乗り物速報

バイクと車のまとめ

    煽り運転

      このエントリーをはてなブックマークに追加 41コメント

    2004CBR1000RR

    1: 2019/01/16(水) 15:13:41.050 ID:PId3R970M

    追いつかれて轢かれて死亡て
    どーせ半ヘルビクスクDQNかな?と思ったら
    CBR1000RRやんけ
    追いつかれるか?リッターバイクが?
    被告の車はランボルギーニかなんかなの?


    【煽り運転被害者の高田さんのバイク】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 40コメント

    4e6e7a974c33ed74065b4fae2cd87cd6_t

    1: 2019/01/14(月) 12:32:38.85 ID:d2RTBm0w9

    大阪府堺市で去年、あおり運転の末バイクに追突し、男性を殺害した罪に問われた男の裁判が、15日、始まります。男は関西テレビの取材に「わざとぶつけていない」と話しました。

    中村精寛被告(40)は去年7月、堺市南区で車を運転中、バイクに割り込まれたことに腹を立て、クラクションやパッシングなどの「あおり運転」を開始しました。

    さらに時速約96キロでわざと追突し、大学生の22歳の大学生を殺害した罪に問われています。

    ドライブレコーダーには追突直後、「はい。これで終わり」と言う中村被告の声が残っていました。

    中村被告は去年、拘置所で関西テレビの面会に応じ、「わざとぶつけてはいない。『はい。終わり』と言ったのは、自分が飲酒運転で事故をしたので、『自分の立場や生活が終わった』という意味だった」と説明しました。

    また、事故について謝罪を口にしたものの、「『あおり運転』が社会問題になる中で、殺人というストーリーにあてはめられている」などとも話しました。

    裁判員裁判は15日から始まり、中村被告に殺意があったかどうかが争点になります。

    1/14(月) 12:17配信 関西テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190114-12170402-kantelev-soci


    【“あおり運転”の末バイクに追突、大学生を殺害した罪に問われた被告「殺人というストーリーにはめられた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 49コメント

    71vvgWBvtTL._SX355_

    1: 2019/01/12(土) 08:10:35.487 ID:wrSxFgUX0

    普通に走っときゃ煽り運転なんてされなくね?
    だから事故対策の前側だけでいいと思うんだけど


    【煽り運転対策で後方にもドラレコ←これwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 36コメント

    car_jiko_aori_unten (1)


    1: 2019/01/12(土) 15:17:32.328 ID:YL5C+/6Br

    こいつらだろ煽り運転してんの


    【+10km/hまではセーフ厨「前の車おっせーよトロトロすんなよ流れにのれよ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 24コメント

    1: 2019/01/10(木) 08:06:27.17 ID:Qc6WpQXy9

    危険な運転でタクシーを急停止させた男が逮捕。

    ドライブレコーダーが、犯行の一部始終をとらえていた。

    タクシー運転手「危ないの、ほんまにこいつ、急にブレーキ踏んでから。なんちゅう運転しょうるんかいのほんま」

    タクシーの進路をふさぎ、ドライバーが降りてくる。

    神田容疑者「何をあおるんや」

    タクシー運転手「あおってないじゃん、全然」

    神田容疑者「ちゃんと付いてるよな、カメラが」

    タクシー運転手「あおってないし、こっちは」

    逮捕された神田仁文容疑者は、2018年5月、車を急に止め、タクシーを急停止させ、業務を妨害した疑いが持たれている。

    当時、タクシーには72歳の女性客が乗り合わせていて、顔に軽いけがをした。

    神田容疑者は、容疑を認めている。

    (テレビ新広島)
    no title

    2019年1月10日 木曜 午前0:46 FNN
    https://www.fnn.jp/posts/00409379CX


    【【動画】「なんちゅう運転しょうるんかいのほんま」危険運転でタクシーを急停車させた男(51)を逮捕 ドラレコに一部始終】の続きを読む

    このページのトップヘ