乗り物速報

バイクと車のまとめ

    新型車

      このエントリーをはてなブックマークに追加 11コメント
    1: 依頼@@@@ハリケーン@@@φ ★ 2013/11/17 01:52:48
     フォード・ジャパン・リミテッドは11月11日、直列3気筒1.0リッターターボ「1.0L エコ
    ブースト」エンジンを搭載する「フィエスタ」を、2014年初頭に日本へ導入すると発表した。
    価格や燃費についての詳細は明らかになっていない。

     世界戦略車のフィエスタは本国では直列4気筒1.6リッターエンジンを搭載し、5ドアハッチ
    バックとともに4ドアセダンを展開しているが、今回発表されたフィエスタは、同社でもっとも
    小排気量の1.0L エコブーストエンジンを搭載した5ドアハッチバック車となっている。

     1.0L エコブーストには直噴技術、Ti-VCT(吸排気独立可変バルブタイミング機構)などを
    組み合わせ、最高出力74kW(100PS)/6000rpm、最大トルク170Nm(17.3kgm)/1400-4000rpm
    を発生。これにデュアルクラッチトランスミッション「6速PowerShift」を組み合わせ、
    前輪を駆動する。

     エクステリア&インテリアのデザインには、グローバル・デザインコンセプト「キネティック
    デザイン」の考えをさらに進化させたデザインテーマ「One Global Design Language」を
    反映したものとなっており、クロームバーを使った一体型の台形グリル、シャープに切れ
    上がったヘッドランプ、フロントからリアにかけて一直線に貫かれたベルトラインとプレス
    ライン、立体的なハニカムデザインを内蔵したテールランプなどを特徴とする。ボディー
    サイズは3995×1720×1475mm(全長×全幅×全高)。

    ・URL
    フォード・ジャパン・リミテッド
    http://www.ford.co.jp/
    特設サイト
    http://ford-fiesta.jp/#page=engine1

    (編集部:小林 隆)

    ソース:Car Watch
    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20131111_623056.html
    no title

    【フォード、直列3気筒1.0リッターターボエンジン搭載の「フィエスタ」を日本導入】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 14コメント
    1: ドラゴンスクリュー(芋) 2013/11/16 08:16:17 ID:P62d0IhZ0
    トヨタグループの自動車製造会社、トヨタ自動車東日本が11月20日、東京ビッグサイトで開幕する東京モーターショー13に出品する『アクア』の3台のコンセプトカー。その最新予告イメージが公開された。
    これは、トヨタ自動車東日本が公式Facebookページで明らかにしたもの。『アクア AIR』、『アクア クロス』、『アクア Gスポーツ』の3台について、インテリアの予告スケッチを配信している。
    アクア Gスポーツは白いボディのホットハッチ、アクア クロスはグリーンボディのクロスオーバー車、アクア AIRはピンクボディのオープンカー。今回、トヨタ自動車東日本が
    公式Facebookページで公開したインテリアの予告スケッチからは、三者三様のキャラクターを反映した室内が見て取れる。
    トヨタ自動車東日本は、「アクア AIRは太陽と風を感じるハイブリッドオープンコンセプト。アクア クロスはアウトドアが似合うアクティブなスタイルのハイブリッドクロスオーバーコンセプト。
    アクア Gスポーツはアグレッシブさの中にも知的で躍動感のあるスタイルに、走りの楽しさとハイブリッド車ならではの低燃費を両立したコンパクトハイブリッドスポーツ」と説明。
    トヨタ自動車東日本は2012年7月、関東自動車工業、セントラル自動車、トヨタ自動車東北の3社を統合して生まれた。アクアをはじめ、『カローラ』、『ポルテ』などを生産している。 

    no title

    no title

    no title

    http://news.kakaku.com/prdnews/cd=kuruma/ctcd=7010/id=34662/


    no title

    https://www.facebook.com/TMEJ2013

    【トヨタ、新型アクアのデザイン公開 新型フィット並みの産廃デザイン オープン、クロスオーバーも発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 18コメント
    1: ラ ケブラーダ(千葉県) 2013/11/15 10:19:43 ID:kOY+UkyH0
    スバル(富士重工)は11月14日、米国で11月19日に開幕するロサンゼルスモーターショー13において、『レガシィ コンセプト』を初公開すると発表した。

    同車は、2014年にレガシィ誕生25周年を迎えるにあたり、次期『レガシィ』のデザインの方向性を表現したミッドサイズセダンコンセプトカー。
    スバルブランドを通じて顧客に提供する価値、安心と愉しさを実現するシンメトリカルAWDの安心・信頼の走りと、乗員全員の快適な空間を、ダイナミックかつソリッドなスタイリングで具現化した。

    ボディサイズは、全長4930×全幅1940×全高1500mm、ホイールベース2880mm。現行『レガシィB4』(全長4745×全幅1780×全高1505 mm、ホイールベース2750mm)に対して、185mm長く、160mmワイド、5mm背が低い。ホイールベースは130mm延びた。

