乗り物速報

バイクと車のまとめ

    新型車

      このエントリーをはてなブックマークに追加 21コメント

    1: 2018/02/07(水) 09:14:11.58 ID:CAP_USER

    no title

    時速305キロ 市販SUVで最速

     イタリアの高級車メーカー、ランボルギーニは6日、新型スポーツ用多目的車(SUV)「ウルス」を日本で初公開した。欧州の高級車メーカーが続々と日本市場にSUVを投入する中、スーパーカー並みの走行性能で差別化を図り、販売増に弾みをつける。

     最大5人乗りのウルスは、排気量4000ccの高出力エンジンを搭載し、走行状況に応じて車高や横揺れを調整する機能を取り入れた。最高速度は時速305キロで市販のSUVの中では最速という。静止状態からわずか3.6秒で時速100キロまで加速できる。

     同社のステファノ・ドメニカリ最高経営責任者(CEO)は「日常使いの車として家族や友人と乗ってほしい」と述べ、米国に次いで購入者が多い日本市場での販売増に意欲を示した。受注は既に受け付け、今秋に納車が始まる予定。価格は税別2574万円。
    https://www.sankeibiz.jp/business/news/180207/bsa1802070500002-n1.htm


    【ランボルギーニ、新型車「ウルス」日本初公開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 52コメント

    1: 2018/02/06(火) 06:10:15.91 ID:hnxNyTgH0

    スズキ次期ジムニーに新情報キャッチ! 「シエラ」も登場!!
    2018.2.5

    ■本家ジムニーは今夏登場! シエラは来年!!

     現行型のスタイルから一変し、スモールベンツGクラスといったおもむきのスクエアなボディ形状となる次期型ジムニー。

     本誌の掴んだ情報によれば、登場は今夏(7月頃か)と言われており、ラダーフレーム、パートタイム4WDを継承すること、エンジンはR06型直噴ターボエンジンを搭載することなどの情報が集まっている。

    https://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20180205-10284563-carview/

    no title

    no title


    【新型ジムニー、夏発売決定!普通車仕様のシエラは来年発売予定!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 67コメント

    1: 2018/02/04(日) 00:23:48.29 ID:CAP_USER9

    メルセデスベンツは2月2日、オランダ・アムステルダムにおいて、新型『Aクラス』を発表した。

    現行Aクラスは3世代目モデルで2012年春、ジュネーブモーターショー2012で初公開。初代、2代目から一転し、背の低いハッチバックデザインを採用。BMW『1シリーズ』やアウディ『A3スポーツバック』などの競合車を相手に、販売面で成功を収めてきた。

    そのAクラスが、およそ6年ぶりにフルモデルチェンジし、4世代目モデルが登場。新型は若々しさやダイナミックなキャラクターを維持しながら、上質さや快適さに、いっそうの磨きをかけている。

    新型Aクラスのフロントマスクには、新型『CLSクーペ』など、最近のメルセデスベンツに導入されたデザイン言語を反映。ヘッドライトやテールランプには、最新のLEDテクノロジーを組み込む。空気抵抗を示すCd値は0.25と、エアロダイナミクス性能を追求した。

    新型Aクラスのインテリアには、初めてコックピットの上のカウルを完全に無くしたデザインを導入。また、タービン状の空調吹き出し口や3本スポークのステアリングホイールは、最新メルセデスベンツ車に見られるデザイン。

    また、現行モデルに対して、新型では室内空間を拡大。乗員の肩や肘の周辺、頭上と、すべての部分でスペースを広げた。荷室容量は奥行きを115mm延ばした効果で、現行よりも29リットル増えて370リットルに。リアゲートの開口部も、200mm広がり、積載性を向上させた。

    欧州では発売当初、ガソリンとディーゼルの3種類のエンジンを設定。中でも、ガソリンは、新開発の「M282」型1.4リットル直列4気筒ターボユニットを、「A200」グレードに搭載。現行の1.6リットルから排気量を縮小しながら、最大出力163hp、最大トルク25.5kgmと、11%強化。7速デュアルクラッチトランスミッション車では、気筒休止システムを採用し、燃費性能を高めている。

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    2018年2月3日(土) 11時51分
    レスポンス
    https://response.jp/article/2018/02/03/305628.html


    【メルセデスベンツ Aクラス、新型を発表…4世代目が登場】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 20コメント

    1: 2018/01/29(月) 22:56:11.86 ID:MRB4Yzl20 BE:423476805-2BP(3000)

    トヨタはカローラシリーズを2018~2019年にかけてフルモデルチェンジさせる。
    これまで国内向けモデルは、5ナンバー仕様の専用設計であった。
    次期型からはグローバル版との共通化によりTNGA-Cプラットフォームが採用され、全幅は1.7mを超える。
    ボディタイプ別では、オーリス後継の5ドアハッチバックカーのカローラスポーツの開発が先行しており、2018年秋~年内にかけての国内発売が予想される。

    https://car-research.jp/tag/corolla


    【カローラスポーツが2018年秋発売、オーリス後継モデル】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 45コメント

    1: 2018/01/27(土) 22:05:02.97 ID:hlLEua+M0 BE:423476805-2BP(3000)

    ダイヤモンドペンタゴングリルと呼ばれる特徴的なフロントグリルが、後期型レジェンドのトレードマークとなる。
    ボディサイズは全長5030mm×全幅1890mm×全高1480mm。アキュラフェイス採用によりフロントオーバーハングは伸ばされる。
    このほか、SPORT HYBRID SH-AWDの改良、渋滞運転支援機能のトラフィックジャムアシストも盛り込まれる。
    新型レジェンドの生産は既にスタートしている。

    https://car-research.jp/tag/legend
    no title

    no title


    【ホンダ新型レジェンドが2月発売、新アキュラ顔採用】の続きを読む

    このページのトップヘ