乗り物速報

バイクと車のまとめ

    自動ブレーキ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 16コメント

    1: 海江田三郎 ★ 投稿日:2016/03/31(木) 09:33:16.15 ID:CAP

    http://withnews.jp/article/f0160324002qq000000000000000W00b10101qq000013157A

     衝突安全に配慮した装備として普及が進む、自動車の自動ブレーキ。なぜか決まった
    場所だけで勝手に作動してしまうという不可解な現象が発見されました。UDトラックスが、
    同社の一部の大型トラックに搭載した装置が阪神高速5号湾岸線の一部料金所付近で誤作動する、として注意を呼びかけています。

    普及が進む自動ブレーキ機能
     誤作動が明らかになったのは、2014年に改良を受けた、大型トラック「クオン」の2014年モデル。
    同社の自動ブレーキシステム「トラフィックアイブレーキ」が装備されています。
     このシステムは、車体前面に備え付けられたミリ波レーダーで前走車との距離をつかみ、
    車間距離が短くなると警報音やブレーキの自動作動で衝突時の被害を軽減する装置。
    近年、横滑り防止装置などと一緒に、新たな衝突安全装置として各メーカーが採り入れており、国内外で政府による
    新型車への装着義務付けの動きが盛んです。

    なぜか阪神高速の決まった場所で…

     そして今回の誤作動は、決まった場所だけで起きることがあるという特異なものでした。
     同社によると、阪神高速5号湾岸線の大阪方面行き、の六甲アイランド北・住吉浜・魚崎浜・中島の各料金所付近だけで
    確認されています。
     この区間を時速80キロ以上で走行中、前方に車両がいない状況で、不要な自動ブレーキが作動する現象が
    1年半ほど前から十数件、報告されているそうです。これまでのところ、事故につながったケースはないとのことです。

    一時的な機能解除を呼びかけ

     同社は現在、この区間にある高架の橋脚などの建造物が、大きさや位置などによって
    障害物として誤検知されている可能性もあるとして、原因の特定を急いでいます。そ
    の一方で、この区間では一時的に自動ブレーキ機能を解除するようドライバーに呼びかけています。

    no title

    no title


    【阪神高速5号湾岸線だけでトラックの自動ブレーキが勝手にかかる謎】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 71コメント

    1: 海江田三郎 ★ 投稿日:2016/03/08(火) 19:23:50.88 ID:CAP

    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20160307_747080.html

    スバル(富士重工業)は3月7日、次世代プラットフォーム「SUBARU GLOBAL PLATFORM(スバルグローバルプラットフォーム)」
    (以下、SGP)発表会において、ステレオカメラを用いた同社の先進安全運転支援機能「EyeSight(アイサイト)」の
    将来像を示した。SGP発表会で公開された、自動運転機能の映像を冒頭に掲載した。

    同社は1999年に、「車線逸脱警報」「車間距離警報」「車間距離制御クルーズコントロール」
    「カーブ警報/シフトダウン制御」などを行なう「ADA(アクティブ・ドライビング・アシスト)」を実用化。
    その後、自動ブレーキ機能を搭載したアイサイトも実用化し、“ぶつからない? クルマ”で一躍有名になった
    衝突防止自動ブレーキ機能を持つアイサイト ver.2へと進化させた。

     現在、アイサイトはver.3へとさらに進化しており、レヴォーグ、WRX S4については、65km/h以上の速度で車線中央維持機能までも実現している。
     SGP発表会においては、その将来像が語られ、2017年にはステレオカメラのみで
    全車速追従機能と低車速(0~65km/h)での車線中央維持、渋滞時カーブ追従を自動車専用道路で実現。
    これはレベル2の自動運転に相当し、「TJA(トラフィック・ジャム・アシスト)」として紹介された。
     その後、2020年には、ステレオカメラ、デジタルマップ、レーダーを用いて「自動車線変更」「連続レーンキープ」「カーブ減速」を実現するとのことだ。

     SGP発表会においては、SGPの目的が動的質感の向上とともに安全性能の向上にもあることが語られた。
    バッテリー空間を確保するなどEV(電気自動車)化対応も行なわれている。また、動的性能が向上したことで
    応答遅れが小さくなり、より自動運転に向いたプラットフォームになっているという。
     最初のSGP採用車が2016年秋発売予定の新型「インプレッサ」となることが明らかにされているものの、
    今回の発表内容を素直に当てはめると2016年秋に登場予定の新型インプレッサには進化型アイサイトで実現するTJA機能は搭載されないことになる。
     思えば“ぶつからない?”アイサイトであるアイサイト ver.2の搭載も、最初のマイナーチェンジを迎えた先代(5代目)レガシィからだった。
    これにはさまざまな外的環境の変化があったと言われているが、TJA機能については誰もが待ち望んでいる機能だけに、
    SGP採用インプレッサにいち早く搭載してほしい機能だろう。

