乗り物速報

バイクと車のまとめ

    新型車

      このエントリーをはてなブックマークに追加 14コメント

    1: 2019/02/15(金) 23:17:32.53 ID:zcqrP0jl9

    三菱自動車は2019年2月15日、ミニバン「デリカD:5」のビッグマイナーチェンジモデルを発売した。

    一新されたフロントマスクが特徴的な改良型デリカD:5は、2018年11月に車両の概要が発表されるとともに、予約注文受け付けをスタート。2018年度内に発売予定とアナウンスされていた。

    フロントマスクのみならず、トルクアップを実現しつつ環境性能も高めたディーゼルエンジンや新開発の8段AT、上質感を高めたインテリアを採用するなど、全方位的な進化を遂げたモデルとなっている。

    なお、大幅改良を受けるのはディーゼルエンジン搭載モデルのみとなっており、ガソリンエンジン搭載モデルは従来どおりのエクステリアデザインのままで継続販売される。

    ラインナップと価格は以下の通り。

    【ディーゼルエンジン搭載モデル】
    ・M:384万2640円
    ・G:394万2000円
    ・Gパワーパッケージ:408万2400円
    ・P:421万6320円
    ・アーバンギアG:406万7280円
    ・アーバンギアGパワーパッケージ:420万7680円

    【ガソリンエンジン搭載モデル】
    ・Mリミテッドパッケージ:244万9440円(2リッターエンジン、FF車)/289万6560円(2.4リッターエンジン、4WD車)
    ・Gリミテッドパッケージ:280万2600円(2リッターエンジン、FF車)/321万8400円(2.4リッターエンジン、4WD車)

    (webCG)

    2019.02.15
    https://www.webcg.net/articles/-/40386

    デリカ D:5
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【フロントマスクを一新した「三菱デリカD:5」発売】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 32コメント

    1: 2019/02/14(木) 22:09:22.67 ID:Jvo8ochh0 

    サーキットでも活用されるライトウェイトモデルを製造するBACやアリエル(Ariel)、KTM、ラディカルといった企業が存在しますが、
    今回はアメリカにて拠点を置くヴァンダル・カーズ(Vandal Cars)がとんでもないデビューモデルを発表。
    それが、ホンダ「シビック・タイプR」のエンジンを搭載したシングルシータタイプのライトウェイトスポーツモデル「ヴァンダル1(Vandal 1)」というモデルで、
    カーボンファイバモノコックやカーボンファイバボディを採用することで、車体重量は僅か555kgと超軽量仕様となっています。

    そして、上記にも挙げたとおりアリエル「アトム4(Atom 4)」にも採用されたホンダ「シビック・タイプR」の排気量2.0L 
    直列4気筒VTECターボエンジンを搭載し、最高出力は340hpにまで向上しますが、
    更なるハイパフォーマンスモデルを求める場合は「ヴァンダル1 version R」なるものがラインナップされ、
    これについては最高出力560hp/9,000rpmを発揮するクレイジーモデル(パワーウェイトレシオはまさかの1kg/hpレベル?!)へと進化します。

    足回りのサスペンションについては、調整可能なダンパーを備えるプッシュロッド式で、更にはF1モデルからの技術を見事に
    採用したSadev式6速シーケンシャルギアボックスを搭載する、本格的なレーシングモデルとなります。

    お「ヴァンダル1」の車両本体価格は約1,350万円からとなっていますが、更なるハイパフォーマンスモデルの価格帯については不明。
    デポジット(頭金・手付金)は僅か約11万円となるため、すぐにオーダーすることが可能になっていますし、
    一番最初にオーダーした人物には今年後半に納車される予定となっています。

    no title

    no title

    no title

    http://creative311.com/?p=56703


    【【朗報】シビックタイプRのエンジンを積んだ555kgのスポーツカー登場!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 31コメント

    1: 2019/02/13(水) 19:59:07.29 ID:RnlHBYr90 

    衝撃的過ぎる三菱・新型「eKクロス」が遂に登場!
    no title

    no title

    http://creative311.com/?p=56519

    先日、三菱の新型コンパクトクロスオーバー「eKクロス(eKワゴン・クロスオーバー)」と日産の新型「デイズ(Dayz)」の
    量産デザイン(多分テスト車両&輸出用)と思われる画像がリークしていましたが、
    この日産・新型「デイズ」の発表が(ディーラ情報より)3月末であることがほぼ決定したとのこと。
    no title

    http://creative311.com/?p=56624


    【【衝撃】新型の日産デイズ、三菱ekワゴンがヤバい・・・(画像あり)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 8コメント

    1: 2019/02/13(水) 20:01:51.06 ID:RnlHBYr90 

     本田技研工業は2月13日(現地時間)、2019年内に量産モデルの発売を計画している新型EV(電気自動車)プロトタイプのインテリア写真を公開した。

     今回、欧州の同社Webサイトで公開されたインテリア写真は、ダッシュボード全面にディスプレイが採用されていることが確認できる。

     同社の新型EVプロトタイプについては、これまでにエクステリアデザインのスケッチも公開されており、
    外観については2017年のフランクフルトショーで発表された「アーバン EV コンセプト」との共通性を持ったデザインとなっている。

     今後、同社はスイス ジュネーブで開催の「第89回 ジュネーブ国際モーターショー」(プレスデー:3月5日~6日、一般公開日:3月7日~17日)で
    新型EVプロトタイプを世界初公開する。

    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1169509.html
    no title

    no title


    【【画像】ホンダ アーバンEVの内装を公開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 5コメント

    1: 2019/02/13(水) 21:09:28.37 ID:dX5mAP0e0● 

    ダイハツから新型コンパクトSUVが2019年夏に発売される見通しとなっている。
    (写真はコンセプトカーのDN TREC)
    既にこれを予告するコンセプトモデルが東京モーターショー2017で発表されていたが、この時点では、ダイハツは市販化について明確な回答をしていなかった。
    その後、開発が進められ市販化が確実視される段階となっている。
    このクラスのコンパクトSUVは、2016年まで販売されていたダイハツ・ビーゴと、その姉妹モデルのトヨタ・ラッシュがある。
    しばらくラインアップに穴を開けていたが、これらを後継するモデルとなる。
    ダイハツ生産とトヨタへのOEM供給の関係も継続され、両ブランドからの販売となる見込み。
    no title

    https://car-research.jp/tag/be-go


    【ダイハツ生産のSUVが2019年夏発売予定!! ビーゴ/トヨタ ラッシュ後継】の続きを読む

    このページのトップヘ