乗り物速報

バイクと車のまとめ

    新型車

      このエントリーをはてなブックマークに追加 28コメント

    1: 2017/07/08(土) 13:12:55.78 ID:CAP_USER9

     日産自動車は、スポーツカー「フェアレディZ」を一部改良して売り出した。より伸びのある加速感を感じられるよう、走行性能を高めたほか、前後のランプ周辺のデザインを変えて力強い印象を強調。見る角度によって色彩が変わる新色「カーマインレッド」も加えた。消費税込み390万7440円から。

    2017年7月8日11時28分朝日新聞
    http://www.asahi.com/articles/ASK773FZ5K77ULFA00C.html
    no title


    スポンサーリンク

    【日産、フェアレディZ一部改良 走行性能アップ、顔つき力強く…新色「カーマインレッド」も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 48コメント

    1: 2017/07/07(金) 22:10:07.79 ID:9u4USglQ0 

     本田技研工業は、5月25日に公開がスタートした新型「N-BOX」の先行情報サイトを更新。2代目となるN-BOXの新情報を明らかにしたほか、「新型N-BOX 2017.8.31 Debut」としている。

     新型N-BOXではプラットフォームを含め、構成部品の約9割を見直し。これにより、初代モデルから約150kgの重量減を実現し、ここに約70kgの新装備を追加。結果的に車重を約80kg軽量化している。

     このほか、全タイプで先進安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を標準装備することは6月のサイト更新ですでに紹介されているが、
    新たにこのホンダ センシングに、「後方誤発進抑制機能」がホンダ車として初めて搭載することを明らかにした。さらに、7月6日に発表された新型「グレイス」でホンダ車初搭載となった「オートハイビーム」も採用されるという。

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1069071.html


    スポンサーリンク

    【日本で1番売れている車「N-BOX」新型は重量150kg減】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 16コメント

    1: 2017/07/03(月) 20:35:06.32 ID:CAP_USER9

    https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00434430


    (2017/7/3 18:30)

    no title

    テスラ「モデル3」(テスラのウェブサイトから)

    (ブルームバーグ)電気自動車メーカー、米テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は2日、新型セダン「モデル3」が規制面で必要な全ての要件を満たしたことを明らかにした。これはモデル3の生産スケジュールに関して投資家や消費者、ファンらが待ち望んでいたニュース。要件クリアは予定より2週間早かった。

     マスクCEOはツイッターへの投稿で、7日に1号車が「完成する予定」だと明らかにした。別の投稿によると、モデル3の最初の30台を顧客に引き渡すパーティーを7月28日に計画している。同社ラインアップの中で最も手ごろな価格のモデル3の生産は7月に開始される予定となっていたが、準備の進展に関する情報はこれまでほとんどなかった。

     マスクCEOは、モデル3の生産は「飛躍的に増える」とツイート、生産台数は8月は100台、9月には1500台を上回るとの見通しを示した。別の投稿で「12月に月産2万台に達することが可能だとみられる」とコメントした。

    (2017/7/3 18:30


    スポンサーリンク

    【米テスラ「モデル3」、7日にも量産1号車 2週間早く生産許可】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 109コメント

    1: 2017/07/03(月) 19:25:18.716 ID:jPMZjUsF0

    no title


    そしてノア
    no title


    スポンサーリンク

    【【朗報】トヨタの高級車エスクァイア、クッソオラついて新型登場wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 37コメント

    1: 2017/06/26(月) 09:50:33.54 ID:XZVQgEK70 

    ホンダが1999年から2009年までの10年間にわたり販売したFRオープンスポーツ、『S2000』後継モデルが、コンセプトモデルとして
    東京モーターショーで復活する可能性があることが分かった。

    レスポンスの兄弟サイトSpyder7が、欧州のエージェントから入手した情報を元にリアデザインのCGを制作した。

    左右にコの字型テールライトを配置し、流行のLEDストリップライトで繋ぐことで、「ベイビーNSX」をコンセプトとしたデザインに仕上げている。

    フロントフェンダーやサイド、リアにもエアスクープを配置し、センター出しクワッドエキゾーストパイプ、ダウンフォースを生むデュフューザーなどを装備。
    新型『シビック タイプR』を彷彿とさせる攻めたデザインとした。

    情報によると駆動方式は、これまで噂されていたミッドシップレイアウトではなく、S2000の原点である「FR」の可能性が高いことも判明。
    ボディサイズは全長4450mm程度とレポートされている。

    注目のパワートレインは、シビック タイプRに搭載される2リットル直列4気筒i-VTECターボエンジンをアップデートし、最高出力は330psが想定される。

    https://response.jp/article/2017/06/26/296584.html
    no title


    スポンサーリンク

    【ホンダ S2000 後継モデル、東京モーターショーで復活か FR 330ps】の続きを読む

    このページのトップヘ