乗り物速報

バイクと車のまとめ

    新型車

      このエントリーをはてなブックマークに追加 11コメント

    1: 2018/03/26(月) 22:51:45.33 ID:hr6NsaUY0● 

    BMWはコンセプトM8グランクーペをジュネーブモーターショー2018で公開した。
    今年2018年の発売が予告されている8シリーズ(2ドアクーペ)の派生モデルで、流行の4ドアクーペスタイルのボディとなる。
    コンセプトモデルとしながらも、ボディ外板パネルは相当に具体的なプレスラインが示されており、市販型のエクステリアデザインもほぼこのままの状態となることが予想される。
    ラゲッジ部分は、ライバル関係となるメルセデスAMG-GT 4ドアやポルシェ パナメーラのようなハッチバックタイプではなく、トランク式となる。

    https://car-research.jp/bmw
    no title


    【BMW新型8シリーズクーペの4ドア版を予告】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 46コメント

    1: 2018/03/26(月) 18:44:59.40 ID:CAP_USER9

    no title


    トヨタ自動車「クラウン」「マークⅡ(現在は絶版)」、日産自動車「セドリック/グロリア(現在は絶版)」「スカイライン」などの高級車にかつて搭載されていたのが、直列6気筒エンジンだ。その名のとおり、エンジンの中で動力を生み出す、気筒(シリンダー)が直線上に6つ並ぶエンジンである。振動が少なく、滑らかなフィールが特徴だ。

    その直6エンジンをトヨタも日産も現在は作っていない。海外メーカーも独BMWを除いて、直6エンジンから手を引いたメーカーが大半だった。衝突安全性や搭載性の問題から、同じ6気筒エンジンでも3気筒ずつ左右に配置してコンパクトにつくれるV型6気筒エンジン(V6エンジン)に切り替えたり、直列4気筒エンジンにターボ(過給機)を付けて出力を補ったりするのが主流になった。
    .
    ところが、ここへきて新しい動きが出てきた。メルセデス・ベンツが20年ぶりに直列6気筒エンジンを復活させたのだ。3月から日本でも予約注文が始まった「S450」シリーズに搭載された。一度は時代遅れというレッテルを貼られた直6がいったいなぜ復活したのだろうか? 

    ■直6復活のストーリー

    実は国内でも直6復活の情報が入っている。マツダは次期「アテンザ」にSKYACTIV-X直6ユニットを搭載する方向で進んでいるようだ。マツダ内部の関係者に「次のアテンザは直6FRですよね?」と聞くと、苦笑いしながらも「そうやって聞かれれば誰も否定しないですねぇ」と暗に認める発言をしている。SKYACTIV-Xは従来とまったく異なる技術なのでこれから書くことのすべてが合致するわけではないが、大まかにはほぼ同じストーリーで考えて問題ない。長くてややこしい直6復活のストーリーを始めよう。
    .
    直6ユニットは完全バランスが魅力。直4は物理的にクランク軸1回転あたりに2回発生する二次慣性力が避けられないため、この振動を消すためにバランスシャフトが必要だ。振動が発生するということはそれだけクルマとしての洗練度が落ちるということである。だから歴史上長らく直6はもてはやされていた。

    しかし1990年代に衝突安全規制が厳しくなると、エンジンルームを上手に潰して、衝突の衝撃を吸収する必要が高まり、金属の塊で潰れないエンジンが縦に長いことが邪魔になり始めた。横置きFFレイアウトモデルとのエンジン共用の都合もあり、以後V6時代を経て、ダウンサイジング直4ターボの時代になっていった。ダウンサイジングターボへの変化は欧州でCO2規制が厳しくなった影響が大きい。自動車のメカニズムの変遷は法律と技術進歩の2つの要素につねに大きな影響を受けているのである。

    ■ダウンサイジングターボとは何だったのか? 

    少し技術の話をしよう。あなたは今、運転席に座っている。トランスミッションはマニュアルで、車速はゼロ。つまりクルマは止まっている。エンジンは起動中。そのままアクセルを踏み込むとエンジン回転が上がっていく。あなたは慎重にアクセルを操作してレッドゾーンの手前ギリギリ、たとえば5600rpmで回転計の針が止まるようにする。

