乗り物速報

バイクと車のまとめ

    新幹線

      このエントリーをはてなブックマークに追加 13コメント

    14df259ed06d2540ee41f4dd6c1e1ce6_t

    1: 2019/03/20(水) 10:04:02.31 ID:9fwywA2Va

    民度が全然違うンゴ
    グリーン車>指定席>自由席
    自由席がいかに民度が低いか分かったンゴ


    【昨日初めて新幹線のグリーン車乗った結果wwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 21コメント

    7fe1a2c209d61aa6890bc8f45de070b3_t

    1: 2019/03/14(木) 06:20:42.46 ID:jdTiiz1K9

    1日あたり300人減、首都圏からの利用落ち込む
     JR北海道の島田修社長は13日の記者会見で、26日に開業3周年を迎える北海道新幹線(新青森―新函館北斗)の
    本年度(2月末まで)の1日あたり平均乗車人員が約4700人と、前年度を約300人下回ったことを明らかにした。
    平均乗車率も2ポイント低下の24%。島田社長は実績に「満足していない」と述べた上で、収支改善へ青函トンネル内などの高速走行実現を改めて訴えた。

     開業実質初年度の2016年度は平均乗車人員約6200人、乗車率32%、17年度は約5千人、26%で、年々悪化している。
    島田社長は「初年度に比べ首都圏からの利用がかなり落ち込んだ。(繁忙期と閑散期の)季節波動が非常に大きい」と説明した。

    JR社長、高速化の必要性強調
     年100億円規模の赤字を計上する新幹線の収支改善へ、島田社長は16日に時速140キロから160キロに引き上げられる
    青函トンネル内など貨物列車との共用走行区間のさらなる高速化が必要と強調。
    30年度末の札幌延伸時には最高速度320キロを目指すとし「東京―札幌間が4時間半になれば、鉄道利用のシェアを引き上げられる」とした。
    高速化へ、貨物列車との共用走行区間の物流を海上輸送などに転換する議論が浮上していることについては「しかるべき機関で協議が始まるものと思う」と述べるにとどめた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190314-00010000-doshin-hok
    3/14(木) 6:03配信  北海道新聞


    【北海道新幹線3周年 利用客減る一方 18年度の乗車率24%】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 21コメント

    1: 2019/01/25(金) 05:13:03.24 ID:5C33Ykma0

    公平になるように同じスマホで同じ画質で
    中国sage目的ではないから気をつけて



    日本
    no title

    中国
    no title


    【【画像】日本と中国の高速鉄道の両方を乗ったワイがグランクラスをガチで比較するスレ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 13コメント

    d4fa3ca5e491524d49536e06e3e4fd01_t

    1: 2019/01/07(月) 17:40:56.61 ID:hPXD2z2W0 

    北海道新幹線が狙う高速化、飛行機とのシェア争いは新局面へ?
    https://diamond.jp/articles/amp/189886?display=b

    今年3月のダイヤ改正で、北海道新幹線の青函トンネル内の運転速度が140km/hから160km/hに引き上げられる。
    これにより、東京駅から新函館北斗駅の所要時間は従来の最速4時間2分から4分短縮されて、3時間58分になる。

    なぜわずかな時間短縮が大きなニュースになるかというと、鉄道の移動時間が4時間を切ると、
    飛行機とのシェアが逆転する「4時間の壁」が存在すると言われるからだ。
    これにより新幹線と航空機の競争がさらに激化するだろう、と新聞やテレビで報じられている。

    「4時間の壁」という言葉は10年以上前から使われてきたようだが、誰が言い出したものなのかは定かではない。
    ただ経済誌がこぞって取り上げ、一般に知られるようになったのは、2011年3月の九州新幹線の熊本~博多間開業を控え、
    鹿児島中央~新大阪を約3時間45分で走破する「みずほ」の設定が発表されたころではなかっただろうか。

     所要時間3時間台の最速達種別を設定することで、それまで京阪神~鹿児島間で10%程度だった鉄道シェアを、どこまで伸ばせるかが注目された。
    そして2016年3月の北海道新幹線開業時には、貨物列車と共用する青函トンネルの走行に速度制限がかかるため東京~新函館北斗は4時間を切れない、
    つまり競争力を持つことができないのではないかということで再び話題となった。

     なぜ4時間を切ると鉄道が優位に立つのか、その根拠は東海道・山陽新幹線で航空機とのシェアが
    拮抗する駅が広島で、東京~広島の所要時間が約4時間であるからだという。しかし、この関係はそう単純なものではない。


    【北海道新幹線の高速化で変わる飛行機とのシェア争い 「4時間の壁」越えで新局面に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 3コメント

    a6530bbc1217fb023e1a8d2def7ccb08_t

    1: 2019/01/01(火) 10:27:34.80 ID:bDZDFoZEd

    たかだか3000円くらいしか違わないんだからさ


    【新幹線の指定席が空いていないときはグリーン車を利用するのも手だよな】の続きを読む

    このページのトップヘ