乗り物速報

バイクと車のまとめ

    日産

      このエントリーをはてなブックマークに追加 28コメント
    1: 32文ロケット砲(芋)@\(^o^)/ 2014/04/14(月) 22:48:37.64 ID:0JPZ9kT60.net BE:597584361-PLT(13345) ポイント特典
    no title


    日産は、同社の米国のウェブサイトにおいて、2015年モデルとしてフルモデルチェンジするミドルクラスのクロスオーバーSUV"Nissan Murano"の画像を公開した。

    4月20日開幕の2014 ニューヨーク国際オートショーでデビューする第3世代のムラーノについて、その詳細なスペックなどは現時点で
    未発表であるが、「V-Motion Grille」と「Signature Headlights」を備えたフロントセクションがデザインの特徴であることや、ボディの
    空気抵抗係数が"Porsche 911 Turbo"と同じ0.31でありながら、"Lexus RX350"よりもリアのレッグルームが広いこと、
    "BSW(Blind Spot Warning)"と"Predictive Forward Collision Warning"、ICC(Intelligent Cruize Control)、"Intuitive AWD"
    などからなる最新の安全装備「SAFETY SHIELD」などが装備されることなどがウェブサイトで紹介されている。
    http://blog.livedoor.jp/motersound/51841893

    【日産、新型ムラーノの画像を公開 Cd値はポルシェ911と同等】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 12コメント
    dsc04560-1

    日産の本社1Fにある日産グローバル本社ギャラリーでは、『西部警察』劇用車に使用された「サファリ」4WDが3月21~31日までの期間限定で公開された。

    警視庁西部警察署捜査課の大門部長刑事(渡哲也)を中心とした"大門軍団"と呼ばれる刑事たちと、彼らをブラインド越し?で見守る木暮課長(石原裕次郎)が凶悪犯罪に立ち向かうストーリーのポリスアクションが西部警察だ。なお、この車両は西部署機動特機隊の旗艦車両として第111話から登場している。 車内にはマイクロコンピューター、特殊無線機、車外には高性能レーダー装置、高圧放水銃、散水銃などの特殊装備を搭載し、科学的に高度な捜査活動に威力を発揮するというシーンで活用された。
    03

    装備的には古さを感じさせる面もあるが、その完成度は決してハリボテというわけではなく、実際に機能しそうなリアリティがあるしっかりとしたものだ。
    引用元:autoblog 【人気ドラマ『西部警察』で使用された特別機動車両日産「サファリ」を一般公開!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 14コメント
    677371

    日産自動車を代表するスポーツカー、『GT-R』のフラッグシップモデル、『GT-R NISMO』。同車を日産の副社長がテストする映像が、ネット上で公開されている。

    GT-R NISMOは、ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(ニスモ、NISMO)のノウハウを生かして開発された高性能プレミアムスポーツバージョン。

    『ジューク』や『フェアレディZ』に続く設定となり、GT-Rとしては初のNISMO仕様だ。 VR38DETT型3.8リットルV型6気筒ツインターボエンジンには、レーシングカーの『GT-R NISMO GT3』用の大容量タービンなど、数々の専用チューニングを実施。
    この結果、最大出力は600ps、最大トルクは66.5kgmと、50ps、2kgmの性能アップを実現する。

    今回、日産が公式サイトを通じて配信した映像には、日産の企画部門を統括するアンディ・パーマー副社長が登場。栃木のテストコースで、GT-R NISMOの最終確認テストを行った。パーマー副社長の「本気モード」のドライブにより、GT-R NISMOが豪快なパフォーマンスを披露しているのが印象的だ。
    引用元:Response


    日産公式ツイッター
    【GT-R NISMO 日産副社長が本気テスト【動画あり】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 11コメント
    1: ライトスタッフ◎φ ★ 2014/03/19 22:11:57
    日産自動車が新興国向けに低価格で復活させた往年の車のブランド「ダットサン」の
    販売がインドで始まり、経済成長が続くインド市場での各国メーカーの競争がさらに
    激しくなりそうです。