    http://youtu.be/-2tlfez9cAs




    no title

    積雪路での自動運転テスト風景。道路部分を読み取るのが大変だと思われるが、映像を見る限りは自動走行していた

    no title

    2017年に投入予定の全車速追従機能と低車速(0~65km/h)での車線中央維持機能。渋滞時のカーブ追従も行なう
    no title

    2020年に投入予定の自動車線変更など。後方や側方のクルマを認識するためにレーダーを搭載する

    【スバル、2017年にアイサイトを進化させたレベル2自動運転を市販車に投入へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 106コメント

    no title

    1: 膝十字固め(catv?)@\(^o^)/ 投稿日:2016/03/03(木) 22:22:36.80 ID:aHLrWrOs0.n
    スバル アイサイト(ver3.0) 自動ブレーキ 誤作動 事故寸前
    hiromu tanaka
    視聴回数 22,401 回


    http://youtube.com/watch?v=Oj48CBE-9Z0



    2016/03/01 に公開
    スバルのアイサイト(Ver.3)が誤作動した時の動画です。

    7:27:28ぐらいに左に自転車、右にトラックがおり無事に通過。

    その後、前方に何もありませんが車が突然緊急停止してしまいます。

    後方の車が車間を取ってくれていましたので、運良く追突されませんでしたがもう少しで追突事故が発生する所でした。

    これでは「ぶつからない車」では無く「ぶつけられる車」です。

    皆様スバル車の後方には十分お気をつけ下さい。

    これで追突事故が発生した場合、誰が責任を取ってくれるのでしょう。

    これ以降私はアイサイトが信用できなくなりました。

    【スバル アイサイト(ver3.0)の誤作動動画 スバル車の後ろを走る時は車間を多めにとろう】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 47コメント

    woman-texting-driving-shutterstock-572x386
    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/11/02(月) 16:39:48.08 ID:qQzhF+IE0.n

    この車自動ブレーキだから!とか言いながらスマホ触ってるやつ多すぎ


    【車CM「自動ブレーキで安心!w」←マジでこういうCMやめろ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 68コメント

    eu-autonomous-braking-law

    1: 海江田三郎 ★ 2015/10/03(土) 12:24:56.73 ID:???.net

    http://allabout.co.jp/newsdig/c/88313

    今や自動ブレーキは重要な機能になってきた。自動車メーカーも認識しており、
    TVCFで大きなセールスポイントとして紹介している。けれどレーザーを使った
    タイプは31km/h以上になると機能そのものが稼働しなくなることを啓蒙しておらず。

    思い出していただきたい。一昨年の秋、マツダCX-5が自動ブレーキの体験試乗中、稼働せず突っ込んだ事故がありました。


    多くのメディアは自動ブレーキのトラブルを疑い、第一報でみなさんマツダの欠陥だと報じている。
    私の所にもTV局などから問い合わせがあり、31km/h以上では稼働しないタイプなので確認すべきだとアドバイスした。
    この自動ブレーキ、センサーにレーザーを使っている。レーザーはETCゲートでの誤作動など避けられず、30km/h以下でしか信頼性を確保できない。

    ※注:レーザー+カメラは31km/h以上でも稼働します

    一方、TVCFを見て自動ブレーキを買おうとしている人の多くは、レーザー式だと31km/h以上で機能停止することを認識していない。
    31km/h以上だと「停止こそしないけれど自動ブレーキが稼働する」と考えている傾向。
    つまり減速しながら衝突すると理解しているのだった。繰り返すがレーザー式だとブレーキは全く掛からないです。
    これ、今後問題になってくると予想する。

    「レーダー」か「レーザー」か
    必ずや「自動ブレーキが効かなかった」というケースが出る。誰も警鐘を鳴らさなければ自動車メディアとして役に立たなかったということ。
    存在意義無いです。だからこそ私はしつこく取り上げている。参考までに書いておくと、
    海外ではレーダーは「レーダー」(Rはレディオ・電波のR)。レーザーを「ライダー」(Lはライト・光のL)と表現し、別のセンサーとして紹介してます。
    自動車メーカーは、レーザー式は31km/h以上で稼働しないことを明確にすべきだし(契約時には説明している)、
    スズキのようにレーダーを使っていないのに「レーダーブレーキサポート」といった誤解を招く表記はやめるべきだ。
    もっと言えば「レーザーレーダー」という表記もおかしい。レーザーとレーダーは光と電波だけでなく性能や機能まで違うセンサーです。

    意外なのがマツダで、あまり反省していないのか、いまだに「レーザーレーダー」という表現をしている。
    ボルボやホンダはキッチリとレーザーとレーダーを使い分けてます。トヨタも役員に「間違いです」と伝えたのに、
    いまだ「レーザーレーダー」だ。この件、各メーカーのTOPに直言すれば是正すると思う。
    たかがヒョウロンカに言われたって直さない、というツマラン意地です。

    VW(フォルクスワーゲン)のディーゼルの不正は、ボッシュや社員が是正を求めているけれど無視されている。
    それと全く同じ図式。ボッシュの代表がVWの代表に直言すれば絶対こんな事態にならなかったと考えます。


    【自動ブレーキの誤解。レーザー式は31km/h以上では止まらないのに表記が曖昧な問題】の続きを読む

    このページのトップヘ