乗り物速報

バイクと車のまとめ

    旧車

      このエントリーをはてなブックマークに追加 27コメント

    1: 2017/11/29(水) 17:49:12.43 0

    今の車はダサい


    【80年代のセダンはカッコよかった】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 31コメント

    1: 2017/11/22(水) 14:24:05.34 0

    by カーグラフィック


    【松任谷正隆「若者は古い車が似合う。ぶつけても直して乗り続けるべき」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 5コメント

    1: 2017/11/13(月) 06:50:25.27 ID:CAP_USER9

    no title


    大手自動車メーカー、ホンダの生産工場がある埼玉県寄居町で、歴代のホンダ車が町なかをパレードする催しが12日に行われました。

    寄居町では、地元の商工会などが地域の活性化につなげようと、毎年、この時期に歴代のホンダ車を集めたパレードを行っています。

    ことしも、愛好家が所有する昭和40年代から平成4年までに生産されたおよそ50台のホンダ車が集まりました。
    中には、初期のスポーツカー「S600」や、昭和40年代に人気を集めた「N360」などがあります。

    スタートの合図とともに町の中心部から7キロほど先にあるホンダの工場に向けて一斉に走り出し、沿道では家族連れなどが手を振っていました。

    ホンダは埼玉県内にある2つの組み立て工場を集約し、狭山工場での生産を2021年度をめどにすべて寄居工場に移す方針です。

    今回の催しを企画した寄居町商工会の柴崎猛会長は「町を挙げてホンダを応援し、若者の雇用などに結びつけていきたい」と話していました。

    配信11月13日 6時29分
    NHK NEWS WEB
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171113/k10011221391000.html


    【歴代のホンダ車がパレード 「S600」「N360」なども/寄居町】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 28コメント

    1: 2017/11/11(土) 09:12:46.60 ID:iU/kV0K30 

    1989年の生誕から28年目となる、初代マツダ(ユーノス)・ロードスター。12万台の国内販売台数のうち、2万3000台が現存しているとのこと。

    マツダは、初代ロードスターを対象としたレストアサービスの開始を2017年8月4日に発表。
    公式Webサイト内に「NAロードスター レストア」ページを立ち上げています。

    今回、レストアサービスの受付開始に先立ち、マツダは事前説明会を開催することを発表しました。

    事前説明会は12月に開催予定で、11月17日から11月26日に説明会への参加募集を行うとのこと。
    詳細については、後日「NAロードスター レストア」ページにて案内されるそうです。

    この事前説明会に参加しないとレストアサービスが受けられない(もしくは受付順位が下がる)というものではなく、
    あくまでもレストアを希望するユーザーとのコミュニケーションの一環であるとのこと。

    また、レストアトライアルアーカイブのトライアル3号車の作業模様を記録した画像をアップしており、
    オーナー車のレストアに先立ってスタッフの育成のために行われているレストアトライアルも最終段階を迎えているようです。

    マツダの「NAロードスターレストアサービスの事前説明会が12月に開催。参加申し込みは11月17日から11月26日
    https://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20171110-10276805-carview/?mode=full
    no title

    no title

    no title


    【マツダ、NAロードスターのレストアサービスを開始!国内には約2万台が現存】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 17コメント

    1: 2017/11/04(土) 17:08:16.29 ID:CAP_USER9

    産経WEST2017.11.4 16:48更新
    http://www.sankei.com/west/news/171104/wst1711040042-n1.html

    生産台数が少なく「幻の名車」とも言われたスポーツカー「トヨタ2000GT」の誕生50周年を記念したイベントが4日、愛知県長久手市のトヨタ博物館で開かれた。全国から約20台が集まり、博物館の敷地内でパレードなどを実施した。

     白や青、赤といった車がずらりと並び、所有者は訪れたファンに車内やエンジンを公開した。博物館の布垣直昭館長は「ほとんど手作りの車。大量生産に慣れた現代だからこそ余計に魅力を感じるのだろう」と語った。

     東日本大震災の影響で愛知県に避難している人を対象に、助手席で乗り心地を体験する催しも。盛岡市から愛知県蒲郡市に移ったという主婦似内成子さん(79)は「憧れの車だった。一度は乗りたいという夢がかなった」と笑顔で話した。

     2000GTは、トヨタ自動車が昭和42~45年に337台生産した。運転席から車の前部が長く伸び、全体的に丸みを帯びたデザインが美しいと評価が高く、人気映画「007」シリーズで主人公が乗る「ボンドカー」にも使われた。

    wst1711040042-p1


    【「幻の名車」トヨタ2000GTが20台集結 誕生50周年イベント、「007」のボンドカーにも】の続きを読む

    このページのトップヘ