乗り物速報

バイクと車のまとめ

    日産

      このエントリーをはてなブックマークに追加 4コメント
    1: ローリングソバット(岡山県) 2014/01/12 16:55:50 ID:aOj9r8a50
    やつらに段ボールで運べないものはない 米Amazonが車を段ボールで配達 巨大さにネット騒然

    画像
    no title

    no title

    no title


     米Amazonがおなじみのダンボール箱で自動車を配達した写真がネットで話題になっています。
    道路わきに停まったトレーラーの荷台には、いつもの「amazon」のロゴがプリントされた巨大な段ボールが……。
    何でもダンボール箱で運びすぎでしょAmazonさん!

     写真はウィスコンシン州マディソンに住む人が、近所に停まっていたトレーラーを撮影したもの。
    中身を知らない撮影者は、ソーシャルニュースサイトRedditに「アマゾンから送られてくる商品で
    一番大きいのって何だと思う? 私はたぶん近所の人に届いたこれかと」と写真を投稿。
    Redditでは「謎の箱だな」「マーケティングだろ」「何が入っているんだろう」「牛乳3000ガロン
    (約1万1000リットル)」「マイクロSDカード」とさまざまなコメントが飛び交いました。

     英ニュースサイト「デイリー・メール」によると、箱の中身は北米日産の新車「VERSA NOTE」。
    実は配送そのものが、北米日産と米Amazonが去年9月に行った共同マーケティングキャンペーンの
    一環だったそうです。ディーラーとの取引から30日以内に車を買うと、Amazonのギフトカード1000ドル
    (約10万円)分がもらえ、さらに幸運な人はAmazonの箱で特別配送されるという企画。写真は3台だけ
    配達されたうちの1台でした。

     キャンペーンとは言え車までダンボールだなんて徹底していますね。海外では「『Amazon Prime』で
    これを無料で送ってくれるようにして欲しい」「新しい総理大臣もAmazonから送られないかな」といった
    ユニークなコメントがあがっています。

    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1401/13/news008.html

    【やつらに段ボールで運べないものはない 米Amazonが車を段ボールで配達 巨大さにネット騒然】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 18コメント
    1: やるっきゃ希志あいのφ ★ 2014/01/07 11:09:10
    [ロンドン 6日 ロイター] -日産自動車は6日、ロンドン仕様のタクシーとして
    年内に市場投入する車両を公開した。
    ロンドンの伝統的な黒塗りタクシー「ブラックキャブ」に合わせたデザインを採用し、
    既存の2社の寡占状態となっている市場に挑む。

    日産は既に東京やニューヨーク、バルセロナでタクシー用車両を供給しており、
    既存の多目的車「NV200」をベースに新型のガソリンエンジン車を開発した。
    日産は当初、2012年にタクシー車両を公開したが、ロンドンの運輸関連団体の
    評価を経てデザインの変更を迫られた。
    日産のアンディ・パーマー副社長は
    「当社はロンドン市長室や関係者と緊密に連携し、高い基準に適合させるとともに
    ロンドン名物のタクシーとすぐに見分けがつくような外観にした」と話している。

    新型車両は丸型のヘッドランプを採用したほか、フロントグリルも昔ながらの
    ロンドンの黒塗りタクシーに似たデザインに変更。
    一方で、LEDライトを導入し、タクシーの黄色のサインが見えやすいように配慮した。
    また、ロンドンの狭い通りでも方向転換が可能なように25フィート
    (約7.6メートル)の最小回転半径を定めた厳しい規制もクリアした。

    日産はロンドンで既存のタクシーメーカーであるロンドン・タクシーのほか、
    「メルセデス・ヴィト」を生産するエコシティ・ビークルズと競合。
    ロンドン・タクシーは昨年、中国の吉利汽車に買収されるまで「マンガニーズ・
    ブロンズ」として操業していた。
    年初時点にロンドンで営業許可を得た黒塗りタクシーは約2万3000台に上り、
    メルセデス・ヴィトが2177台、残りはロンドンタクシー製。

    ロンドンタクシー運転手協会のスティーブ・マクナマラ書記長は、新型車両は
    既存のディーゼルエンジン車に比べて環境に優しく、業界から歓迎されるだろうと
    話している。業界関係者の間では、競合他社より低価格になるとのうわさが出ている。
    日産は15年に英国で電気自動車のタクシーを供給したいとしている。

    ソースは
    http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYEA0601520140107
    日産自動車 http://www.nissan.co.jp/
    株価 http://www.nikkei.com/markets/company/index.aspx?scode=7201
    産経サイトから、日産自動車が発表したロンドン版のタクシー「NV200」
    no title

    no title

    【日産がロンドン仕様の黒塗りタクシー公開 寡占市場に年内参入】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 14コメント
    1: キングコングニードロップ(catv?) 2014/01/01 23:32:08 ID:QxAYQqKf0
    no title


    日産、スポーツセダン コンセプトのティザー画像を公開。デトロイトオートショーで発表
    日産は、2014年1月17日から開催されるデトロイトモーターショーでワールドプレミアするコンセプトモデル、「Sport Sedan Concept(スポーツ セダン コンセプト)」のティザー画像を公開しました。

