乗り物速報

バイクと車のまとめ

    日産

      このエントリーをはてなブックマークに追加 7コメント
    1: スターダストプレス(catv?) 2013/09/28 13:36:33 ID:VT3lBmW80
    先のフランクフルトモーターショーでワールドプレミアされた新型エクストレイルは、先代のイメージとはガラリと変わってオンロードでの快適性を狙ったようなモダンなスタイルが特徴です。

    注目点はいくつもありますが、オンロードでの走行安定性を高める制御も盛りだくさんなので、ここでは世界初の「アクティブ・ライド・コントロールと「アクティブ・エンジン・ブレーキ」に注目します。

    「アクティブ・ライド・コントロール」は、車輪速をモニターすることで車体の上下動を推測して制御を行うことで快適性を高めるのが狙い。
    クルマの動きにはピッチングやヨーイング、ローリングなどがありますが、一般的にまず気がつくのが上下動ではないでしょうか?

    クルマは単純に上下方向に振動しているわけではないですが、この動きが上手く抑えられていてフラットライドになるほど快適で、
    トラックなどに乗ればより動きは大きくなる傾向にあります。どの程度の効果があるかは試乗待ちですが、SUVはオフロードでは
    足が大きく動かす必要があり、オンロードではある程度締めたいとなると、エクストレイルにふさわしい装備といえます。

    「アクティブ・エンジン・ブレーキ」は、コーナリング中や減速時などのエンジンブレーキも必要な際にCVTの制御を行うことで
    ドライバーのブレーキ操作をサポートし、車両を安定化させるもの。CVT制御やカーナビ協調型シフト制御も珍しくない現在ですが、オーバースピードでコーナーに侵入してしまった際などに助かるはず。

    さらに、コーナリング中の舵角やスロットル開度、ブレーキの利き具合などをモニターし、各車輪を制御してアンダーステアを制御する
    「アクティブ・トレース・コントロール」も用意。トラクションコントロール制御を含むVSCやVDC、ESPなど呼び方は各自動車メーカーやサプライヤーによって異なりますが、四輪を制御してスピンなどを回避する車両安定化制御システムと考えていいでしょう。


    no title

    no title

    no title


    http://autos.goo.ne.jp/column/231731/article.html

    【日産「新型エクストレイル」に安全性を高める世界初のシステム搭載! エンジンブレーキを自動制御】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 6コメント
    1: ライトスタッフ◎φ ★ 2013/09/26 18:23:23
    日産自動車は26日、車載カメラで周囲を確認しながらハンドルやブレーキを自動操作する
    「自動運転車」の試作車で、公道を走行できるナンバープレートを取得したと発表した。
    日産によると自動運転の試作車でのナンバー取得は国内初で、2020年までに自動運転車の
    市販を目指す。

    日産は今後、国内で事実上初となる自動運転車の公道実験を実施する。時期や内容は検討中
    としている。自動運転車はトヨタ自動車や米ゼネラル・モーターズ(GM)、米IT大手
    グーグルなども開発中で、今後競争が激化しそうだ。

    記者会見した浅見孝雄常務執行役員は「運転者が『自分が運転するより安全だ』と考える
    レベルになるだろう」と話した。

    ●日産自動車が開発した自動運転車の試作車。
     ナンバープレートも取得し、今後公道実験を行う予定だ
    no title


    ◎日産自動車(7201)のリリース
    http://www.nissan-global.com/JP/NEWS/2013/_STORY/130926-04-j.html

    http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130926/biz13092617470021-n1.htm

    ◎主な関連スレ
    【車/戦略】日産、EVの世界販売目標達成を4年間先延ばしに--「現実的な目標」再設定 [09/26]
    http://www.logsoku.com/r/bizplus/1380151369/

    【車/IT】自律走行に必須、2025年には「コネクテッドカー」(ネット接続型自動車)が6割に ! [09/25]
    http://www.logsoku.com/r/bizplus/1380068703/

    【日産、「自動運転車」のナンバー取得 国内初の公道実験へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 8コメント
    Nissan-GT-R-Nismo-Erlkoenig-fotoshowImage-22dab7b7-715226

