乗り物速報

バイクと車のまとめ

    新型車

      このエントリーをはてなブックマークに追加 2コメント
    1: 腕ひしぎ十字固め(catv?) 2013/08/13 14:21:07 ID:Zzcn4lI90
    フィアットのボトムレンジを受け持つ『パンダ』。1980年にデビューした初代は、ジョルジェット・ジウジアーロによる設計・デザインで、実用車の鑑とも言うべき実用性とパッケージにより高い評価を受けた。

    その後もAセグメントのベストセラーとして23年の長きにわたってフィアットの屋台骨を支え続けてきた。

    2003年に登場した2代目を経て、2011年のフランクフルトショーで、3代目がデビュー。優れた実用性に加えて、イタリアン・コンパクトならではの内外装の遊び心と快活な走りを併せ持つキャラクターは健在で、
    フィアット『500』とともに欧州のAセグ市場で大いに存在感を発揮してしている。日本では2013年の6月にデビューを果たした。

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    http://response.jp/article/2013/08/13/204224.html

    【3代目フィアット パンダ ジウジアーロ作の初代に比べ、日本車みたいなダサいデザインに劣化】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 9コメント
    1: 毒霧(catv?) 2013/08/10 09:07:45 ID:ZoYDzBQ20
    アウディ7人乗りMPV(ミニバン) アウディV4のバッジが付けられる可能性があるというこのMPVは、アウディA3セダンと同じFFベースのMQBプラットフォームを基盤としながら、
    長いリアのオーバーハングを付加することによって室内空間を確保、2列5シートないしは3列7シートが備えられるとのこと。 最近ではBMWも7人乗りのミニバンを開発中で、
    ベンツのビアノもVクラスと名称を元に戻し気合いを入れています、今後ベンツ・BMW・アウディと独ブランドMPV戦争がはじまるのでしょうか

    no title


    http://seekdrive.net/?p=11280

    【アウディ7人乗りのミニバン開発にゴーサイン!ヴェルファイア、アルファード(笑)エリシオン(核爆)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 14コメント
    1: 張り手(埼玉県) 2013/08/08 18:09:52 ID:YpLyEJB4P
    ベンツ、Eクラスのクーペとカブリオレを発売

    メルセデス・ベンツ日本(東京都港区)は5日、新型Eクラスのクーペとカブリオレを発売した。

    価格はクーペが669万円から、カブリオレが699万円から。

    今回、同社として初めて3カ月のお試し期間を設け、車の性能や品質に満足できなかった場合は
    その後のリース契約を解除できる新たなリースプログラム「ドリームリース」を始めた。
    全国限定50台で、クーペとカブリオレが対象となる。

    両車種とも、2000ccの新型過給器付きエンジンを採用し、従来モデル比で燃費性能を約17%向上させた。
    自動ブレーキや、先行車が停止した場合に減速して停止する機能を備え、安全性能も高めた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/7926397/
    no title

    【ぶっちゃけベンツって誰に需要あるんだよ 俺の知ってる社長のほとんどはレクサス乗りだぞ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 3コメント
    1: アイアンクロー(千葉県) 2013/08/02 10:18:54 ID:u5ZQ0jTO0
    新型のアウディQ7はベントレーのSUVプラットフォームがベース

    次世代のアウディQ7はベントレーのSUVプラットフォームをベースに造られる。フルサイズのQ7は、フォルクスワーゲン・グループの新しいMLBモジュラー・プラットフォームのSUVスペックを使用することとなる。

    ミディアム・サイズからフル・サイズのモデルに関しては、ミディアム・サイズ専用のMQBプラットフォームにようにMLBプラットフォームを使用する。
    このMLBプラットフォームは、次世代のフォルクスワーゲン・トゥアレグ、ポルシェ・カイエン、ランボルギーニ・ウルスにも使われることとなっている。

    そのボディはアルミニウムを多用することによって、旧Q7よりも350kg軽量化が計られるという。また、同時にアウディのデザイン言語もリフレッシュされることとなる。

    ちなみに、次世代のトゥアレグとカイエンは2016年から2017年頃、ウルスは2017年のデビュー予定だ。

    http://www.autocar.jp/news/2013/08/01/44834/
    no title

    【VW、アウディ、ランボルギーニ、ベントレー←外観変えただけで中身は一緒】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント
    1: 雪崩式ブレーンバスター(catv?) 2013/08/02 11:47:34 ID:sY8ppS2b0
    2013年9月10日に開幕するフランクフルトモーターショーにおいて、スズキは新しいコンパクトSUVのコンセプトモデル「iV-4」をワールドプレミアすることを発表、あわせて動画を公開しています。

    suzuki_iV-4_201401

    コンセプトカー「iV-4」は、スズキのSUVラインアップに今後投入されるコンパクトSUVの方向性を示すもの。開発キーワードは「Grab your field」(自分のフィールドをつかもう)。SUVとしての本来の力強さをイメージしているとのことです。

    公開されているのはフロント、サイドのシルエットですが、余裕の最低地上高が確認でき、スズキらしい本格オフローダーを予感させます。また、 スズキのSUVの伝統的デザインである貝殻形状の
    ボンネットフードの採用など、ところどころに歴代エスクードのエッセンスを盛り込んだコンセプトカーともいえそうです。

    no title

    no title



    http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=zCzeAMGfhJ0



    http://clicccar.com/2013/08/01/226810/

    【スズキの新型SUVコンセプトカーは9月のフランクフルトショーで世界初公開】の続きを読む

    このページのトップヘ