乗り物速報

バイクと車のまとめ

    新型車

      このエントリーをはてなブックマークに追加 22コメント

    no title
    1: 2017/01/04(水) 09:15:06.74 ID:pKiqA1lQ0 

    トヨタではプリウスPHVの発売日が2017年2月15日にスケジュールされている。

    (写真は新型プリウスPHV)
    プリウスPHV

    プリウスPHVは当初2016年10月26日に発売される予定であったがこれは大幅に遅れた。ようやく量産スケジュールに目処が立ち日本発売されることになる。

    プリウスPHV リアコンビネーションランプ プリウスPHV パリモーターショー2016

    新型プリウスPHVは独自エクステリア、トランクルームは深さが足りない
    今回の新型プリウスPHVからは通常版プリウスとは異なるエクステリアデザインが与えられている。

    プリウスPHV フロントグリル

    プリウスPHVのフロントデザインは、ブラックアウト処理により大きく見せられたグリルが特徴的。エコイメージの通常版プリウスに対しアグレッシブな印象となる。
    http://car-research.jp/toyota/prius-phv-10.html


    スポンサーリンク

    【トヨタ新型プリウスPHVは326万1600円から、2017年2月に発売延期】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント

    1: 2017/01/02(月) 12:29:29.07 ID:QOCmnyy+0 

    BMWと共同開発が進む、トヨタ「スープラ」次期型プロトタイプが、擬装が薄くなった状態で姿を見せた。

    フロントバンパーには、独自の3分割された大口エアダクトが見えるが、横長のヘッドライト(現在はダミーライト)、ロングノーズ、、
    スポーティーなクーペルーフ、跳ね上がるトランクリッド、盛り上がるリアフェンダーなど、初期プロトタイプでは分かりづらかった、「FT-1」譲りのデザインが見えている。

    また、エクステリアのボディサイズは、「FT-1」よりホイールベースは短く、前後オーバーハング長いことが分かる。

    パワートレインは2リットル直列4気筒ターボエンジン、3リットルV型6気筒エンジン、BMW製3リットル直列6気筒ターボエンジン、
    2.5リットル直列4気筒ターボエンジンにモーターを組み合わせた、ハイブリッドモデルなどが、噂されているが、断定とまでは言い切れない状況である。

    ワールドプレミアは2018年とレポートされている。

    また最新情報では、現在の「AREA86」を改名する、「GAZOO RACING FACTORY」での販売が有力と見られている。

    http://response.jp/article/2017/01/02/287813.html
    no title

    no title

    no title


    スポンサーリンク

    【トヨタ 新型スープラ、「FT-1」最新スパイショット公開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 18コメント

    1: 2016/12/31(土) 22:10:07.49 ID:8Wu/muhl0 

    no title


    200台限定で導入されたシトロエン『C4カクタス』に試乗した。確か、昨年の東京モーターショーに出品されてからおよそ1年での導入だ。

    日本人は新しい物好きだから、この200台限定はあっという間に完売し、どうやら追加導入も決まったようだ。『C4』を名乗るからてっきりC4ベースなのかと思いきや、何とプラットフォームは『C3』と同じPF1なのだという。

    このクルマの売りは何といってもその軽さにある。日本仕様ですら、その車重は1トンを僅かに超える1070kg。本国の最軽量だと1トンを切る965kgだという。
    今や軽自動車ですら1トン越えがあるくらい、クルマの重量は諸々のデバイスによって増加している昨今、このシンプルで軽量なクルマにはただそれだけで魅力を感じてしまう。

    http://response.jp/article/2016/12/30/287781.html


    【世界一酷いデザインの車発見!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 187コメント

    1: 2016/12/29(木) 06:11:23.36 ID:fqmor9wf0

    注目は、インプレッサとは異なるアグレッシブなフロントマスクだ。シャープに釣り上がるヘッドライトに、立体感のある大口エアダクトや
    特徴的なサイドスカートが目を引き、巨大リアスポイラーも存在感を増している。

    また、グリルのアウトライン、及びフロントスプリッターに赤いラインを施し、フロントエンドが引き締められているのも特徴的だ。

    プラットフォームには、スバルの次世代「SGP」を採用し、全幅が僅かながらワイドになり、ホイールベースも延長される他、
    剛性&軽量化、及び安定感が向上すると見られる。この「SGP」プラットフォームは今後登場する新型「XV」などにも継承される。

    ハイライトはパワートレインだろう。WRX STIと言えば伝統の「EJ20ターボ」だが、次期型では「FA20ターボ」搭載が有力で、PHVモデルの登場も噂ざれている。

    6速MTと組み合わされる、2リットル・フラット4は最高馬力315psを発揮すると見られる。

    ワールドプレミアは2017年7月から8月が有力だ。

    http://response.jp/article/2016/12/28/287736.html
    no title


    スポンサーリンク

    【スバル 次期WRX STIキタ━━(゚∀゚)━━!!!!315馬力で2017年夏登場か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 37コメント

    1: 2016/12/27(火) 19:19:28.70 ID:AVsSVKm10 

    http://autoc-one.jp/toyota/86/special-3083260/
    no title

    no title


    業界筋によると「86とは違う、トヨタ独自開発の新型FR(フロントエンジン・リアドライブ)車の開発を来年にも始める」という。
    その対象となる車が、2015年東京モーターショーで世界初披露された『S-FR』だ。

    60年代後半に青春を謳歌した団塊の世代にとって、S-FRはまさしく“トヨタスポーツ800の復活”に見えるだろう。
    トヨタの広報資料にも『クルマを運転する楽しさを教えてくれるTOYOTAライトウエイトスポーツの系譜を継承』とあり、トヨタスポーツ800の流れを汲むことは明白だ。
    となると、60年代のライバルだった、ホンダ S600が現在のS660へと系譜が継承されただけに、S-FRも軽自動車をベースとする可能性が考えられる。

    一連の噂が本当だったとしても、現時点ではまだまだ開発準備中。トヨタの新しいFRスポーツの姿は、これから徐々に具現化されていくことになる。
    通常、開発から量産まで3~4年かかる。となれば、東京オリンピック・パラリンピックの頃には、トヨタ新FRスポーツカーが全国各地を元気に走り回っているかもしれない。


    スポンサーリンク

    【トヨタ、来年からS-FRの開発を開始か!(まだやってねぇのかよww)】の続きを読む

    このページのトップヘ