乗り物速報

バイクと車のまとめ

    新型車

      このエントリーをはてなブックマークに追加 13コメント

    1: 2019/08/20(火) 13:35:44.25 ID:PNXmtRuE0 BE:468394346-PLT(15000)

     日産自動車は8月19日(現地時間)、新型「ジューク」のティザー写真を英国のプレスサイトで公開した。
    公開された写真には擬装された新型ジュークがテストコースを走行しており、
    9月初旬の公式発表前のテスト最終段階にあるという。

     ティザー写真とともに車両に関する情報もいくつか公開され、新型ジュークは
    ヨーロッパでデザインされたといい、エクステリアはクーペラインを採用しているのが特徴的。
    足下には19インチホイールを装着しており、従来モデルの17インチホイールからサイズを拡大させた。
    そのほか「ProPILOT」テクノロジーを搭載することが明らかにされている。
    02_o

    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1202180.html


    【生理的に受け付けない車のデザイン、ジュークとPTクルーザー他にはある?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント

    1: 2019/08/14(水) 21:25:09.06 ID:Dov409Vk0● BE:423476805-2BP(4000)

    マツダのクロスオーバーSUV、新型CX-30が2019年11月に発売となる見込み。
    10月下旬開幕の東京モーターショーで、国内のファンに向けて車両が一般公開されたあとすぐのタイミングで発売となる。
    マツダディーラーでは既に事前予約の受付が始まっている。

    発売前の未確定車両価格。これらは消費税10%込みが想定される。
    エントリーモデルは、SKYACTIV-G 2.0L搭載の20SグレードのFF、239万2500円からとなる。中間グレード、PROACTIVは261万2500円から。
    クリーンディーゼルのSKYACTIV-D 1.8L搭載車は、PROACTIV 288万7500円から。
    SKYACTIV-X搭載車が、PROACTIV 329万4500円からとなる。
    マツダ3(セダン,ハッチバック)同グレードとの比較では約9万円のアップとなる。

    https://car-research.jp/mazda/cx-30-4.html
    no title

    https://www.youtube.com/watch?v=ROlFJLimrzM


    【マツダCX-30車両価格など発売前情報/東京ショー出品後発売へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 24コメント

    1: 2019/08/06(火) 14:53:53.62 ID:0mniFdL10● BE:423476805-2BP(4000)

    ホンダは国内市場向けに発表した2019年8月2日付けのプレスリリースで、アコードのフルモデルチェンジを2020年の初めに行うことを明言した。
    北米発売から2年以上遅れるタイミングではあるが、新型アコードの国内発売が確定的となった。
    国内向けのティザーサイトも公開されている。
    搭載されるのは、2.0L DOHC i-VTECエンジンがベースの2モーターハイブリッドシステムの「SPORT HYBRID i-MMD」となる。

    10代目となる新型アコードは、既に2年近い海外での販売実績があり、いくらかの賞も獲得してきた。
    米国「ノースアメリカン・カー・オブ・ザ・イヤー2018」、中国「ベスト・ハイブリッドカー・オブ・ザ・イヤー2019」を受賞している。

    新型アコードは、2019年10月23日にプレスデーを迎える「東京モーターショー」において、市販型日本仕様が公開される予定。

    https://car-research.jp/honda/accord-6.html
    no title

    https://www.youtube.com/watch?v=syqvLoRKXKQ


    【新型アコードの日本発売確定、東京モーターショーで国内仕様を出品】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 38コメント

    1: 2019/08/03(土) 16:34:39.39 ID:ctgOx5az0● BE:423476805-2BP(4000)

    スバルではレガシィのフルモデルチェンジに向けた準備が進められている。
    既にセダンの新型「レガシィ」、クロスオーバーSUVの新型「アウトバック」の生産が開始されている。
    ただし、これは北米向けに販売される車体。
    日本向けには2020年春の発売が予想される。

    新型レガシィシリーズについては、2019年2月に開催されたシカゴオートショーで、市販型車体が公開されていた。
    搭載されるのは、2.4Lの水平対向 4気筒 直噴ターボエンジンとなる。
    トランスミッションはリニアトロニックが継続されるが、変速比幅のワイドレンジ化が盛り込まれる。
    全輪駆動システム「シンメトリカルAWD」は全車に採用される。
    インテリアでは、11.6インチFull HD縦型ディスプレイを備えた最新型インフォテインメントシステムが採用される。

    セダンの人気低迷が続く日本市場向けには、次期型からB4が設定されないという心配がある。
    クロスオーバーSUVのアウトバックに販売が絞られる可能性がある。

    https://car-research.jp/subaru/legacy-16.html
    no title

    https://www.youtube.com/watch?v=qEhsVD10NVo


    【新型レガシィ生産開始、日本発売時期、B4廃止アウトバックのみの可能性】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 31コメント

    1: 2019/08/03(土) 12:02:49.58 ID:66OgPA1r0 BE:232392284-PLT(12000)

    走りのホンダ復活へ「S2000」以来の後輪駆動 来年発売のEV「ホンダe」から方向性大転換の理由

     ホンダが取り組んでいる技術開発などをメディア関係者にお披露目する「Honda Meeting 2019」が開催され、今後の市販車に搭載される新たな技術を一足お先に目にすることができました。

    「ホンダe」に赤いボディカラーが設定されるのは日本仕様だけ そのなかでも、筆者(工藤貴宏)がとくに気になった展示のひとつが、「Honda e(ホンダ イー)」の実車です。

     ホンダeとは、2020年から発売が予定されているEV(電気自動車)で、すでに2019年春のジュネーブモーターショーでプロトタイプが公開されました。
    全長は4mを下回るコンパクトなサイズで、多くの人から支持を得そうな遊び心のあるデザインも特徴といえるでしょう。

     そんなホンダeですが、まず驚いたのは、会場に展示されていた車両のボディカラーが赤だったことです。
    ジュネーブモーターショーに出展された車両のボディカラーは白、欧州メディア向けのプロトタイプ試乗会ではイエローが使われていますが、赤が公開されたのは今回が初めでした。

     すでに予約受付が開始されている欧州のホンダeの予約専用のウェブサイトを見ると、「プラチナムホワイトパール」や「チャージイエロー」のほか、
    「クリスタルブラック」、「モダンスチールメタリック」、「クリスタルブルーメタリック」が設定されているものの、赤はありません。

     赤は日本仕様の専用色という情報もあり、しかもホンダeによく似合っているので、海外のファンからはうらやましがられることになりそうです。

     さらに室内を見ると、右ハンドルかつウインカーレバーが右に組み込まれ、インパネの一部に漢字の表記もありました。
    ホンダからの正式な発表はありませんが、それらの仕立てから判断すると、日本仕様そのものであることは間違いないでしょう。

    https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20190802-10433513-carview/
    no title

    no title


    【【画像】ホンダe 日本仕様車世界初公開きたーーーーー!!】の続きを読む

    このページのトップヘ