乗り物速報

バイクと車のまとめ

    自動車税

      このエントリーをはてなブックマークに追加 10コメント

    2

    1: 2018/12/31(月) 09:40:37.41 ID:irYrzyjE0 

    政府は、自動ブレーキなど運転支援機能付き自動車を対象に、自動車関連税を減税する特例措置を導入する方向で検討に入った。
    安全性に優れた車の普及を後押しし、高齢ドライバーによる事故を抑止する狙いがある。2021年度の導入を目指し、近く具体的な
    制度作りに入る方針だ。

    政府が導入を検討するのは、乗用車や軽乗用車を保有している人にかかる自動車税・軽自動車税や自動車重量税について、
    車が一定の安全性能基準を満たした場合に減税する制度だ。

    国土交通省と経済産業省、財務省が連携して、燃費などに優れた車に適用される現行の「エコカー減税」制度を参考に、減税の幅や特例を
    適用する要件などの詳細を詰める。

    政府は、減税特例を運転支援機能付き自動車の普及促進策の柱とする方針だ。

    https://www.yomiuri.co.jp/economy/20181230-OYT1T50098.html
    no title


    【自動ブレーキ車、減税へ これでコンビニにダイナミック入店減るな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 2コメント

    money_car_ijihi

    1: 2018/12/22(土) 10:00:41.00 ID:RsXjskwkH

    ワイ「うわあああぁぁぁぁぁ!!!!」

    ガソリン年-15万
    重量税  -5万
    消費税  -24万
    車検   -6万
    合計   -350万

    ワイ「」


    【ワイ「300万の車買ったで!」ガソリン&重量税&消費税&車検「よろしくニキーw」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 38コメント

    money_car_ijihi

    1: 2018/12/16(日) 16:19:26.25 0

    自民、公明両党が13日にまとめる2019年度与党税制改正大綱の骨格が11日、わかった。電気自動車(EV)やカーシェアリングの普及を受け、
    自動車関連税制の抜本改革に着手する方針を示す。「保有から利用へ」と明記し、今後は走行距離などに応じた課税を検討する見通しだ。
    19年10月の消費税増税の対策では車や住宅の購入時の減税を柱に据える。

    自動車関連税制の抜本改革に関しては「技術革新や保有から利用への変化等の自動車を取り巻く環境変化の動向等を踏まえつつ、
    課税のあり方について中長期的な視点に立って検討を行う」と盛り込む。排気量や車体重量など「保有」に関わる課税から、
    走行距離など「利用」に応じた課税に軸足を移す方向性を示した。19年度税制改正ではなく、20年度以降に具体化を目指す。

    抜本改革に先駆け、19年度税制改正でも自動車の税体系を変更する。19年10月に消費税率を10%に引き上げた後に消費が落ち込むことを防ぐ。
    大綱には「需要変動の平準化に向けてあらゆる手立てを尽くす」と記す。

    車を持つ人に毎年かかる自動車税は最大年4500円減税する。車を買うときに支払う燃費課税は消費税増税後1年間は1%軽くする。
    いずれも増税後に新たに購入した車が対象だ。保有税の減税規模は総額約1300億円となる。エコカー減税の対象車種の絞り込みなどで財源を捻出する。

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38799710R11C18A2MM8000/?s=0
    no title


    【安倍さん「自動車税は走行距離に応じて。ベンツを10台所有していても走らなければ税金は0円です」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 21コメント

    d49ef553d9133292d41bf8ab088ad8df_t

    1: 2018/12/15(土) 02:28:15.47 ID:CAP_USER9

    トヨタ社長「自動車税に初めて風穴」…税制大綱
    2018年12月14日 23時02分
    https://www.yomiuri.co.jp/economy/20181214-OYT1T50136.html

     自民、公明両党は14日、2019年度与党税制改正大綱を決定した。19年10月の消費税率10%への引き上げに伴う経済対策として、自動車や住宅の購入者への減税を盛り込んだのが柱だ。減税効果がすべて反映されると、車関連で年530億円、住宅では年1140億円程度で合わせて約1670億円の減税となる。財政再建よりも景気対策を重視した税制改正となる。
     自民党税制調査会の宮沢洋一会長は14日、記者会見で「消費の二つの柱である自動車、住宅について、平準化対策をまとめられた」と述べた。消費増税による景気の落ち込みの回避につなげる考えだ。
     車の減税では、消費増税後に購入した新車を対象に、保有者が毎年納める「自動車税」を恒久的に引き下げる。小型車ほど減税の恩恵が大きくなり、排気量1000cc以下の車の場合、現行の年2万9500円から4500円減額され、年2万5000円となる。
     日本自動車工業会の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)は14日、「自動車税に初めて風穴を開け、恒久減税を実現いただいた」とのコメントを出した。
    (ここまで453文字 / 残り309文字)


    【トヨタ社長「自動車税に初めて風穴」…税制大綱】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 33コメント

    money_car_ijihi

    1: 2018/12/12(水) 09:00:25.43 ID:CAP_USER9

    車への課税、走った距離で
    与党税制大綱に検討明記 
    抜本改革に着手

    自民、公明両党が13日にまとめる2019年度与党税制改正大綱の骨格が11日、わかった。
    電気自動車(EV)やカーシェアリングの普及を受け、自動車関連税制の抜本改革に着手する方針を示す。
    「保有から利用へ」と明記し、今後は走行距離などに応じた課税を検討する見通しだ。19年10月の消費税増税の対策では車や住宅の購入時の減税を柱に据える。

    自動車関連税制の抜本改革に関しては「技術革新や保有から利用への変化等の自動車を取り巻く環境変化の動向等を踏まえつつ、課税のあり方について中長期的な視点に立って検討を行う」と盛り込む。
    排気量や車体重量など「保有」に関わる課税から、走行距離など「利用」に応じた課税に軸足を移す方向性を示した。
    19年度税制改正ではなく、20年度以降に具体化を目指す。

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38799710R11C18A2MM8000/?s=0


    【【悲報】「車で走った距離に応じて課税」カーシェアなどでも税金取られる見込み】の続きを読む

    このページのトップヘ