ecn1701120022-n1.html
    no title


     トヨタ自動車は12日、小型車「ヴィッツ」に、エンジンとモーターを併用するハイブリッド車(HV)を
    追加して発売したと発表した。排気量は1・5リットルで、ガソリン1リットル当たりの燃費は34・4キロメートルと、
    従来のガソリンエンジン型の最高燃費(25キロメートル)より4割近く高めた。

     追加設定に合わせ外形デザインも見直した。価格は181万9800円から。シリーズ合計で月間9千台の販売を目指す。


    スポンサーリンク

    【トヨタ、小型車「ヴィッツ」にHVを追加 燃費4割アップのリッター34キロ超】の続きを読む

    このページのトップヘ