乗り物速報

バイクと車のまとめ

    新型車

      このエントリーをはてなブックマークに追加 13コメント

    1: 2018/03/15(木) 13:15:39.71 ID:CAP_USER

    no title

    SUBARU(スバル)は、3月28日に開幕するニューヨークモーターショー2018にて、新型『フォレスター』(米国仕様車)を世界初公開すると発表した。

    新型フォレスターについて、現地時間3月28日13時45分より、スバルブースにて日月丈志専務がプレスカンファレンスを行う予定だ。

    またスバルは3月14日より公式サイト内に新型フォレスターのティザーサイトをオープン。新型フォレスターの最新情報を順次手に入れることができるメールマガジンの登録受付も開始した。
    https://response.jp/article/2018/03/14/307212.html


    【スバル フォレスター 新型、世界初公開へ…ニューヨークモーターショー2018】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 38コメント

    1: 2018/03/14(水) 08:10:51.56 ID:n4L+jl85d

    no title


    【新しいジムニーシエラカッコよすぎわろたwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 33コメント

    1: 2018/03/10(土) 11:10:55.67 ID:dHl+RTzQ0 

    ホンダ・アーバンEV ほぼコンセプトどおりで2019年に発売へ

    好評をもって迎えられたホンダ・アーバンEVは来年予約受付が開始され、その生産は2019年後半からとなる。
    今回のジュネーブでも展示されているコンセプト・バージョンが、量産モデルのスタイリングのヒントだ
    。最終的な量産モデルは来年のジュネーブ・モーターショーで発表される。

    コンセプトモデルが好評だったことで、量産モデルのデザインもほぼそのままとなるだろう。
    英国での受付開始について語ったさい、英国ホンダのトップであるデイブ・ホジェッツはこの小型EVのセールスが「素晴らしいものになるだろう」と話している。
    さらに、そのスタイルを越えて、このクルマに対する「ひとびとの本当の評価を示すことになる」とも付け加えている。

    しかし、現時点では量産モデルの詳細についてはほとんど明らかにされておらず、ホジェッツは、このモデルに興味を持つひとびとが、
    どんなクルマにお金を払おうとしているのかを知ることができるよう、「具体的な情報を得ようと必死です」と話している。

    このクルマは欧州市場におけるホンダ初のEVであり、新たなEV専用プラットフォームを与えられることになる。
    そして、今後のホンダ製EVの「テクノロジーとデザインの方向性を示す」モデルでもある。

    アーバンEVのロー&ワイドなプロポーションは、ジャズ(日本名:フィット)よりも100mm短く、その全長は3895mmとなる。
    そして、発売後も他のモデルからセールスを奪うことはないだろうとホンダの内部筋は話す。

    コンセプトモデルでは乗車定員は4人だったが、量産モデルでは5人乗りとなるだろう。

    https://www.autocar.jp/news/2018/03/08/274947/
    no title

    no title

    no title


    【市販決定したホンダEVのデザインがすっばらしすぎる件wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 23コメント

    1: 2018/03/10(土) 22:57:05.08 ID:CAP_USER9

    ◆スバル「WRX STI」新型、ついに新エンジン搭載で2020年発売か!?

    スバルのスポーツ4ドアセダン『WRX STI』の新型が2020年にも発売される可能性が高いことが分かりました。
    そこでコンセプトカーをベースに市販型を予想、CGを製作しました。

    VIZIV・STIコンセプトのエクステリアデザインがかなり継承されると予想されますが、ヘッドライトを市販型用にし、デイタイムランニングライトを備えるエアインテークやリアスポイラーも変更しました。
    張り出したフェンダーやエアアウトレットは市販型へ反映される可能性が高いと思われます。

    継承されるエクステリアに対して中身は大刷新されます。
    一時代を築いた「EJ20型」エンジンから「レヴォーグ」などにも搭載されている新エンジン「FA20型」へバトンタッチが行われます。

    この2リットル水平対向4気筒DOHC直噴ターボにより燃費が向上、最高出力は325psまで高められますが、荒々しさよりも洗練された方向へセッティングとなります。
    またプラットフォームは新世代「SGP」に刷新され、マルチモードDCCDもさらにリニアなトルク制御へと進化するでしょう。

    ワールドプレミアは、2019年1月のデトロイトモーターショーで市販型に近いモデルを公開後、2020年に発売と予想されます。
    また、S209など限定モデルも引き続きリリースされる予定です。

    イメージ写真:
    no title

    no title


    SANSPO.COM(サンスポ) 2018.3.10 15:40
    http://www.sanspo.com/geino/news/20180310/eco18031015400003-n1.html


    【スバル「WRX STI」新型、ついに新エンジン搭載で2020年発売か!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 26コメント

    1: 2018/03/08(木) 21:52:20.96 ID:KkhyM2zo0● 

    ボルボは新型V60をジュネーブモーターショー2018で公開した。
    全長4761mmとなり前モデルから大型化している。
    トールハンマー型デイタイムランニングライトが採用により、上位モデルのV90のような顔付きとなった。
    インテリアは木目調パネルがアクセントとなる。シート表皮には北欧家具のようなオシャレなファブリック柄も設定され魅力を感じるところである。

    https://car-research.jp/volvo
    no title

    v60


    【ボルボ新型V60公開、インテリアは北欧家具風】の続きを読む

    このページのトップヘ