乗り物速報

バイクと車のまとめ

    新型車

      このエントリーをはてなブックマークに追加 4コメント

    1: 2018/09/19(水) 19:37:39.51 ID:CAP_USER9

    伊フェラーリは2018年9月18日(現地時間)、新型「フェラーリ・モンツァSP1」および「SP2」をマラネロで発表した。

    ■クラシカルな造形と最新のスポーツカー技術が融合

    モンツァSP1/SP2は、フェラーリが新たに「Icona(イーコナ)」とネーミングしたジャンルに属する限定モデルである。1950年代のレーシングカーをほうふつとさせるスタイリングと最先端のスポーツカー技術を併せ持つ点が特徴で、往年のレーシングカー「750モンツァ」「850モンツァ」などを思い出させるネーミングに加え、1948年に登場した「166MM」を想起させる要素が盛り込まれているという。

    ルーフもウインドスクリーンもないボディーはいずれも軽量なカーボンファイバー製で、SP1では1500kg、SP2では1520kgに重量を軽減(いずれも乾燥重量)。最高出力810ps、最大トルク718Nmを発生する6.5リッターV12エンジンとの組み合わせにより、「バルケッタ史上最高のパワーウェイトレシオ」を実現しているという。動力性能については、0-100km/h加速が2.9秒、0-200km/h加速が7.9秒、最高速は300km/h以上。ロール感のないスポーツカーならではのピュアなハンドリング特性も、特徴として挙げられている。

    また必要最小限の、ドライバーの周囲を包み込むように開口部の開けられたコックピットまわりもすべてカーボンファイバーとなっており、上向きに開くコンパクトなドアとの組み合わせでスポーティーかつインパクトあるデザインに仕立てられている。乗車定員はSP1が1人、SP2が2人となっている。(webCG)

    2018.09.19
    https://www.webcg.net/articles/-/39482

    モンツァSP1/SP2
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【フェラーリ、往年のレーシングカーを思わせる「モンツァSP1/SP2」を発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 20コメント

    1: 2018/09/18(火) 22:58:10.97 ID:RlDMyWZY0● 

    新型ジムニー シリーズは2018年7月5日に発売されたモデルで、約20年ぶりのフルモデルチェンジということもあり、オーダーが殺到している。
    特に登録車のジムニーシエラは生産台数が少なく、3年近い納期を予告する販売店が現れるなど、異常な状況となっている。
    スズキはこれを受けて、生産ラインの追加準備を進めており、2019年1月にも増産体制が整う見込みとなった。
    生産設備増強後はジムニーとジムニーシエラの合計生産力が月間7000台規模になる予定である。
    https://car-research.jp/tag/jimny
    no title


    【スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ増産、想定外のオーダーを受け設備増強】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント

    1: 2018/09/12(水) 12:55:08.78 ID:BrLK9MAg0● 

    スバルXVにハイブリッドモデル、「Advance」が2018年10月に発売される。
    スバルの新世代ハイブリッドシステムは、今夏発売されたフォレスターで導入済み。
    FB20型、2.0L水平対向4気筒エンジンにアシストモーターを1機備えた、いわゆるマイルドハイブリッド方式となっており、e-BOXERと名付けられた。
    フォレスターに続きXVシリーズにも導入されることになる。
    XV AdvanceのJC08モード燃費は19.2km/L、WLTCモード燃費は15.0km/Lとなる。

    https://car-research.jp/tag/xv
    no title


    【スバルXV Advance先行予約受付中、2.0Lハイブリッド e-BOXER搭載】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 21コメント

    1: 2018/09/03(月) 18:53:57.65 ID:9mILO1fa0 

    【ホンダ N-VAN 試乗】軽バン界に風穴を開けるほどの走行性能、“お一人様”仕様は念頭に

    no title

    no title

    no title

    no title


    N-VANのNAモデルの走行性能はどうかと言えば、軽バン界に風穴を開けるほどの仕上がりだった。
    エンジン、CVTは基本的に定評ある、というか軽自動車界NO.1と言えるユニットを流用しつつ、最大350kgの積載に対処するため、
    エンジンは低速寄りのトルクを増強。CVTもギヤリングを低め、加速方向に振ったチューニングが施されている(ターボはエンジン、CVTともにN-BOX ターボと同一仕様)。

    結果、驚くことに、出足の加速感はまるでモーターアシストがあるようなスムーズさとトルクを感じさせるものになっている。
    ズバリ、N-BOXより気持ち良くトルキーに加速してくれるのだ。
    乗り心地も良路ならN-BOX並みに快適で、操縦性も軽バン専用の12インチタイヤと1945mmもの全高を感じにくい安定感を持ち合わせているからゴキゲンだ。

    https://response.jp/article/2018/09/03/313606.html


    【N-VANを一人乗りで使う これ最強じゃね?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 32コメント
    【【衝撃】新型センチュリーGRMNが目撃される・・・(画像あり)】の続きを読む

    このページのトップヘ