乗り物速報

バイクと車のまとめ

    新型車

      このエントリーをはてなブックマークに追加 17コメント
    1: ジャーマンスープレックス(catv?) 2013/09/20 16:50:32 ID:kB+TL9CD0
    no title


    2016年モデルとしてフルモデルチェンジが予定されるマツダのライトウェイトスポーツカー"Mazda MX-5(ロードスター)"の開発車輌の姿がキャッチされた。

    開発車輌はまだ、ほぼ現行のMX-5/ロードスターのボディのままだが、ドアパネルが溶接で延長するなど、フロントアクスルを前方に移動する形でホイールベースを延伸されているのが判る。


    なお、次期型のMX-5/ロードスターは、アルファロメオの新型"Alfa Romeo Spider"("Alfa Romeo Duetto"になるとも噂される)と、
    約40%のメカニズムを共有する姉妹車として設計され、マツダの広島の工場で生産されることになっている。搭載されるパワートレインに
    関しては、排気量1.5Lあるいは排気量2.0Lの4気筒エンジン"SkyActiv"となるになると言われている(アルファロメオバージョンは、
    排気量1.4L 4気筒ターボエンジン"MultiAir Turbo"が搭載されるようだ)。

    no title

    no title

    no title


    http://blog.livedoor.jp/motersound/archives/51803980.html

    【【スパイショット】2015 マツダ 新型ロードスター/MX-5】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 11コメント
    62B4FFE8951817DCFFBC479E3B214

    1: ダブルニードロップ(芋) 2013/09/19 07:53:27 ID:bM9ibFhQ0
    新型フィットHVが好調のホンダに、新型スポーツカーへの期待が高まっている。
    すでにホンダの米現地法人、アメリカン・ホンダモーターが2013年8月4日、新型「NSX」の
    試作車によるデモンストレーションを、米オハイオ州で開催されたインディカーシリーズ第14戦で、
    世界で初めて公開。2015年の量産開始に向けて現在開発中という。

    NSXはホンダが1990年に発売した高性能スポーツカー。その後の環境規制に対応できず、
    2005年に一たん生産を終えたが、後継車両の開発を続け、12年1月の北米国際自動車ショーで
    コンセプトカーを発表。同2月には伊東孝紳社長が「15年以降に日本でも発売したい」と表明していた。
    13年8月にお披露目した新型NSXは、軽量なボディに次世代の直噴V型6気筒エンジンを車両の
    中心に配置するとともに、新型のハイブリッドシステムを搭載。エンジンと高効率モーターを内蔵した
    デュアル・クラッチ・トランスミッションと、左右の前輪を独立した二つのモーターで駆動する電動式の
    四輪駆動システムによって、高い走行性能と燃費を両立したという。予定どおり、2015年から北米を
    皮切りに世界で販売する計画だ。

    「S2000」の発売、「予定はない」というが…
    現在生産を中止している、もう一方のスポーツカー、ホンダ「S2000」への期待も高まるばかり。
    「NSX」も後継車両が正式発表まではウワサが絶えなかったように、S2000の後継車両も生産が終了してから、たびたびささやかれてきた。
    S2000は、ホンダが1999年から2009年まで販売していたオープン2シーターの、小型軽量FR
    (フロントエンジン・リアドライブ)スポーツカー。09年1月に、同6月に生産終了することを発表。
    その後もしばらく注文が相次ぐなど、惜しまれつつ生産を終了したこともあって、今なお根強い人気を誇る。
    ホンダは「現段階では発売はもちろん、開発の予定もありません」と否定する。

    http://www.j-cast.com/2013/09/17184048.html?p=2

    【ホンダの新型スポーツカーに期待膨らむ 新型「NSX」と新型「S2000」がそろってこそ「本当の復活」だ!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 11コメント
    imgres206583_1_o

    1: ダイビングヘッドバット(芋) 2013/09/18 21:23:08 ID:zb1wK86z0
    ダイハツ工業は、新型軽乗用車『タント』のフルモデルチェンジに先立ち、9月18日から、ティザーキャンペーンを全国一斉に開始する。

    今回のティザーキャンペーンでは発売日の告知と共に、新型「タント 」の特長である使い勝手の良さや、
    一新したデザインの一部をティザーCMや公式ホームページ上のティザーサイト、店頭で配布するティザーリーフレットで公開。同時に先行予約キャンペーンを開始する。

    ティザーCMには豊川悦司さん、綾野剛さん、菅野美穂さんを起用し、新型タントを 「KING OF SMALL」として紹介する。
    (レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

    http://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/191427/


    嫁が今載ってるのはコンテ MINIが憧れだったらしい
    故障が多いと聞くのでできればMINIはやめさせたい
    購入資金は本人の貯金
    本人の収入もそれなりにあるので価格差も維持費も気にならないらしい
    細かく試算て比較説明すると ケチくさいとディスられる
    フィットやヴィッツみたいな事務OLか主婦が乗るような車はダサいから嫌いらしい

    【ダイハツ、新型タント のティザーサイトを公開 うちの嫁がタントとBMW MINIで迷ってるらしい】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 22コメント
    1: スターダストプレス(千葉県) 2013/09/16 18:56:19 ID:zk9YXi0Y0
    ホンダが、FRスポーツカー「S2000」の後継車となる小型軽量なスポーツカーの開発を行っているという噂をキャッチしたのでご紹介しよう。

    車情報サイト『GTChannel』によると、ホンダが開発に着手しているという新しいスポーツカーの想定されるスペックは以下の通り。
    車体サイズはマツダ「MX-5(日本名:ロードスター)」よりも小型で、重量は900kg前後。パワートレインは1.3Lから1.5LのVTECエンジンを搭載、
    または「フィット」に搭載されている最高出力132psの1.5L エンジンの可能性もあるという。
    エクステリアは現在売り上げが好調な軽自動車「N ONE」のデザインがベースとなるようだ。

    http://jp.autoblog.com/2013/09/16/affordable-lightweight-honda-roadster-planned/
    no title

    no title

    no title

    no title

    【ホンダ、200万円、900kg、後輪駆動、1.5Lのスポーツカーを開発 デザインは好評のN-ONE風に!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 13コメント
    1: クロイツラス(catv?) 2013/09/15 18:48:08 ID:6vi+U5lq0
    2013年フランクフルトモーターショーが開幕、ホンダのブースは最新の1.6リッター i-DTEC ディーゼルエンジン推しといった状況です。

    CR-V 1_6 i-DTEC ENGINE

    その1.6リッターディーゼルを搭載するモデルとして、ワールドプレミアを飾ったのは、欧州専用に開発された新型ワゴン
    「Civic Tourer(シビック ツアラー)」です。そのほか1.8リッターガソリンi-VTECエンジンも搭載、2014年初めの販売開始がアナウンスされています。

    Civic Tourer 2

    すでに発売されている5ドアシビックについては、プライバシーガラスやスモーク・リアコンビライト、ステッチ入りステアリングなど
    内外装をリフレッシュした2014年モデルが出展されました。こちらは2014年初頭のセールス開始と発表されています。

    no title

    no title

    http://clicccar.com/2013/09/13/230705/

    【マツダがとっくに出してたクリーンディーゼルワゴン、ホンダが来年ようやく売り出す模様w】の続きを読む

    このページのトップヘ