乗り物速報

バイクと車のまとめ

    日産

      このエントリーをはてなブックマークに追加 90コメント

    217771
    1: 2018/05/28(月) 16:03:45.67 ID:6yXKMTE/0

    なんや?
    フーガ、スカイライン、シーマ、フェアレディZ、GT-R


    【トヨタの高級車は売れるのに日産の高級車は売れない理由wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 14コメント

    1: 2018/04/24(火) 18:05:56.85 ID:Mo3WVfQ9

    素晴らしい車だったのに・・・・・


    【日産はMID4を市販するべきだった】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 30コメント

    1: 2018/05/12(土)00:59:35 ID:hdc

    no title


    ほんと終わってるわ

    クソかっこいいのに


    【こんなにかっこいい車があるのに日本に導入しない日産wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 47コメント

    file

    1: 2018/05/08(火) 20:47:48.64 ID:QSUrNfFJ0 

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180508-00010002-bestcar-bus_all

    甦れ日産!! 販売台数5位転落で輝きを失った!? 日産の日本市場がパッとしないわけとは

    日産といえばスカイラインをはじめ、シーマやセドリック/グロリア、ローレル、さらにはマーチやブルーバードなど多くの名車を輩出してきたメーカーである。

     しかしここ数年、日本国内での日産の立ち位置は極めて微妙で、かつてのように日産のブランドにときめく人は減ってきてしまったように思える。

     たとえばフラッグシップであるシーマは北米でもその優位性はなきに等しく、ライバルであるレクサスにはかなりのリードを許してしまった。GT-Rもその存在感は強いものの10年選手。

     今後の状況も油断ならない。このまま日本における日産は弱まってしまうのか、そしてあの頃の楽しいクルマを生み出す日産はどうしたら甦るのか。迫りました。


    【なぜ日産車は売れないのか???】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 29コメント

    Nissan-Murano-0
    1: 2018/05/06(日) 17:24:15.10 ID:CAP_USER9

    日産自動車は、ヨーロッパでディーゼルエンジンを搭載する乗用車の販売から撤退する方針を固めました。

    ディーゼル車はガソリン車よりも燃費がよいことを理由にヨーロッパで人気が高まり、日産はSUV=多目的スポーツ車やコンパクトカーなど幅広い車種にディーゼルエンジンを搭載し、販売してきました。

    しかし、ドイツの「フォルクスワーゲン」が3年前に起こした排ガスの不正問題をきっかけに、ヨーロッパでは消費者のディーゼル離れが進んだうえ、各国でディーゼル車への環境規制を一段と厳しくする動きが相次いでいます。

    このため、日産はヨーロッパで販売する乗用車のすべての車種で次のモデルからディーゼルエンジンを搭載しない方針を固め、ディーゼル車の販売から段階的に撤退することになりました。

    日産は今後、ハイブリッド車や走行中に排ガスを出さない電気自動車の販売を拡大させる方針です。

    ヨーロッパでは、多くのメーカーでディーゼル車から電気自動車などにシフトする動きが広がっており、トヨタ自動車もディーゼル車の販売を縮小する方針を打ち出しています。

    きっかけはフォルクスワーゲンの排ガス不正問題
    ヨーロッパでは消費者の“ディーゼル離れ”が顕著になっています。
    きっかけは世界最大の自動車メーカー「フォルクスワーゲン」が3年前に起こした排ガス不正問題でした。

    フォルクスワーゲンが製造したディーゼル車の排ガスに多くの有害物質が含まれていることが発覚し、消費者の不信が高まったのです。

    もともと環境規制が厳しいヨーロッパでは、各国がディーゼル車への規制を一段と強めていて、去年夏にはイギリスとフランスが、将来ディーゼル車の販売を禁止することを決めました。

    ことし2月にはディーゼル車を推奨してきたドイツでも連邦行政裁判所がディーゼル車の市街地への乗り入れ禁止を認める判断を示し、自動車業界に衝撃が広がりました。

    このため、自動車メーカーの間では走行中に排ガスを出さない電気自動車などの開発を強化する動きが相次いでいて、フォルクスワーゲンは2025年までに電気自動車を50車種投入する大胆な「EVシフト」の方針を打ち出しました。

    車のエンジンが電気のモーターに置き換わる「EVシフト」の動きは、エンジン開発を中核にしてきた世界の自動車産業に大きな影響を与えるものと見られ、ドイツの経済研究所は2030年までにディーゼル車やガソリン車の販売が禁止されれば、ドイツ国内で60万人の雇用が失われると指摘しています。

    5月6日 15時50分
    NHKニュース
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180506/k10011428721000.html


    【日産 ヨーロッパでディーゼル車の販売から撤退へ】の続きを読む

    このページのトップヘ