乗り物速報

バイクと車のまとめ

    新型車

      このエントリーをはてなブックマークに追加 40コメント

    1: 2018/04/18(水) 12:10:12.73 ID:CK1hgFaX0● 

    レクサス新型UXシリーズ日本仕様は、2018年10月発表、翌11月発売のスケジュールが想定される。
    UX200は新開発2.0LのDynamic Force Engine搭載。駆動方式はFFのみが予想される。
    UX250hには新開発の2.0L THSⅡハイブリッドが搭載される。プリウスの1.8L THSⅡをベースに、2.0Lエンジンをメインユニットとしたもの。ニッケル水素バッテリーユニットも専用設計。E-Four方式による4WDモデルがラインアップされる。
    メルセデスベンツGLA(全長4430mm、406万円~)、BMW X1(全長4454mm、417万円~)といったコンパクトSUVが直接対抗するモデルとなる。新型UXシリーズの車両価格はこれらを意識したものとなり、400万円前後のスタート価格が予想される。

    https://car-research.jp/tag/ux
    no title


    【レクサスUXシリーズ2018年11月発売、400万円前後のスタート価格】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 51コメント

    1: 2018/04/17(火) 16:28:04.04 ID:NBi0FQCZd

    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1117487.html
    スズキは、近日発売予定としている新型「スーパーキャリイ」のティザーサイトを公開した。

     ティザーサイトの情報によると、スーパーキャリイのキャビンでは250×1235×920mm(長さ×横幅×高さ)のシートバックスペースを実現。運転席ではシートスライド量180mm、シートリクライニングは最大40度を確保した。

     一方、荷台床面をキャビン下まで伸ばしたレイアウトを採用することで、荷台フロア長1975mmを確保。脚立や草刈り機、オートブリッジ、コンパネ等といった長尺物の積載を可能としている。

     ラインアップは、エアコン、エアバッグなどを装備する「L」、上級グレードの「X」を設定。ボディカラーは5色を用意している。
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【【朗報】スズキからデートにも使える軽トラックが発売 オシャレすぎるwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 32コメント

    1: 2018/04/16(月) 19:51:58.99 ID:CAP_USER9

    BMWジャパンは2018年4月16日、新型のSUV「BMW X2」を発表し、同日、受注を開始した。

    ■コンパクトな“スポーツ・アクティビティ・クーペ”

    BMWのSUVであるXモデルには、オーソドックスなスポーツ・アクティビティー・ヴィークル(SAV)と、クーペのようなスタイリングが特徴のスポーツ・アクティビティー・クーペ(SAC)があり、車名が奇数の「X1」「X3」「X5」がSAV、偶数の「X4」「X6」がSACというのは皆さんもご存じだろう。

    今回新たにラインナップに加わったX2は、基本設計をX1と共有しながら、クーペスタイルのデザインをまとうコンパクトSACだ。そのため、エンジンは横置きとなり、駆動方式はFFと4WDが用意されている。

    ボディーサイズは全長×全幅×全高=4375×1825×1535mmで、X1に対して全長を80mm、全高を75mm短縮。前後オーバーハングを短くし、クーペスタイルの低いルーフラインを採用することで、ダイナミックなサイドビューを実現している。CピラーにBMWエンブレムを装着するのもX2の特徴のひとつ。また、全高を1550mm以下に抑えたことで、多くの機械式駐車場に対応するのも見逃せないポイントだ。

    フロントマスクは、LEDデイライトが組み込まれた丸型2灯式ヘッドライトに加えて、BMWとしては初めて採用する下部が長いデザインのキドニーグリルやバンパー中央の六角形デザイン、その両側に設けられた大型のエアインテークにより、個性的な表情に仕上げられている。

    X2には標準仕様に加えて、エクストリームスポーツにインスパイアされたという、よりオフロード色を強めた「MスポーツX」がラインナップされる。バンパーやボディーサイドにコントラストカラーの「フローズングレー」を施すことで、さらに存在感を強めたデザインを志向。サスペンションにも標準仕様よりもハードなスプリングとダンパーを採用することで、よりスポーティーな走りを実現している。

    インテリアには、BMWらしいドライバーオリエンテッドなデザインを採用。前席のシートポジションを高めに設定することで広い視野を確保しているのは、他のXモデルと共通である。

    パワートレインは「sDrive18i」と「xDrive20i」の2種類を用意する。sDrive18iは、1.5リッター直列3気筒ターボ(最高出力140ps/最大トルク220Nm)と7段デュアルクラッチトランスミッションによって前輪を駆動。一方のxDrive20iは、2リッター直列4気筒ターボ(同192ps/同280Nm)と8段オートマチックに4WDのxDriveが組み合わされている。JC08モード燃費は、sDrive18iが15.6km/リッター、xDrive20iが14.6km/リッターと公表されている。

    先進安全機能としては、歩行者検知機能が付いた衝突回避・被害軽減ブレーキ機能をはじめ、レーン・ディパーチャー・ウォーニングやアダプティブ・クルーズ・コントロール、前車接近警告機能などを備えた「ドライビング・アシスト」を採用。また、「BMW SOSコール」や独自のテレマティクスサービスなども充実している。

    X2のラインナップと価格は次のとおり。

     ・ sDrive18i:436万円
     ・ sDrive18i MスポーツX:481万円
     ・ xDrive20i:473万円
     ・ xDrive20i MスポーツX:515万円

    (文=生方 聡)

    2018.04.16
    http://www.webcg.net/articles/-/38642

    BMW X2
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【BMWの新型SUV「X2」が日本デビュー】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 30コメント

    1: 2018/04/14(土) 14:20:50.65 ID:+Yo4me7M0● 

    ホンダ新型N-VANが2018年5月下旬にも発売される見通しとなった。
    新型N-VANは、商用車の現行アクティバンの実質的な後継モデルとなる。
    噂されていたセンターピラーレス構造も採用される見込みで、フロントドアとリアスライドドアを同時に開いたときに大きな開口部となる。
    乗用車バージョンの発売も期待されるが、今のところ具体的な販売計画は明らかとなっていない。
    センターピラーレスの軽自動車は、これまでダイハツ・タントが独占してきた分野であり、ここにホンダが参入することとなると、市場の勢力図も大きく変わることになるだろう。

    https://car-research.jp/tag/n-van
    no title


    【ホンダ N-VAN、センターピラーレス採用の4ナンバー商用車、5月発売】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 24コメント

    1: 2018/04/08(日) 07:37:02.74 ID:QtICJ7hZ0 

    https://jp.autoblog.com/2018/04/05/2021-toyota-86-subaru-brz-turbo-rumor/

    2.4リッター・エンジンとは、論理的に考えれば、間もなく北米で発売となるスバル「アセント」に採用された新開発のFA24型である可能性が高い。
    だが、ターボチャージャー付きの同エンジンは最高出力260hp、最大トルク38.3kgmと、現行型"トヨバル"から大幅にパワーアップし過ぎるため、
    このエンジンが2世代目モデルに搭載されるかどうかは疑問が残る。

    no title


    【トヨタ「86」とスバル「BRZ」の次期型は、排気量が2.4リッターに拡大して2021年に発売らしい】の続きを読む

    このページのトップヘ