乗り物速報

バイクと車のまとめ

    新型車

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント
    1: ライトスタッフ◎φ ★ 2013/06/13 11:42:50
    トヨタ自動車 の内山田竹志副会長は独BMW と共同開発を進めるスポーツカーについて、
    過去に販売していた「スープラ」の後継車種に位置づけられるような、ミッドサイズ車が
    望ましいとの考えを示した。

    内山田氏は12日に大阪市内で取材に応じ、共同開発するスポーツカーについて、富士重工業と
    共同開発して昨年4月に発売した「86」(ハチロク)と「同じものをつくってもしょうがない」
    と指摘。86より車格が上のスープラの「後継ポジションみたいなものがほしい」と話した。
    実際の商品開発はチーフエンジニアが決めるとも述べた。

    トヨタのウェブサイトによると、スープラの初代は1986年の発売で、3リッターと2リッター
    エンジンを搭載。2代目は93年の発売で、価格(東京)は290万円から472万円。一方、小型
    スポーツカーの86は2リッターエンジン搭載で、価格は199万円から。

    環境技術で協力を進めていたトヨタとBMWは昨年6月、スポーツカーや燃料電池システムの
    共同開発など協力関係強化で合意したと発表。今年1月にはリチウム空気電池技術や軽量化
    技術の共同研究開発で正式契約を締結したと発表。スポーツカーでは、共通プラットフォーム
    (車台)コンセプト決定のため、年内完了を目指して事業化調査を開始するとしていた。

    トヨタ広報担当の布施直人氏は、共同開発車について「まだ何も決まっておらず、コメント
    できない」と話した。

    内山田氏は会長昇格が内定しており、14日に開催予定のトヨタの株主総会などを経て正式に
    決まる見通し。経団連副会長も務め、この日は大阪市内のホテルで開かれたイベントに参加
    していた。

    ●参考/トヨタ『スープラ』
    no title


    ◎トヨタ自動車(7203) http://toyota.jp/

    http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MOA0T86S972G01.html

    ◎関連過去スレ
    【車/経営】トヨタとBMW、協業に関する正式契約を締結--リチウム空気電池やスポーツカーを共同研究・開発 [01/24]
    http://www.logsoku.com/r/bizplus/1359018242/

    【車/経営】トヨタ、独BMWと"スポーツカー"を共同開発へ [06/29]
    http://www.logsoku.com/r/bizplus/1340965425/

    【トヨタ副会長 : BMWとの共同開発スポーツカーは次期『スープラ』を意識】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント
    1: スフィンクス(catv?) 2013/06/13 18:34:22 ID:bwLpMwaE0
    ホンダは11日、小型自動車2車種のベトナム販売を発表し、ベトナムの小型自動車市場への参入を表明した。
    販売価格はいずれも5億5000万ドン(約257万円)を下回る見通し。11日付ティンモイが報じた。

     同社が販売を予定している小型自動車「ホンダ・シティ」は、タイで2011年9月から生産されている5代目シティで、
    近代的且つスポーティなフォルムとシンプルな内装設備が特徴。燃費も良いとされている。

     ベトナムで現在販売されている日系自動車メーカーの小型車としては、トヨタ・ヴィオスなどが挙げられる。ヴィオスの
    販売価格はマニュアル車が5億5200万ドン(約258万円)、オートマチック車が6億0200万ドン(約281万円)で、ホンダ・シティの販売価格のほうが僅かに下回っている。

