乗り物速報

バイクと車のまとめ

    日産

      このエントリーをはてなブックマークに追加 54コメント

    1: 2017/08/05(土) 11:42:38.62 ID:Dkq3xTqU0

    新型リーフを公式発表前にリークしてしまった模様


    【【悲報】日産のライン工、新型リーフをリークをしてしまう】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 17コメント

    1: 2017/08/01(火) 17:20:30.83 ID:CAP_USER9

    西部警察 日産スカイラインRSターボ ”RS-1”が見納め!? 裕次郎記念館8月末閉館 (オートックワン) - Yahoo!ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170728-00010007-autoconen-bus_all
    7/28(金) 20:05配信
    no title


    大スター石原裕次郎没後30年、改めてドラマ「西部警察」を振り返る
    2017年は昭和の大スター・石原裕次郎没後30年。世代によって思い出はそれぞれだと思うが、40~50代にとっては”刑事ドラマのボス”と言うイメージが非常に強いだろう。その中でも1979年から1984年にテレビ朝日系列で放送された「西部警察」は、今では再現することが不可能なスケールの大きさで、日本のテレビドラマ史上最強のポリスストーリーと言っても過言ではない。

    オジサン感涙! 西部警察スーパーマシンの画像を詳細にチェック!

    改めて西部警察をおさらいすると、警視庁 西部警察署 捜査課の大門部長刑事(渡哲也)を中心とする“大門軍団”の刑事達と、それを見守る木暮課長(石原裕次郎)が、極悪な犯罪に立ち向かう姿を描くポリスアクションストーリーだ。

    1979年から1984年までの製作数236話

    平均視聴率14.5%

    ロケ地・4,500箇所

    封鎖した道路:40,500箇所

    飛ばしたヘリコプター:600機

    壊した車両の台数:約4,680台

    壊した家屋や建物:320軒

    使用された火薬の量:4.8トン

    使用されたガソリンの量:12,000L

    始末書の枚数:45枚・・・

    2017年8月末で惜しまれつつ閉館する小樽・石原裕次郎記念館
    規格外の派手なアクションやハリウッド映画をも越える豪快な爆破シーン、そしてカーアクションなどは色々な所で語られてきたが、これらと同じように人気を支えてきたのが、ドラマ内で登場した”特別機動車両”だ。これまでも様々な文献で紹介されてきているが、ディテールにまで迫った記事は非常に少ない。

    オートックワンは、2014年に西部警察放送35周年記念で発売された「アルティメット コレクターズエディション コンプリートブルーレイBOX」(PONY CANYON)のプロモーションで、日産自動車グローバル本社に展示されたサファリの詳細解説を行ない大好評だったと聞くが、今回はその第2弾。

    本当は続編をすぐにお届けしたかったのだが、様々な事情で実現できず(汗)。しかし、6月上旬に行なった北海道ロケの際、小樽市にある「石原裕次郎記念館」に立ち寄り、同所で展示される特別機動車両の撮影を行なうことで実現できた・・・と言うわけである。

    小樽観光の名所としても知られる石原裕次郎記念館だが、諸般の事情により残念ながらこの2017年8月末にて閉館することが決定している。貴重なタイミングでのロケとなった。

    (続きはソース)


    【西部警察 日産スカイラインRSターボ ”RS-1”が見納め!? 裕次郎記念館8月末閉館】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 9コメント

    nissan01_mf
    1: 2017/07/28(金) 16:10:30.45 ID:CAP_USER9

    トヨタ自動車は28日、ダイハツ工業と日野自動車を含む2017年上半期のグループ世界販売が、前年同期比2.7%増の512万9千台だったと発表した。
    過去最高を更新したが世界3位にとどまり、日産自動車とフランスのルノーによる連合の首位が確定した。

    トヨタの国内販売は、スポーツタイプ多目的車(SUV)の「C―HR」など新型車が好調で、9.4%増の122万9千台となった。欧州や中国で販売を伸ばし、海外販売も0.8%増の390万台と過去最高。
    ただ主力とする北米はセダンが低迷し、トヨタ単独で3.2%減少した。

    首位の日産・ルノー連合は526万8千台。

    配信 2017/7/28 13:48
    共同通信
    https://this.kiji.is/263528587199170038

    関連スレ
    【車】日産・ルノー・三菱自連合、初の世界販売首位へ 2017年上期
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1501167975/


    【トヨタ、世界販売3位 17年上半期、512万台 首位は日産・ルノー526万台】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 40コメント

    1: 2017/07/20(木) 19:02:32.90 ID:CAP_USER9

    「飲みすぎで終電を逃して」「暑くて駅まで歩いていられない」。
    理由はさまざまだが、ちょっとしたときに利用したくなるのがタクシーだ。

    タクシーの車種といえば、真っ先に思い当たるのがトヨタの「クラウン」だろう。
    最大4名まで乗車可能で、前後ほぼ均等に張り出た、独特のボディフォルムはこれぞタクシーといった感じで無駄がない。
    トランクはゴルフバッグ3個、スーツケースは2個まで積載可能と見た目よりも荷物が入る。

    すっかりおなじみのクラウンタクシーだが、近い将来その姿が見られなくなるかもしれない。
    というのも、トヨタのタクシー用クラウンは2017年4月をもって受注を終了してしまったからだ。

    「今回はあくまで、タクシーなどの商用クラウンの受注が終了となります。
    一般用・家庭用のクラウンシリーズはなくなりません。
    商用クラウンに関しましては、1991年から2016年末まで22万2000台を販売させていただきました」(トヨタ自動車広報部担当者)

    広報担当によれば、2015年はタクシー業界全体で1万5000台の新車が導入されたというが、その8割がトヨタ製だったというから驚きだ。
    クラウンの代わりにトヨタが投入するのは、次世代タクシーといわれるモデルだ。

    見た目はワゴンを小さくコンパクトにした形で、今までのクラウンのようなセダンタイプとは大きく異なる。
    床が低く、大型スライドドアを使用しているため乗り降りがしやすそうな印象だ。

    新開発のLPガスハイブリットシステムを採用しているという。
    年内に発売予定だ。

    タクシー用車両が大きく変化した理由について、トヨタより先の2015年にワゴン型タクシーNV200の販売を開始した、日産自動車株式会社の広報担当者は次のように語る。
    「従来のセダン型のタクシー(日産セドリック)でネックとなった、お子様連れのベビーカー、車椅子等のバリアフリー化、外国人観光客のお客様の大きな荷物など、昨今のニーズの多様化を反映させていただきました」

    2020年には東京オリンピックが開催される。
    これからさらなる外国人観光客の増加が見込まれるだろう。
    彼らの荷物や体格に対応するためには、ワゴン化は時間の問題だったのかもしれない。

    いずれにせよ、今後ほとんどタクシーがワゴン化していく。
    数年後には、街の風景は今と大きく異なるはずだ。

    ■ 写真
    『トヨタの次世代タクシー』
    no title

    『クレジット 日産NV200』
    no title


    http://news.livedoor.com/article/detail/13359955/


    【さらば「セダン型タクシー」 トヨタのタクシー用クラウンが受注終了、今後はワゴン化(写真あり)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 71コメント

    1: 2017/07/20(木) 15:46:20.124 ID:cVrzpW8L0

    no title

    no title


    もはやランボルギーニよりカッコいいレベル


    【名車の日産スカイラインGT-RのR32とR34がカッコ良すぎる…】の続きを読む

    このページのトップヘ