乗り物速報

バイクと車のまとめ

    燃費

      このエントリーをはてなブックマークに追加 24コメント

    subaru_20180420183211367

    1: 2018/06/19(火) 00:50:22.61 ID:CAP_USER9

    6/16(土) 5:17配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180616-00000017-asahi-bus_all

     出荷前の自動車の排ガスや燃費の測定をめぐり、国が定める基準を逸脱した検査をしていたスバルは15日、国内向けに生産している乗用車全9車種の検査で不正があった疑いがあることを明らかにした。20人以上の社員が不正に関与したとみられるという。

     不正な検査があったのは群馬製作所(群馬県太田市)の2工場。排ガスや燃費のデータを測定する際、道路運送車両法の保安基準が定める速度を逸脱しても測定をやり直さず、測定値を書き換えたり有効なデータとして処理したりしていた。測定する部屋の湿度が基準を外れても、有効な測定値としていた。3月に公表した排ガス・燃費の測定値改ざんとは別の不正で、今月5日に発表した。

     スバルは同日の記者会見で、不正があった車種は「調査中」としていた。排ガス・燃費の測定値の改ざんは乗用車全9車種に及ぶと4月に明らかにしているが、新たな不正も全車種に及ぶ疑いが強まった。傷ついたブランド力の回復が遠のくおそれもある。


    【スバル、全9車種で不正検査の疑い 社員20人超関与か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 17コメント

    demio_top_lineup_de_201711.ts.1711090512320000
    1: 2018/06/21(木)00:51:47 ID:fp5

    スポーツスポーツしたのは嫌い


    【遅くていいから燃費よくて小回りよくて快適性抜群の車欲しい】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント

    42bfb7a5

    1: 2018/06/06(水) 06:16:40.53 ID:CAP_USER9

    https://jp.reuters.com/article/subaru-ceo-idJPKCN1J11DI

    2018年6月5日 / 13:20 / 7時間前更新
    スバル社長、新たな不正でCEO辞任 「うみを出す」改革に専念

    [東京 5日 ロイター] - 新たな不正が発覚したSUBARU(スバル)(7270.T)の吉永泰之社長は5日の会見で、最高経営責任者(CEO)の職を辞任して代表権も返上することを表明した。同社長は度重なる検査不正について「コンプライアンス(法令順守)上、到底許容されない」とし「会社に宿るうみを出し尽くすことが喫緊の課題」と語った。今後は代表権のない会長として、不正を生んだ同社の社内風土の改革に専念するとしている。

    吉永社長は6月22日の株主総会後、代表権のある会長に就き、CEOは続ける予定だった。今後は中村知美新社長がCEOを兼務する。また、7月に予定していた中期経営計画の公表について、吉永氏は不正問題の再調査が終わり「問題がきちんと収束してから」と述べ、公表を先送りする考えを示した。

    スバルは、完成検査で燃費・排出ガスのデータ書き換えなどを長年行っていた問題で、4月に国土交通省へ調査報告書を提出した。その後、同省は5月に本社と群馬製作所への立ち入り検査を実施。同省からの指摘を受け、スバルが社内調査を再度行ったところ、新たな不正が判明した。

    新たな不正は、燃費・排出ガスの測定時に、1)車両を走らせる速度が規定から逸脱していたのに測定をやり直さず、有効な測定としていた、2)試験室内の湿度が規定の範囲外だったにもかわらず、データを有効としていたーーの2点。

    現時点で不正行為の実態、原因や背景、動機などについて十分に究明できていないため、検査業務プロセス全体について早急に社外専門家による再調査を行い、1カ月後をめどに国交省に報告する。吉永社長は会見で、「この調査を本当に最後にしないとブランドが傷ついてしまう」と語った。

    同社はこれまで弁護士らによる現場へのヒアリング調査を重ねて実施してきた。にもかかわらず、社内調査ではなく、国交省の指摘で新たな不正が発覚した。

    吉永社長によると、社内には不正を生んだ状況についてすべて話して欲しいと繰り返し求めたにもかかわらず「(全部は)話してもらえなかった」が、国交省の聞き取りには社員は明確に答えたという。

    同氏は「無念としかいいようがない」と悔しさをにじませるとともに、「現場の声が普通にちゃんと上がってくる会社に早くしないといけない」と語り、今後は新たな不正発覚に伴う再調査に加え、全社的な風土改革を進める、と強調した。

    これまでの燃費・排出ガスデータの書き換えによる不正の対象台数は903台だったが、新たな不正により1551台(重複分を除く)に増える。輸出車への影響も現在調査中で、リコールは今後の調査結果を踏まえて検討する。

    ただし、大崎篤・品質保証本部長は、規定通り測定したデータのみで再検査した結果、不正対象車両に「品質・安全上の問題はない」としている。吉永社長は昨年12月以降に順次実施した再発防止策によって、今回新たに判明した不正も「防止できており、この問題がこれ以上拡大する可能性はない」と述べた。

    白木真紀


    【【スバル社長】新たな不正でCEO辞任 「うみを出す」改革に専念】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 33コメント

    1: 2018/06/04(月) 09:19:13.26 ID:MebYeAnE0 

    ファミリーカーなのに気軽にお出かけできないミニバンもある
    最近は再びガソリンの価格がじわじわと上昇し始めている。もちろんクルマ好きの皆さんなら「楽しいクルマなら燃費なんて関係ない」
    と言うかもしれないが、やはり燃費が悪いのはおサイフに優しくないもの。そこで今回は燃費の悪かった国産車について振り返ってみたい。

    1)ユーノス・コスモ
    マツダが誇るロータリーエンジンを搭載する車種の中でも、唯一市販車で3ローターの20Bエンジンを搭載していたのがこのユーノス・コスモだ。
    デビュー当時のカタログ燃費でも6.1km/Lのハイオク仕様となかなかパンチの効いた数値を叩き出していた(といっても13B搭載モデルでも
    6.9km/Lとそれほど大差はない)。
    no title


    2)日産エルグランド
    一時代を築いた「キングオブミニバン」のエルグランドは燃費の悪さでもキングの風格だった。現行モデルこそ3.5リッターでも
    10km/L近いカタログ値となっているが、先代の3.5リッター4WDでは7.8km/L、初代に至っては7.0km/L(もちろんハイオク仕様)と
    ファミリカーとしてガンガン使うのに躊躇してしまうほどだった。

    3)スズキ・ジムニー
    ギヤ比も悪路走行を見越してややローギヤードであり、カタログ燃費で14.8km/L(5速MT)、実用燃費では10km/Lを割り込むと言われている。
    no title


    4)日産サファリ
    no title


    5)スバルWRX STI
    もはや絶滅危惧種となってしまった8000rpmを許容する2リッターターボを搭載するスポーツセダンであるWRX STI。カタログ燃費も
    9.4km/Lと性能を考えればむしろ良いと思えるほどの数値となっている。しかし、ひとたびエンジンにムチを入れ、限界走行をするとなれば、
    その牙はおサイフにも容赦なく襲い掛かってくるというわけだ。

    https://www.webcartop.jp/2018/06/242358


    【カタログ燃費がリッター5.5kmの猛者も! あまりに燃費が悪すぎた国産車5選】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 31コメント

    c31bdaa8f56039b05aa04453ccf6293f_s
    1: 2018/05/22(火) 21:00:23.822 ID:OBv9ufhB0

    500kmくらい?


    【お前らの愛車って満タンでどれくらい走る?】の続きを読む

    このページのトップヘ