    この、回転計の針が制止した5600rpmは工学的にはアイドリングである。アイドリングとはエンジンが発生する力と内部摩擦が釣り合った状態をいう。両者が釣り合っていなければ針は上がるか下がるかするはずだからこの時内部摩擦と燃焼から得られるエネルギーは均衡しているのだ。さて針が止まっているその状態でどのくらいペダルを踏み込んでいるだろうか?  かなりの踏み込み量であることは想像できるだろう。
    .
    さて、アクセルペダルの踏み込み量を変えないように注意しながら、クラッチを踏んでギヤを1速に入れ走り出そう。どこかで回転計の針の上昇がまた止まるので、シフトアップする。トップギヤで速度上昇が止まったときの車速を仮に時速60キロだとしよう。エンジンスペックとギヤ比にもよるが、そのくらいになっているはずだ。

    仮にそのとき、回転計の針が2000rpmを指していたとするならば、エンジンが2000rpmのときのエンジン内部の摩擦と5600rpmのときの内部摩擦の差は、クルマを時速60キロで走らせるほどのエネルギーだということになる。つまり差分の3600rpmでそれだけのエネルギーが内部で失われているのだ。
    .
    だったらどうするか?  クルマを走らせるのは仕事量、つまり馬力であり、

    以下省略、見出しのみ 全文はソース先でお読み下さい

    ■WLTPの時代

    2018年03月26日
    東洋経済オンライン
    http://toyokeizai.net/articles/-/213620


    【直列6気筒エンジン復活 今、見直されている本当の理由 マツダ次期「アテンザ」は直6FRか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 7コメント

    1: 2018/03/24(土) 09:33:35.71 ID:CAP_USER9

    ■お値段82万400円の乗用型芝刈り機登場

    ホンダは2018年3月22日、造園や緑化管理などに適した乗用芝刈機「HF2417」を、4月6日より日本全国のホンダパワープロダクツ特約店で発売すると発表した。

    芝刈り機「HF2417」は、大容量300Lのグラスバッグを標準装備。排気量530ccのVツインエンジンによる余裕のある走行性能と、スリムな車体ながら1020mmのワイドな刈幅を確保することで高い作業性を実現している。

    また、芝を刈る2つのブレードを同期しながら回転させる「ツインブレード同期システム」を採用しており、旋回時の刈り残しを軽減し、効率良くきれいな仕上がりを追求。さらに、刈り取った芝草をグラスバッグへ収草するバギング機能と、刈り取った芝草を細かく裁断し芝上へ落として肥料化するマルチング機能の選択を可能としている。

    その他、多様な機能により、美しい仕上がりが求められる芝生管理だけではなく、雑草刈りにも対応するなど、幅広い環境で使用できる高い作業性能と操作性を両立している。

    ■最高時速187.6km、0~100km/h加速は4秒、芝も刈れる

    さてホンダの乗用型芝刈り機と聞くと、真っ先に思い出すのが「ギネス記録を樹立したHF2620型」だろう(本企画担当だけか??)。

    ホンダはいまから4年前の2014年3月、「ホンダに流れるスポーティなDNAをユニークな形で紹介することを狙い」というなかなかファンキーな理由で芝刈り機を本気でチューニング。スペインのテストコースに持ち込んで最高速チャレンジを実施した。
    .
    パドルシフト付き6速トランスミッションや、クロームモリブデン鋼を用いて新たに製作された軽量高剛性フレームなどを採用し、時速0km-100km加速は4秒というモンスター芝刈り機に変貌。こういう技能と才能の全力無駄遣い、大好きです(褒めてます)

    マシン開発は英国ツーリングカー選手権(BTCC)に「ホンダ ユアサ レーシングチーム」として欧州向けシビック ツアラーで参戦中の「チーム ダイナミクス」がガチで担当。

    結果、2010年に記録されていた従来の乗用芝刈り機の最高速度記録時速141.35kmを大幅に更新する、時速187.60kmの新記録を樹立し、ギネス世界記録に認定された。更新された「2010年の記録」を誰が打ち立てたのかはわからないが、まさかホンダが本気で挑んでくるとは思ってなかっただろうから、若干不憫ではある。
    .
    さておき今回、当記事冒頭で紹介した「HF2417」と世界記録を樹立した「HF2620」は別のモデルだが、設計思想は同じ「兄的モデル」といえる(HF2620は日本には導入されておらず、欧州ではすでに次世代機HF2622にバトンタッチしている。なおHF2622はHF2417よりもひと回り大きく、排気量は688cc、刈り幅は1200mmとなる)。

