乗り物速報

バイクと車のまとめ

    日産

      このエントリーをはてなブックマークに追加 8コメント
    180sx-sr20det

    1: クロスヒールホールド(秋田県) 2013/08/20 18:27:36 ID:KAS9s4cZ0
    円安が収益を支える一方、中国市場が足を引っ張るという構図が業界に広がってきた。

     日産自動車の2013年4~6月期の世界販売台数は117万台と、前年同期比で3.3%減った。台数減の最大の要因は、
    中国での落ち込み。販売台数全体の2割以上を占める中国での販売(決算期の関係で1~3月分を反映)は28万4000台と、
    同15.1%減った。尖閣諸島問題による反日感情の影響が残った。


    2: エクスプロイダー(西日本) 2013/08/20 18:30:34 ID:sy+IsaOSO
    RB26DETT最強

    【日産のプリメーラSR20DEの横置きとシルビアのSR20DE縦置きが最強だったな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 59コメント
    E382B8E383A5E383BCE382AF

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/17 12:41:27 ID:FRwfSxLJi
    トヨタのbBwwwwww

    スズキのスイフトwwwwww

    ホンダのフィットwwwwww

    あと軽自動車全般wwwwww

    【20代で乗ってて恥ずかしい車】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 7コメント
    1: かかと落とし(秋田県) 2013/08/11 20:20:16 ID:S5ao6EuC0
    先日、日産の横浜工場を訪ねる機会があった。入り口には日本の国旗とフランスの国旗がはためいていた。日産がルノーの傘下であることを、改めて感じさせる情景だった。

     ルノー・ジャポンは新型ルノー ルーテシアを、9月24日から全国のルノー正規販売店で販売する。4代目となる同車は、ルノーの新しいデザイン戦略「サイクル・オブ・ライフ」
    アイデンティティーのもとでデザインされた初めてのモデル。

     新型ルノー ルーテシアには、新開発の1.2リッター ターボチャージャー付筒内直接噴射 直列4気筒エンジンが搭載される。1.2リッターという小排気量ながら、
    パワーは1.6リッター自然吸気エンジン並み、トルクは2.0リッター自然吸気エンジン並みの高い性能を発揮する。このエンジンに組み合わされるトランスミッションは、
    2組のクラッチ機構を持つ6速エフィシェント デュアルクラッチ トランスミッション(EDC)となっている。

     7色のボディカラーと内装カラー、ホイールカラーを組み合わせた「パック・クルール」や、内装パーツセットの「パック・デザイン」といったオプションにより、
    自分だけの1台をデザインすることができるという。日常での使いやすさといった特徴をさらに伸ばしつつ、情熱的なデザインと爽快感溢れる走りによって、
    さらに魅力的なモデルへと生まれ変わったとしている。価格は199万8000円~238万円。

    http://economic.jp/?p=26013
    no title

    【やっぱFF車ってハンドルにトルク変動出るから駄目だよな 走るならFR車だな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 8コメント
    1: ドラゴンスープレックス(芋) 2013/08/04 09:50:24
    全日本ラリーでは最大級の観客動員数を誇る”モントレー2013 in 群馬”(以下モントレー)が、7月27~28日、群馬県渋川市を中心に開催されました。このモントレーに全日本ラリーでは初めて、純粋な電気自動車として日産リーフが参戦したのです。

    EVオンリーのレースなどには参戦している日産リーフですが、ガソリン車と覇を競うというイメージがほとんどゼロに等しいのではないでしょうか。色々な意味でかなりチャレンジングなことをしたのは自動車評論家の国沢光宏さん。

    マシンも気になるところですが、充電はどうするのでしょうか?

    今回の参戦のためにチームはなんと急速充電器を装備した電源車を用意。ディーゼルエンジンで発電して急速充電器より充電するのですが、EVは二酸化炭素を排出しない自動車とされますが、
    これでは発電機が二酸化炭素を排出してしまいます。今回はこの排出量などの環境データも今回の参戦データとして整理して割り出すそうです。

    充電もそうですが、チャレンジングな要素は車両製作にも及びます。そもそもリーフに競技用のパーツなどは皆無。足回りや操作系、ブレーキやロールバーなどは全てワンオフ製作。
    サイドブレーキは足踏み式から油圧ラインを変更するという大改修のもとハンドブレーキに変えられています。

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    リーフは実際のところ速いのか?遅いのか?気になるところです。国沢さん曰く「フルアタックの80%程度で走った」という群馬サイクルスポーツセンターで行われたSS12は45秒1というタイム。これはJN-1クラスでは2位に相当。ちなみにRX-8よりも速い。
    さらに、「下りはとんでもなく速い」そうです。構成パーツでもかなりの重量を占めるリチウム電池が床下に搭載されているリーフは見た目以上に重心が低いので、コーナリングスピードはかなり高いようです。

    http://news.mynavi.jp/news/2013/07/31/306/index.html

    【日産、電気自動車LEAFで全日本ラリーに参加するという暴挙】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 7コメント
    1: チキンウィングフェースロック(芋) 2013/07/28 13:07:35
    日産自動車が世界に誇るスポーツカー、『GT-R』。同車の最大出力を1700psまで引き上げた怪物が、R35型GT-Rによる0-400m加速タイムの世界新記録を打ち立てた。

    このGT-Rは、米国のAMSパフォーマンスが手がけた『オメガGT-R』。ノーマルの3.8リットルV型6気筒ツインターボは、排気量を4.0リットルに拡大。さらに、各種のチューニングが施され、最大出力は1700ps以上を引き出す。

    このオメガGT-Rが、7月13日、0-400m加速タイムの計測を実施。R35GT-Rで初めて8秒を切り、7秒984の最速0-400mタイムを記録した。なお、この時の速度は299.5km/hに到達したという。

    この他にも、R35GT-Rとして、数々の新記録を達成した映像は、動画共有サイト経由で見ることができる。


    http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=gZ7snULupqE


    http://response.jp/article/2013/07/28/203055.html
    no title

    【ニュルは早いが若者にも女にも人気のないGT-Rの1700馬力改造車 ゼロヨン記録を塗り替える】の続きを読む

    このページのトップヘ