    「ダットサン」は、日産がインドやインドネシアなどの新興国で初めて車を購入する
    家庭向けに復活させた低価格帯のブランドで、19日から、ほかの国に先駆けインドで
    販売が始まりました。

    首都ニューデリーで開かれた発表会では、開発から生産までのほとんどをインドで行った
    「ハッチバック」タイプの車が披露され、日産としては最も安い日本円でおよそ52万円で
    売り出されることが明らかにされました。

    インド日産の余村健一郎社長は「競争が激しいインド市場で勝ち抜くために、ダットサン
    ブランドのこの車を開発しました」と述べて、自信をのぞかせました。

    自動車市場の拡大が期待されるインドでは、低価格の小型車が売れ筋で、シェアトップの
    スズキや韓国のヒョンデ自動車が先行していますが、ダットサンの車はそれらの車と比べても
    車内の空間が広くなるよう工夫されており、激しいシェア競争に割って入れるかが注目されます。

    ●参考/インドで発売が始まったダットサン『GO』
    no title

    no title


    ◎日産自動車(7201)  http://www.nissan-global.com/JP/

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140319/k10013106791000.html

    ◎関連過去スレ
    【自動車】日産、『ダットサン(DATSUN)』ブランドで車両価格50万円の戦略車投入--新興国向け [03/02] 
    http://www.logsoku.com/r/bizplus/1330648561/

    【車/戦略】日産、インドネシアで『DATSUN GO+(ゴー・プラス)』発表--2016年までに同地での生産能力3倍増目指す [09/17]
    http://www.logsoku.com/r/bizplus/1379424265/

    【52万円の『DATSUN(ダットサン)』、インドで販売開始--日産】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 47コメント
    cc3581b3

    1: やるっきゃ希志あいのφ ★ 2014/03/05 08:36:11
    日産自動車は3日、2018年をめどに提携先の仏ルノーと、共通化した部品を
    組み合わせて生産する車種を15車種以上に広げ、全生産量の7割まで高める方針を
    明らかにした。開発コストを従来比で4割程度削減できる見込みという。

    日産・ルノー連合の新生産方式は「コモン・モジュール・ファミリー(CMF)」と
    呼び、車両を大きく5つの共通部品に分けてそれぞれ自由に組み合わせる仕組み。
    CMFの第1弾として日産のSUV「ローグ」(米生産)、
    「キャシュカイ」(英生産)、「デュアリス」(複数工場で生産)が昨年末から
    生産を開始したが、今年後半からルノーの大型車を加える。
    小型車、中型車にも対象を広げ、来年には日産の新興国向けブランド「ダットサン」、
    ルノーの小型車にも採用。インドで年間40万台規模の生産を始める計画だ。

    今後、こうした取り組みが進めば、異なる車種を同じ組み立てラインで
    生産できることにつながる。稼働率が上がらない工場に、販売好調な車種の生産を
    振り分けるなども可能となるという。
    一方で、日産の高級車ブランド「インフィニティ」については、日産ブランドとの
    区分を明確に分けるため、CMFの対象からは外す。

    ソースは
    http://www.sankeibiz.jp/business/news/140305/bsa1403050751000-n1.htm
    日産自動車 http://www.nissan.co.jp/
    株価 http://www.nikkei.com/markets/company/index.aspx?scode=7201
    関連スレは
    【自動車】日産とルノー、開発・生産を一体化 年6000億円効果 [14/01/31]
    http://www.logsoku.com/r/bizplus/1391326570/l50
    【自動車】好況の自動車業界で一人負けの日産 ゴーン氏の神通力に翳り (NEWSポストセブン)[14/02/18]
    http://www.logsoku.com/r/bizplus/1392690863/l50

    【日産・ルノー、部品7割共通化へ  コスト削減へ15車種以上に、ダットサンでも採用】の続きを読む

    このページのトップヘ