乗り物速報

バイクと車のまとめ

    日産

      このエントリーをはてなブックマークに追加 1コメント
    img_car_top_pop02_6_1

    1: やるっきゃ騎士φ ★ 2013/07/04 11:53:50
    日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が4日発表した
    6月の車名別新車販売ランキングは、トヨタ自動車のハイブリッド車(HV)
    「プリウス」が前年同月比23.4%減の2万1809台ながら2カ月連続で
    首位を維持した。
    2位はトヨタの小型HV「アクア」で19.1%減の2万294台。

    3位はダイハツの「ムーヴ」(1万8179台)、
    4位はホンダの「N BOX」(1万7693台)、
    5位はスズキの「ワゴンR」(1万7272台)と軽自動車が続いた。

    6位には6月に発売されたばかりの日産自動車の軽「デイズ」が1万2232台で
    ランクインした。
    日産と共同開発した三菱自動車の軽「eK」は前年同月比約3.7倍の8693台で
    13位だった。

    ソースは
    http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130704/biz13070411290004-n1.htm
    ■日本自動車販売協会連合会 http://www.jada.or.jp/
     新車販売台数月別ランキング 2013年
     http://www.jada.or.jp/contents/data/ranking.html
    順に、プリウス アクア フィット ノート ヴィッツ クラウン セレナ カローラ
    フリード ステップワゴン インプレッサ ヴェルファイア ヴォクシー CX-5
    スイフト パッソ スペイド デミオ エスティマ フォレスター ノア ソリオ
    アルファード マーチ ポルテ ラクティス ウィッシュ アテンザ シエンタ
    レガシィ
    ■全国軽自動車協会連合会 http://www.zenkeijikyo.or.jp/
     2013年6月軽四輪車通称名別新車販売速報
     http://www.zenkeijikyo.or.jp/statistics/index_tusho.html
    順に、ムーヴ N BOX ワゴンR デイズ ミラ N-ONE タント スペーシア eK
    アルト モコ ピクシス ステラ MRワゴン フレア

    【6月の新車販売、「プリウス」首位守る 日産の軽「デイズ」は6位で新登場】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント
    1: マンチカン(catv?) 2013/07/01 20:05:49 ID:+y95CDA20
    日産自動車は1日、復活した「ダットサン」ブランドの第1号となるコンパクトカーのデザインを公開した。広い室内空間を確保したハッチバックタイプで2014年前半にインド市場に投入する。

     インド・デリー近郊で15日、実物を公開する。価格は40万ルピー(約67万円)以下に抑える。日産は1980年代まで主に海外で使用していた「ダットサン」ブランドを復活させた。
    新興国向け低価格ブランドとして、14年末までにインドやインドネシア、ロシア、南アフリカに順次投入する。 

    [時事通信社]

    http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887323751804578579110392647362.html

    no title

    no title

    【日産、「ダットサン」ブランド復活第一号のデザイン公開 ※コンパクトカーです】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント
    13590311450001

    1: アヘ顔ダブルピースφ ★ 2013/06/25 15:30:20
    ゴーン氏報酬、100万円増の9億8800万円

    日産自動車は25日、横浜市内で開いた定時株主総会で、カルロス・ゴーン社長(59)の2012年度の報酬が、
    11年度より100万円多い9億8800万円だったことを明らかにした。

    国内の上場企業トップで最高額だとみられる。

    日産の12年度の役員報酬総額は前年度より200万円少ない17億4900万円で、
    その半分以上をゴーン社長に支払った計算だ。ゴーン社長は総会で、
    「世界の同規模の自動車メーカーの最高経営責任者(CEO)に比べると低い水準だ。
    競合他社からの引き抜きもあり、役員報酬に投資しないと、成長を支える人材の維持ができない」と説明した。

    (2013年6月25日13時15分 読売新聞)
    http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20130625-OYT1T00570.htm

