乗り物速報

バイクと車のまとめ

    日産

      このエントリーをはてなブックマークに追加 23コメント

    Nissan-logo-loan
    1: 2018/04/20(金) 19:46:27.03 ID:CAP_USER9

    日産自動車は、2025年度までに国内の販売台数の半数以上をハイブリッド車も含めた「電動車」にする方針を明らかにしました。

    発表によりますと、日産自動車は、2022年度までに電気自動車3車種とエンジンで発電した電気で走る新しいタイプのエコカー、5車種を国内市場に投入する計画です。

    このうち、電気自動車は軽自動車やSUV=多目的スポーツ車などを投入する方針で、幅広い車種をそろえて販売を加速させるとしています。これによって日産は、国内の販売台数に占める電動車の割合を、2025年度までに現在の2割から5割以上に引き上げる計画です。

    世界的に環境規制が厳しくなる中、国内の自動車メーカーでは、トヨタが2030年に世界での販売台数のおよそ半分を電動車にする方針を示しているほか、ホンダも2030年に全車種の3分の2を電動車にするとしており、競争が激しくなりそうです。

    4月20日 19時29分
    NHK NEWS WEB
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180420/k10011411971000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001


    【【日産】2025年までに国内販売の半数以上を「電動車」に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 6コメント

    51310810-300x200
    1: 2018/04/20(金) 22:07:13.09 ID:CAP_USER9

    日産自動車株式会社は20日、レーシングドライバーの井原慶子を社外取締役に選任すると発表した。

    日産は19日の取締役会において、WEC(世界耐久選手権)などで活躍してきたレーシングドライバーの井原慶子を
    社外取締役として選任することを決議した。井原は6月末開催予定の定時株主総会の承認を経て日産の取締役に
    就任することになる。

    井原は大学時代にレースクイーンを経てレーシングドライバーへ転身、ル・マン24時間レースやWECなど海外でも活動。
    FIA(国際自動車連盟)ウィメン・イン・モータースポーツの委員にもなるなどレーシングドライバーを枠を超えて活躍してきた。

    日産の広報は「レーサーとしての経験や経歴が、取締役の多様性に貢献する」としており、レーシングドライバーが
    自動車企業の取締役に選任されるのは極めて異例だ。

    他に豊田正和氏が社外取締役、池田鉄伸氏を監査役として新たに選任する。現取締役の松元史明氏と中村公泰氏は、
    6月末の定時株主総会終結のときをもって退任する。

    日産はこれで社外取締役が3名となり、取締役会の3分の1が独立社外取締役で構成されることになる。

    これにより、日産の取締役は以下になる予定だ。

    カルロス・ゴーン(取締役会長)
    西川廣人(代表取締役・最高経営責任者)
    グレッグ・ケリー(代表取締役)
    坂本秀行(取締役)
    志賀俊之(取締役)
    ベルナール・レイ(取締役)
    ジャンバプティステ・ドゥザン(社外取締役)
    井原慶子(社外取締役・新任)
    豊田正和(社外取締役・新任)

    ベルナール・レイは2007年、ルノーF1チームのプレジデントを務めた経験もある。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180420-00000007-fliv-moto


    【日産自動車、レーシングドライバーの井原慶子を社外取締役に選任】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 31コメント

    4d02ddd65b3ae1ba81d3ed615a94d358-580x297
    1: 2018/04/17(火) 03:47:29.22 ID:JC4H7mLI0

    謎やわ


    【日産の車ってどんな客層が買ってるんや?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 27コメント

    20170424_asagei_rowan
    1: 2018/04/16(月) 22:49:37.81 ID:CAP_USER

    日産自動車と仏ルノーの会長を兼務するカルロス・ゴーン氏は16日、日本経済新聞のインタビューに応じ、両社の資本関係を見直す考えを示した。「あらゆる選択肢についてオープンに考えている」と述べた。仏政府はルノーと日産の経営統合を求めているもよう。ゴーン氏は現在の相互出資関係を改めることを検討し、2022年までに新体制に移行する考えを示した。

     両社の関係は1999年、経営危機に陥った日産を救済する形でル…
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29431830W8A410C1MM8000/


    【日産・ルノー、資本関係の見直し検討 ゴーン氏が表明】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 54コメント

    logo_2001
    1: 2018/04/14(土) 20:04:59.98 ID:v/gOWo5e0

    ・シリーズ式ハイブリッドを電気自動車とか宣伝するe-power
    ・ホンダのIMMD以下のワンペダル
    ・ただのクルーズコントロールを自動運転と誇大広告
    ・上から見えるバックモニターを自分達しか出来ないような宣伝
    ・PHVすら作れず


    【【悲報】日産自動車さん、全く技術力の無いメーカーだったwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