    1: エメラルドフロウジョン(芋) 2013/09/22 22:23:53 ID:w1BlFaLw0
    http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=aj6v_-hRLmo




    http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=-WzwLQigXMM



    ブレーキローターが赤くなってることから本気度が伝わります

    素人目に見てもかなり速そうな気がします

    http://motorinfomation.blog.fc2.com/blog-entry-215.html

    【市販車ニュル最速をポルシェから奪回できるか!?GT-R NISMO】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 6コメント
    1: サソリ固め(catv?) 2013/09/18 13:50:28 ID:vOwafley0
    日産名車再生クラブは、グローバルイベント「日産360」において、『サファリ ラリー Z』を
    走行可能なオリジナルの状態に再生すると発表した。

    日産名車再生クラブとは、「ただ展示するだけでなく、きちんと動く状態で歴史的なクルマを保存したい。
    そして当時の最高レベルの技術を学びたい」という情熱を持った少人数のボランティアたちにより2006年に設立。
    日産の研究開発部門に所属し、現在では60人以上が参加している。

    同クラブは、1964年に活躍した『スカイライン』のレースカーや1958年の豪州一周ラリー「モービルガス トライアル」で
    優勝したダットサン 210s「富士」「桜」、1947年の「たま」電気自動車など、これまでに8台のクルマを再生している。
    今年は、「サファリ ラリー Z」と呼ばれるスペシャルバージョンのフェアレディZ(ダットサン 240Z)を再生する。

    今回再生するサファリ ラリー Zは、1971年の「東アフリカ サファリ ラリー」で優勝したラリーカー。
    ファストバックスタイルのクーペで、215馬力にチューンナップしたL24型エンジン(2393ccの直列6気筒OHC)を
    搭載していた。同車は日産のヘリテージコレクションとして、保存されている。

    なお、このサファリ ラリー Zの再生は、2013年12月に完成する予定。
    imgres206593_1_o

    http://carview.yahoo.co.jp/news/market/191435/

    【日産名車再生クラブ、伝説の名車 サファリ ラリー Z 再生】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 2コメント
    1: ライトスタッフ◎φ ★ 2013/09/17 22:24:25
    【日産、ダットサンの新型公開 インドネシアで】

    日産自動車は17日、インドネシアの首都ジャカルタで、新興国向けに復活させた
    ブランド「ダットサン」の新型車「GO+(ゴー・プラス)」を公開した。

    インドで7月に発表した「ゴー」とあわせて2車種を2014年にインドネシアで
    発売する予定。いずれも価格を1億ルピア(約90万円)以下に抑え、車を初めて買う
    若い中間層の需要を見込む。

    「ゴー・プラス」は3列シート、「ゴー」は2列シート。インドネシアで生産し、
    部品の8割を現地で調達するという。

    ●GO+(ゴー・プラス)
    no title

    no title


    ◎日産自動車(7201)--インドネシアにて新型ダットサン「GO+」を初公開
    http://www.nissan-global.com/JP/NEWS/2013/_STORY/130917-01-j.html

    http://www.47news.jp/CN/201309/CN2013091701002332.html

    【日産自がインドネシアの生産能力3倍増目指す、2016年までに】

    日産自動車は、新興国向けブランド「ダットサン」を原動力に、インドネシアにおける
    生産能力を2016年までに25万台に拡大し、2013年のほぼ3倍に引き上げる
    ことを計画している。

    日産・仏ルノーのカルロス・ゴーン最高経営責任者(CEO)が17日語った。

    日産はこの日、当地で新興国向けに低価格車として復活させたダットサン「GO」と
    「GOプラス」を発表。ゴーンCEOは発表会で「現在6%にある市場シェアを
    2016年末までに15%に拡大することが目標だ」と言明した。

    「GO」と「GOプラス」の価格は1億ルピア(8800ドル)以下に設定し、
    2014年5月に発売する。

    インドやロシア、ブラジルでも、同様の低価格車の販売を目指す。

    日産は昨年、2014年までにインドネシアに4億ドルを投じる計画を発表。
    昨年度の生産台数は約6万3000台と、前年度から43%拡大した。

    http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPTJE98G00E20130917

    【日産、インドネシアで『DATSUN GO+(ゴー・プラス)』発表--2016年までに同地での生産能力3倍増目指】の続きを読む

    このページのトップヘ