乗り物速報

バイクと車のまとめ

    新型車

      このエントリーをはてなブックマークに追加 5コメント
    1: アトミックドロップ(愛知県) 2013/09/09 21:01:16 ID:TZAi8vwB0
    日産特有の黒いテーピング偽装でデスバレーに現れたのは2012年のジュネーブショーで公開されたコンセプトSUV「ハイクロス」の市販版となる次期エクストレイルです。
    フロントを見れば日産の顔となっているV字型グリルやシャープなヘッドライトなど「ハイクロス」テイストが見られます。

    リアビューに目を移すとピラーにあったコンビランプが下に移動しサイドに回りこむデザインが分かります。 また「ハイクロス」にあった3列目シートが採用されるか期待されます。(APOLLO)
    no title

    no title

    no title

    no title


    【次期エクストレイルが最高傑作の予感 見事にカピバラ顔を脱却】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント
    1: ライトスタッフ◎φ ★ 2013/09/09 17:51:07
    トヨタ自動車は9日、トヨタブランドの最高級セダンである新型「クラウン マジェスタ」を
    発売した。価格は610万円~670万円。

    同車は、FR専用2段変速式リダクション機構付ハイブリッドシステムの搭載により、
    V8エンジンに匹敵する加速性能や力強いトルク、静かで滑らかな走行感覚などを提供。
    同時に、JC08モード走行燃費18.2km/Lというクラストップレベルの環境性能も実現し、
    最上級セダンとして基本性能を徹底的に磨き上げたとのこと。

    エクステリアは、威厳のあるフロントビューやLED4灯式ヘッドランプの採用、"ロイヤル"や
    "アスリート"シリーズに対してホイールベースを75mm延長し、美しく伸びやかなサイドビューと
    ゆとりある後席空間を実現するなど、高級車にふさわしい落ち着いた風格のあるスタイルを実現
    したという。

    さらに、後側方の車両をレーダーで検知して注意喚起する「ブラインドスポットモニター」を
    標準装備し、車両周囲の状況をナビゲーション画面に表示する「パノラミックビューモニター」を
    オプション設定。警報やプリクラッシュブレーキアシスト、プリクラッシュブレーキ(自動ブレーキ)
    などによる衝突回避や衝突被害の軽減を支援するシステム、アクセルの操作ミスによる衝突時の
    被害軽減に寄与する「インテリジェントクリアランスソナー」など、先進の運転支援や安全機能を
    搭載している。

    ●画像
    no title

    no title


    ●ブラインドスポットモニター。
     写真で青く囲まれたところに、他車接近を示すマーカーがともる。
    no title


    ◎トヨタ自動車(7203)のリリース


    ◎別ソース(※画像多し)

    【トヨタ、クラウンの最上級グレード新型『マジェスタ』発売--燃費は18.2km/L、後側方車両検知レーダーも搭載】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 27コメント
    1: ボマイェ(秋田県) 2013/09/08 18:46:20 ID:A0b4tQl90
    トヨタ自動車は8月、高級セダンハイブリッド車(HV)「SAI(サイ)」を大幅改良して発売した。ガソリン1リットル当たりの走行距離を22.4キロまで改善し、燃費性能を高めたのも特長だが、
    新型サイの最大の特長は何といっても「かっ飛んだ」デザインだ。印象的な横長ランプや高級感あふれるインテリアなどデザインを刷新した。「サイを大人がモテるための武器にする」と豪語するのが、
    初代モデルからサイの開発責任者を務める製品企画本部ZC主査に加藤亨氏に、サイに込めた思いを聞いた。

     -「かっ飛んだ」に込めた思いは

     「デザインの先進性をとことん突き詰めてほしいというつもりでいった。私からはあまり細かく指示を出さず、『とにかく任せるからやりたいことを全部やろう』って」

    no title

    【「サイノス」って、トヨタ自動車の中でも黒歴史だよね】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 6コメント
    1: ラダームーンサルト(宮崎県) 2013/09/07 10:38:49 ID:R6Hpp3hn0
     自らの名を冠した理想のクルマを作るという夢を実現した男、オラチオ・パガーニが自信をもって送り出したウアイラ。
    日本での発売が実現して、その発表会が東京で開かれた。
     炭素繊維にチタニウム繊維を織り混ぜることで最終破断強度を飛躍的に引き上げることに成功したカーボン・チタン
    複合樹脂製のセンター・モノコックの美しい地肌が凄みをきかせるウアイラ。サスペンション支持を担う前後セクションは
    クローム・モリブデン鋼管製。ミドシップに載るのはメルセデス・ベンツAMG社謹製のウアイラ専用V12ツンターボ6.0L
    エンジン(M158)とXtrac社製のシングルクラッチ式7段シーケンシャル変速機(シンクロナイザー付き)。ボディ前後上面
    に計4枚のアクティブ・エアロフォイルを備える。前後内外装のどこをとっても細部にいたるまでデザインはオリジナルに
    して繊細。夢を実現した男、オラチオ・パガーニは理知的にしてパッションに満ちた人である。


    関連
    車体価格1億2千万円の「パガーニ・ウアイラ」はこんなにスゴいクルマ
    no title

    【これこそ、真のスーパーカー。パガーニがついに日本上陸。これが、ウアイラだ!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 9コメント
    1: サッカーボールキック(千葉県) 2013/09/07 07:47:22 ID:ISekkLbj0
    無限、新型フィット用無限パーツを発売

    無限は、ホンダの3代目新型 フィット に関する各種パーツを、9月6日(金)より全国のホンダカーズおよび無限パーツ取扱店から順次発売すると発表した。

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【ホンダ新型フィットの無限バージョンも公開 これはかっこいい】の続きを読む

    このページのトップヘ