    【日産ゴーン氏の報酬、9億8800万円 役員報酬総額17億4900万円の半分以上】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 2コメント
    1: きのこ記者φ ★ 2013/06/24 22:07:00
    日産自動車は24日、高性能プレミアムスポーツバージョン「フェアレディZ NISMO」を発売し、
    あわせて12月に発売予定の「マーチNISMO」の予約受付を開始した。

    フェアレディZ NISMOとマーチNISMOは、NISMOブランド戦略に基づく高性能プレミアムスポーツバージョンとして、
    2013年1月に発表した「ジュークNISMO」に続く第二弾と第三弾モデル。
    両モデルは、NISMOによる専用デザインと技術を投入し、空力、足回り、パワートレインなどのトータルバランスに優れた
    運動性能を実現するとのこと。

    フェアレディZ NISMOは、空力特性に優れたエアロパーツを採用したほか、エンジンの高出力化を図ったモデル。
    パワートレインをはじめ、タイヤ、ボディ剛性、サスペンション、ブレーキ等に専用チューニングが施され、
    エクステリアはNISMOのカラーリングを継承し、インテリアは赤いセンターマークを配置した本革・アルカンターラ巻の
    専用ステアリングと、赤い文字盤に「nismo」ロゴを配した専用タコメーターを採用している。

    価格は、6MT車が521万8,500円、7M-ATx(マニュアルモード付き電子制御7速オートマチック)車が532万3,500円。

    マーチNISMOは、マーチの低燃費はそのままにNISMOの空力性能に優れたデザインを採用したグレード「NISMO」
    (1.2L / エクストロニックCVT)と、モータースポーツで培ったパフォーマンスを実現したグレード「NISMO S」(1.5L / 5MT)の2タイプを設定。
    価格は、NISMOが154万350円、NISMO Sが177万300円。

    http://news.mynavi.jp/news/2013/06/24/172/index.html
    「フェアレディZ NISMO」
    no title

    【日産、プレミアムスポーツカー「フェアレディZ NISMO」を発売 6MTで521万円】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 2コメント
    1: ギコ(千葉県) 2013/06/19 21:14:17 ID:rEIMHuPn0
    GT-Rのハイブリッド化は2015年前後に行われると予測

    日産ではGT-Rのハイブリッド化について何年も前から研究が続けられている。ライバルのホンダ・NSXが500ps超のSH-AWDハイブリッドシステムを搭載し2014年にもデビューすることが確実視されるなか、
    GT-R ハイブリッドも商品化に向けて具体的な動きが求められる時期に来ている。

    一方で、次期モデルのR36型GT-Rの発売時期としては、2015年説、2018年説とあるぐらいで、ハイブリッド化がR36型へのフルモデルチェンジのタイミングで行われるのか、
    あるいは現行R35型の後期モデルからなのかは、まだはっきりしない。いずれにせよ、2015年前後にハイブリッドエンジン搭載のGT-Rが登場する可能性が高いと考える。

    GT-Rへ搭載されるハイブリッドシステムは、ダイムラー製V6 3.0Lツインターボエンジンを基本にモーターアシストを加えたユニットが現在のところ有力である。
    そして、モーターやその制御部分の開発については、日産で行われるはずだから、日産&ダイムラーによる合作エンジンということになるだろう。
    こういった開発背景からも、このハイブリッドシステムはメルセデスベンツ・SLS AMGのようなダイムラー側のスポーツ車種へも搭載されるのではと予想できる。
    また、ハイブリッド版GT-Rが2015年デビューということであれば、今からのエンジンユニットの大幅な変更は難しいという考えもあり、このダイムラー製V6エンジンの搭載を確実視する意見もある。

    GT-R開発責任者の水野和敏氏が2013年春で日産を退職したこともGT-Rを語るにおいて大きなトピックである。これを機に開発スタッフの多くがメンバーチェンジし、今後全くの別案が動き出す可能性も否定できないだろう。

    no title

    http://car-research.jp/nissan/gt-r-hybrid.html

    【次期、新型GT-Rはハイブリッド!ダイムラーとの共同開発!】の続きを読む

    このページのトップヘ