乗り物速報

バイクと車のまとめ

    旧車

      このエントリーをはてなブックマークに追加 47コメント

    SB_S004_F001_M001_1_L
    1: 2017/01/04(水) 16:00:59.969 ID:R7Eksh9gp

    当時はかっこいいと思ってデザインしたんだろがダサくなる


    【車のデザインってなんで時が経つと古くさくなるんだろうな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 23コメント

    1: 2016/10/18(火) 11:34:48.13 ID:ynGW+Pa+6

    1人の所有者が大切に乗り続けてきた1955年製の初代クラウンが、神奈川トヨタ(横浜市神奈川区)に無償で寄贈された。
    日本のもの作りのすばらしさを伝えるため、学校などから要請があれば貸し出すという。

    車は、2015年に85歳で亡くなった岸敬二さん=川崎市多摩区=が母親の援助を受け、約100万円で購入した。
    当時の大卒初任給は1万1000円だったという。ナンバーは「5む0100」。部品を確保し、車検もきちんと受けて乗り続けてきた。

    家族からも「ひゃくばん」と呼ばれるなど大切にされたが、
    岸さんは亡くなる直前に「多くの人に見てもらう」「転売しない」を条件に、当時のカタログなど貴重な資料とともに無償寄贈を決めた。

    神奈川トヨタは、岸さんの遺志を継ぐため、グループ企業で車を修復。
    また、今年夏のトヨタ「歴代レストアクラウン走破チャレンジ」に参加させることにした。
    車は大切にされていたため大きな問題はないように見えたが、「60年の歳月」による老朽化は否めなかった。
    車体をバラバラにしてさびを落としたり、部品を一つずつ修復したりして、完成までに4カ月かかったという。
    その後、愛知県から東京都渋谷区まで約430キロを無事に完走した。

    贈呈感謝式典で、岸さんの長男泰之さんは「クーラーがなく、夏のドライブはフライパンに乗っているようだった」と笑わせながら、
    「父が愛したクラウンを大切に使ってもらえれば」と感謝した。

    no title

    http://mainichi.jp/articles/20161018/k00/00e/040/122000c


    【ジッジ「このクラウンはワシが死んだらトヨタに寄贈してくれ転売はするなよ 絶対やぞ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 47コメント

    1972_Nissan_Skyline_2000_GT-X__C110__004_6672-1024x768
    1: 2015/09/16(水) 17:18:59.66 ID:PWn3pvRB0

    ボディは昔の形で中身は新しい基準にも対応する車とか出ないのかな


    【なんで古い車の再販はないんだよ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 16コメント

    Pininfarina-designed_Chishitaria-202-coupe_03

    1: 2016/09/07(水) 21:05:17.12 ID:Va6/qsL20 

    イタリアの車メーカー「チシタリア」のクラシックカー2台をだまし取ったとして、岐阜県警は7日、詐欺の疑いで東京都渋谷区、
    自称建設コンサルタント会社役員長谷川隆司容疑者(56)を逮捕した。

     県警などによると、詐取されたのは1946年製と47年製の「チシタリア202」と呼ばれるスポーツカー。国内に数台しかなく、
    46年製が約5千万円、47年製が約7千万円で計約1億2千万円相当という。「男性社長とは売買契約を結んでいた」と容疑を否認している。

     逮捕容疑は2015年3月、岐阜県高山市の自動車販売会社の男性社長(74)が所有する「チシタリア202」2台を、融資の担保として
    預かる契約だったにもかかわらず、だまし取って転売した疑い。

     車は東京都の自動車販売会社に転売された後、米国の販売業者に渡っていた。2人は14年10月に知人の紹介で知り合った。

    http://www.sankei.com/affairs/news/160907/afr1609070036-n1.html


    【昔の車アクセル2回踏んでチョーク半分開いてスターター回すとか癖有ってやだ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 55コメント

    1: 2016/07/20(水) 21:35:48.694 ID:7Rg1KgN00

    Z1
    no title


    【昭和の国産バイクのかっこよさは異常】の続きを読む

    このページのトップヘ