     なお、日本では1993年に生産・販売停止となったシティだが、その後も東南アジアなどの新興国向けの車種として開発が続けられてきた。
    1996年のタイでの生産開始を皮切りに、台湾、フィリピン、マレーシア、パキスタン、インド、トルコなどで次々と生産が開始された。

    http://www.viet-jo.com/news/nikkei/130612082439.html

    【5代目ホンダ・シティ、ベトナム小型自動車市場に参戦ッ!! トランクにモトコンポが入るかは不明】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 4コメント
    1: ピューマ(芋) 2013/05/31 09:58:59
    今回全車が自動車取得税、自動車重量税100%減税対象で、3グレード共に安全装備を充実させながらも先代モデルよりも8~13万円価格引下げが行なわれました。
    しかも輸入車は従来から価格設定が本国よりも高めなのが常ですが、今回のゴルフ7では現在のユーロ為替水準(130円/ユーロ)で換算すると本国価格よりも14~25万円も安い設定となっています。 (細部仕様差含む) 
       グレード          欧州価格(130円/?)   日本価格
    1.2 TSI トレンドライン     20,275ユーロ(263万円)  249万円
    1.2 TSI コンフォートライン  22,225ユーロ(289万円)   269万円 
    1.4 TSI ハイライン       24,900ユーロ (324万円)   299万円 
    動画を見るにはこちら
    このように新型ゴルフⅦは競合車を強く意識した価格設定となっており、今後更なる円安傾向で価格設定が変わる可能性も有ることを考慮すれば、今回も予備校やトヨタのCMではありませんが、「いつ買うか? ?今でしょ !」となる次第。

    http://autos.goo.ne.jp/column/221482/article.html

    【新型ゴルフ7はナント本国よりも日本での販売価格が安い!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント
    1: キジトラ(芋) 2013/06/12 07:56:27
    日産自動車がかつて、日本市場で発売していたSUV、『テラノ』。同車がインドなどの新興国で、復活する可能性が出てきた。

    これは6月6日、インドの自動車メディア、『autocarindia.com』が報じたもの。同メディアが独自ソースから得た情報として、「日産が新興国向けに投入する新型SUVの車名に、テラノを計画している」と伝えている。

    初代テラノは、1986年にデビュー。海外仕様は、『パスファインダー』を名乗った。トヨタの『ハイラックスサーフ』と並んで、クロスカントリー4WDの人気モデルに。
    1995年には2代目へモデルチェンジ。しかし2002年、生産を終了した。ただし、海外向けのパスファインダーは、4世代目へと進化し、継続生産されている。

    テラノが復活するとしたら、どのようなモデルとなるのか。ここでカギを握るのが、日産と提携関係にあるルノーの存在。ルノーは新興国向けの低価格ブランドとして、
    ダチアを展開。そのダチアブランドのSUV、『ダスター』が新生テラノのベース車両となるもよう。

    http://response.jp/article/2013/06/11/199868.html
    no title

    【日産 テラノ、新興国で復活キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!ダチアOEMか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント
    1: スノーシュー(catv?) 2013/06/12 10:48:22 ID:JNbd6o2J0
    ホンダでは新型NSXの発売に向けての準備が着々と進みつつある。前回レポートでは英国での予約が開始されたということであったが、さらに生産拠点について正式な発表があった。
    次期NSXの生産地は何とアメリカのオハイオ州ということである。ここが唯一の生産拠点になり、日本や欧州を含む世界中に輸出されるということだ。

    次期NSXはこれまでホンダR&Dアメリカズのオハイオセンターによって開発されてきた経緯があり、その流れからすれば併設される工場で生産されるのは当然だろう。
    しかし、先代NSXの生産拠点が高根沢工場および鈴鹿製作所であり、国内ハンドメイド生産のイメージが強かっただけに残念に思うファンも多いはずだ。

    そしてオハイオ工場から選抜された約100名の職人によるトレーニングも開始されるとのこと。次期NSXは米国生産ということだが、先代NSXに引けを取らないクオリティで製造されることを期待したい。
    また、新型NSXの量産開始を2015年に計画していることも公式に発表された。

    http://car-research.jp/honda/nsx-9.html

    no title

    no title

    no title

    no title

    【新型NSXはアメリカ生産車が日本へ輸入される、オハイオ工場でハンドメイド】の続きを読む

    このページのトップヘ