乗り物速報

バイクと車のまとめ

    新型車

      このエントリーをはてなブックマークに追加 42コメント

    1: 2017/02/05(日) 19:38:29.96 ID:uqFZK7Je0 

    トヨタがBMWと共同開発を進める「スープラ」次期型が厳冬のスカンジナビアに降臨した。
    「86」の兄貴分として、フラッグシップ・スポーツという位置づけでデビューが予定されている次世代型。
    パワートレインには、エントリーモデルにBMW製2リットル直列4気筒ターボエンジン、ハイエンドモデルには最高馬力340psを発揮する、BMW製3リットル直列6気筒ターボエンジンがラインナップされるという。
    ヘッドライトは未だダミーだが、2014年に公開された「FT-1」のデザインからインスピレーションを得た、フロントバンパーの大口エアダクトやルーフラインが確認出来る。
    ワールドプレミアは2017年東京モーターショーが有力だ。
    http://response.jp/article/2017/02/03/290047.html

    no title

    no title

    no title

    no title


    スポンサーリンク

    【トヨタ 新型スープラをひっそり公開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 29コメント

    1: 2017/02/01(水) 12:12:01.12 ID:CAP_USER

    http://response.jp/article/2017/02/01/289766.html
    no title


    スズキは2月1日、新型『ワゴンR』、新型『ワゴンRスティングレー』を発表し、同日より販売を開始した。
    新型ワゴンR、新型ワゴンRスティングレーは、広くなった室内空間と軽ワゴンならではの使い勝手の良さをさらに向上させながら、
    機能性とデザイン性を両立させた機能美を表現。幅広い世代のライフスタイルと、さまざまな価値観に対応する個性的な3つの外観デザインを採用した。

    パワートレインには、発進時にモーターのみで走行できるマイルドハイブリッドを搭載。軽量化と高剛性を両立させた
    新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」の採用により、軽ワゴンNo.1の低燃費33.4km/リットルを達成した。

    安全装備では、単眼カメラと赤外線レーザーレーダーで前方の歩行者や車を検知して衝突の被害を軽減するシステム「
    デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」や、周囲の状況に合わせて自動でハイビームとロービームを切り替えるハイビームアシスト機能を導入した。

    また、運転席前方のダッシュボードに車速やデュアルセンサーブレーキサポートの警告などを表示する
    「ヘッドアップディスプレイ」を、軽自動車で初めて採用。先進の安全装備を充実させた。
    さらに、荷室開口幅を拡大して大きな荷物も入れやすくなったラゲッジルームや、後席ドア両側の内側に
    アンブレラホルダーを設置するなど、利便性を向上させている。


    スポンサーリンク

    【スズキ、新型ワゴンRを発表 33.4km/リットルの低燃費を実現】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 17コメント

    1: 2017/01/29(日) 08:59:33.485 ID:6sIstYC80

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    スポンサーリンク

    【フェラーリの日本限定車ダサくてワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 34コメント

    1: 2017/01/27(金) 22:14:36.59 ID:WwfxUTf90 

    かずっち ?@lllKAZUOlll 1月26日
    まったwwwwwwww 仮ナンバーの新型スープラがwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
    no title

    no title


    かずむ。
    ?@kazroukun
    @lllKAZUOlll 見つけましたww
    no title


    https://twitter.com/kazroukun/status/824495436891246592


    スポンサーリンク

    【トヨタの新型スポーツカーwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 10コメント

    l_ys_170113daihatsu_04

    1: 2017/01/22(日) 16:58:51.85 ID:5GJNRsi90 

    ダイハツ工業は、「東京オートサロン2017」(2017年1月13~15日、幕張メッセ)において、ホットハッチ「シャレード デ トマソ」や「TR-XX」の要素を取り入れたデザインのカスタマイズモデルを紹介した。

     展示した車両のベースは「ブーン シルク」「トール」「ムーヴ キャンバス」「コペン」の4台。ダイハツ工業 コーポレート企画部 ブランド・DNA室 室長の藤下修氏に、カスタマイズに往年のホットハッチのモデル名を出した狙いを聞いた。

     シャレード デ トマソは、1984年にデビュー。イタリアのヌオバ・イノセンティの代表であるデ・トマソ氏がデザインに参加した。ダイハツ工業の「シャレード」のターボモデルをベースにエアロチューニングを施し、
    機能性を重視した内外装部品でドレスアップした。TR-XXは軽自動車「ミラ」のスポーツ仕様。1983年に「ミラ ターボ」が登場し、1985年に「ミラ ターボ TR-XX」が発売された。
    http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1701/16/news038.html


    スポンサーリンク

    【「シャレード デ トマソ」のDNAは途切れない? ダイハツがホットハッチに前向き】の続きを読む

    このページのトップヘ