乗り物速報

バイクと車のまとめ

    燃料電池車

      このエントリーをはてなブックマークに追加 71コメント

    top
    1: 海江田三郎 ★ 投稿日:2016/01/18(月) 09:08:47.48 ID:CAP

    http://www.nikkei.com/article/DGXMZO96105360U6A110C1000000/

    向かうところ敵なしのトヨタ自動車にかみついている相手がいる。電気自動車(EV)で急成長する
    米テスラ・モーターズの最高経営責任者(CEO)、イーロン・マスクだ。狂気をも感じさせるスピードと規模で
    事業を拡大するマスクはトヨタなどが提唱する「水素社会」は来ないと断言する。

    ■マスクがけんかを売るわけ
     「どうして自社以外の技術を攻撃して対立をあおる必要があるのか。水素社会はまだ始まったばかりで、判断は早計…


    スポンサーリンク

    【トヨタを嘲笑うテスラの強気 「水素社会など来ない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 26コメント

    01_s
    1: TEKKAMAKI(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/15(火) 22:40:27.42 ID:ITve8LQj0.n

    生産わずか1日3台「ミライ」納車3~4年待ち

     トヨタ自動車が水素で走る燃料電池車(FCV)「ミライ」を発売して15日で1年となった。

     受注は国内だけで3000台を超えたが、生産が追いつかず納車時期は3~4年待ちの状態だ。
    燃料補給に必要な水素ステーションの整備も遅れており、普及にはハードルが多い。

     名古屋市の無職男性(91)は今年7月、トヨタの高級車からミライに乗り換えた。
    排ガスを出さず、環境にやさしい車が魅力的に映ったからだ。
    「初の燃料電池車として完成度が高い」と評価する一方で、「水素ステーションが少ない」と不満をもらした。

     ミライは、燃料電池の量産が難しいうえ、熟練工が手作業で仕上げるため、1日の生産台数はわずか3台。
    今年11月末までの国内販売台数は383台にとどまり、官公庁や企業向けが中心だ。
    トヨタは人員や生産体制を強化して、生産台数を16年に2000台、17年に3000台と段階的に引き上げる。

    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151215-00050163-yom-bus_all


    スポンサーリンク

    【【悲報】トヨタのミライ、納車が3~4年後の未来になっていることが判明へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 29コメント

    01_s

    1: 海江田三郎 ★ 投稿日:2015/11/18(水) 14:01:06.01

    http://jp.reuters.com/article/2015/11/18/autoshow-losangeles-toyota-idJPKCN0T70A020151118

    [ロサンゼルス 17日 ロイター] - トヨタ自動車(7203.T)の幹部は17日、米カリフォルニア州で燃料電池自動車「ミライ」の
    販売が勢いづいているとの見方を示した。ミライは同州で10月21日に納車が始まり、すでに22台が納車された。
    トヨタは2020年までに燃料電池車を世界で3万台販売することを目指している。
    米国トヨタ自動車販売のビル・フェイ副社長はロサンゼルス自動車ショーに関連した会合で、
    米国でのミライの販売目標引き上げを前倒しすると述べた。

    トヨタは現在、ミライをカリフォルニア州の8つのディーラーを通じ販売しているが、2016年末までにこれを40近くに拡大するほか、
    米国北東部の一部店舗でも販売を開始する。
    フェイ副社長は「当社は大きな可能性の始まりの段階にある」と述べた。


    スポンサーリンク

    【トヨタ、米加州で燃料電池車「ミライ」の販売好調】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 72コメント

    carlineup_mirai_grade_grade1_01_pc
    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/08/12(水) 01:45:38.21 ID:HSYyJdal0.net

    どう思います?


    スポンサーリンク

    【水素自動車は普及するのか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 33コメント

    am_fc1411001H
    1: DQN ★ 投稿日:2015/06/24(水) 08:16:21.65

    ホンダが昨年11月に発表した燃料電池車の試作車「FCVコンセプト」
    http://www.asahi.com/articles/photo/AS20150623004143.html

     ホンダは、来年3月に売り出す新しい燃料電池車(FCV)を、燃料を満タンにした状態から最長
    で約750キロ走れるようにする。トヨタ自動車が昨年12月に世界で初めて市販したFCV「ミラ
    イ」よりも約100キロ長くなる。

     電池を積む電気自動車よりも長い距離を走れるのがFCVの利点だ。ホンダはこれまで、最長走行
    距離を700キロ以上としていたが、燃料電池の効率化や車体の軽量化で、750キロまで延ばせそ
    うだという。ミライは同650キロだ。

     新FCVの価格は700万円台。実際には、ミライ(約720万円)に近い水準になりそうだが、
    750キロの走行距離に加え、乗車定員もミライより1人多い5人として実用性を高め、存在感を出
    す考えだ。

    朝日新聞:http://www.asahi.com/articles/ASH6R4W3ZH6RULFA010.html?iref=comtop_6_05


    スポンサーリンク

    【走行距離は最長750キロ ホンダ市販へ】の続きを読む

    このページのトップヘ