    外観は、シンメトリカルAWDの安定感とパフォーマンスを表現する大径タイヤをはじめ、力強いフェンダーフレア、高い安全性とダイナミックな走りを想起させる立体的なボディ形状、
    豊かな空間を確保しながら伸びやかなラインを描くキャビン形状などが、たくましさと俊敏な走りの両面を表現。

    室内も外観同様、ダイナミックかつソリッドなボリューム表現に加え、大人4人がくつろげるキャビンに高い機能性を誇る空間をデザイン。
    ブラウンを基調にした上質なレザーに鮮やかなブルーをアクセントとして加え、大人が楽しめる上質でスポーティな空間を目指した。

    また、正面のダッシュボードは、横広がり基調で太い幹の通った表情豊かな造形とし、乗員に安心と信頼を感じさせるデザイン。
    センターコンソールには、スマートフォンやタブレット型端末と同様の感覚でタッチ操作が可能なマルチインフォメーションディスプレイを採用する。
    室内中央を貫く大型フロアコンソールにも、後席乗員向けのタッチパネル式マルチインフォメーションディスプレイを装備し、快適な移動をサポートしている。

    http://response.jp/article/2013/11/15/210744.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【次期レガシィが完全にアメ車】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 9コメント
    1: ツームストンパイルドライバー(芋) 2013/11/09 16:00:23 ID:+GrQ9Dad0
     11月23日(土)から東京ビッグサイトで始まる「第43回東京モーターショー」で、フォルクスワーゲン・ポロR WRCが初出展される。

     ポロR WRCは、今季セバスチャン・オジエとヤリ-マティ・ラトバラ、さらにフォルクスワーゲン2としてアンドレアス・ミケルセンの3台が出走。
    WRCフル参戦初年度ながら、フォルクスワーゲンにマニュファクチャラーズタイトルを、オジエに自身初のドライバーズタイトルをもたらした。

     マシンのベースは市販車のポロ。ワールドラリーカー規定に基づいた改造を施し、1.6リッターターボエンジンやフェンダーの拡幅、
    リヤサスペンション取り付け部の改造、4WD化などを施している。トランスミッションは機械式のシーケンシャルシフターを装備する。

     なお、フォルクスワーゲンは11月20日(水)のプレスデー初日に、世界初公開を予定しているワールドプレミアを発表する予定。
    市販車では、ゴルフ・ヴァリアント ハイライン/Rライン、プラグインハイブリッドのXL1、電気自動車のe-up!やe-ゴルフ、クロスup!、ゴルフRといった最新ラインナップを展示するという。

    http://as-web.jp/rallyplus/news/info.php?no=26080

    no title

    no title


    VW、プレスデー初日にワールドプレミアを発表、日本初公開は8車種
    http://carview.yahoo.co.jp/news/motorshow/194429/

    【VW,「ポロR WRC」を日本で発表か ドイツ価格で約440万円】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 17コメント
    201309300938219a0

    1: リバースネックブリーカー(岐阜県) 2013/11/14 08:00:46 ID:RnLxxH9n0
    トヨタ、3代目ハリアーを発売 HVの燃費は21・8キロ すでに1万台超の受注

     トヨタ自動車は13日、高級セダンとスポーツ用多目的車(SUV)を組み合わせたクロス
    オーバー車「ハリアー」を来月2日から発売すると発表した。3代目となる今回は、排気量の
    低いエンジンを採用するなど小型化を図る一方、後部のひざ前空間を約47ミリ広げた。外観は、
    ハリアーの伝統的な水平基調を維持した。
     新型ハリアーは、ガソリン車で排気量を2400ccから2000ccに、ハイブリッド車
    (HV)で、3300ccから2500ccに下げた。燃費性能が向上し、HVのガソリン
    1リットル当たりの燃費性能は、21.8キロとなった。ガソリン車は16.0キロ。(中略)

     価格はガソリン車が272万~378万9000円。HVが361万~447万円。計月2500台
    の販売を目指す。カラーは全7色で、うち5色がダーク色。
     同日会見した有元真人チーフエンジニアは、「270万円台からと、少し背伸びすれば買える
    価格の高級車。車離れが進むといわれる若者に乗ってほしい」と話した。
     10月中旬からの約1カ月間で、すでに1万台超の受注が入り、うち20~30代の割合が
    3割を占めるという。ハリアーは、「クロスオーバーSUV」の草分け的存在で、1997年の
    発売以降、国内外の自動車メーカーがこぞって追随した。
    http://sankei.jp.msn.com/economy/news/131113/biz13111319140014-n2.htm

    【トヨタ、3代目ハリアー発売。チーフエンジニア「少し背伸びすれば買える価格。若者に乗ってほしい」】の続きを読む

    このページのトップヘ