乗り物速報

バイクと車のまとめ

    新型車

      このエントリーをはてなブックマークに追加 151コメント

    1: 2020/03/11(水) 23:00:37.99 ID:CAP_USER

    トヨタ、「ヤリス」が発売後1か月で約3万7000台受注。月販目標の約5倍

    no title

    no title


     トヨタ自動車は3月10日、2月10日に発売した新型コンパクトカー「ヤリス」の受注状況を発表した。
    発表によると、発売後1か月にあたる3月9日時点で約3万7000台を受注。これは月販目標の7800台の約5倍にあたり、「好調な立ち上がり」としている。

     新型ヤリスの好評点としては、「今にも走り出しそうな、アクティブで躍動感のあるデザイン」
    「ハイブリッド車は力強くシームレスな走りとともに、クラス世界トップレベルとなるWLTCモード36.0km/Lの低燃費」
    「トヨタ初となる高度駐車支援システム『Toyota Teammate[Advanced Park(パノラミックビューモニター機能付)]』や、
    交差点右折時の対向直進車・右左折後の横断歩行者も検知対象とした最新の『Toyota Safety Sense』などの安全技術」の3点を挙げている。

     グレード別の受注実績はZグレード、Gグレードともに約30%、ハイブリッド車の内訳は約45%となっている。

     なお、装着率の高いメーカーオプションは「バックガイドモニター」が約70%(HYBRID Z、HYBRID Gは標準装備)、
    インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]が約50%(X“B package”、MT車除く)、
    「ブラインドスポットモニター+リヤクロストラフィックオートアラート[パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)]+インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]」が約30%(X“B package”、MT車除く)とのこと。

    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1239926.html


    【トヨタ、「ヤリス」が発売後1か月で約3万7000台受注。月販目標の約5倍】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 31コメント

    1: 2020/03/07(土) 19:45:01.41 ID:r5OI39Imd

    ダイハツ TAFT
    ・2020年夏の発売に向けて開発
    ・3395㎜×1475㎜×1630㎜
    ・タイヤサイズ:165/65R15
    ・エンジン:660㏄ターボ

    no title

    no title

    no title

    no title


    【武骨なルックスの軽自動車「タフト」新発売!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 21コメント

    1: 2020/03/06(金) 21:51:42.44 ID:ifrYs9T39

    FCAは2020年3月4日(現地時間)、イタリア・ミラノで新型「フィアット500」を世界初公開した。

    今回発表された新型フィアット500は、“トッポリーノ”の愛称で親しまれた1936年登場の初代から数えて、5代目のモデルとなる。

    車両骨格には新設計のプラットフォームが用いられており、現行モデルより全幅と全長がそれぞれ6cm、ホイールベースが2cm拡大しているものの、1957年デビューの2代目モデル“ヌオーバ チンクエチェント”に通じるスタイリングは、現行モデルより踏襲されている。

    従来モデルとの最大の違いは、これが電気自動車となっている点で、蓄電量42kWhのリチウムイオンバッテリーにより、WLTPモード計測で320kmの一充電走行可能距離を実現。85kWの急速充電に対応しており、およそ35分でバッテリー容量の80%まで充電が可能とされている。駆動用モーターの最高出力は87kWで、0-100km/h加速は9.0秒。最高速についてはリミッターで150km/hに制限されている。

    ドライブモードは「ノーマル」「レンジ」「シェルパ」の3種類で、レンジを選択した場合はアクセル操作だけで強い制動が働き、ブレーキペダルを踏むことなく停車までの操作ができる「ワンペダルドライブ」が可能となる。また、シェルパは走行可能距離を最大化するモードとなっており、車速が80km/hに制限されるほか、空調やシートヒーターの機能もカットされるという。

    価格は、発表当日にオンライン受注が開始されたコンバーチブルの限定モデル「la Prima(ラ・プリマ)」で3万7900ユーロ(約450万円)となっている。(webCG)

    2020.03.05
    https://www.webcg.net/articles/-/42478

    フィアット500
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【新型「フィアット500」を世界初公開 航続距離320kmの電気自動車に進化】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 26コメント

    1: 2020/02/25(火) 17:42:45.30 ID:iEjuZU2L0 BE:324419808-2BP(2000)

     日産自動車は25日、軽ワゴン「ルークス」を全面改良し、3月19日に発売すると発表した。国内で約1年ぶりの新型車となる。開発を日産、製造は企業連合を組む三菱自動車が担う。
    日産は前会長カルロス・ゴーン被告が世界シェア拡大を優先させたことで、新車の投入が遅れて販売不振に陥っており、反転攻勢の足掛かりとしたい考えだ。

    日産、1年ぶり新型車発売 軽ワゴン、三菱自と協力 | 共同通信
    image

    https://this.kiji.is/604945901481329761


    【日産の新型車どう思う?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 17コメント

    20171006_02_14
    1: 2020/02/23(日) 15:41:03.14 ID:ClQnVKxC0

    【皆さま申し訳ありませんでした!!】期待の新SUV「Tjクルーザー」発売予定なし!!!!

    まずは本稿の前に、読者諸兄およびトヨタ自動車関係者の皆さまに謝罪させていただきたい。当サイトでは何度か「Tjクルーザー発売間近!」という趣旨の記事をお送りしてきましたが、すみません、2017年の東京モーターショーにコンセプトカーとして出品された「Tjクルーザー」の市販仕様は、2020年2月時点で、発売予定はありません。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200222-00010005-bestcar-bus_all



    ワイデリカ乗り、安堵の息


    【【悲報】トヨタ新型TJクルーザー、発売予定なし】の続きを読む

    このページのトップヘ