乗り物速報

バイクと車のまとめ

    新型車

      このエントリーをはてなブックマークに追加 54コメント

    1: 2017/02/19(日) 21:28:19.20 ID:CAP_USER

    http://autoc-one.jp/news/3184425/
    no title

    http://autoc-one.jp/news/3184425/photo/0011.html
    東京オートサロン2017の会場でプロトタイプが日本初公開されて話題を呼んだホンダ新型シビックタイプRの
    市販モデルが、3月にスイス・ジュネーブで開催されるジュネーブ国際モーターショーで世界初公開されることがわかった。

    新型シビックタイプRは、新型シビックハッチバックと並行して開発が進められてきた特別なモデル。

    新型シビックタイプRに搭載されるエンジンは、最新の2リッターVTECターボエンジンだ(ハッチバックは1.5リッターVTECターボエンジン)。

    >>ホンダ 新型シビックタイプR(プロトタイプ)の写真を見る
    なお、シビックタイプRとシビックハッチバックは、2017年夏より
    ホンダオブザユー・ケー・マニュファクチュアリング・リミテッド(Honda of the UK Manufacturing. Ltd.HUM)
    で生産が開始され、ヨーロッパや日本、米国を含む世界の各市場に輸出されることになる。
    これまで公開されてきたシビックタイプRはプロトタイプモデルだったから、市販モデルの正式公開が待ち遠しい。
    オートックワンでは、ジュネーブショーで公開される市販モデルの情報が入り次第お届けする。


    スポンサーリンク

    【ホンダ新型シビックタイプRの市販モデルがついに世界初公開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント

    1: 2017/02/17(金) 07:33:56.63 ID:OUPZlEqE0 

    イタリアのスポーツカーメーカー、フェラーリは2月16日、『812スーパーファスト』の概要を明らかにした。実車は3月、スイスで開催されるジュネーブモーターショー2017で初公開される。

    画像:フェラーリ 812 スーパーファスト

    同車は、フロントにエンジンを積むフェラーリの最上級クーペ、『F12ベルリネッタ』の後継モデル。812スーパーファストはフェラーリ史上、最もパワフルかつ最速の12気筒クーペとして開発された。

    パワートレインは、6.5リットル(6496cc)V型12気筒ガソリン自然吸気エンジンを、フロントミッドシップに搭載。最大出力800ps/8500rpm、最大トルク73.2kgm/7000rpmを引き出す。

    トランスミッションは、専用ギアレシオのデュアルクラッチ。乾燥重量は1525kg。前後重量配分は46対53。812スーパーファストは、0‐100km/h加速2.9秒、最高速340km/h以上というパフォーマンスを実現している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170216-00000056-rps-ind
    no title


    スポンサーリンク

    【フェラーリ、812スーパーファスト 初公開 前後重量配分は46対53 800馬力】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 23コメント

    1: 2017/02/15(水) 13:51:47.46 ID:CAP_USER

    トヨタは15日、プラグインハイブリッド車(PHV)の新型車「プリウスPHV」を同日から発売すると発表した。
    量産車初のソーラーパネルをオプションで搭載し、走行中に太陽光で充電することもできる。

     新型プリウスPHVは、電池容量を大幅に拡大し、ガソリン使わないEVモードでも従来型の2倍を超える68.2キロ
    の走行が可能となったほか、EVモード時の最高速度を時速100キロから同135キロとした
    。98馬力の1.8リットル高効率エンジンと72馬力のモーターを組み合わせることで、燃費はガソリン1リットルあたり37.2kmとなった。

     また、充電に家庭用のアース付きコンセント(100ボルト6アンペア)の使用を可能にしたことで
    、充電専用の電気工事が不要となり、より使いやすくなっている。充電時間は100ボルトで14時間、200ボルトで2時間20分。
    急速充電にも対応しており、20分で80パーセントまで充電することができる。

     一方、外部給電機能は、エンジンを作動させる「EV給電モード」では1500ワットの出力で最大2日の電力供給が可能だ。

     価格は「S」の3260万円から「Aプレミアム」の422万2800円まで。1カ月あたり2500台の販売を見込んでいる。【米田堅持】


    no title

    ニュースサイトで読む: http://mainichi.jp/articles/20170215/k00/00e/020/286000c#csidxbad47581df532cb80dd60da463c487a
    Copyright 毎日新聞


    スポンサーリンク

    【トヨタ、新型「プリウスPHV」を発売 量産車初ソーラーパネル搭載】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 47コメント

    1: 2017/02/14(火) 17:42:05.41 ID:rHUZbeJB0

    ホンダが2015年に発売した、軽自動車規格の「S660」の上位に位置する、新型スポーツ「S1000」のコンセプトモデルが、
    東京モーターショー17で公開される可能性があるようだ。

    Spyder7では、情報を元にCGを作成した。

    「NSX」譲りのフロントエンドに、エアーバルジを備えるボンネット、最大限にエアロダイナミクスを活かすボディキットを装備し、
    前後オーバーハングやホイールベースを切り詰め、コンパクトかつ、アグレッシブなエクステリアに仕上げた。

    ミッドシップにマウントされるパワートレインは、新開発のリットル直噴3気筒VTECターボで、最高馬力は130ps程度と、
    「S660」の64psから大幅アップし、本格的高性能スポーツになりそうだ。

    発売予定は未確認ながら、2017年の東京モーターショーではなんらかのヒントとなるコンセプトカーが登場を期待したい。

    http://response.jp/article/2017/02/14/290615.html

    ホンダ S1000 予想CG
    no title


    ホンダ S2000
    no title


    ホンダ S660
    no title


    ホンダ NSX 新型
    no title


    スポンサーリンク

    【ホンダ、新型スポーツカー「S1000」東京モーターショーで発表か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 11コメント

    1: 2017/02/13(月) 21:42:02.33 ID:CAP_USER

    http://response.jp/article/2017/02/13/290573.html
    no title

    no title

    no title

    ポルシェ カイエン スクープ写真


    ポルシェ カイエン次期型が、厳冬のスカンジナビアに姿を見せた。
    一見、これまでよりカモフラージュが軽く見えるが、騙されてはいけない。
    フロントエアインテークやデイタイムランニングライト、ヘッドライトなどは全てダミーパーツがはめられている。

    但し、露わになっているルーフラインが、現行モデルより伸びやかに、そしてルーフエンドが丸みを帯びていることが確認出来た。
    次期型では、アウディ「Q7」を始め、VW「トゥアレグ」次期型や、ランボルギーニ「ウルス」とフォルクスワーゲン・グループの「MLB」プラットフォームを共有し、兄弟モデルとなる。

    新プラットフォームにより、エアロダイナミクスを始め燃費やパフォーマンスが向上する他、車重を約20%軽減し、剛性アップが図られる。
    エクステリアのポイントは、新型「パナメーラ」のフロントエアインテーク・デザイン、「マカン」のクラムシェルフードとラップアラウンドテールライトだと言う。

    また、室内も「パナメーラ」新型からインスピレーションを得たものとなりそうで、タッチスクリーンのインターフェイスはシンプルになる。

    パワートレインは、現行ラインナップのがブラッシュアップされる他、直列4気筒や完全エレクトリックモデルの投入も噂されている。

    ワールドプレミアは2017年と発表されている。


    スポンサーリンク

    【ポルシェ、カイエン次期型 ランボルギーニSUVと兄弟車に】の続きを読む

    このページのトップヘ