乗り物速報

バイクと車のまとめ

    自動ブレーキ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 48コメント

    hero_s

    1: 2019/01/31(木) 12:37:05.25 ID:6UDzNi3Fd

    やっぱり止まらないからか?


    【トヨタって自動ブレーキを全く売りにしないよな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 18コメント

    zu01

    1: 2019/01/11(金) 21:21:38.14 ID:7iGfeCrd9

    苦情相次ぎ、「ぶつからない」「自動運転技術」等の表記使用を禁止 ユーザー誤認を防ぐ狙い


    ※ユーザーの機能誤認を防ぐため「自動運転」「自動技術」などの
     用語使用を禁止

    「信頼されるクルマ販売」を促進するために、適正な価格表示やクルマ選びに
    必要な情報提供の推進などを行っている自動車公正取引協議会は、
    「運転支援機能の表示に関する規約運用の考え方」の見直しについて
    発表しました。

     自動車公正取引協議会によると、近年「脇見運転で衝突しそうになり、
    自動でブレーキが作動し停止する映像」を用いたテレビCMに対し、
    「道交法違反を助長する」、「いかなる場合も衝突を回避できると
    誤認する」などの苦情が増えているといいます。

     国土交通省の発表する「自動運転車の安全技術ガイドラインの策定」に
    よると、自動運転のレベルは5段階に分かれており、人間が介入せず機械による
    システムがすべての運転操作を行う完全自動運転「レベル5」を頂点に、
    それぞれのレベルで満たすべき要件が定められています。

     ドイツのアウディは2017年にフラッグシップセダン「A8」において、
    一定の条件下での完全な自動運転化を実現した、「レベル3」の自動運転に
    相当するシステムの開発に成功していますが、国際的な技術認証や
    道路交通法改正の関係で実用化にはいたっていません。


     また、国産車においてはスバルの予防安全機能「アイサイト」で採用され、
    2010年に国土交通省から許可を受けた衝突被害軽減ブレーキを筆頭に、
    一定の条件で前方のクルマを追従する「アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)」
    などを搭載する車両も増えていますが、そうした機能は「レベル2」に
    相当するものです。

     こうしたことを踏まえ、自動車公正取引協議会の見直し案ではユーザーの
    誤認を防ぐため、「レベル2」の運転支援機能の段階ではテレビCMや
    広告などで「自動ブレーキ」「自動運転」という用語の使用を禁止し、
    「運転支援」「ドライブアシスト」などに言い換えることや、
    「自動で停止」、「ぶつからない」等の断定的用語の使用禁止すると
    発表しています。

    (以下>>2以降に発車オーライ)


    くるまのニュース編集部(1/11(金) 7:10配信 )
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190111-00010001-kurumans-bus_all


    2: 2019/01/11(金) 21:21:55.10 ID:7iGfeCrd9

    >>1より自動運転)

    ※人流・物流の確保のため行われている自動運転の実証実験や数々の施策

     乗用車の分野では法律やインフラの整備などで、自動運転の実現までにはまだ時間がかかる状態です。そんななか、国土交通省では2018年12月20日に5回目となる「自動運転戦略本部」を開催しています。

     自動運転を実現することにより、交通事故の削減、渋滞の緩和、高齢者の移動手段の確保など、現代の交通課題解決には大きな効果も期待されています。そのため環境整備、技術の開発・普及促進、実証実験・社会実装のために必要な施策に取り組んでいるといいます。

     政府全体の目標として、2020年をメドとした高速道路での高度な自動運転の実現や、限定地域での無人自動運転移動サービスの実現等が掲げられているたけに、今後の展開に注目が集まります。

    (到着)


    【「ぶつからない」「自動運転技術」等の表記使用を禁止…苦情相次ぎユーザー誤認を防ぐ狙い】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 10コメント

    2

    1: 2018/12/31(月) 09:40:37.41 ID:irYrzyjE0 

    政府は、自動ブレーキなど運転支援機能付き自動車を対象に、自動車関連税を減税する特例措置を導入する方向で検討に入った。
    安全性に優れた車の普及を後押しし、高齢ドライバーによる事故を抑止する狙いがある。2021年度の導入を目指し、近く具体的な
    制度作りに入る方針だ。

    政府が導入を検討するのは、乗用車や軽乗用車を保有している人にかかる自動車税・軽自動車税や自動車重量税について、
    車が一定の安全性能基準を満たした場合に減税する制度だ。

    国土交通省と経済産業省、財務省が連携して、燃費などに優れた車に適用される現行の「エコカー減税」制度を参考に、減税の幅や特例を
    適用する要件などの詳細を詰める。

    政府は、減税特例を運転支援機能付き自動車の普及促進策の柱とする方針だ。

    https://www.yomiuri.co.jp/economy/20181230-OYT1T50098.html
    no title


    【自動ブレーキ車、減税へ これでコンビニにダイナミック入店減るな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 10コメント

    content_cut_15A_11

    1: 2018/11/20(火)18:00:33 ID:iKr

    踏み間違えるのは女性ばかりとでも言いたいんか


    【【悲報】車の自動ブレーキのCM、ドライバーが女さんばかり・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 15コメント

    20161217-00065544-roupeiro-000-12-view

    1: 2018/11/02(金) 07:39:05.75 ID:WubKeBPh0

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181102-00000007-asahik-soci

    車の新たなセールスポイントとなっている「自動運転」という言葉を、業界と国はあえて自粛することにした。せっかくの先進機能も、過信すると命取りとなる――。そんな危機感が業界を動かした。▼1面参照
     「自動で止まるので、絶対にブレーキを踏まないで下さい」
     東京都西東京市の会社員男性(64)は、近くの自動車販売店で「自動ブレーキ」のついた車に試乗した際、店員にこう言われた。恐る恐るブレーキを踏まずにいると、車は信号待ちの車の後でゆっくりと停止した。男性はその日に購入を決めた。
     ただ、こうした説明は利用者を勘違いさせかねない。……


    【車ディラー「自動で止まるので絶対にブレーキを踏まないでください」】の続きを読む

    このページのトップヘ