    ちなみにトップ画像は、実際に公開された画像は暗過ぎて何もわからなかったため、勝手にトーンカーブ上げて見やすく加工してみたものです。実際公開された画像は下になります。

    この日産スポーツセダン コンセプトの詳細はまだ未発表ですが、ソース元のAutoGuideでは次期型の日産 Maximaをプレビューするコンセプトモデルであると予想しています。
    Maximaは、北米、メキシコ、ドバイなどで販売。オーストラリアではティアナ、サウジアラビアやUAEでは、セフィーロをMaximaの名称で販売しています。

    http://www.j-sd.net/nissan-8/

    【【次期セフィーロ】日産、スポーツ セダン コンセプトの画像を公開。デトロイトオートショーで発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 61コメント
    015_o
    1: おじいちゃんのコーヒー@しいたけφ ★ 2013/12/31 20:07:42
     
    日産GT-R NISMOが600馬力で1501万5000円なのに対して、
    ポルシェ911ターボSは560馬力で2446万円、フェラーリ458スペチアーレは605馬力で3290万円。
    スペックを考えるとGT-Rは激安であります。にもかかわらず、
    1000万円オーバーのクルマを買う富裕層からの支持はイマイチなのだとか。
    その理由を解説しました。

    GT-Rがマイナーチェンジを受け、新たに最速の「GT-R NISMO」が登場することになった(発売は春)。
    そちらにサーキットで乗らせていただきました。

    驚愕しました。
    こ、これはなんだ……。この速さはいったいなんなんだあぁぁぁ!

    600馬力と書いてあるが、800馬力はあるんじゃないか。そしてこの信じられないコーナリング速度! 
    限界がないみたい。無限だ。無限に速い! こんな市販車ありえない! 
    まさに日本が世界に誇る宇宙戦艦ヤマト。波動砲はさらに威力を増した。韓国車などひとひねりだ。

    が、課題もある。

     これほどの性能を誇り、かつ値段も安いGT-Rが、あまり売れていない。
    台数で言うとフェラーリの半分以下。ポルシェには50倍も負けている。ガーン。
    ポルシェはともかく、もともと生産台数を限定しているフェラーリに負けているのは、
    日本人として残念だ。

     がしかし、日産はぜひ、GT-Rを作り続けてほしい。そして、早くフルモデルチェンジしてほしい。
    現在のGT-Rは、登場からすでに6年が過ぎた。フェラーリは5年、ポルシェも6年おきに
    フルモデルチェンジしている。日産がそれに負けるわけにはいかないだろう。継続は力なり。
    ゴーン社長も、日本のためにひと肌脱いでもらいたい。

    http://nikkan-spa.jp/553831

    【識者「日産GT-Rは値段が安すぎる。富裕層は値段が高いほうが喜ぶ。2000万円でいい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 14コメント
    1: パロスペシャル(芋) 2013/12/30 23:15:54 ID:PMYXt1qJ0
    イヤーモデル制により、毎年進化を遂げるR35 GT-R。
    その1/8スケールのダイキャストモデルを組み立てる週刊『NISSAN R35 GT-R』については、クリッカーでもお伝えして参りました。



    http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=QbWrXj2xf4o




    http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=JwNttNKP1Mg



    そして、その週刊『NISSAN R35 GT-R』、2013年12月24日100号をもって最終号を迎えるのですが、なんとファンにはたまらない続刊が決定しました!


    大ヒットを飛ばした週刊『NISSAN R35 GT-R』の続きは、もっともっとエンジンモデルを極めちゃおう!という激シブ企画。
    2014年1月7日より1/5スケールのダイキャストモデル、週刊『NISSAN R35 GT-R VR38DETT』が創刊されます。

    no title

    R35 GT-Rに搭載されているのはVR38DETT型。世界トップクラスのパフォーマンスを発揮するスゴいエンジンです。
    2007年のデビュー時は470PSでしたが、2012年には国内最強の550PSにまで進化しました。

    さて、日産自動車・横浜工場の4人の”匠”をご存知でしょうか。
    このハイパフォーマンスエンジンを組み立てる、選び抜かれた4人の精鋭たちです(エンジンの組立を担当するスタッフは13人いるが、そのうちの4人が「匠」の称号を持っているそうです)。
    週刊『NISSAN R35 GT-R VR38DETT』は、“匠”だけに許されたこのエンジンの組み立てを、実物さながらの1/5スケールモデルで体感。
    no title

    ディテールを忠実に再現しているので、組み立てながらエンジンの構造を学べちゃいます。
    ピストンやクランクシャフトは可動式を採用。リアルさが楽しい!
    サイズは、高さ×幅×奥行きが248×200×200(mm)、重さは約3kgと重厚感たっぷりです。
    no title

    初回は「シリンダーブロックとエンジンカバーの組み立て」。ここから“5人目の匠”への道が始まります。
    全31回の組み立てが終われば、あなたもVR38DETTマイスターに?!

    http://clicccar.com/2013/12/25/239892/

    【日産GT-Rのエンジン組み立てキット「週刊 NISSAN R35 GT-R VR38DETT」発売】の続きを読む

    このページのトップヘ