    ぜひともHF2417に乗りながら、「あぁ……この芝刈り機の兄的モデルが世界記録を樹立したんだなぁ……」と実感していただきたい。

    乗車したまま片手操作で刈刃の高さを約29mmから90mmまでの7段階に調節でき、目的に適した刈り高さで作業を行える
    no title

    エンジンはホンダ製大型スポーツバイク「VTR1000Fファイアーストーム」の995ccV型2気筒DOHCエンジンに換装。最高出力は元の5倍となる109馬力まで高められた
    no title

    パドルシフト付き6速トランスミッションや、クロームモリブデン鋼を用いて新たに製作された軽量高剛性フレームなどを採用し、時速0km-100km加速は4秒というモンスター芝刈り機に変貌。こういう技能と才能の全力無駄遣い、大好きです(褒めてます)
    no title

    世界記録を樹立したこのHF2620改、もちろんちゃんと芝を刈れるそうです
    no title


    3/22(木) 17:20
    ベストカーWeb
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180322-00010003-bestcar-bus_all


    【かつて世界最速を記録したホンダの芝刈り機 新型「HF2417」登場 排気量530ccVツインエンジン お値段82万400円】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 56コメント

    1: 2018/03/23(金) 16:35:28.90 ID:IPT/YgQp0 

    トヨタ自動車は、ニューヨーク国際自動車ショー(現地時間3月30日~4月8日開催)で米国仕様の新型「カローラ ハッチバック」を初公開する。

     これまで米国で「カローラ iM」として販売されていたモデルの後継となり、2018年夏に「カローラ ハッチバック」として発売。また、日本では2018年初夏からトヨタカローラ店を通じて販売が開始される予定。

    新しいカローラ ハッチバックはボディサイズが4370×1790×1435mm(全長×全幅×全高)、ホイールベースが2640mm。
    プラットフォームにTNGA(Toyota New Global Architecture)の「GA-Cプラットフォーム」を用い、パワートレーンにも2月26日に発表した「TNGAで一新した新開発パワートレーン」を採用。

     エンジンは新型の直列4気筒2.0リッター直噴「Dynamic Force Engine(2.0L)」となり、これに発進用ギヤを採用する世界初の新型CVTとなった「Direct Shift-CVT」、
    または変速時のショックを低減する「iMT(intelligent Manual Transmission)制御」を採用する新型6速MTを組み合わせる。
    これらによって燃費・環境性能に優れ、スムーズで力強い走りを実現するという。

     足まわりではフロントサスペンションにマクファーソンストラット、リアサスペンションにダブルウィッシュボーンを採用。
    ジオメトリーの改善や構成部品の性能向上、現行モデルから20mm低くなる重心高などの効果で上質なステアリング操作感と乗り心地、操縦安定性の向上などを手に入れる。

    トヨタ、日本で初夏発売の新型「カローラ ハッチバック」ニューヨークショーで初公開
    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1113203.html
    no title

    no title

    no title


    【トヨタ新型「カローラ ハッチバック」初公開!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 57コメント

    1: 2018/03/20(火) 20:04:45.16 ID:CAP_USER9

    no title


    独フォルクスワーゲン(VW)日本法人は20日、主力小型車「ポロ」を9年ぶりに全面改良して発売したと発表した。前走車の自動追従や駐車補助、歩行者を検知できる自動ブレーキなどの機能をポロとして初めて搭載し、運転支援を充実させた。20~40歳代の家族層などの購入を見込む。

    これまでより前後の車輪の間隔を8センチメートル、横幅を6.5センチメートル広げた。後席のスペースを中心に、室内空間に余裕を持たせたという。スマートフォンを通じてインターネットに接続できる機能を初搭載して、近くの駐車場の空き情報やガソリンスタンドの料金をナビ画面に表示できる。エンジンは1.0リットルの直列3気筒ターボで、売れ筋グレードの「TSIコンフォートライン」は229万9000円から。

    同日の記者発表会で日本法人のティル・シェア社長は「新型ポロは新車攻勢のカギとなる」と強調した。ポロは世界、日本のいずれでも「ゴルフ」に次ぐ量販車種。日本では1996年に本格販売を始め、累計で25万台以上を販売した。

    VWの2017年の日本販売は約4万9000台。15年に発覚したディーゼル不正問題をきっかけに販売が低迷し、14年の水準(約6万7000台)を回復できていない。日本は小型車が人気の市場とあって、VWは新型ポロの投入で挽回へのアクセルを踏み込みたい考えだ。

    2018/3/20 17:00
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28366340Q8A320C1XA0000/


    【フォルクスワーゲン 小型車「ポロ」、9年ぶり全面改良 室内広く機能は充実 お値段229万円~】の続きを読む

    このページのトップヘ