乗り物速報

バイクと車のまとめ

    新型車

      このエントリーをはてなブックマークに追加 15コメント

    1: 2017/03/17(金) 15:01:06.53 ID:CAP_USER

    http://www.sankei.com/economy/news/170317/ecn1703170020-n1.html
    no title


    トヨタ自動車は17日、2月15日に全面改良した新型プラグインハイブリッド車(PHV)「プリウス PHV」の受注台数が発売約1カ月で約1万2500台となり、
    月間販売目標(2500台)の5倍になったと発表した。電気自動車(EV)モードで走れる距離を現行の
    2倍超の68・2キロに伸ばした点やデザイン性が評価されているとしており、滑り出しは好調だ。

     新型プリウスPHVは家庭でも充電でき、急速充電器を使えば約20分間で8割程度まで充電できる。
    一部のモデルは、オプションで屋根に太陽光パネルも搭載できる。希望小売価格は326万1600円から。

     トヨタは、PHVを「ハイブリッド車(HV)に次ぐエコカーの本命」(内山田竹志会長)と位置づけており、
    新型プリウスPHVの投入を皮切りに、順次、搭載車種を拡充していく考えを示している。


    スポンサーリンク

    【新型プリウスPHV、初月受注が1万2500台 月販目標の5倍に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 36コメント

    1: 2017/03/16(木) 15:07:16.47 ID:CAP_USER

    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1049652.html
    no title

    no title

    no title


     レクサス(トヨタ自動車)は3月16日、新型フラグシップクーペ「LC」を発売した。価格は、
    V型8気筒5.0リッターに10速ATを組み合わせる「LC500」が1300万円~1400万円、V型6気筒エンジンと走行用モータ
    ーに自動変速機構を組み合わせるマルチステージハイブリッドシステム搭載の「LC500h」が1350万円~1450万円。

    LC500は、2016年のデトロイトモーターショーで世界初公開されたレクサスブランドのクーペとして頂点に立つ新型ラグジュアリークーペ。
    CFRP(炭素繊維強化プラスチック)ルーフ、フロント6ピストンキャリパー、20インチ鍛造アルミホイール&ランフラットタイヤ
    (フロント245/45 RF20、リア275/40 RF20)、予防安全パッケージ「Lexus Safety System+」、運転席・助手席アルカンターラ/本革スポーツシートなどが
    ベースグレードから標準装備となり、CFRPルーフの代わりとなるガラスパノラマルーフ、運転席・助手席セミアニリン本革シートなど
    を装備するラグジュアリー仕様の「“L package”」、トルセンLSD、LDH(レクサス・ダイナミック・ハンドリングシステム)、21インチ鍛造
    アルミホイール、アクティブリアウイング(格納式)、アルカンターラのルーフ/サンバイザー/ピラー・ルーフサイドガーニッシュ/パッケージトレイなどを装備するスポーツ
    バージョンの「“S package”」が用意される。

    (続きはサイトで)


    スポンサーリンク

    【レクサス、新型フラグシップクーペ「LC」発売。1300万円から】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 30コメント

    1: 2017/03/16(木) 06:26:35.17 ID:EtnwGqKY0 

    大黒でステップワゴンのテスト車目撃
    no title

    https://twitter.com/JZX_104/status/841161451452551169


    スポンサーリンク

    【新型ステップワゴンきたーーーーーーーー】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 22コメント

    1: 2017/03/13(月) 21:01:04.78 ID:6zvqmuhD0

    no title


    スズキが1998年まで販売し、「軽のユーノス ロードスター」とも言われた2ドアオープン「カプチーノ」に、20年振り後継モデルの噂が立っている。

    発売当時はマツダ「AZ-1」、ホンダ「ビート」、と並び「ABCトリオ」とも言われ人気を博したモデルだ。

    その後ホンダは、2015年に後継モデルとして「S660」を発売し話題となっており、スズキもカプチーノ後継モデルに意欲的だと言う。

    後継モデルには、「アルト」からプラットフォームを流用し、駆動方式はFF、軽量化に特化させクラス最強のパフォーマンスを目指す。

    パワートレインは、直列3気筒DOHCエンジンを搭載し、最高馬力は66ps程度が予想される。

    ワールドプレミアは2018年秋、発売価格は200万円以下を期待したい。

    http://spyder7.com/article/2017/03/13/3168.html


    スポンサーリンク

    【スズキ カプチーノ、20年振り後継モデル登場か!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 52コメント

    1: 2017/03/12(日) 18:11:52.25 ID:12DtHTQR0 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典

    新型NSX大黒に登場???

    思ってたよりもコンパクト??
    ギャラリーの数はランボルよりも集まってた
    no title

    https://pbs.twimg.com/media/C6KEj6CU8AEBzWG.jpg
    no title

    https://twitter.com/vitez_2059/status/838378273411223552


    ホンダは、国内ユーザー向けに納車する新型『NSX』を積んだ最初の船が、2月に横浜港に到着した様子を撮影した画像を公開した。
    新型NSXは米国オハイオ州で生産されており、同国では2016年6月より納車が開始されており、欧州でも12月に1号車が納車された。日本では同年8月25日より2370万円で受注を開始し、2017年2月27日の発売がアナウンスされていた。
    横浜港に到着した新型NSXは、埼玉製作所での最終チェックを経て、2月27日以降、順次国内顧客に納車される。
    http://response.jp/article/2017/02/28/291339.html


    スポンサーリンク

    【新型NSX 日本で納車きたーーー!大黒PAに登場!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