乗り物速報

バイクと車のまとめ

    新型車

      このエントリーをはてなブックマークに追加 154コメント

    1: 2017/07/27(木) 15:52:45.51 ID:CAP_USER9

    7/27(木) 14:04配信 オートックワン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170727-00010003-autoconen-ind
    画像
    no title

    ホンダは、2017年7月27日、シビックハッチバック/シビックセダン/シビックタイプRを発表した。なお、発売は9月29日(金)となる。

    今回で10代目となるホンダ 新型シビックシリーズだが、ハッチバックとセダンは2010年に生産を終了した8代目以来、
    日本国内では9代目が販売されなかったので、実に7年ぶりの復活となる。

    また、高性能モデルのシビックタイプRは、2015年に750台限定の抽選販売で9代目が販売されたが、
    10倍を超える倍率となり、購入できなかった人が続出した。

    今回発売される新型シビックタイプRは台数に制限なく購入できるようになり、予約の段階ですでに1500台ほど受注しているという情報も。
    ホンダのスポーツモデルを待ち望んでいたコアなファンが多いことがうかがえる。

    新型シビックタイプRは、ベース車からのチューンアップではなく、開発当初よりタイプRとして目指す理想の姿を
    ゼロから思い描いて追求したことで、大幅なスポーツ性能の向上を実現。さらに街中での乗りやすさや居住性、快適性なども一層向上した。

    価格(消費税込)は、450万360円となる。

    目指したのは究極のFFスポーツ
    新型シビックシリーズの開発当初より、タイプRを見据えてプラットフォームが新たに開発された。先代シビックタイプRに対し、
    ねじり剛性が約38%向上し、ボディは約16kgの軽量化を実現。低重心化やホイールベースとトレッドの拡大などにより、
    さらに優れた走行安定性を追求した。

    シャシーは、圧倒的なスタビリティを実現するマルチリンク式リアサスペンションを新採用したほか、
    先代モデルからさらに進化したデュアルアクシス・ストラット式フロントサスペンションやアダプティブ・ダンパー・システムなど
    制御技術の進化により、運動性能を大幅に向上させている。

    その結果、2017年4月に行われたドイツ・ニュルブルクリンク 北コースでの走行テストでは、FFモデルとして
    最速となる7分43秒80のラップタイムを記録。先代モデルのタイムを7秒近く更新するなど、運動性能の高さが証明されている。
    (以下ソースで)


    スポンサーリンク

    【ホンダ、320馬力の究極のFFスポーツ 新型シビックタイプRを発売…価格は450万円】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 27コメント

    1: 2017/07/25(火) 22:06:50.976 ID:uQvB3TgMd

    お値段500万円~

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    スポンサーリンク

    【【速報】メルセデス・ベンツさん、ついにお前らが欲しがる車を発売wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 70コメント

    327: 2017/07/24(月) 16:33:30.46 ID:bqHok+i10

    9月12日発表
    no title

    https://www.autocar.jp/news/2017/07/24/230181/


    スポンサーリンク

    【新型スイフトスポーツのデザイン公開 4WDか? 9月12日発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 24コメント

    1: 2017/07/23(日) 10:42:54.70 ID:i+hFgovb0 

    アラブの新興カーメーカー、「ZAROOQ」(ザルーク)が、2015年開発に着手したスーパーSUV、「サンドレーサー」がいよいよ発売されることが分かった。

    シャシー&ボディをF1の「カンポス」、ハンドステッチ・革張り室内はチューナー「マンソリー」によって手がけられ、
    厳ついフロントエンド、ワイドすぎるフェンダー、リアデュフューザー、センター2本出しエキゾーストパイプなどを装備するクーペボディは、さしずめ砂上のスーパーカーといったところだ。

    パワートレインは大幅に進化。トランスミッションは5速シーケンシャルと組み合わされるGM製6.2リットルV型8気筒「LT1」エンジンを搭載。
    最高出力は525psを叩き出し、最高速度は220km/hを計測する。

    またキャビンは、「Apple CarPlay」と連動するインフォテインメントシステムを装備したデジタル仕様となる模様。

    当時2千万円程度と予想されていた価格も大幅に修正。5千万円まで上昇する。限定35台は既に完売近い状況のようで、
    2018年始めからデリバリーが開始されるという。

    https://response.jp/article/2017/07/23/297732.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    スポンサーリンク

    【これに勝てる日本車はある? かアラブのスーパーSUV「サンドレーサー」がスゴい…5000万円超】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 37コメント

    1: 2017/07/20(木) 19:43:08.19 ID:IaF6pB3p0 

    ホンダ、ベビーNSXの真相 ミドエンジン新型、パテント情報 S2000後継ではない?

    ホンダは、ミドエンジン・コンバーチブルスポーツカーの意匠登録を行った。

    われわれが入手したパテントイメージには、
    ・短いフロントノーズ
    ・長いリアセクション
    ・ミドシップの特徴である車体後部のルーバー/エアスクープ
    が確認できる。

    パワートレインの候補は、
    新型シビックの1.5?4気筒ユニット
    新型シビック・タイプRの2.0?ターボユニット
    の2種類だ。

    前者ならば最高出力180psレベルを期待できる。後者ならば320psを発揮できるが、2シータースポーツカーともなれば出力を抑えることも考えられる。
    なお、先日AUTOCARの取材に応じたホンダの関係者は、本件に関して一切口を開いてくれなかった。

    https://www.autocar.jp/news/2017/07/20/229441/
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    スポンサーリンク

    【ホンダが次期型S2000?のデザイン特許を申請!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